Yuk_iさんの映画レビュー・感想・評価

Yuk_i

Yuk_i

ちゃお!

映画(201)
ドラマ(0)

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

4.2

Netflixで見かけて、セス・ローゲンとマイケル・セラが出てるから見てみたら、邦題すごいじゃないw 監督は宇宙人ポールの人なのか!だからかカラッとしたバカバカしさとカッコいいはじまり方、撮り方、音楽>>続きを読む

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.8

ビル・マーレイにだけ同じ日がやってきてしまう話。
同じ日が来るのがわかって行動が破茶滅茶になるところがおもしろかった。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

うさぎも人間もぶっ飛んでいてずっと笑ってた。

Vampire Weekendの曲がいくつか使われてたのも嬉しかった。エンディングもEzraくんが歌ってるんだねぇ。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

2回目
目が追いつけなかったところがあったからおかわりしてきた。

和太鼓の音、口笛の音、使われてる楽曲も映像にとても合っててとてもいい。パペットだけど、ちゃんと目に魂が宿ってる感じがして凄くいい。監
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.0

ジョーダン監督のトークショー付きイベントにて。

3人の男の子が家出したさに自分たちのお家を建てるお話。
ビアジオが不思議ちゃんだった。監督のお気に入りなのかな?
ジョーの父親も結構クセがあっておもし
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

4.0

サイモン・ペッグとニック・フロストの仲良しな感じが可愛いほっこりする。

3つの乳房の絵のインパクトよ。

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.2

味方のおばちゃんたちがパワフルで可愛らしかった。

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.8

時系列の整理と現実なのかどうかの整理をしながら観ないと混乱する映画。凝ってておもしろかった。

ブラピ、ラリった役すごいよかった。

俺のムスコ(2012年製作の映画)

3.3

ダメ親父とエリート息子の話。息子の名はハン・ソロw

終始バカバカしいからすぐ観終わる。ラストが1番好きかな。

ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

ラッキーおじいさんとマリアッチとの共演が私の中でベストシーンでした。

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.7

今回も実生活で身近にいたらちょっと距離を置きたくなっちゃいそうな人が寄せ集まっているけど、どの人の気持ちも分からなくもないというモヤモヤを与えてくれました。

終わり方結構タイプです。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

家族経営のワシントンポスト紙を背負う女性の立ち位置が複雑で見応えがあった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.7

今回も絶妙な気持ち悪さとハラハラを与えてくれる作品。

ダンケルクのあの子が名演技。

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.3

仲良し3組の可愛らしい関係がうかがえてとても良い作品だった。音楽も良いチョイス。

私も誰かのお家にパーカーを置いて帰っちゃったらどうしようかと思っちゃったw

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

声帯をなくした清掃員と謎の生物の純愛だけでなく、いろんな生々しい問題も絡んでいて見応えがあった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.3

いいお話で好きなシーンも沢山あったけど、曲の趣向が合わずとちょっとはまれなかった。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

人魚ストリッパー姉妹のミュージカル風🧜‍♀️
ストーリーも音楽もなかなかエキセントリックだった。

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.8

孤児院に来た子の経緯はどれも辛いものがあるけれども、子供たち同士の繋がりは可愛らしくて癒された。

絵も独特なタッチだったけれども、それに合うような音楽も使われていたので良かった。

人生フルーツ(2016年製作の映画)

3.8

コツコツやることの大切さを身をもって表現されてた方のドキュメンタリー。

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

4.2

淡々として見えるけど、話の展開がよく練られていてかなり楽しめた。

内気な性格のおじさんの初恋の記憶を巡るだけにとどまらず、現在とちゃんとリンクしている感じが良かったのかな。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.8

ところどころ舞台を観てるような感覚を覚える映画だった。ちょいグロ、ちょいエロありシーンもあり、なかなか独特な表現方法。
ステジャがなんかやたら強いし、ユーモアもあったな。

前作をチェックしてなかった
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

偽証を認めさせるためには労力と時間を要する上に、下手をすれば誰かのさじ加減で自分がとばっちりを食らうというリスクがあることにハッとさせられた。

映画館がヌクヌクしてて、序盤爆睡してしまったのでまた見
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

イタリアののどかな風景とピアノがとてもいい。

なぜオリバーは卵を割るのも食べるのも下手なの?

ビオスコープおじさん(2017年製作の映画)

3.8

関係性がギクシャクしてしまった父娘。修復を試みる父だが、飛行機事故に遭い、謎を残してこの世を去ってしまうお話。

国際映画祭で観たので、上映後、デーブ監督のお話を聞けましたが、かなり攻めの姿勢をお持ち
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.8

なかなか個性的な映画。踊るエル・ファニングがチャーミングだった。

監督の頭の中にはまだまだおもしろいことが沢山詰まってるんだろうなぁと思わせる作品。

>|