どろぬまさんの映画レビュー・感想・評価

どろぬま

どろぬま

備忘録のために……。基本、映画館で観た映画だけにします。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.2

あっ、こんな演出があるんだという発見。緊張感を演出するための新発見だね。

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

観終わって、しばらく放心。
むごいよなぁ、むごすぎるわ、、

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.8

山の怖さ、それでも山に惹かれる気持ちに共感できる、美しいドキュメンタリー

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.6

映像の力が半端じゃない。そして、信仰とは何かを観客に問わせる、脚本も見事。これは傑作でしょ。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

構造で見せる映画。メタ的に見ないと、面白くないかも。。
ミュージカル映画といっておきながら、ミュージカル映画を否定するつくりになっている。というより、現代は昔みたいに能天気なミュージカルは作れないよと
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

2.6

終始「どういうこと?」となっていたけど、観終わったあとにレビューを読んで納得。どういう映画なのか理解した上で、もう一回観なければ!!

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

説教っぽい!けど、めっちゃいい話。
市役所の対応とかも、監督の意図が見え透けているのに、感情が動かされるのよね~。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

最初のシーンから、「おっ、これは」と思わせる、圧倒的な画面構築が魅力。とにかく心がえぐられるシーンが多く、泣かずにはいられない。大切な一本。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.5

うん……普通!! 新しい発見は何もないね。
セックスのシーンは、エンターテイメント映画らしくエロくてよかった。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.4

泣いて、笑って、考えさせられる。
一つ一つのエピソードが、愛情深く、多くの人に自信を持って勧められる一本。観ていて、とにかく楽しい。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.9

当然「四畳半神話体系」を思い浮かべてしまうし、比較してしまう。
そうすると、どうだろう。描いているテーマがダサくないか?

映像表現の巧みさ相変わらずなので、トータルで考えると全然いい作品なんだけど…
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.5

この疾走感は、何なのか。加齢を感じながら、もがきながらの全力疾走がたまらなく好きだ!!

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

どこを楽しめばいいのか?
お前会おうと思えば会えるやん!と思わず突っ込みを入れたくなる。

育ての親がいるのに、実の母に会っていいのか?という葛藤だけしかないのが、映画として弱いよ……。

最後のお兄
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

クローズアップの連続で、辛い……。
ただただ、最後の音楽の部分が救いか。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

4.4

ただただ逃げるだけの映画なんだけど、めちゃ面白い!
話が通じないテロリストの暴力と、メキシコという土地特有の"渇き"という暴力が同時に襲ってくる緊迫感がたまらない。観返したい、良作です!

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

ただただ、ひたすら暗い救いのない映画。
とんでもない失敗をしたとき、どこで自分を許せばいいのだろうか?
残りの人生、ずっと十字架を背負わないといけないのか。
思い出したら、泣きそうになってきた。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

男だわ……。こいつ、男だわ……。
宗教の理解がないとこの映画のよさは100%理解できないと思うのだけど、そんな僕でもカッコよさは分かる。アンドリュー・ガーフィールドが、超がつくほど男前なのは分かるぞー
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

面白い!けど、登場人物たちの行動原理が見えにくい。音楽の教養があったら、もっと理解できるのかな?

コインランドリーのシーンは秀逸。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

やばい! 凄すぎる!!
人生の大切な一本になった。

宇宙船が登場するヘリコプターのワンショットや、始めて宇宙人と遭遇するシーン、宇宙服を脱いで接触するシーン。
いいシーンを上げたらキリがないけど、個
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

前作のファーストシーンが完璧だったのを引き継ぎ、これも最高の始まり方。終始面白くて、ただただ素晴らしいの一言。

ベタだけど、ラストを泣くな……。ってか、これって父と子の映画だったんだ(笑)

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.3

めっちゃいいじゃん。泣くでしょ、こんなん。

島の描き方も素晴らしく、孤立している"島"に光が満ちてくるのが、画面からビシバシ伝わってくる。美しいカットの連続が、観ている僕たちの心も満たしてくれる。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

5.0

今まで観てきたアニメ映画で一番よかったかもしれない。
湯浅監督の作品はどれも好きだけど、これは傑作「四畳半神話体系」シリーズを超える作品だと思う。

細田守作品や、「君の名は」もそうだけど、キャラクタ
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

4.0

凄い面白いよ。やっぱりこの監督は天才だし、ずっと観て続けていきたい。
けど演劇の意味が分からないとね……、あれはどういう意味なんだろう。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

凄くいい映画!なのは分かる(後々思い返すとジーンとなる)けど、描いている感情が機微だから、正直あまり映画の最中にノレなかったのは事実。

自分のリテラシー不足で、映画のよさを堪能できていなかった、勿体
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

2.7

面白くなかったな……。旧3部作や、マークウェブ版と比べると、しんどかったな……。

主人公が未熟な点。それは、全然いいんだけど、成長が見えづらい。成り行きで、結構解決しちゃうのも嫌だ。恋愛のシーンも、
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.4

うぉー!ってなるに決まっているでしょが。戦争の悲惨さというか、暴力性を人間ドラマではなく、映像の力で魅せているのが見事。水絡みのシーンは、本当に秀逸。

ドイツ軍の強さが描かれた映画ってあんまり観てこ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

全編を通して流れる多幸感。人生観を変えるような、人生がより楽しくなるような力をそなえた一本。

僕は、通勤までの道のりを楽しんでいるだろうか?ケータイを持たないという選択をしている主人公が、本当に羨ま
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

面白い!……けどな、という映画。音楽の使い方とか、メロドラマ過ぎるのは、僕の好みじゃないな。それと、所々にあるご都合主義的な命の守られ方は、嫌いだ。

よくツイッターで褒められているのを見た"閉鎖空間
>>続きを読む

>|