シュウさんの映画レビュー・感想・評価

シュウ

シュウ

ハウス・オブ・グッチ(2021年製作の映画)

4.4

2022年10本

豪華キャストを用いた超重厚な人間ドラマ創作のような本当の話し
いやー、見応えあった

グッチという世界的ブランドの背景にこんな物語があったとは
よくブランド継続したなと逆に感心して
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

3.9

このサイトでの高評価を見てトムホランド版のスパイダーマン二作を予習した上で視聴

結論、トムホランド版に限らずスパイダーマン全作見てから見るべき映画でした。
同窓会要素強め

ずっと追っているファンに
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.3

ノーウェイホームのための予習

ノーウェイホームは昔見たサムライミ版のアクションの感動を超えられず、
ストーリーも学園ものの要素が強くあまりハマれなかったけど、
いやー、これは面白かった!

敵がVR
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.9

短編を見た衝撃のままにこちらも鑑賞

テーマは「憎しみの連鎖をいかに断ち切るか」

短編では憎しみの連鎖が生み出される構想を圧倒的なインパクトで描く
一方で本編は彼らの苦悩やその背景に寄り添う

短編
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.5

映像がすごく綺麗だし、
色んなものの色んないいところとった感じで楽しめる要素たくさんあるし、
1から100まで全部セリフで語ってくれるので、
子供と見るには最適

まぁ、子供向けの絵本をベースにした映
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.7

凄まじいエネルギーをもったショートムービー

20分間漂い続ける緊迫感
気を抜ける時間が全くない
終始見入ってしまった

子供は純粋だ
だから大人が作る世界を純粋に信じる
彼は父から教わった世界を信じ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

ノーウェイホームがあまりにも高得点なので過去作で予習

スパイダーマンはサムライミ版の一作目観て終わっている

映画館で見たこともあってか、
あの糸のアクションのかっこよさに痺れた記憶があるけど、
>>続きを読む

ただ悪より救いたまえ(2019年製作の映画)

4.1

韓国映画は全然詳しくなく、
キャストについての情報も全くないまま鑑賞

主演のファン・ジョンミンの演技にただただ感服 
感情を全く表に出さない、しかし目を見れば只者でない感が滲み出る静の演技
彼の存在
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.6

ビートたけしという人物の凄みはどこから出てくるのか

浅草のストリップ劇場が原点という話しはサラッと知っていたが、
師匠である深見千三郎の存在は初めて知った

彼は芸を愛し、芸人を愛し、舞台を愛した深
>>続きを読む

こんにちは、私のお母さん(2021年製作の映画)

3.4

今年一発目の映画館でしたが。
うーん、ハマれなかった。。

たしかに楽しめるし泣けたのだが。
ノリが合わない。

ドラマとして見るなら良いけど、映画館で見る作品かというと‥

終盤の展開は新しさもあり
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.7

いやー、これはめちゃくちゃ面白い!

この狂った世界で真実を届けるのがどれだけ大変か
今の自分の安全圏を脅かす都合の悪い情報には誰も真剣に向き合わない

政治家は自分の立場を守ることに夢中
経済人は利
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

4.3

前作2作は「ザエンタメ」的な内容で、
自宅鑑賞もあってか世間の評価ほどはまっていなかったが、
今回はなかなか骨太な人間ドラマがあり
自分の中ではシリーズ最高に良かった

「勝者が歴史を作る」という現実
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.2

マトリックス見た影響で見たくなり

噂に違わずアクションが面白い!

ガンフーっていうのか。新ジャンル
スタイリッシュでめちゃくちゃカッコいい

最後の車も使ったガンフーもかなり興奮

ただストーリー
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.9

自分ではなかなか選ばない映画
友人に紹介されて

一本の映画なのだがオムニバスのような仕立て

人生はコーヒー一杯が冷めきるほどのほんの僅かな瞬間でその後が大きく左右される

大切な人との時間を大切に
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

4.7

初日朝一の上映にて視聴

だいぶ賛否分かれてますが個人的には大満足!

前作から18年の時を経たこと、
監督が性転換したこと、両親を亡くしたことなどを全て昇華し、
メッセージ性やトーン、アクションも現
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

4.5

新作鑑賞の予習として三部作一気見

おそらく初鑑賞

「救世主ではなくネオを信じる」の言葉通り
自分の選択における結果を自分で引き受ける覚悟をした者たちが
過去の繰り返しのパターンを乗り越えて
設計者
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

4.3

2021年100本目

新作鑑賞の予習として三部作一気見

二作目もDVDレンタルが始まった直後くらいに見に行った記憶があるが(確か地元のレンタル屋で、サングラスかけて行くと安く借りれるキャンペーンが
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.2

