のくさびさんの映画レビュー・感想・評価

のくさび

のくさび

ここ最近で観た個人的な記録用。

  • List view
  • Grid view

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.4

サスペンス?それともリベンジもの?って思ってたらフェティシズム映画?

うーん。

色々と汚れが重なって掃除するのめんどくさいなぁと思ってたら魔法みたいに汚れが落ちる布巾で一拭き。そしたら綺麗さっぱり
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

4.1

ハイテクな新車で家族旅行に出掛けるもブレーキが利かず高速を160キロでぶっ飛ばすってベタなストーリーだったけど、楽しめた。

会話メインだけど人間関係のあっさりさが良かった。妙に感動的な家族愛とか描か
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

シャーリーズセロンとソフィアの共演なんて観るしかない。

初っ端から懐かしい曲が次々流れてくるからそっちの方に楽しみがシフトしてしまって、前半「こいつ誰だっけ?」ってなるシーンがしばしば。

誰が敵だ
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.6

記録。

猿の惑星は全部見てるわけじゃないからちょっと復習してからまたみたい。

不憫なのは薪を運んでた男。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

学生時代のありふれた恋愛もののような気もするが、シャロンの孤独と、自分が何者なのかというぶつけようのない不安感が自分のその頃と重なって辛かった。

体の成長に伴う心の成長に期待もしたが、そんなのは孤独
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

5.0

「実話を元に」って映画は最後のエンドロールありきだと思う。
この映画のエンドロールはこの時代の残酷さとそのドラマを見せつけてくる。

頼れる大人もおらず、必死で生き延びようとする子供達の運命。

スリ
>>続きを読む

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.8

ジャッキー凄いなー。久々に香港映画見たけど、ジャッキーの映画って安心して見られる感じする。

中国やモンゴルの風景の美しさを満喫しつつも、アクションシーンの面白さもふんだんにあってよかった。

そして
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

改めて思う、戦争は嫌だ。

戦争映画としては最高。
無駄死ばかりあちこちに転がっている。

砂浜にめり込む弾丸の恐ろしいこと。
痩せた兵士達の表情や、死の瀬戸際で繰り広げられる潰し合いなんかもう、
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

いやぁ面白かった。

猛ダッシュで追いかけてくるゾンビとかありえないでしょって突っ込みたくなるけどもまんまと泣かされたし手に汗握らされた(笑)

同じ列車に乗り合わせた人間のキャラもそれぞれ良かった。
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

WW1の時代を持ってきたのとても好みだったけどドイツ語で聞きたかったかなー

初っ端の戦闘シーンのスピード感と銃に弓矢が勝る結果もよかった。そこはとにかくかっこよかった。

ガルガドットはもう少し筋肉
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.0

薄暗いファンタジー。
紙の上に流れる絵の具が美しかった。

妄想に耽るコナーの前に現れた怪物の
善玉と悪玉の話は面白かった。

コナーの気持ち痛いほどわかる。それは私が大人だからなんじゃないかなぁとも
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

個性的なスタイルとたくさんの子供達。

邦題よりキャプテンファンタスティクのままがよかった。


ジョージマッケイなんだか若くなったような?

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

納得の主演男優賞。

主人公リーが常に世間の目に晒される描写が薄暗く進んでいく前半と、衝撃的すぎる悲劇。

他人ではどうすることもできない過去の傷が恐ろしくリアルだった。

映画を観終わったというより
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

まっさらな状態で鑑賞して良かった。
オープニングで、こんなに悲しい話だったの??と不安になったけど、コミニュケーションの取り方は面白かった。

でも中盤の期待感は後半の纏まりでちょっと萎えた。

案外
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.9

切なかった。
グザヴィエの映画って誰かに見られてる描写がエグいほど刺さる。

12年ぶりに帰ってきた弟(ルイ)がこの田舎ではない別の場所で著名な作家として成功しているせいからか何かと突っかかる兄。
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.9

エマワトソン美しかった。
ビーストはビーストのままでもかっこよかった。

私の中で、エマワトソンはどの作品を見てもハーマイオニー感が拭えないまま。今回もやっぱり本が大好きなハーマイオニーだったし暗がり
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.8

