とさんの映画レビュー・感想・評価

と

アリス(1988年製作の映画)

3.5

ふしぎの国のアリス(1951)よりは見やすかった。もちろんカオスに変わりはないし実写なだけあってショッキングな描写も多かったけど。帽子屋と三月兎のずっと同じことループしてる部屋、秩序が保たれてるからこ>>続きを読む

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

75分でサクッと観るつもりが途中で寝ちゃって全部観るのに2日もかかってしまった。なんなら2日目も途中で3回くらい寝た。支離滅裂な展開についていけなくて脳に負荷がかかったのかな。知らんけど。夢オチがこん>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.5

カメラワークとか演出全般めっちゃよくて140分ずっとダレる瞬間がなかった。音響も良すぎたせいで暴力描写は余計にきつく感じちゃったけど。自分も正反対の人に憧れることはあるけどタイラーはやりすぎなところも>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.5

映画における音響の大切さがストレートに伝わってくるドキュメンタリー。この世にない音を一から作り出すのもそうだけど、実物の音で物足りないときに別の音を足したり全く別の音に差し替えたりして臨場感を出すこと>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

奇妙な関係性のふたりが徐々に心を通わせていく過程がすごく良かったし印象的なシーンがたくさんあったね。対照的にアクションシーンはずっと緊張感があったから、ラストの「もう安心よ、レオン」がめちゃくちゃ沁み>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.0

楽しかった!オープニングの仰々しさにわくわくしたし後半の伏線回収とオチの潔さも好き。姉妹愛。ツッコミどころも笑って許せちゃう作品は強い。

累 かさね(2018年製作の映画)

3.5

キスで顔が入れ替わるとは聞いてたけど12時間経つと自動的に元に戻るって制限もあったのね。序盤は都合の良い展開で入り込めなかったけど後半の演技合戦は見応えあった。土屋太鳳さんのダンスの表現力すごすぎたし>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

11月9日を繰り返すタイプのループもの。ラブコメだから当たり前なんだけど男と女の話だったな〜。全体的におしゃれな感じだしテンポよく90分でサクッと見れたの良かった。うんちに水あげてるショタすき。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0

人生は残酷。でもこれはハッピーエンド。ラストはスッキリするシーンもあったしね。そう受け取れない人は現実と向き合いすぎてるのかな、もっと諦めの気持ちがあっても良いと思う。あとこれは紛れもないファンタジー>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

4.0

尾行、サイコー!
でも本筋は哲学だから解釈は難しかった。感情移入はできなくても他者に関心を持つことで埋まる心の隙間はあるのかもしれない。たとえ感情移入したとしてもその人の心を完全に理解できてるかってい
>>続きを読む

アイの歌声を聴かせて(2021年製作の映画)

3.5

良い話風の語り口だけどホラーでもあるし、百合要素もあるけど百合作品として観ると怪我をするし、ミュージカルだけど歌うことや照明の演出にちゃんと必然性があるから所謂ミュージカルとは一線を画すところがあって>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

4.0

木村愛さん、人間味溢れててめちゃくちゃ好き。共感はできても普通は行動に移せないことを全部実行していく大胆不敵さ。ずるい。憧れる(そうか?)。いやわからないことも山ほどあったな。好きな人に振り向いてもら>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

4.0

カメラワークとか演出がめちゃくちゃ好みでおもしろかった。開始45分からの展開は良くも悪くもって感じではあるけどラストにあのウザかった登場人物に感情移入できる余地が残されてたのは一本取られたなと思った。

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.0

汚い!
ガンアクションって1発で致命傷になるし当たらなさすぎると下手なんか?ってなるし撃たずにしゃべってるとこの時間なに?ってなるし難しいよね。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.5

志乃ちゃんと少し重なる部分があって身につまされた。リアリティのあるラストには救われたしすごく好き。魔法、良い曲だね。

もみの家(2019年製作の映画)

3.5

季節の移ろいとともに少しずつ成長していく主人公の様子を丁寧に描いたやさしい作品。やっぱり南沙良さんの演技好きだな〜。てかこれ富山を舞台にした映画だったんだね。中田青渚さん出てるのも知らなかったから得し>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

-

劇伴なしでほぼ全シーン由宇子視点の2時間半。手持ちカメラや長回しのカット多め、時系列に沿ったストーリー展開に回想シーンも皆無で没入感はあった。けど、事件に関して見えない部分が多くて これで終わっちゃう>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

3.0

自殺願望のあるスタントマンがとある目的で女の子におとぎばなしを聞かせるお話。ストーリーは少し退屈だけど女の子の気持ちに寄り添うとほっこりできる。一方でロイの気持ちはというと、少しでも救いを見出せていた>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.5

