がんばるかさんの映画レビュー・感想・評価

がんばるか

がんばるか

なるべく人の意見に左右されないように、意識しないように、感じたこと等を書きつつ、人が読むかもという事も片隅にいれつつ。

映画(158)
ドラマ(0)

貞子(2019年製作の映画)

3.7

何故こんなにも低評価なのか…充分に面白かったし怖かった。

過去の作品を振り返ると、そこに何らかのルールだったり、それを回避する方法などを盛り込むことによって観客を巻き込む方式をとっていたのでそれを期
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

4.2

良かった。

門脇麦の歌声最高。

何が良かったんだろう?

映画だった。

色々ウルセー映画多いからな。

ラストもいやいやと頭で思いながら心では最高だ!と思ったのは不思議な現象。

三人が三人とも
>>続きを読む

オーファンズ・ブルース(2018年製作の映画)

4.2

京都造芸大の卒業制作で18年ぴあグランプリ。こないだ予告見てとても気になっていたので嵐電見るついでにと思ったけど、ついでじゃ失礼なくらいに良かった。

主演の村上さんの佇まい、目がとても印象的。みんな
>>続きを読む

嵐電(2019年製作の映画)

4.1

とても良かった。

大西礼芳さん素晴らしかった。
出演者みんな素敵だった。

細かな意味は正直分かんない。名前もみんな変わってて、どう言う事なんだろう。しかしそんな事は些細な事なのかもしれない。

>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.8

本人インタビュー等が無い方がいい気がした。

事実は小説よりも奇なり、だとしてもそれは事実だからで、レザボア持ち出したあたり逆効果だったように思う。あっちの(物語の)方が10倍は面白い。100%事実と
>>続きを読む

キュクロプス(2018年製作の映画)

3.3

やりたい事が詰まっているなと思った。自主映画らしいけどしっかり撮られていて見応えあった。

いらないなと思うシーンがいくつか。こういう映画は編集を丸投げした方がスッキリするのではないか?内容的にテンポ
>>続きを読む

あの日々の話(2018年製作の映画)

3.0

ワンシュチュエーションって(舞台じゃない限り)なかなか興味を持てないと辛い。

所々で、嫌なら部屋から出ちゃえば良いじゃんとか、そんな怒る?とか、それは嘘だろ?的な事を思ってしまった。設定などが舞台だ
>>続きを読む

ママと娼婦(1973年製作の映画)

4.4

もう何これ…すげー面白かった。

安定のクズ役レオ初め、喋る喋る。しかも自伝的な話で実際の人物のやり取りをテープに録っててそれを聞かせて役者にやらせたらしい(アフタートークより)。
何より驚いたのは、
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

デビット・デュークがトランプ支持した時点でお察し。

風と共に去りぬ、国民の創生見たことないので見る。

差別の歴史はよく分からないが、差別される苦しみはわかる。

声を上げる人、それを嘲笑う人、ただ
>>続きを読む

阿吽(2018年製作の映画)

3.4

映画としての高揚みたいなものはあった気がする。

8ミリで現代を見るというのはとても不思議な気持ちになったけど、8ミリで撮ることの意味を少なからず感じたので、こういう使い方もあるのかと。

ゴジラ、と
>>続きを読む

殺人鬼を飼う女(2019年製作の映画)

3.3

こう言う映画を久しぶりに見た気がする。

不思議な映画だった。

脇を固める水橋研二さん、吉岡睦雄さん、そして何より根岸季衣さん!相変わらず素晴らしいクソババアっぷり。

多重人格の表現が面白くて、そ
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.7

原作未読。

南瓜とマヨネーズを思い出した。

自分には共感できることは少なかった。別に映画に共感だけを求めている訳ではないけど、彼らの軸みたいなものがもう少し見たかった。その点で言うと仲原役の若葉竜
>>続きを読む

ワイルドツアー(2018年製作の映画)

4.1

とても良かった。

地元という事もあり山口弁が心地よく、子供達がラボを通じて大人への一歩を踏み出している様に好感しかなかった。

iPhoneで撮った画がかなり使われていたがそれも効果的に使われていた
>>続きを読む

ラストタンゴ・イン・パリ(1972年製作の映画)

4.4

今のご時世この映画を褒める事は些か憚れるかもしれないけど、控えめに言って最高でした。

マーロン・ブランド渋すぎる。
マリア・シュナイダーの身体エロ過ぎる。
レオも中身の無い馬鹿っぽさ全開で素晴らしい
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

4.0

むー、タクシードライバーじゃないか、いや、違う、ラストなあ…。

重なり合って思考までもが、のシーンはストレートで良かった。

タクシードライバーあっての魂のゆくえなんだろうな。ずっとおんなじ事考えて
>>続きを読む

第三世代(1979年製作の映画)

3.9

こちらも理解不能な、かと言ってつまらないと突き放せない何かの連続なので、目が離せない。

「意思と表象としての世界」という言葉をずっと合言葉みたいに使っていて、それの意味が全くわからないものだから、も
>>続きを読む

13回の新月のある年に(1978年製作の映画)

4.1

初ファスビンダー。

ちょっと一回見ただけではなんとも…。しかし強烈だった。

内容も映像も。牛…。セリフが全く入って来なかった。

ヘルツォーク好きだけど、また違ったジャーマンシネマ。独特。

孤独
>>続きを読む

恋のエチュード(1971年製作の映画)

