ひろさんさんの映画レビュー・感想・評価

ひろさん

ひろさん

映画(134)
ドラマ(0)

激動の昭和史 軍閥(1970年製作の映画)

4.0

2.26から原爆投下まで、戦争へ突入していく流れを、陸軍・海軍の軍閥目線から切り取って時系列に描写されます。
会議を開けど結論出ず、何の進展もしない。各々の邑の体面・利益を最優先し、大局的視点に立てな
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

クイーンの曲は好きで若い頃はよく聞いていましたが、フレディの人生については全然知らなかったので、新鮮でした。
人とは違う強烈な個性=才能を持っているが故に時として常人では出来ない表現を生むが、個性が強
>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

1.9

完全にやってしまいましたね、、、。前作はギリギリのラインで堪えてくれたので、若干怪しいながらも作品成立していたのですが、続編となり完全に防波堤決壊です。。。
時代背景、人物描写、ストーリー、全てがツル
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.1

妻に浮気された冴えない男の変革物語です。
何人かの視点で物語が進行し、どこで交わるんだろと思っていたら、そこで全員集合!?な展開。
かなりカオスで笑いました。
笑えるポイントが随所に散りばめられていて
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.3

ただただフーシめっちゃいい奴。こんな人、友達だったら幸せですね。
シェバンの不安定な気持ちも、なんとなくわかるだけに、なかなかもどかしくなりました。
エンディングの形は理解できますが、苦労が報われるハ
>>続きを読む

激動の昭和史 沖縄決戦(1971年製作の映画)

4.1

沖縄戦を様々な視点から、時系列に描いた長編です。有史に残る戦争の一大局面ですが、詳細を知らないので、とても勉強になりました。
変に芸術的な演出もなく、刻々と進む戦局が淡々と描かれており、尚且つ派手な残
>>続きを読む

間宮兄弟(2006年製作の映画)

3.4

兄弟の終始ゆるい雰囲気にホンワカ。
そして女優陣の豪華さにビックリ。華につぐ華です。
少年のまま成長した兄弟の、ほのぼのとした空気感もいいのですが、もうちょっとシリアスさや緊張感があった方がよかったで
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.3

20年の時を経て、続編です。
前作を見ないと、ここまでピンと来ない映画も珍しいと思いました。
前作ほど退廃的な雰囲気はありません。皆歳を取って丸くなった感がリアルと言えばリアルですが、その尖った表現と
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

パッケージデザインから、Vシネのちょい豪華版かと予想したら、俳優陣の豪華さにビックリ。
また、ヤクザ屋さんのひたすらドンパチ物かと思ったら、マル暴主人公で作り込まれた内容に更にビックリ。
確かに、子供
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.1

薬物に暴力に性に。快楽に溺れ、抜けられないどうしようもない人達なので、内容もどうしようもなく最低な感じを極めますが、洒脱なテンポで楽しめます。
あんなに薬物やったら、実際はあんなもんでは済まないんじゃ
>>続きを読む

風をつかまえた少年(2019年製作の映画)

3.8

どこにあるかも具体的に知らない国の話ですが、2001年の実話との事で、かなり最近なので驚きです。
目先の金に走る同業者や、大統領に危機を訴えてボコボコにされた族長など、全てが絶望的な中でも、主人公の少
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.6

名高い名作ですが、見る機会が無かったので思い切って鑑賞です。
色使いや表現が斬新で、今観ても古さは全く感じませんでした。自分が生まれる結構前に作られたとは俄かに信じ難い位ですので、公開当時の反響は凄か
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

4.1

るろうに剣心の御庭番衆と違い、御庭番が激弱ですが、そこはご愛嬌。
コメディ基軸ですが、トータルバランスがよい作品で、飽きる事なく最後まで美味しい映画でした。
あんな殿様、本当にいたら民は幸せですね、、
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

4.5

妻にいい映画だったよ!とは言いづらいのが残念ですがw
なんだか不思議ですが、とっても素敵な映画でした。
今日も家庭を第一に過ごさせて頂きます。

メグ ライアン、、、、神。

野火(2014年製作の映画)

4.2

日本側から観た戦争の一端はこうゆう事なんだろうなと自分の中でとても納得できる映画でした。
ただ救われない描写だけなので、見たかったような、見たくなかったような、、もう見るのは怖いような、、。
子供には
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

4.5

観るのが辛くなりそうなので、あえて観ていませんでしたが、今回決意の鑑賞です。
思い出も、身籠った状況も、今と過去とを、そして永作さんと井上さんとの心情とを、絶妙に行ったり来たり。
法規的にも慣習的にも
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.3

ふむ、、、なんと表現していいのやら。話的にはストレートなのですが、色々が?な感じで、なかなか不思議な感じでした。(せめて泥酔している時に現れる位じゃないと信憑性が、、)
それはさて置いといて、主人公の
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.2

