いずみさんの映画レビュー・感想・評価

いずみ

いずみ

基本、映画は劇場で観たい。時間の許す限り劇場に通っています。

映画(54)
ドラマ(0)

よこがお(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

腹の中が読めない役者さんばかりだから、最初はよくあるストーカー系の話かと思っていたら、その方向が違っていたのと、時間軸マジックにハマってしまい、終盤まであっという間でした。
静かなエンドロールが終わっ
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.0

好きな漫画の影響で、東西冷戦下の真逆の価値観と正義で鍛えられた一流エージェントが協力し合うシチュエーションは大好物。予告を見た時から楽しみにしていたら予想通り面白かった。
シリーズ化はしないのかな、と
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.2

ティモシー様は、ティーンエイジャーで通るうちは、そんな役をどんどんやってほしいです。
でも、今作はティモシー様の繊細さや美しさが生きてなくて、彼でなくても良かったような気もしますが。

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

このタイトル、ティモシー・シャラメそのものだな。
くらいの、軽い気持ちで考えていた自分、ばかだった。

父が息子に向けるこの言葉の重さ、落ちても落ちても諦めずに救い続ける父の愛情に、ラストシーンで泣い
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.0

まさに悪魔的魅力の黒天使。
あの顔を拝みに、あと何回か見ても良い。とさえ思える。
音楽も好みで、パンフレットと一緒にサントラを売っていないか、売店をガン見してしまった(なかった)。

余韻がすごくて、
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.6

張り切って公開初日の初回に観に行きましたが、少々トラウマレベルな怖さでした。

途中、すごく見覚えのある関東平野の冬の空だなぁと思ったら、案の定地元が撮影場所になっていました。

余談ですが、
よせば
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.0

おじさんばかりの出演者が、みんな悪巧みしてそうで、迷子になりそうになったタイミングで、人物相関図が出てきて説明してくれるという非常に親切な設計。
なんとか最後までついていけました。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.3

原作は未読です。
岡田くんの身体能力は言わずもがなですが、向井理さんの怖い人役のハマり具合が、かなり良いです。
昨年の映画(君が君で君だ)でも、怖い取り立て屋さんでしたが、「怖い向井理さん」というのが
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.8

ユニコーンの音楽目当てに見ましたが、美味しい、楽しい作品でした。

真夏でしたが、鑑賞後に熱々の醤油ラーメンを食べないわけにはいきませんでした。

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.6

大好き。劇場で3回見て、ブルーレイを買い、WOWOWで放送されるたびにも見て、来日した舞台まで観に行った。

古今東西、バンドが解散する理由って似たようなものなんだな。と、自分の好きな日本のバンドと重
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.5

プログラムに、「10年前のデビュー作以来の剣士」みたいなことが書いてありましたが、シンケンジャーか!

例の事件で撮り直しをしたシーンが、予想以上に出演者の方が多く、
約一カ月で仕上げた俳優さんやスタ
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.0

山手線と京浜東北線が並行する場所に乗っていると、向こうの車窓の中に知り合いがいないかな。と、私も覗いたことがありますね。

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

2.6

ネットで原作を途中まで読んだので、先が気になって鑑賞。

全編ポエムな台詞がちょっとむず痒くなりましたが、清水尋也さんはやっぱりこういう役が似合うな。と思いました。

劇場版パタリロ!(2018年製作の映画)

2.5

話題作「翔んで埼玉」の魔夜峰央先生と言えば「パタリロ」。
加藤諒さんと魔夜先生の親和率が半端ないのはよく分かりました。

これを劇場に見に行った自分、サイコーだな。
と、久々に感じた作品。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

2.8

キャラ弁といっても、思ったより海苔切り抜いてメッセージ入れたのが多目でした。

しかし、お母さんて偉い生き物だな〜。
あんなに反抗されてもお弁当作ってあげるなんて。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

これが、それほど昔のことをではない「実話」という事を踏まえて見ると、色々考えながら、より深く感じ入る。

インド映画との出会いは、御多分に洩れずラジニカーント様の壮大なミュージカルでしたが、それから2
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

2.7

主人公とヒロインが新人さんで、その2人の足りない部分を、クラスメイト始め、周りを固める、やたらと豪華な俳優陣が補って余りある、謎の作品。
後半の展開は、ただ呆気に取られ、そのまま終了。
一体何だったの
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.1

