いくらさんの映画レビュー・感想・評価

いくら

いくら

アニメからB級まで幅広く観る雑食です。深い映画が好きです。レビューは好き嫌いハッキリつけちゃうので苦手な方はUターンです。絡みのない方はフォロー外させていただく場合があります。悪しからず。

映画(63)
ドラマ(0)

猛獣WARS(2012年製作の映画)

1.8

「何もしないことは、新しい何かに繋がる。」と、プーさんは言っていましたね。

しかしその格言さえ、この映画の前ではただの戯言でしかなくなる恐ろしさを孕む超脱力系アニマルパニックムービー「猛獣WARS」
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

今年の作品は、個人的に、高レビューに疑問を思う作品が多かった。不快に思ったらごめんなさい。でも本当に、かなりがっかりした作品も多かったんです。

なので、今作も、もしかしたら自分には合わないかもなあと
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.6

タイトルに惹かれてレンタルしてきました。タイトルの意味を模索しながら鑑賞。

主人公・ツチダは、ミュージシャンの彼氏・せいいちと二人暮し。せいいちは、スランプ中からか働かずに体たらくな生活を送る。
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

ジャパンプレミアにて、ひと足お先に鑑賞してきました。ジャパンプレミアについての感想は下にまとめています。

ディズニーの実写化作品は、近年目まぐるしい勢いで制作されておりますが、その多くがリメイク作品
>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

2.9

*かに道楽
予告の時から、絶対に川暮らしのカニエッティやん。と思ったら、そうでした。
水の中でしか暮らせないのかと思いきや、水面にあがって、ふぅっと息をしたのがどういう生体機能なのか。最初から息止めて
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.3

私はたいへん森見登美彦作品のファンであり、しかも「ペンギン・ハイウェイ」が一番のお気に入りなのである。

どれくらいお気に入りなのかと言うと、高校2年の読書感想文に使用したほどである。その作文がクラス
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.7

心の綺麗な私
「なんて美しい映画なんだろう。 おばたのお兄さんもいつもと雰囲気違うくて役者の力量感じた。ガム君好き。」

心の汚い私
「所詮男子は顔が可愛くて強引でちょっとエッチな女の子が好きなんだろ
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

3.8

私はスタジオジブリ作品が大好きだ。今までの作品は長編から短編まで全て見てきたし、小さい頃から夢中にされ続けている。

ジブリ作品って、私たちが日常を過ごす上でスパイスを与えてくれる存在だと思ってます。
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.5

何年ぶりでしょう…映画館でポケモンを見るのは…記憶にあるのはルカリオが最後なので…13年振り!?

物心ついた頃から、ポケモンを見ていた世代の私ですが、いつからかアニメも、映画も、見なくなった。別にポ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.7

主人公が色々な出来事、人物に触れ、ほんのほんのほーんの少しだけ成長するっていうプロセスは、「千と千尋の神隠し」に似ていると思う。

では、何故こんなに評価が低いのか?
話が面白くなく、色んなところに粗
>>続きを読む

夕凪の街 桜の国(2007年製作の映画)

3.5

8月5日に「この世界の片隅に」の舞台挨拶にて、のんさん、片渕監督のお話を聞く機会に巡り会うことが出来ました。

その中でも特に印象に残っているのは、監督が涙ながらに語ったお話。
「8月6日に、広島のた
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.4

完全にレビューのタイミングを見失った作品。今更感すごいですねw

新海誠監督のことは知っていましたが、個人的にそこまでハマった作品はない印象でした。言の葉の庭、が一番好きです。当時世間のあまりの反響に
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

チャララ~♪鼻から水道水~♪
笑撃すぎてポップコーン吹き出しかけた。

いやー前作の公開から14年も経過していたので、正直あの頃のようにワクワクして見られるのか心配でしたが、一気に14年前の私になれま
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.7

50作目レビュー。ということで、私の一番好きな監督の作品を。こちらは処女作になります。

クリストファー・ノーラン監督の作品でほぼ一貫しているのは、一見ありえないと思える状況下の話でありながら、自分に
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.3

見てきましたー。今までのシリーズ作品は全て視聴済みです。感想としては、the普通でした。

良かったところ。
相変わらずCGはすごくて。特に私なんてB級低予算CGばっかり見ちゃってるからすごく感動して
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