アメリカ的にイケてる曲とイケてない曲が自分のなかで聞き分けられませんでしたが、総じて歌声美しく、コメディーで内容面白く、青春感で眩しく。あっとゆう間に観てしまいました。
最期に皆分かり合うと、だいたい
>>続きを読む

バックドラフト(1991年製作の映画)

4.1

名高いですが、全く観た事ないので観てみる事に。
消防士の単なる成長物語だと思っていたので、途中から予想外の展開にちょっとビックリ。
火災シーンは、これどうやって撮ったの?と思う程の迫力映像でした。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

なかなか観るのに踏ん切りがつかなかったのですが、決意して鑑賞。
序盤は予想通りのツラい展開ですが、いい友達が中盤から助けてくれます。
主人公だけでなく、この件に係る他の人々を丁寧に描写しているところが
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.8

金が全然なく、色々崖っぷちの大学教師達が違法にならない薬物を作って、売り捌く話です。
個性的な面々かつどこか抜けているので、見ていて面白し。
まあ、エンタメですね。
続編観るの楽しみ。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

アクションは効率的かつ派手で、観ていて飽きず面白かったです。
ただ、特段印象に残るシーンもないように思いますが。。
続編も見よっと。

南極料理人(2009年製作の映画)

3.8

題名そのままのお話しです。
過酷な環境での、小汚いおじさん達のユルユル具合を時たま思い出して微笑む時があります。
行きたいとは全く思いませんでしたw

そして父になる(2013年製作の映画)

4.2

二人の息子を持つ父親として、自分だったらどうするのか、どうすべきなのか考えずにはいられない、観ていてとてもとても苦しくなる映画でした。

幸せってなんなんでしょう、、。

とにかく家族を一番大事に、今
>>続きを読む

ブラックブック(2006年製作の映画)

4.0

ナチス統治下のオランダレジスタンスのお話です。
大体レジスタンスは一致団結するのが普通ですが、レジスタンス内でも一枚岩でないのが、この作品の味噌でしょうか。
内容はかなり悲惨なはずですが、気の強い主人
>>続きを読む

第九軍団のワシ(2010年製作の映画)

3.9

古代ローマ、父が率いていた第九軍団と共に消えた、軍団の象徴である鷲のモニュメントを巡る話です。
明るさとは無縁な感じでしたが、テンポよく展開されていくストーリーで、飽きる事はありません。
時と場所によ
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.4

途中まではいい感じでワクワクでしたが、後半から現実感が無くなり安藤ロイドを彷彿とする感じで、個人的にはトーンダウンしました。
でも、あうゆうの好きな人には、たまらないのかもしれませんね。
女医さん(施
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.7

ミュージカルはあまり得意ではないので大分前に一度脱落していましたが、今回リベンジです。
改めて観ると、そんなに気にならず、むしろ楽しく感じました。ミュージカル調により生きる喜びを感じます。
冷静に考え
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.7

中年が人生の転機にタイムスリップするよくある話かと思いましたが、本作はタイムスリップせず肉体だけ若返ります。
アメリカならではのハイテンションに面食らうシーンも多くありましたが、全体的に楽しめます。
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

4.0

世界の中心、ホワイトハウスでアクションにつぐアクションの連続です。
展開的には珍しさはありませんが、安心の王道ストーリーであっとゆう間でした。
意外とデカいんですね、ホワイトハウスって。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.1

戦争について考えよう活動で視聴。
実話ベースで、太平洋戦争末期の沖縄戦が舞台です。何回か序盤まで観たのですが、日本人が殺害されまくるのを観たくなくて、中断を繰り返し、今回覚悟を決めて最後まで観ました。
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

4.5

生まれて初めて映画館で観たメモリアルな作品です。
小さい時は、ランボーの方が観たかったなぁ位だったのですが、大人になって観て、あぁ、こんないい作品だったんだな〜ってなりました。

映画館での大人達の笑
>>続きを読む

潜入者(2015年製作の映画)

4.1

麻薬犯罪を取り締まる為に潜入捜査する話です。実話ベースです。
捜査はどんどん組織の深部に入り込むため、殺されても不思議ではない綱渡り状態が続き、引き込まれていきます。
捜査側にも犯罪者側にも守るものが
>>続きを読む

高地戦(2011年製作の映画)

4.0

朝鮮戦争が舞台です。思えば、朝鮮戦争のまともな映画は初めて観た気がします。
鑑賞後、簡単に調べただけですが実話ではないようです。ただ、似たような状況は沢山あったんでしょう。
今も尚、睨み合いが続いてい
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

4.0

お互い想いあってるのに、なかなか交わらない、ヤキモキストーリー。
正直なんかで同じようなの観た事ある感じではある展開ですが、主演のリリーさんがとにかくキュートで飽きず、応援したくなってしまいます。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

ようやく観ました。
作り込まれたドタバタコメディで面白かったです。
世の中には世間に認知されていない、いい映画って沢山あるんだろうなぁと変な感慨。

>|