日曜日に観たら幼い子供達もたくさん観にきていたけど、こんな映画に出会えて幸せだなと羨ましくなる。

レビューやツイッターでマッドマックスだったってコメントを多数見たので鑑賞。
間違いなくマッドマックス
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.8

「英国王のスピーチ製作陣による作品」手のに惹かれて観たけど想像をはるかに超えた素晴らしい作品だった。

サルーと兄の描写には愛情が満ち溢れていた。
成長したサルーが自分のルーツに強く引き戻されてしまう
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.7

吹替で見ましたがそんなに嫌じゃなかった。でも改めて字幕で見たくなる。

この手のアニメーション映画ってキャラクター設定の細かさにいつも楽しませてもらう。
才能豊かな豚さんが主婦って皮肉さに苦笑いした。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

しょっぱなのコング登場から次までの流れが少し退屈だったけどトムヒの胸筋すこぶる良かった。

ガンガン殺される人間と絶望しかない心理描写もっと欲しかったかなぁー。

空いた時間に吹き替えしかなくそれを見
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

デミアン凄いな。

映画というより舞台見てるような臨場感あった。
ライアンがこの作品のためにピアノマスターしたって話聞いてたので彼の腕前にびっくりしたしエマストーンてこんなに踊り上手かったんだってのに
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.0

前半ちょっと退屈した。

クライマックスの格闘シーンは面白かった。

この映画に関して恋愛要素いりますか?

未来を花束にして(2015年製作の映画)

5.0

ゾクゾクした。

胸の奥深くを鷲掴みにされグラグラと揺すぶられた感覚。

「俺に恥をかかせるな」
「お前は俺の妻であり母親だぞ」
「逮捕はせず亭主の前に出そう」

シンプルな台詞の中にグロテスクな女性
>>続きを読む

ヒトラー最後の代理人(2016年製作の映画)

2.0

ルドルフヘスとの取調室でのやり取り。
自分のしてきたことに良心の呵責が無かったわけではないヘスは、案外人間味あるんだなぁと。

映画としては「アイヒマンショー」なんかのドラマチックさは微塵もなくひたす
>>続きを読む

エレファント・ソング(2014年製作の映画)

3.7

ほぼ会話だけ。
ドランの映画は「母親と息子」。
サスペンスと言うのかな?
違う気がする。

精神の病とは?なんだろうか。

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

4.1

落ちこぼれの生徒が寄せ集まったクラスをどうまとめるかってのはよくある話。
で、実話。

落ちこぼれの生徒が何故落ちこぼれてるのかってのが少ないカットで、くどくならずちゃんと描かれている。
重く大きなテ
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.3

グザヴィエドランの映画は声を荒げて主張する女の人が登場する。
真っ当なことを主張するために声を荒げる。
ロランスの恋人がレストランで店員にキレるシーンは込み上げるものがあった。

愛する恋人からトラン
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.8

グザヴィエドラン見たさに観た。

ちょっと下品でガサツな母親が許せない息子、激しい口調で言い争うのにちょっとたじろいだ。
自分は親とそんな言い争ったりしたことなかったから。

マミーにしろこの作品にし
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.1

監督すごいな。
こんな見せ方もあるのかと新鮮だったのと劇中で画面がフアッーと広がるシーンに心震えるものがあった。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

シングストリート良かったので同じ監督作品観ようと思ってコレ。

恋愛ものっぽいパッケージに大丈夫かなと不安だったけど、爽快で良かった。
ラファロは一生懸命に動き回る役がよく似合う!!
最終的なグレタ
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.0

「悪魔を憐れむ歌」と「ボヘミアンラプソディー」は良かった。
ストーリーなかなか入ってこない。
うーん。

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

5.0

madmaxは8度目まで数えてたけど、今回で何度目なのか忘れてしまった。

しかし初の白黒madmax!
そして途中白黒であること忘れてしまう。

今回もフュリオサのredemptionの意味を考える
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.1

血塗れベネディクト最高。
マッツの色気も最高。

街並みがドミノのようだったり万華鏡のようだったりで迫力あった。

か細いティルダのアクションも鋭くキレがあってとても良かった。
結構笑えるところもあっ
>>続きを読む

>|