idepppiさんの映画レビュー・感想・評価

idepppi

idepppi

映画(143)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.0

呪われた聖剣以来の劇場版を観た。アラバスタ辺まで読んでないけど、初登場時、リトルガーデンと捕らわれてるイメージが強いゾロ。

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.0

大人になって観るとおばさんではなく清太に腹が立った。言い方はキツイけど、おにぎりのシーンなど間違ったことは言ってないと思う。

映画 ちびまる子ちゃん(2015年製作の映画)

3.0

ちびまる子ちゃんを観て泣くとは思わなかった。まるちゃんもアンドレア可愛かった。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.0

ゲーム内でゲームオーバーになったら現実世界でも死んでしまうというスリル感がある内容だけど、メインキャラが映画で死ぬわけないと、そこまで楽しめないのがシリーズモノの欠点。ただ、100年前のロンドンが舞台>>続きを読む

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年製作の映画)

4.0

まさかの今作の名ゼリフを放ったのが元太だった。好きな子にあんなセリフを言えちゃう歩美ちゃんが可愛過ぎる。

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

5.0

4作目にしてトリックや怪しい登場人物が出てきたのと同時にスケボーでジェットコースターに乗るというぶっ飛んだ事をしだした。記憶を取り戻した蘭が笑ってしまう程かっこいい。

名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年製作の映画)

5.0

怪盗キッドの登場シーン格好良すぎません?小学一年生の女の子も顔赤くしますよ。キザなセリフを吐くけど言葉選びがオシャレ。

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)(1998年製作の映画)

4.0

トランプの数字の順に殺されたり、犯人も一度襲われたりと設定が良過ぎて内容がパッとしない。殺人シーンもトリックはなく、怪しい言動をする人もなく物足りなかった。

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997年製作の映画)

4.0

歴代劇場版の犯人で1番記憶に残る名前。恋愛もミステリーも楽しめる作品で、挿入歌2曲とも入り方が最高。逢いたいよの歌詞を見てからそのシーンを観たら更にグッとくる。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.0

終盤のアンディからボニーへの言葉や仕草から涙が止まらない。1番最後の絵がアンディとウッディ達の想い出の始まりと終わりのように感じた。

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.0

博物で一生大事に保管されるのと、大好きな持ち主に短いだけでも愛されるのとどっちが幸せなのか悩むウッディと命懸けで助けてくれた親友を助けるバズに家を出る5分前でも全力で遊ぶアンディ。個人的には今作が一番>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.0

冒頭でウッディの扱い雑だなって感じたけど、それでも伝わる1番のお気に入りで、おもちゃが大好きだという気持ち。バズへの嫉妬が原因で失った仲間からの信頼やバズが自分のCMを見た時の絶望感と子供の頃と大人に>>続きを読む

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.0

インクとMUどっちから観ても楽しめると思うけどサリーって最初こんな感じだったんだとはなる。マイクは怖くないと言われていたけど、枕元に立っていたらびっくりすると思う。

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

4.0

甲高い子供の泣き声が苦手だけど、それを除けば笑えるし泣けるし大人でも楽しめる内容だった。ラストも姿が映らずに終わったのもいいと思う。

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.0

かっこいいしオシャレ。名言名シーンが多い中、1番好きなのは「大きくなりやがって・・・」からの次元とのやりとり。何十回も観たけど最近、五ェ門があのシーンにいたことに気づいた。

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.0

学生×図書館×恋って最高のシチュエーション。中学生に戻りたいと思うけど、聖司くんみたいな中学生なんていない・・・。

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

4.0

初めてディズニー映画を観たと思う。ラプンツェルが可愛くて逞しいくて1番人気なのも分かる。絵も歌も綺麗だったしユージーンがカッコイイ。

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

5.0

周りの人から絶対泣くとか来年やばいって言われ期待して鑑賞。ピカチュウでなくイーブイでもなくお前に泣かされるのかって思いながら号泣。モンスターボール渡す時には声を抑えるのに必死だった。1度涙腺緩んだらど>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

