あやさんの映画レビュー・感想・評価

あや

あや

映画館でポップコーンを売ってる女子大生

2017年マイベストはダンケルク

映画(350)
ドラマ(0)

ブライトスター いちばん美しい恋の詩(2009年製作の映画)

3.8

25歳の若さで亡くなったイギリスの詩人、ジョン・キーツとキーツが愛した女性ファニーの物語

わたしの大好きな「高慢と偏見」や「つぐない」のようにイギリスの自然の美しさを堪能できる映画だった。
風でひら
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

正直、クイーンの曲は有名どころの4曲ぐらいしか知らない。
なのに気づいたら泣いてたし、今もクイーンのベストを聴きながらこのレビューを書いている。

本作ではフレディ・マーキュリーの自分のセクシャルにつ
>>続きを読む

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

4.4

かつて人気子役だったジェーンは成長すふにつれてアルコールに溺れ性格と共に醜くなっていく一方で、美しい姉は人気スターに登りつめていく。
しかし、ある日事故により姉は車イス生活をすることになり、立場が逆転
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.9

村の牛乳配達、コスタは戦争に行った英雄ジャガの妹との結婚が待っていた。しかしジャガの花嫁として迎えられた美女に恋に落ちてしまい……

「黒猫・白猫」と「アンダーグラウンド」がミックスされたような作品。
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

4.2

ハーバードに行くことを理由に恋人にフラれたエル。一念発起してハーバードのロースクールを目指す

エルはオシャレでみんなの人気者。シークエンスでもネイルをしている爪や、かわいい部屋でブラッシングしている
>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

3.6

荒れ果てた羅生門で、旅法師と杣売り、下人が雨宿りをしている。
薪を取りに行った杣売りはそこで侍の死体を見たと下人に語りかける。


芥川の「羅生門」が原作だと思っていたら、舞台が羅生門なだけで話は芥川
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

4.1

街角で盲目の女性と出会って恋に落ち、女性の目の治療費を稼ごうとする


無声映画でも、チャップリンの動きや表情できちんと喜怒哀楽が伝わり十分に楽しめた。今こういうパントマイムが上手い俳優はどれだけいる
>>続きを読む

ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972年製作の映画)

4.0

6人のブルジョワたちがいつまでたっても食事にありつけないという話


けっこう好き。
友人を招いて食事会をしようとしても「あれ?今日食事する約束でしたっけ?」みたいに勘違いから始まり、その後もお食事し
>>続きを読む

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

4.0

ポンヌフ橋に住むアレックスは、失明しかかってる画学生のミシェルと出会う


アレックスは橋に住むホームレス。毎日の生活を送るのも命がけで、冒頭ではいきなり車に轢かれ骨折する。ミシェルは失恋をし家出をし
>>続きを読む

盲獣(1969年製作の映画)

4.2

盲目の彫刻家、道夫はモデルのアキを誘拐し最高の作品を作ろうとする

原作、江戸川乱歩。
道夫は目が見えない代わりに研ぎ澄まされた触覚で女体を感じ、自分の作品に取り入れている。アキは道夫にとって今までに
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.8

独身42歳パチンコ店員の岩男は、フィリピンでアイリーンを買い実家に帰る


「金で愛を買ったがそれがどうした?」と観ている者に言わんばかりのラブ&バイオレンスな映画だった。お金で女性を買って、岩男にと
>>続きを読む

白いリボン(2009年製作の映画)

4.8

小さな村で不可解な事件が頻発する。
村人たちの群像劇


「犯人は誰なのか」という話ではなく、「どのようにして悪が形成されていくのか」という話だった。
村に起こる事件がきっかけで次第に村の中の暴力、鬱
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

ある日突然朝子の目の前から消えた恋人の麦。しかし数年後、朝子は麦そっくりの亮平と出会う。


恋愛映画のはずなのに最初から漂う不穏な空気がいい意味で気持ち悪い。
いつもそばにあるもの(愛)は次の日消え
>>続きを読む

冬の光(1962年製作の映画)

4.0

牧師のトーマスは愛する妻を亡くしてから自分の信心について悩む
そんな中、いつも礼拝に訪れる婦人が塞ぎ込んでる夫と話をしてほしいとやってくる


遠藤周作の小説を読むようになってから「神の沈黙」というテ
>>続きを読む

ヒロシマモナムール/二十四時間の情事(1959年製作の映画)

3.6

広島に撮影にきたフランスの女優と、日本人男性が行きずりの関係をもつ


「ヒロシマで見た」「いや、君は見てない」という会話で裸の肉体が絡み合う映像と、広島の記録フィルムからの映像が交差する冒頭。
女は
>>続きを読む

悦楽共犯者(1996年製作の映画)

4.0

人には言えない方法でエクスタシーを得る者たちの映画

超ド変態映画。鳥の頭を自作して人形を痛めつけることで快感を感じる男、全身釘バットのマッサージで快感を感じる男、好きなアナウンサーをオカズにオナニー
>>続きを読む

ジャンヌ・ダルク裁判(1962年製作の映画)

3.6

ジャンヌダルクが異端裁判にかけられているところを淡々と映している。

ジャンヌは本当に神の声を聞いたのか今も議論されていることで謎に包まれているけれど、あくまでこの映画ではジャンヌが神の遣いという前提
>>続きを読む

バルタザールどこへ行く(1964年製作の映画)

