zlatanioさんの映画レビュー・感想・評価

zlatanio

zlatanio

映画(41)
ドラマ(0)

エスター(2009年製作の映画)

3.7

よくあるスリラー映画。

正直世に出たスリラー映画はほとんど見たかも。

だれかおすすめなのありませんか?

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

久々にミュージカルを観て感動した。


曲が主人公の気持ちと合致してて文句なし

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.3

ストーリーや視点はとても興味深い。
LALALANDよりも低評価なのは、舞台が19世紀というわりに曲がポップ過ぎて、いまいち映画の世界観に入り込めなかったからです。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.4

エンディングは何個か想像できた。
その中で最善のものを選択した。
自分の中ではそれなりに楽しめました。

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.7

バイオハザート以外では初めて見たゾンビ映画。ブラピかっけえ。

ただ、映画としてみている自分がいました。

暗黒女子(2017年製作の映画)

4.4

この前Netflixに上がってたから見た。


飯豊まりえって可愛いね、やっぱ




内容も今年見た邦画の中では一番楽しめた

サウルの息子(2015年製作の映画)

4.4

会話は今まで見た映画の中でかなり少ない。ただ、俳優さんの演技が素晴らしく表情だけで、あらゆることを悟ることができる。

テーマが重いだけに賛否両論分かれる映画。


ただ、一つ言えることは親子の絆は命
>>続きを読む

建築学概論(2012年製作の映画)

3.4

大学の語学の授業で見た。
脚本は平凡だけど、あらゆるところで工夫が見えた。
やはり、有名な監督さんだけあって伏線の回収の仕方がうまい

メメント(2000年製作の映画)

4.8


主人公は色々な人に利用されて可哀想だった。
時間軸が逆の時はモノクロとカラーを使い分ける工夫。
秀逸な脚本。
文句なし。
もう一回見ます。

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.4

オーストリア製のサイコスリラー映画。
この映画の真実は20分で気がついた。
バイオレンスなシーンは目をつぶりたくなる。そこに「お嬢さん」のような美しさはない。ただ低コストホラーだけあり新しい分野のホラ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.4

なぜか、主人公の顔がどんどんかっこよく見える。こう来るかというひねりは一切なかったけど、逆にそれが良かった。
ちなみにあの2人はロンドンでやっていけるのかな笑
あと曲めっちゃいい、ウォークマンにいれた
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.3

スピルバーグにトムはやばい。
トムはただただかっこよかった。
脚本的にはもう少しジョン(トムクルーズ)と、ショーンのシーンがあれば誘拐犯を殺す時に感情移入できたけど、トムの演技はやっぱりうまい。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.6

予告から見たけど怖い。
傑作サイコスリラー。
ユーモア要素もホラー要素も楽しめた。

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.5

初のイタリア映画。
カップルでよく隠し事しないでねって言うけどそんなの無理だよねって作品。

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.5

お嬢さんがあまりにも素晴らしい作品だったのでパクチャヌク作品を見た。
美しい復讐劇。

お嬢さん(2016年製作の映画)

5.0

日本が朝鮮半島を支配してた時の話。高校の時の世界史で勉強したから、時代背景が分かって面白かった。時にバイオレンスで、時にエロチックで、目をつぶりたくなるようなシーンもあったが、何より美しかった。また、>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.5

やっぱり日頃の行いって大切。
復讐したことされたことが同等にマイナスかと言われるとそういうわけではない。

ルーム(2015年製作の映画)

4.5

心が温かくなるヒューマン映画でした。
ストーリーがしっかりしている上に非常に美しい映画でした。
後半はやや物足りない気もしましたが、ささがアカデミー主演女優賞をとっただけあってお母さんの演技もうまかっ
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

クリーピーに続き、邦楽サイコスリラー映画を見た。やっぱり一番怖いのは人間。
映画の長さもちょうどいいし
個人的にはエンディングが好きだった。
良いサイコスリラー映画に出会いました。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.4

香川さんの演技がさすがだった。
常にハラハラした2時間でした。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

2.5

ハッカー同士の友情や、マリとの恋愛についてはあるのかないのかよく分からなかったです。
視聴者を騙すことを念頭に置いた映画で、ストーリーが少し陳腐かなとは感じました。

ただBGMや映像はかっこよくて、
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

2.0

このシーンはどうなんだろうと思うことが多かった。
例えば父親が死ぬシーン。実の父と祖父が死んでいるのにケイティとロージーの泣きのシーンは本当に悲しいのかと思わせるほどだった。結局父親の死の使いどころは
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

4.2

5年ぶりくらいに家で見つけた。
グラフィックといい音響といい好きでした。ナブーに行きたい。
アナキンが母親を失うシーンは見ててつらい、アナキンがダークサイドへ落ちてしまうきっかけになったのかな。あとは
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.8

心が温まるいい作品。
ラブロマンスはそんなに好きではありませんが、これは傑作。
タイムトラベルについて映画内で矛盾点はありましたが、それを含めてもいい作品に出会いました。是非アバウトタイムの世界観に浸
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.7

ヒヤヒヤし続けた100分間だった。
会話がかなり少なく、語りが多くて、淡々と話は進んで行くが、恐怖を植え付けられた。なによりもおもろかった。

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

2.4

わざわざ2作に分ける必要あるのかなと思った。
ストーリーは可もなく不可もなく。
ただ広瀬すずかわいいな

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.5

個人的には高評価ですが、好き嫌いがハッキリ分かれそう

>|