どろぬまさんの映画レビュー・感想・評価

どろぬま

どろぬま

備忘録のために……。基本、映画館で観た映画だけにします。

映画(76)
ドラマ(0)

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

1.5

時間軸が違う話が平行して展開する。とにかく見辛い。
そして致命的なほど、どちらも軸の話も面白くない。
帰りたくなった。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.6

面白いけど説教くさい。
毎回、是枝作品を見る度に同じことを言っているんだけど、演出の手がどうしても透けて見えてしまう。

この映画も役者達が独立しながら存在感を放っているが、『そして父になる』程のドン
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

色々と説明的すぎない?と思いながら観た。
コメディにノレないと、ちょっと辛いかも。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.3

リベラルであれ、寛容であれという言説にはウンザリしている人も、今の世の中多いのではないだろうか。だって、話が通じない人と話すのってシンドイし……。

それでも、疲れていると立場上言えない人達がいる。こ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

文句なしに面白い。

けど、傑作過ぎた『グランドブダペストホテル』や、僕がウェスの作品で一番好きなである『ファンタスティック Mr.FOX』と比べてしまうと……。

あまりの情報量についていけなかった
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.8

ポールトーマスアンダーソンは、いつも僕たちを違う世界に連れて行ってくれる。

物語の純粋な面白さや物語をどう魅せる勝負するのではなく、映画という芸術の可能性に挑戦しているのが素人の僕でもよく分かる稀有
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

2.5

この映画がどこに向かっていくんだろうか、というワクワクではなく、何を見ているんだろうかというイライラが募る散文的な映画。

ラストのうまくまとめました、的な内容も邦題も嫌いだ

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.6

印象的なシーンがめちゃくちゃ多い。
二度と戻らない少年時代の美しい時間という映画のテーマと、映画の表現がマッチした素晴らしい完成度。

最高です。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自意識が高すぎる主人公が、ちょっと勇気を出しては挫折する(自意識が高いがゆえに)、そして最後ほんのちょっと成長する個人的に好きな話。

渡辺大知の、人の気持ちを図るのは苦手だけど、拒絶されるのにめげず
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.2

画面の構成がとにかくカッコいい。弛緩するシーンがほとんどなくて、常に関係性が揺れ動く構築のうまさが際立つ。
白石監督の作品が、絶対に全部観に行こうと確信した1本です。

後半のちょっとしたミスリードと
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.8

やっぱり入江悠は好きだ。
観終わった後、言語化できない鬱々とした感情が抜けなかった。

登場人物の行動原理がよく分からない所が多いが、親の呪縛という映像外からの関与を考えれば、そこもいい。よくわからな
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.7

シリーズで1番クオリティが低いのでは?
説明ゼリフの多さ、ツッコミどころ満載な登場人物の行動、何より愚直過ぎてテレビドラマみたいな映像構成が酷すぎる。

えっまさか!!みたいな物語の展開で楽しめ!とい
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.2

オーシャンズシリーズを思い出させる、テンポよし、笑いよしな痛快クライムムービー。
犯罪を犯す社会的には悪いやつらではあるんだけど、どう憎めない愛されキャラにするのか、演出も演技も抜群に決まってる。
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

伯父と祖母が、子どもの幸せを願い対立するのが物語に軸になっている。
どちらも、子どものコトを考えた上での行動のように思える。
しかし、その行動が本当に子どものためになるのか?と主人公の甥が自問し出すと
>>続きを読む

>|