4.2

幼いマリーとジャックはロバにバルタザールと名前をつける。ジャックは引っ越していき、その10年後に売られたはずのバルタザールがマリーの農場に戻ってくる。


ロバのバルタザールを中心に物語は進んでいき、
>>続きを読む

美しき結婚(1981年製作の映画)

3.9

サビーヌは不倫相手のシモンとの関係を清算し、同じ店で働く友人から従兄弟で弁護士のエドモンを紹介してもらう。


とにかくサビーヌがイタい。
デートしても自分のことしか話さないし、自分の誕生パーティーで
>>続きを読む

欲望のあいまいな対象(1977年製作の映画)

3.7

初老の金持ちであるマチューは、従兄弟の家の若い家政婦コンチータに一目惚れし、翻弄される


列車でボロボロになっている女性にマチューがバケツで水をぶっかけられ、マチューがその女性からどんなにひどい目に
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.7

ホグワーツの新学期が始まる。ハリーはアズカバンからシリウス・ブラックという囚人が脱走し、自分を狙っているという話を聞く


アズカバンってこんなにおもしろかったっけ?
ヒッポグリフで空を飛ぶ爽快感、忍
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

笑った。笑った。こんなに映画館で涙出して笑ったのなんて初めて!

何を書いてもネタバレになりそうなので詳細レビューに書くのはやめておきますが、あの構造にはとても感心した。
低予算で作られて、120万人
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.8

大学の講義で鑑賞


あの"闇の魔術に対する防衛術"の教師としてやってくる薄っぺらい男、ロックハートをケネス・ブラナーが演じていたことを鑑賞して初めて知ってびっくりした。

やっぱりロンかわいいなあ、
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.5

講義でものすごく久しぶりに観て、「こんなにおもしろかったっけ?」って思った。

ホグワーツに無事入学のワクワクが止まらないし、気まぐれで動く廊下とか動く絵もわたしが新入生だったら絶対同じように大興奮(
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.7

就活を始めた拓人は友人の光太郎と暮らす。ある日光太郎の元カノの瑞月を通じて理香と隆良と知り合う。
拓人らは瑞月の家で"就活会議"と称して集まるようになるが…


就活は人を殺す。
就活を終えたので観た
>>続きを読む

はなればなれに(1964年製作の映画)

4.0

泥棒のアルチュールとフランツは英語学校で知り合ったオディールと協力して、オディールの叔母の大金を盗もうとするが…


1分間沈黙ゲーム、ダンス、西部劇ごっこ、ルーブル美術館を駆け抜ける。自由奔放で映画
>>続きを読む

プチ・ニコラ(2009年製作の映画)

3.8

弟ができたと思い込んだニコラは、いたずら好きの友人達とあることを思いつく


可愛すぎて悶絶。
デブ、ガリ勉、悪ガキ、お調子者、お金持ちのお坊ちゃん、ちょっとおバカ、などみんな見事にキャラが立っている
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.6

息子ジェイミーの育て方に悩むシングルマザーの母は、同じフラットに住む写真家のアビーと、ジェイミーの幼馴染のジュリーにあるお願いをする


わたしは「女兄弟の中で育つ男の子は女心がわかる」というのが嘘で
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

一流の仕立て屋レイノルズは若いウェイトレスのアルマを見初め、ミューズとして迎える

ドレスを見に纏った女性たちは何て美しいのだろう。
一つ一つ縫い上げて、世界にたった一つしか存在しないオートクチュール
>>続きを読む

柔らかい肌(1963年製作の映画)

3.6

妻子ある中年の文芸評論家ピエールは搭乗した飛行機のCAのニコルと不倫に溺れる


同じエレベーターに乗り合わせて、一緒にホテルの部屋で関係を持つまでの流れが完璧。
二人きりのエレベーターで交差する視線
>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

4.8

キリスト風の男がなんやかんやあって巨大な塔に逃げたところ、錬金術師と出会う。そしてさまざまな男女9人と不死を求め"ホーリーマウンテン"に向かう


トチ狂ってる。
暴力、性、金、権力がはこびる狂気の世
>>続きを読む

ロバと王女(1970年製作の映画)

4.0

母が亡くなり、父と結婚させられそうになった王女は妖精の力を借りてお城から逃げ出す。ロバの皮を被って下女として暮らすがたまたま旅行でやってきた王子様と出会う。


空のドレス、月のドレス、太陽のドレスな
>>続きを読む

「A」(1998年製作の映画)

-

オウム真理教の広報担当・荒木に密着取材したドキュメンタリー


最初から最後までなぜ麻原彰晃をこんなに崇拝してるのか私には理解できませんでした。
足の踏み場もないようなゴチャゴチャしたところであんまり
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

亡くなった姉の子を育てるフランク、天才的な数学の才能を持つメアリー、片目の猫フレッドの生活

大人が望む幸せは子どもの幸せに直結するのか考えさせられる。
フランクはメアリーに普通の子と同じ生活をさせる
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.2

ジェシーとセリーヌの間には双子ができ、ジェシーは元妻との間にいるハンクとの親権で揉めていた。


Before Sunriseでした選択の結果がテーマの今作。Before Midnight を観たらも
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.6

父の死がきっかけで集まった三兄弟がインドへ"心の旅"に出る


旅はいつも予想外のことが起きるからおもしろい。「友達だったら絶対になりたくない」とお互いに言い合うほど性格の合わない三人は、インドで靴を
>>続きを読む

>|