あやさんの映画レビュー・感想・評価

あや

あや

映画(442)
ドラマ(0)

メトロポリス(1927年製作の映画)

4.3

メトロポリスとよばれる未来都市では、労働者階級と指導階級の2つの階級社会が存在していた。
支配者の息子とフレーダーは、労働者階級の娘マリアと恋に落ちる。危機感を抱いた支配者のフレーダーセンは、マリアそ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

印刷会社で働く真面目なサラリーマンの和成に片想いする由利亜。和成は由利亜と外見も性格も正反対である、妹の真子を好きな一方で、和成の兄が出所してくる。


同監督の『ヒメアノ〜ル』も『愛しのアイリーン』
>>続きを読む

ハピネス(1998年製作の映画)

3.3

離婚を考える熟年夫婦の娘たち・三姉妹を中心に物語が展開する。

息子の友達を性的な目で見る精神科医を夫に持つ長女、リアリティーのある作品を生むためにレイプ願望に取り憑かれる次女、キャリアもうまくいかず
>>続きを読む

エデンより彼方に(2002年製作の映画)

3.5

上流階級の主婦であるキャシーは夕飯を夫の会社に届けに行く際に、夫が職場の男性とキスしているのを目撃してしまう。
一方で、キャシーは庭師のレイモンドとの距離も急接近していく。

50年代のアメリカが舞台
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

2019年ネオ東京。金田をリーダーとする不良少年のグループのひとり、鉄雄が高速をバイクで走行していたところ、顔が老人のような小男を避けきれず転倒してしまう。その後倒れた鉄雄は謎の集団に連れていかれてし>>続きを読む

過去のない男(2002年製作の映画)

3.8

暴漢に襲われ記憶をなくした男。
港の岸辺で倒れているところをコンテナに住む一家に拾われる。
自分の生活を立て直そうとする中で、食料を配給する救世軍のイルマと出会う。

ゆっくりとしたテンポで、ちょくち
>>続きを読む

北の橋(1981年製作の映画)

3.5

前科者のマリーとバチストが出会い、マリーの恋人ジュリアンの鞄から見つけた謎の地図を手にパリの街を駆けめぐる

『セリーヌとジュリーは舟をゆく』でも同じことを思ったけど、冒頭のバチストがスクーターに乗っ
>>続きを読む

昼顔(1967年製作の映画)

3.7

美しい人妻のセヴリーヌは友人から聞いた、上流階級の婦人が客をとる娼館で働き始める。

みんな、根っこは変態だと思う。
セヴリーヌはイケメンで医師というハイスペの夫を持ちながら、夫以外の男性に鞭で打たれ
>>続きを読む

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

3.9

井の頭線沿いに住むある家族。
父親はリストラされたことを家族に言えず、長男は米軍に入隊志望、次男はピアノを習いたいことをなかなか言い出せずにいた。

それぞれが秘密を抱え、作中でも形容される"ゆっくり
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.3

うわ、、良い、、
アダム・ドライバーますます好きになった。本当に出演作にハズレないよね。

ニコールとチャーリーがお互いの好きなところを話すシーンから始まる。
しかし話している場所は離婚調停前のセラピ
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

4.0

幼い頃からマフィアに憧れていたヘンリーは、次第にマフィアの世界に染まっていく

男くさすぎるけどめちゃめちゃ面白かった、、

一番怖いのはジミーみたいな人間だよね、間違いなく。
よく頭が切れて、口数が
>>続きを読む

ふたりのベロニカ(1991年製作の映画)

4.6

それぞれ違う国で同じ日に生まれ、同じ才能を持ち、瓜二つの顔をもつ、二人の女性"ベロニカ"


胸をつかまれるような映像美と、おとぎ話のようなストーリーにただただため息。
バスと古い写真でもうひとりの自
>>続きを読む

お引越し(1993年製作の映画)

4.1

小学生のレンコの両親が別居してしまう。
レンコはなんとか以前のように両親をくっつけさせようとするが、、


TSUTAYAでずっと貸出中だったけどやっと借りられた!
もう壊れてしまった関係を修復するこ
>>続きを読む

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

3.7

テイラー・スウィフトの"reputation"や"Lover"の制作現場、カントリー出身として支持する政党を発表する葛藤などを映した密着ドキュメンタリー。

なんとなく観たけど面白かった。
すごいファ
>>続きを読む

デタッチメント 優しい無関心(2011年製作の映画)

3.7

臨時講師として荒れている学校に赴任してきたヘンリー。
親や生徒との向き合い方がわからない教師や、心の問題を抱える生徒を目の当たりにする

教師って本当に難しい職業だと思う。職業は世の中にたくさんあるけ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

おばさんへのプレゼントで飛び出す絵本を見つけたパディントン。
しかし泥棒が絵本を盗んでいくのを目にして追いかけたパディントンは濡れ衣をきせられ投獄されてしまう

多幸感、、、
パディントンみたいに周り
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

2.4

「かわいい」と言われることが生きがいのOLキリコ。行きつけのバーのユウトに好意を抱いているがセフレにしかなれず、、、
営業先で出会った高山には外見だけ取り繕ってキリコの中身は空っぽなことを見破られる。
>>続きを読む

