ほるもんさんの映画レビュー・感想・評価

ほるもん

ほるもん

映画(16)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.9

無様で惨め、見っともなくて、哀しいが内からにおいたっている。
この感じ何かに似てる、と思ったら年老いた私と一緒。
頑固で偏屈でうす汚ない、だけど結構楽しく生きている。
アルパチーノ熱演でしたね。

赤ひげ(1965年製作の映画)

4.8

映像と音楽がオシャレで驚いた、すっごくいい。
脇役と子役がイッピン過ぎる。

息もできない(2008年製作の映画)

4.0

「おんしゃ!なにしよら!アホか、バカか、死ね!」って朝から晩まで罵倒されていた過去を思い出して辛かった。あんな環境のなかで育ったからすごく共感できた。あんな環境で育ったら同じような環境の人と出会っって>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.7

アメリカではカジュアルに関係もつんだと思った
相手の立場とか境遇とかに関心がないみたいだし、愛が基準っぽい。最後はうまく収まったような、収まってないような、とりあえず面白く見ました。

悪のクロニクル(2015年製作の映画)

4.0

最後は泣けました、やるせなくて泣けました。
導入部は明るくて健康的で幸せな感じで始まるのだけど、
ちょっとした事故があって、それからはドンドン嫌な展開になっていく。
複雑な伏線が張りめぐらされていて、
>>続きを読む

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

3.5

やるせない映画でした。
ソン・ヒョンジュが好きで見ました。
口のきけない奥さん、足の悪い息子
裏切る友人、空振りに終わった正義。
たまには報われない映画もよしとします。

ソウォン 願い(2013年製作の映画)

3.9

とても悲しい映画でした。
こんなこともあるのでしょう。
いえ、日本でももっと恐ろしいことが起こっています。
改めて今ある幸せを思いました。
一番印象に残っているシーンは
紙おむつをつけて登校するのに
>>続きを読む

私の少女(2014年製作の映画)

3.6

ぺ・ドゥナとキム・セロンの演技見てるだけで
満足してしまった。

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.3

イ・ジョンジンが馬鹿っぽかった。
チョ・ミンスは謎めいていた。
見てる時は、汚い、痛い、しゃかしゃかせんかいって思った。
何が言いたいの?何がしたいの?
とイライラしたけど
見終わってよく考えたら、
>>続きを読む

ミス・ワイフ(2015年製作の映画)

3.9

オム・ジョンファがはまり役でソン・スンホンと以外に似合っていた。
キャリアウーマンが真逆の主婦に変身して、
本当の幸せに気づくと言うお話、
最後のオチが幸せを予感させてくれて最高でした。

昼間から呑む(2009年製作の映画)

3.8

何やってもダメなまだ若い男の子が
昼間から酒を飲んで、バス旅に出て、
予想外のことに出くわして、
困ったり泣いたり、うろたえたり
それでも、なんだかちゃんと生きていて
きっとこの若い男の子はいい人生歩
>>続きを読む

コインロッカーの女(2015年製作の映画)

3.5

すごい映画、下品で不潔で救いがなくて、
優しくされるとパニックになる、
不思議だったのは、あんな凄い仕事してるのに、
オモニの住まいとか食事がいつまでも乞食みたいで
お金持ちにはならないこと、夢とか希
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

3.8

安定のソン・ガンホ、今回は弁護士
テンポよく最後まで面白く見ました。

怪しい彼女(2014年製作の映画)

3.8

何気なく見たけど、
すごく面白かった。
「若い頃に戻りたい?」ってよく聞かれるけど、
人生って若くて綺麗ならよし!じゃないので、
苦労した過去もすごく愛おしいのです。
女の人生について考えされられまし
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

4.5

だいぶ前に劇場で見たんだけど、
とても衝撃的だった。
こんな恋愛もあるんだと・・・
ソル・ジョングは画面に登場した途端、生まれてから一度も褒められたことのない自信のない男を表現していてすごいと思った。
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.3

ありえない設定、ありえない恋愛、すごく変わった映画だと思った。
毎朝起きる度に違う人間になるなんて、、、、
ありえないけど、ヒロインが綺麗だし、主人公もそれぞれ人間味溢れていて、なんだか最後まで見入っ
>>続きを読む