ぬぬぬぬさんの映画レビュー・感想・評価

ぬぬぬぬ

ぬぬぬぬ

  • List view
  • Grid view

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の妹のセリフでこの映画が何が言いたかったのか勝手に少しだけ想像できたけど、学生時代に群れて楽しんだ人間は大人になってからその頃に囚われて退屈で一人では抜け出せなくて、対して孤独で違和感を持っていた>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.5

お前コレすきだから観ろって言われて観る気なくして、いざ4年経って見たら最高に好きで悔しい。登場人物に俺だったらそんなことはしないとかもっと良い選択肢あるなあとかアホなの?ってのがあったら違和感感じて嫌>>続きを読む

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

「無」とは読者が本を読み終えた後のファンタジー世界のことか!そんで主人公も何か超次元的なモノが作ってるファンタジー世界の中の一人で、ただのパーツに過ぎない超SFの話なのかこれ怖!!!って思ってゾワゾワ>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

身を任せて好きな音楽を弾きながら聴きながら踊って歌って一緒に笑って勝手に体が動いてみんな幸せ素晴らしい

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

善の心があったのよ〜〜。
悪のボス簡単に死にすぎちゃう?
ラストの3人揃った所にはなみだなみだ

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ワクワクが止まらないな…。
ソロが助けに来たシーンでぶち上がり。

Girl/ガール(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公を守ってやるぞ!って親友が一人でもいたら変わったんだろうな。転校してすぐだからそりゃまだいないか。
同じアパートの男の家のシーンは苦しかった。突然走って家を飛び出すやつ。
ラストシーンは目をつぶ
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

人って絶対にいつか死ぬわけだけど、無差別に殺されるのって一番やるせないだろうな。せめて個人的な意思を持って私のことを撃ってくれと思う(もちろん誰も撃たないのが一番いい)
前情報0で観たからテロは衝撃的
>>続きを読む

>|