5.0

初めて映画館で同じ作品を2回観た。降谷さんカッコイイし哀ちゃん可愛いし満足。小五郎の英理さんに放った一言で惚れそうにはなったけど・・・ただ、1番興奮したのは来年の予告です。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

ホラー版スタンド・バイ・ミーは納得。ペニーワイズに対する恐怖感はなく、むしろ出る度に笑いそうになった。CGのせいで不気味さとか怖さを感じなかった。

銀魂(2017年製作の映画)

2.0

少年漫画の実写化は観ないようにしてるけど、予告で土方さんと新八が結構ハマってたので鑑賞。沖田はよかったと思うけどやっぱり銀さんは・・・神楽役の橋本環奈、よう鼻ほじったなと感心した。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

5.0

初代ポケモンが世代過ぎて1作目以来の劇場鑑賞。OPでテンション上がり、オニスズメやバイバイバタフリーなど懐かしい場面もあり、思い出補正もあり終始泣いてた・・・泣いてたけどピカチュウのあれは笑ってしまっ>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.0

不倫モノだからハッピーエンドで終わらせたらダメなんだろうけど、終盤のあのシーンは結末が読めてヒヤヒヤ感はなかった。ドラマだけでよかったと思う。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.0

劇場版名探偵コナンと言えば倉木麻衣と爆破シーンだけど今回は序盤から。曲も合ってたし、和葉ちゃんと服部のやりとりも可愛いし満足。

追憶(2017年製作の映画)

4.0

永遠の0、海賊とよばれた男に続き3作目の鑑賞、岡田くん主演の作品にハズレはない。幼馴染の3人が刑事・容疑者・加害者として再会と言う割には、サスペンス要素は強くなく、母や妻との関係に上手くいってない篤と>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.0

原作未読。鑑賞後しばらく竹内涼真ブーム来てた・・・あの役はいい。あざと可愛いと言えば千葉雄大だったけど、志尊淳に変わりました。

宇田川町で待っててよ。(2015年製作の映画)

4.0

原作を知っていても楽しめた。明る過ぎず暗過ぎず、目のそらし方などぎこちない仕草がもどかしかった。全体的そうなんだけど、特に終わり方が綺麗で、スッキリした気持ちになれた。原作を壊すこともなく実写化として>>続きを読む

ジャッジ!(2013年製作の映画)

2.0

記憶に残るほどの面白さではなかった。ギャグが寒いしくどい。北川景子のキャラは良かった。

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(2015年製作の映画)

2.0

大人は出てこないけど、子供だけに向けた内容ではなかった。不器用だけど妹を守る優しいチャーリーブラウンにからかったりするけど、優しい親友のスヌーピーが可愛過ぎる。もちろん、ウッドストックも。でも3DGじ>>続きを読む

パーフェクト・ブルー(2010年製作の映画)

2.0

2時間ドラマだからいいけど、映画館でお金出して観る程ではない。印象に残らない内容だった。

凶悪(2013年製作の映画)

3.0

冷たい熱帯魚を観たばかりだったから、最後まで観れたけど、1人夜中に観るにはしんどかった。演技しているものを見てるのに、実際の映像を見ているかのようなリアルさだった。

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.0

気を張って観てたら、音と色で不安になりそう。だから、ぼーっと観ていたのに気づいたら惹き込まれて見入っていた。

劇場版ポケットモンスター/ピカチュウのなつやすみ(1998年製作の映画)

3.0

ミュウツーの逆襲と同時上映。もうみんな可愛いくて和む。本編で泣き過ぎたからか、リザードンの辛そうな顔みて泣いてしまった。

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

1.0

物語の面白さや登場人物、セリフに魅力を感じることはできなかったけど、時計の音から心臓の音に変わっていくところやダンゴムシの音、劇中に流れる曲などの音で楽しむことができた。

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.0

劇中に流れる曲だけは知ってたけど映画は観たことがなかったので今更ながら。今どきのヒロインは王子様やヒーローがやって来て悪いヤツから助けてくれるんじゃないんだね。一番ヒヤッとしたのはオラフが暖炉に近づい>>続きを読む

>|