アイドルグループから独立した後の香取慎吾さん出演作を初めて見ました。

気のせいかもしれませんが、以前の香取さんは、良くも悪くもグループの、事務所のオーラを纏っていたようで、どんな汚れ役でも、芯から汚
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.7

空母や護衛艦がたくさん出てくるのかと思ってとても楽しみにしていたのですが、
艦の映像はちょっとだけで、基本地下室みたいなで部屋で、男性陣が蠢いている絵面でした。

西島秀俊さんも佐々木蔵之介さんも好き
>>続きを読む

ハンサム★スーツ(2008年製作の映画)

3.5

80年代の音楽が盛りだくさん。
その中でも昔大好きだったユニコーンの「大迷惑」が最もテンション上がりました。
そして映画公開の翌年の正月に、「大迷惑」当時とまったく同じメンバーでユニコーンが完全復活す
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.8

ここ5年で一番好きな映画。
好きな映画は何回でも劇場で見ていいんだ。何回見てもその度に面白いんだ。
と、わかった作品。
ゴールデン・サークルも高揚感が最高でしたし、次回作も期待しています。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.8

最強のライバル同士の試合、面白ーい。
と当時ただ単純にテレビで見ていた裏に、こんなドラマがあったとは。そして、現在のお二人の姿が嬉しかったです。

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~(2017年製作の映画)

3.1

後編の公開がまさかの一年後、という気の長い作品。でも大昔のテレビアニメでは、ものすごい中途半端な終わり方だったので、完結してくれただけで良しとします。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.7

どこから突っ込んでいいのか、わからないくらいの突っ込みどころ満載。これを劇場に見に行った自分、サイコーだな。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

ほぼ見た事がない韓国映画でしたが、ハラハラ、ドキドキ、ウルウルで予想を超越して面白かった。
エンドロールのハングル文字が、当然一文字も読めないのを、(習ってない文字って読めないもんだなぁ)と思うと同時
>>続きを読む

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

3.0

超話題作「翔んで埼玉」と同日公開した、もうひとつの埼玉が舞台の作品。こんな小さい子供たちが親から、自宅から離れて疎開する辛さや、通信手段、交通手段も乏しい時代に家族が離れ離れになる恐怖を思うと、涙無く>>続きを読む

笑顔の向こうに(2019年製作の映画)

3.2

普段触れることのない歯医者さんのお仕事の奥の奥がよくわかる作品。歯科医、歯科技工士、歯科衛生士ってこんなお仕事なんだ。歯が弱ると身体が弱ってしまう。という事がとてもよくわかりました。

洗骨(2018年製作の映画)

3.0

人の死に関しての儀式は国や地域によって全く異なるもので、驚くような風習であっても、それがその土地の古くからのやり方ならば、きちんとした意味があるし、続けていくもので、人の生と死が隣り合う、当たり前の生>>続きを読む

風に立つライオン(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

実話ベースとの触れ込みだったので、最後の展開が衝撃的で、自分でも驚くほどのトラウマレベルでした。好きだった大沢たかおさんを見るのが辛くなり、当時CMをされていた大阪ガスのポスターを見ても心が痛み、飛行>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.4

東出昌大さんという俳優さんには、あまり興味がなかったはずですが、これを見たあたりから、なぜか目が離せない、出ていたら見てしまう俳優さんになりました。何か私がツボる部分があるようです。

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

3.8

鑑賞後にこんなにさわやかな気分になれる作品も珍しい。善人しかいない世界は、長い写真と同じくらいとても美しく平穏。

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.3

ストーカーの一言では片付けられない、気持ち悪くも愛情深すぎる、「何か」に迷走した3人の男の物語。鑑賞後の、なんともいえない胃がムカつく感覚はクセになる。

キングダム(2019年製作の映画)

2.9

私の好きな大沢たかおさんじゃなかった。早く戻ってきてー。

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.7

超設定を楽しめば良い。女子たちは皆可愛く、男子たちは皆面白い。宮沢氷魚さん高校生には見えなかったけど、異彩を放っていた。

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

3.0

事故を起こしたら、逃げてはいけない。と肝に命じた。怖いのは事故を起こした車より人間の心の内。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.6

埼玉県民の埼玉県民による埼玉県民のための映画。(監督は千葉の方ですが)。2019年前半の埼玉に映画特需をもたらした。

>|