アス比ほぼ正方形かつモノクロの映像ですごい閉塞感。ストーリー全然わかんなかったけど答えより謎を重視して作られた作品らしくて安心した(?)端的に言うと罪と罰の話なんだろうけど。2人とも躁鬱みたいな感じで>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.5

中田青渚さんの映画だった。
こんなに自由奔放な役って知らなかったからびっくりしたけど、何か起こりそうで何も起こらない展開の中で良いアクセントになってた。というか琴子がいなかったら少し退屈な作品になって
>>続きを読む

正しいバスの見分けかた(2015年製作の映画)

4.0

人生これくらいのゆとりが欲しいよね。照れのままで終わらせなかったのも良かった。

黄龍の村(2021年製作の映画)

3.0

良くも悪くもなんじゃこりゃって言いたくなる作品だった。冒頭から陽キャが騒いでる動画延々と見せられるのキツすぎ。村に着いてからの先の読めない展開はおもしろかったけどアクションシーンが少し冗長に感じた。オ>>続きを読む

ある用務員(2020年製作の映画)

3.5

ベイビーわるきゅーれの2人が出てると聞いて視聴。ジャケットだけ見て暗い作品かと思ってたけど個性的なキャラたちとシュールな会話劇でオフビート感も出てて良かった。
前野朋哉さんのキャラが特に強烈で、見た目
>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.5

役者陣の演技が良かった。時系列に沿って表情を変化させていく清原果耶さんは特にすごくてラストカットはめちゃくちゃ引き込まれた。
明確な悪人がいなくてやるせなさの残る本作において、犯人の動機にもなったある
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

4.0

前作よりおもしろく感じたのは映画館で観たかどうかの違いかな。最後に超特急でパズルのピースが埋まっていく感じでミステリ特有の伏線回収の気持ちよさみたいなのはなかったけど、ドラマとして見応えがあった。
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.8

ゆるゆるの日常と派手なアクションのギャップがすごい。まひろ役の伊澤彩織さんはスタントパフォーマーの方らしくて納得した。髙石あかりさんもアクション含めめちゃくちゃ演技上手かった。セリフ回しもそうだけどバ>>続きを読む

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト(2021年製作の映画)

4.0

各キャラクター達が抱えるクソデカ感情を見事に舞台演出に落とし込んで描き切ってるのすごい。アニメーションの持つ強みがこれでもかってくらいに発揮されてた。
まひるとひかりのレヴューとデコトラのシーンが特に
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.5

失くした鍵を探すために記憶潜入の依頼にきた女性と親密になったのに急に姿を消したから、この失踪には何か裏があるはずだ!って真相究明に奔走する話。
記憶潜入とか温暖化による海面上昇で沈む街とか大胆な設定が
>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

4.5

全部が好き。たまこともち蔵の恋の行方は安心して見てられるけど、やっぱりクライマックスは泣いちゃう。細かな表情の動きやカメラワークを駆使して心の機微を映し出す演出が天才的だしそれがこの作品の一番の魅力と>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.5

異物飲み込むシーンがここまでキツいと思わなかったし、それ抜きにしても観ててずっとしんどかったな…。あの大きな邸宅だからこそ日中孤独に主婦やってる姿が余計に虚しく映ってしまった。
エンドロールが余韻を引
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

グロ描写キツくて開始5分で一旦休憩した。
"ハント"がなぜ行われてるのか徐々に明らかになっていって、最終的にまぁまぁ空虚なことやってたのがわかるの皮肉がきいててウケる。
クリスタル頭はキレるし戦闘力も
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

4.5

不穏な世界観がめちゃくちゃ好き!!
ストーリー展開に派手さはないけどBGMがそれを補う良い仕事してた。序盤はなんやこれと思ってたのに気づいたらクセになってたの、物語を追体験してるみたいでええやんとなっ
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

2.5

予告通りの内容で謎解きでもなんでもなかった。ツッコミどころが多すぎて作品の世界に入り込めなかったし老いに対する恐怖も特にないので…。
ストーリーは刺さらなかったけど演出は良かった。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これAIでプログラミングされてるモブキャラに自我が芽生える話だったのね…。そのきっかけが恋(?)っていうのもなんか説得力あって好き(これが物語のラストにも繋がってくるので)。一旦リセットされちゃった記>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.5

倫理観ぶっ壊れててヤバい。クライマックスのシーンでゾッとした。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

前作だけで充分満足してたけどこれもおもしろかった。残された伏線の回収もあるしループの原因の解決とか人間ドラマ的なのがメインでもはやホラーではなくなってたけど。てかループの原因意外すぎて笑っちゃった。あ>>続きを読む