4.2

突然炎のごとくよりこちらの方が好き。

どちらもアンリ=ピエール・ロシェの原作なので構造はなんとなく似ているが、非なるもの。しかしどちらも上手く人を愛せない(愛しすぎる?)人と振り回される人の話。
>>続きを読む

突然炎のごとく(1961年製作の映画)

4.0

とても刺激的な作品。

最初30分はまるで付いて行けず…しかし、ジュール、ジム、カトリーヌに絞られてからは引き込まれる。

まさに狂人な人達。どのようにしたってその関係性は理解など出来るはずもなく、(
>>続きを読む

月夜釜合戦(2018年製作の映画)

4.0

面白かった。

釜ヶ崎という街の現状を憂いでいる監督の行動力の結晶のような映画だったように思う。

憂いを行動に移し、社会的弱者の立場に立てる人、そこに光を当てることが出来る人は心の底から尊敬する。
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.1

設定と脚本と芝居でかなり集中して見ていられた。

ほぼ電話のみ。ワンシュチュエーションだけど、想像しているから全然飽きない。

ギルティ。

何をどう選択するのか、というのはこの映画の構成とリンクして
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.3

とても個人的な映画なんだろうけど、グッときたし、全て良かった。

飛行機だったり、車だったり、意味が分からなかったり何となく分かったり、そういう意味でも良かった。

オープニングの印象的なシーン、あれ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

誰かの為に何かするとか感情むき出しになるとかもうほんと弱い。

ヴィゴ・モーテンセンやマハーシャラ・アリが笑えば嬉しくなったし、怒れば同じ様にムカついてしまってすっかりやられた。

時代は変わってきた
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.1

カウリスマキはいつだってこう言う人達に焦点を当てる。


独特な芝居、役者、照明、テンポ。

皆んないい顔してる。じっくり顔を見せてくれる。

現状こんな事になってるけど、希望は捨てない!という願いが
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

グレタ・ガーウィグ好きだったので、出演してるんだろうと思ったら出てなかった。けど自身を投影するのにシアーシャ・ローナンは適役だったと思う。

レディ・バードがジュリーの元に戻る所と母絡みのラストはとて
>>続きを読む

ろくでなし(2017年製作の映画)

3.8

良作。

監督ご本人は嫌がりそうだけど綺麗に纏まっていた。

撮影(高木さん)も良く、大西さんのいつもの不器用全開さ加減も良かった。

遠藤さん初めて知ったけどお綺麗だし芝居も良いし、ちょっと河井青葉
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.9

堪えた。

もう色々どん詰まりな彼らが必死に生きる、必死にならなけゃ生きていけない世界を見せる、見せてくる。


見ていて辛いが、不幸のどん底に叩き落とす手前の救いはキャスティングの愛嬌というか、面構
>>続きを読む

クズとブスとゲス(2014年製作の映画)

3.7

凄くインパクトあったし、見ていて引き込まれる人達しか出ていなかった。

板橋さん良いですね、バカな役がこんなにも合うのはリーゼントもだけど恵まれた体躯のせいもあるでしょうし、実際熱い男なんだろうな。悪
>>続きを読む

おっさんのケーフェイ(2017年製作の映画)

3.6

胸熱でした。

川瀬陽太さんで正解!なのか、川瀬陽太さんだからなのか、川瀬陽太さんにしか、なのか、兎に角、川瀬陽太が元プロレスラー役って素晴らしい。

走ってる姿で泣ける役者もそうそういない。

ツッ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.2

人間の滑稽でいて可笑しな様を切り取る事が巧みなランティモス。

今回も笑えるし、惹きつけられる。
狂気?が今までより薄い気もしたが、充分に役者が魅せていて(特に表情の変化、その切り取りが素晴らしく)、
>>続きを読む

山<モンテ>(2016年製作の映画)

3.9

宗教的な意味合いに関しては全く分からずだけど、こういう映画って、小さい頃に深夜のテレビで見てある種トラウマになってしまう類な、とても力強く何なのこの世界?みたいな映画な気がした。

気になったのは役者
>>続きを読む

恋の豚(2018年製作の映画)

4.0

とても面白かった。

守屋文雄さんが、とてもダメな人の役なのに何故か魅力的で印象に残る。

主演の百合華さんのすみませんが完璧。

駄目な人ばかりだけど何処かみんなチャーミング。

悦楽交差点見逃した
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.2

なんだか嵌められた感はある。

どの様にも解釈できるだろうし。

妄想だろうな、という解釈。
しかし、そこが問題ではきっとない。いや観念的な意味で言うとそれ込みなのか。

色々と炙り出している。
中々
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

むー、

もちょっとサスセスストーリー風なら乗れたんだけど、見たいところがさっといった感じ。

ゲイだのバイだのはそうだったんだねーくらいの感想で、特に後半、割とそこが軸になってるぽくて、前知識がなか
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.9

楽しみました。

設定や展開などイマイチ乗り切れなかった部分はあるにせよ、不穏な感じは良かった。

日本映画のVFX技術はいつ向上するのでしょうか?予算の問題?

最近はどの役者見てもいい役者にしか見
>>続きを読む

ぶどうのなみだ(2014年製作の映画)

2.9

これは…。

うーん。

何かのPR映画かと思った。

順番間違えたな。幼な子われらに生まれを見た後だから余計に蹴つまずいた感じ。おんなじ監督だなんて信じられない。

しかしなあ。みんな借りてきた感じ
>>続きを読む