megさんの映画レビュー・感想・評価

meg

meg

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハラハラエンタメ映画だと思っていたら、結構重め!想像力について考えさせられる映画だった。

前半から主人公・アスガーに感じていた違和感が、事件を通して回り回って彼自身に突き刺さる。アスガーが振りかざす
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

3.7

シェイプオブウォーター×ミシェルゴンドリー作品×アメリ

シンデレラ(2021年製作の映画)

3.7

歌がめーーっちゃ良かった!既存ヒット曲活用パターンだけど、どれもシーンに合ってた。でもそれらを超えて、オリジナル曲の「Million to One」が特に好きだった!!

現代版シンデレラ。夢を第一優
>>続きを読む

櫻の園(1990年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

女子校じゃないけど、高校の部活の記憶がぶわわわって溢れた。

舞台の幕が上がれば、それは一瞬で。ワクワクと緊張と少しの寂しさを抱えながら、互いに「頑張ろう、できるよ」と声を掛け合う。こういう空気、もう
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前半までは、楽しく観れた。
いくら40年前の映画だとはいえ、根底の倫理観のズレを看過できなかった。もしこれが普通だったなら、日本の80年代価値観のあまりの遅れっぷりに少し落ち込む。

仕事も結婚も自分
>>続きを読む

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画(2019年製作の映画)

3.8

"夢を見つけた日を思い出して"

偉業をかなりポップに描いてて、登場人物の掘り下げや人間ドラマは薄かった。でもインドの俺らの時代だ!ってワクワク感は否応なしに盛り上がる。

『パッドマン』のアクシャイ
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.8

はじめてのオンライン試写会!
仕事終わって、真っ先にお家で新作を楽しめる喜びを噛み締めた!

"不倫を題材とする漫画"がテーマということで、予告から気になってたのです🤭不倫漫画、面白いよね。つい読んじ
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.7

設定優勝映画。ラスト等理解するには知識がいるけど、キャラが立ってて普通に面白かった。

あの頃。(2021年製作の映画)

3.7

若葉竜也、作品見るごとにいいじゃんってなる

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

4.1

好き!!メッセージ性はアバウトタイムと似てるけど、断然こっち派!

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

4.0

期待通りの楽しみ方をさせてくれる韓国サスペンス!ヨンヒが出てきてからが凄い面白かった〜!あえてずらした時系列が徐々に重なり合うのは気持ち良い、原作は日本の小説なんだね〜。

主人公はお金。ルイ・ヴィト
>>続きを読む

野球少女(2019年製作の映画)

3.7

流行ったドラマのキャストが数人出てるのもあって、旬な感じがどうしても強くなってしまうな、、。ダンサーを夢見る親友との絶妙な距離感が良かった。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.8

韓国映画の盛り上がりどころでくる吹っ切れた笑いは結構好き。戦闘力が高いメンバーに対して、残り二人がしぶとい(精神)としぶとい(物理)なの笑った。

ストーリーは中弛みがあるけど、ラストはスカッと。チキ
>>続きを読む

アウトサイダー(1983年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

マット・ディロンにロブ・ロウ、パトリック・スウェイジ、かなり脇役でトム・クルーズ😳ブレイク前のスターがごろごろいる80年代青春映画!
ヤンキー映画なのに、喧嘩なんてもうしたくないで締まるの珍しい。

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

えええ、、どどどタイプ映画だった、、

"好き"の感情は1種類じゃなくて、それぞれの矢印がそれぞれ異なる形の"好き"。セクシュアリティの話に限らずね。その違いを登場人物たちも分かってないし映画内で説明
>>続きを読む

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

3.7

23歳のコリン・ファースの声、口調が今のおじさんコリンと変わらなすぎて笑った。

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.8

最新の映画でこんな正統派なラブコメ久しぶりに観たかも。シャーリーズ・セロン政治家似合う!!

83歳のやさしいスパイ(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まるでフィクションのような、軽やかさと優しさを纏ったドキュメンタリー。予告を見た限りでは、ドキュメンタリーだと思っていなかったので驚きました。

83歳老紳士、はじめてのスパイ。老人ホームでの彼の役割
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.7

ノアくんかわいい〜
結構期待して見たけど想像より地味め。
シャイアラブーフは本人じゃなくて父親を演じてるんだけど、う〜んそれが微妙。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.1

チャゼル見直したわ!
"成功には犠牲が伴う"
これが彼のテーマなのね。ハマらなかったララランドも久々に見返してみようかな。

基本的にアームストロングの主観を中心に描かれるから、狭い船内の映像が多め。
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.9

愛、喪失感、裏切られた悲しみ、失望
メアリーが家を出てからの全ての経験と感情がその小説には詰まってる。これは絶対『フランケンシュタイン』を読まなきゃなやつだ。

セント・エルモス・ファイアー(1985年製作の映画)

4.3

うまくいえないけど好き!!!
序盤は誰が誰だかで覚えるの一苦労するけど、人となり見えてきてからの後半がぐぐっと面白いし刺さる

彼女と僕のいた場所(1995年製作の映画)

3.7

ノア・バームバック初期作。彼の一貫したテーマ性が好き。
青春はタラレバの積み重ね。

愛が微笑む時(1993年製作の映画)

3.8

吹替しかなかったのが残念だったけど、物語は良かった!

>|