新作鑑賞の予習として三部作一気見

一作目は公開当時映画館で見たが、
当時高校生であったことと、
インターネットにもアクセスできず解説とかレビューとかも見れなかったので
内容わからず。

かつ映像技術
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

4.2

フォロワーさんが総じて高評価だったので視聴

いやー、凄い映画

終始不穏な空気のまま、どこに連れて行かれるか全くわからない状態で話しが進んでいく

西部劇を思わせる(実際には1900年代だけど)舞台
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

エターナルズ見るためにアベンジャーズ四作一気見し、
2と3の間になぜ対立が生まれたのかを知りたくて視聴

なるほど、こんな対立があったのか

規制は柔軟性や機動力を失わせるが
一方で規制がないと歯止め
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.5

マーベル知識一切なく、
アベンジャーズ4作を2日で一気見してから臨んだ今作
ほぼ監督目的

アベンジャーズと比べて2つの観点で世界がグッと広がった

一つはエターナルズが7000年という長きにわたり人
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.1

エターナル鑑賞の準備でアベンジャーズ4つ一気見
スパイダーマンの1とノートン版のハルク観た以外ほぼ事前知識なく、ネットで30分くらい情報収集してから臨む

さて、いよいよ最終作
世の中の圧倒的な高評価
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.7

エターナル鑑賞の準備でアベンジャーズ4つ一気見
スパイダーマンの1とノートン版のハルク観た以外ほぼ事前知識なく、ネットで30分くらい情報収集してから臨む

2作一気見の時点で
面白さは感じたものの同じ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.0

エターナル鑑賞の準備でアベンジャーズ4つ一気見
スパイダーマンの1とノートン版のハルク観た以外ほぼ事前知識なく、ネットで30分くらい情報収集してから臨む

AIの扱いに対して意見が決裂する
テーマとし
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.0

2021年90本目

エターナル鑑賞の準備でアベンジャーズ4つ一気見
スパイダーマンの1とノートン版のハルク観た以外ほぼ事前知識なく、ネットで30分くらい情報収集してから臨む

これは一作目ということ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.3

パームスプリングスを見てからの1.2一気見

1で設定もキャラクターもわかっている上で、
かなり遊んでいる感じが好き
途中、色んな死に方を試すノリのところとか特に面白い
もはやホラー映画ではない

>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.2

パームスプリングスを見てからの1.2一気見

普段あまりホラーは見ず、
パッケージでガチガチのホラーをイメージしてたので避けていたが、
なかなか面白かった!

主人公は性格悪く最初は全く愛せないキャラ
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.0

リアルロールプレイングをしているみたいで面白い
パワースーツもカッコいい

エンタメ要素たっぷりでタイムループものの割に何も考えずに楽しく観れる良作

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.3

火星に取り残されてしまった主人公の孤独にグッとフォーカスするようなキャストアウェイ的な(だいぶ前に見たから記憶曖昧だが‥)内容をイメージしていたが、
地球にいるNASAのドラマや、
同じ宇宙船に乗って
>>続きを読む

コレクティブ 国家の嘘(2019年製作の映画)

4.4

腐敗した政治を炙り出すドキュメント

これは凄い
ドラマのようなことが次々に起こる

しかしこれは国特有の問題ではなく
どの国にも共通する普遍的な問題
つまりは今の人間社会のリアルである

人の命より
>>続きを読む

燃えよ剣(2021年製作の映画)

3.8

広く浅く史実を辿っていく作りになっているので、
映画が長い割に正直メッセージ性が弱かった

またある程度歴史を知らないと展開が早すぎて何が起きているのかよくわからないので
完全に置いていかれてしまう
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.4

3人の視点から語られる同じ事実

「事実は一つ 解釈は無限」
よく言われるこの言葉を身を持って体験できる作品

そしてそれぞれの視点で、
同じ人物が違う人物に見えるのが凄い
脚本も見事だが、演者が本当
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

4.2

ボーンシリーズ3作を一気見してからの鑑賞

シリーズ3が個人的にはかなり良かったのでどうなるかと期待して鑑賞

いつものパターンは踏襲しつつ、
そこに世代交代的なドラマを絡めたり、
壮大なカーチェイス
>>続きを読む

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.4

ボーンシリーズ3部作一気見  

3部作の中でダントツに良かった

最初から最後までずっと流れる緊迫感

話の展開としては予想できるし驚きがあるわけではないが
一つ一つのシーン、ボーンの所作に全く無駄
>>続きを読む

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

4.1

2021年80本目

1.2一気見

前作で記憶を取り戻し
新しい人生を生きていたボーンに
冒頭で突然の悲劇が起きる
結構衝撃的なシーンだった

そこから自分の人生に何が起きているのかを探るため
彼は
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

4.2

キングスマンに続いて、ずっと気になったけど見れてなかったシリーズ一気見

とりあえず1.2を連続鑑賞

キングスマン1.2を観た直後だったので同じスパイ映画でもトーンにギャップがありすぎてチューニング
>>続きを読む

>|