Mariaさんの映画レビュー・感想・評価

Maria

Maria

ほっこりムービーやアクション映画が好き。
医療者なので病院系の見る目は厳しい。

映画(292)
ドラマ(19)

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.8

めっちゃハートウォーミング。
そして意外と伏線回収されてて凄い。

私はザックエフロンの話がお気に入り☺︎

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.5

聞き滑りしないクラシックが心地よい。宇宙から見た宇宙船のシーンが好き。全体的に耳で聴かせる作りで新鮮☺︎

オッケーGoogleもSiriもここからアイディアもらったのかなっていう先見の目の塊映画。や
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.3

NBCで初めてのnuts crackerを観て以来、音楽も踊りも虜になったから鑑賞。

感想はあれはあれ、これはこれ。
別物でした。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「ハムレット」(2015年製作の映画)

4.2

ミレーのオフィーリアが好きで、ただ絵の背景までは知らなかったからハムレットから来てるとは思わなかった。

カンヴァーバッチはまり役だし、オタク衣装着ててもスタイルの良さが隠せない。ただ何故ナード仕様な
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

映画館で観るべき映画。
最初の印象からずっとあの眼に釘付けになる。

歯はさぁ、そんな強調することなくない?

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.2

少しエディレッドメンの幼少期を彷彿させる面だった、綺麗な顔面。

内容的にはシンデレラストーリー、邦画でいうフラダンスなんだけど多分これが元祖。

決して上手とは言えない演技が上手。

ロングブランチの街角で(2011年製作の映画)

3.8

短い時間にトロントあるある盛り込まれてるからこれ好き。

トロントの人優しいんだよね。
お話も好き。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

3.8

思えばpart2だけが本当のback to the futureであり後はなんだかんだback to the pastしてる

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

タイトル通りGlindenwald大活躍

ハリポタを初めて読んだのが小学5年生

それからサンタよりも魔法に夢見てるから嬉しくないわけがない

スターウォーズでもジェラシックパークでもその年代の人に
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.2

すぅーっと動く映像と前後に動く音のところがお気に入り。

Glare mucho覚えた。

ミッキーのクリスマスキャロル(1983年製作の映画)

4.0

8歳までで50回くらいみたやつ。

短いから集中力のないお子様におすすめ。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

噂は予々の映画

ストーリーは壮大な嫁探しで、一途なバーブバリ

顔はともかく彼のような人がいたら女はコロッとな話し

バーフ不死身、1万回超ヤバイめっちゃうけるって思った

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8

Mementっぽい。
サブリミナル効果という単語を覚えた。

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

3.5

I’m a Santa Claus.
Merry Christmas , Hohoho.

やっぱりhohohoは大事。

Try to be good right now and wish to
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

なんとなく英国王のスピーチ感出てる。
バルボッサではない。
最後が嗚呼…、

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.5

なにはともあれ時代背景から仕方ないにしてもmother-fuckerなご関係。

26歳のエディレッドメインに兎に角釘付けになった。カンバーバッチを脇役に使うことってあるのか。

今では考えられない夢
>>続きを読む

エリザベス(1998年製作の映画)

3.5

女性が圧倒的にかっこいいと思うのはこの映画みたいなマイノリティが付きまとうからだと思う。

感想としては、

XYは結局淘汰されるから多いに過ぎない。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

漢字じゃなくて全てひらがなの様。


ぷーさんのせかいはやさしさしかない。


最初テッドみたいな風貌だと思ってごめんなさい。

イノセンス(2004年製作の映画)

3.6

細部まで理解は出来ないけどなんかかっけー作品

フリーダ(2002年製作の映画)

3.8

独特でややグロめの絵を描く人の話し。作風が唯一無二の存在だから凄い。これ観て絵を見ると少し理解ができる。

かっこいい人。こーゆー人はちゃんと生きてるんだろなーと実感。

何故誰も眉毛に触れないのか。
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

3.8

星空の下で鑑賞。
とても面白いと同時に難しい。良さを感じたいが知識が追い付ない。poorな自分にややがっくり。

ゴッホ:天才の絵筆(2009年製作の映画)

3.5

短くて良い。
他の画家と違ってゴッホはやっぱり孤独魅力的。

出てくる女の人美人。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

スコアこんな高いことなくないって思ったけど、色々思ってたのと違う裏切り方でそれがまた爽快。

面白かったー、キャストが誰も知らない人なのも思えば新鮮。今までありそうでなかった小痒いところに手の届く作品
>>続きを読む

>|