汚れた血(1986年製作の映画)

4.8

愛のないセックスによる病気が蔓延してるパリ。
亡くなった父の友人マルクから、腕を買われたアレックスはワクチンを盗む話に誘われる。仲間のアンナとも過ごすうちに惹かれていき、、


"もし君とすれ違ったら
>>続きを読む

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

3.8

かつて軍にいた奥崎謙三が、終戦してもなぜ仲間が銃殺されたのか真相を究明すべく元軍曹の家を訪ね歩く


冒頭から奥崎謙三は"普通の人"じゃないと思わせる。
結婚式の場で突然自分の前科(不動産業者を殺す、
>>続きを読む

愛の新世界(1994年製作の映画)

4.5

なぜか今までずっと悲しい話だと思っていたが全然そんなことはなく、むしろ青春映画だった。

SMクラブの女王として働く一方、小劇団に熱を入れているレイ。
医者の卵の男と同棲し玉の輿に乗ることを夢みながら
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.6

宝石店で強盗を遂行するため、お互い素性を知らない6人の男が集められた。
計画は失敗し、コードネーム・ピンクが「仲間のなかに裏切り者がいる」と言い出す。

オープニングからして最高。
腹ごしらえをしなが
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.7

墓荒らしが続いているテキサス。
若者たちは帰郷ついでに墓の様子を見に行こうとするが、、、

めちゃくちゃ怖いのかと思っていたら後半はわりとコメディー要素強くて楽しかった。
若者たちがヒッチハイクをして
>>続きを読む

殺しのドレス(1980年製作の映画)

3.5

美術館で会った男とワンナイトを楽しんだ人妻ケイトがエレベーターのなかで殺される。
目撃した娼婦リズと、人妻の息子が犯人探しに乗り出す


いきなりケイトがシャワー中に男から襲われる夢のシーンから始まる
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.4

ビートルズが存在しない世界でビートルズを歌ったらどうなるのか、という話

なぜビートルズが存在しないのにガンビーノやcold playやエド・シーランが存在してるのか、という理屈は抜きにして今この時代
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.8

コメディアンに憧れてたルパートは、アメリカの超人気コメディアン・ジェリーと直接話すことができてから常軌を逸した行動に出るようになる


"どん底で終わるより一夜の王となって終わりたい"
『ジョーカー』
>>続きを読む

オープニング・ナイト(1978年製作の映画)

4.0

ファンの少女が車に轢かれるのを目撃してから、女優のマートルはだんだん精神を病んでいく

ジーナ・ローランズがドやべえ映画。
画面からの存在感が凄まじいだけでなく、アル中の女、人から愛されたいと思う女、
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.3

ナチス占領下のフランスで、家族を殺されたショシャーナはランダ大佐から逃れる。やがて大人になったショシャーナは復讐する時を待ち、、
一方「イングロリアスバスターズ」と呼ばれる連合部隊はナチス兵を殺すため
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.5

"七つの大罪"に沿った事件を、定年を控えたサンセット刑事と配属されたばかりの若い刑事でミルズが追う

兎にも角にもブラピかっこよすぎ。
ただかっこいいだけじゃなくて、拳銃を手にしながら怒っているような
>>続きを読む

第七の封印(1956年製作の映画)

4.7

従者ヨンスと旅する十字軍のアントニウス。世界はペストが蔓延し、疲れ果てたアントニウスの前に「死」が現れる。
アントニウスは「死」にチェスの勝負を持ちかけ、、


ジャケットの「死」のビジュアルが怖すぎ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

いや、、劇場出てもまだ頭がぼーっとしている。

ヒース・レジャー以上にジョーカーを演じきる俳優がいるのかと思ったけどホアキン凄すぎ。
最初の、泣くように不気味な笑い声を出すシーンで心つかまれるしあの声
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.8

イタリア人の経営するピザ屋で配達のバイトをするムーキー。NYの黒人街に住む黒人たちの生活を描く

冒頭のブラックミュージックのリズムに合わせて一心不乱に踊ってる姿がかっこいい。
終盤までは人々の生活を
>>続きを読む

召使(1963年製作の映画)

5.0

貴族であるトニーは召使のバレットを雇うが、、、

いや、めっちゃおもしろ!!!
召使として使っていたバレットに加え、バレットの"妹"という存在もトニーの屋敷で働き始め、物語はどんどん不穏な方向になって
>>続きを読む

ピアニスト(2001年製作の映画)

3.5

厳格なピアノ教師のエリカは、演奏会で美青年のワルターと出会う。
ワルターに惹かれるエリカだったが、ワルターにある秘密を告白する


想像してたより、ハネケにしては普通、、、という印象だったけど、ワルタ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.8

書かせてください。
主演のタロンくんが来日したとき、ブルーカーペットに当選してしまい、まさかの最前列でサインを頂き、いっしょに写真まで撮ってもらいました、、
Hi guys~とにこにこしながら登場して
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

黒人のクリスは白人のガールフレンドの実家に行くことになるが、、


「黒人は運動神経が優れている」「黒人のあそこは大きい」白人だらけのパーティーでクリスが受ける、無意識のうちの差別からの不快感がじわじ
>>続きを読む

>|