2.6

言うなれば、千と千尋のゲド戦記、みたいな話でした。うーん。なんだろう。すごく良い作品なんだろうけど、乗り切れない印象。特に後半の人間界に再び行く所からが…うーん。

もちろん良い点はあります。まず、声
>>続きを読む

恐怖!キノコ男(2005年製作の映画)

1.5

夏のホラー映画よりも身の毛のよだつ、Z級映画!「恐怖!キノコ男!」なんて捻りのないタイトル。まさに恐怖。

さて、まずはこの映画を作り上げた愉快な仲間たちを紹介しましょう。

監督︰ディヴ・ワスカバジ
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.6

夏になると、見たくなる。そんな作品、ありませんか?私にとって、サマーウォーズはそんな作品です。夏の入道雲を見るだけで、泣いてしまった経験はこの映画以外ではないかも。

実は細田守監督はアニメーター時代
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.4

雨で帰れなくなったので、雨宿りも兼ねて映画鑑賞。未だに交通網が死んでるので今夜は女友達とホテルです。変な意味じゃないよ?

最近の映画だと、スイートセブンティーンモンスターと似てるかな?若気の至り系で
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.0

見終えて率直な感想としては、悪い映画じゃないけど、個人的に好きじゃないという感じでした。期待していたから余計でしょうか?

良い点もあります。子供の頃の学校という名の絶対的社会。実は今以上に空気を読ま
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

5.0

ごめんなさい、ちょっとまともにレビューが出来ないです。以下クソ長い自分の身の上話が続く上に文章も支離滅裂です。不快になったらすみません。

まず、映画の質として非常に素晴らしい。前作は小さな水槽からの
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.7

近くの劇場でえらくロングラン上映されていたので、気になって視聴。失礼を承知で言いますが、まさか泣きそうになるとは思わなかった。しかも2回も。

90歳の主人公・ラッキーは、今日もひとり住むアパートで目
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

オリジナル版の方が個人的には好みですが、日本語版は子供に聞き取りやすいようにハッキリ喋っているのがとても好感でした!台詞が多い作品を子供向けに作るのは大変でしょうなあ…

現代社会に対しての問題を提示
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.6

前作でデップーのアウトさに心底惹かれ、ずっと楽しみにしていた続編。相変わらずMARVEL殆ど見てない人間の戯言です。

恋人・ヴァネッサと幸せな日々を送るデッドプール。しかしある時、機械人間・ケーブル
>>続きを読む

ジョンQ 最後の決断(2002年製作の映画)

3.5

友人「映画の授業寝てたから、レポートのために一緒に見て。」
私「いやテスト一週間前。」
友人「今度ポップコーン奢る。」
私「詳しく聞かせて。」
というわけで、空きコマに視聴。持つべきものは友達である…
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

「彼らが本気で編む時は、」その続きはなんだ…と気になって視聴。ネタバレ注意。

母子家庭で貧乏な生活を送る小学生・トモ。ある日母親のヒロミが仕事を辞め、男の元へ転がり込んでしまった。それも初めてのこと
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

もうすぐ続編公開というわけで、おさらいをかねてレンタルしました。アウトなんだけど、やっぱり面白い!なぜかカッコいい!好きです。この映画。

かつて特殊部隊の有能な傭兵だった主人公・ウェイドは、娼婦のヴ
>>続きを読む

尻怪獣アスラ(2004年製作の映画)

1.7

B級映画レビュー、いきましょうか。タイトルからしてやばいと思ってる方、そうです、やばいです。

※ここからは、至って真面目にあらすじを紹介いたします。決してふざけてはいません。

郵便局員のウォルドー
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.9

ポスターに惹かれて近くの小劇場で鑑賞。春の終わりの夜にはぴったりの作品でした。久々の劇場での邦画鑑賞です。

中学の音楽教師を辞め、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている初海。ある日彼女の元に一通の手紙が
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

4.3

先日、「君の名前で僕を呼んで」というとっても素敵な恋愛映画を見たので、たまらずこれを紹介せざるを得ない!というわけで…コメディ×ボーイズラブな作品です。

頭の賢いスティーブンは愛する妻と娘の3人暮ら
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.8

公開期間に見にいってましたので、見るのは2回目です。あらすじは…いいですよね?w皆さんご存知の通りのお話です。

公開前、日本人なら誰もが結末を分かってるし、退屈になるのでは…と心配でした。しかしさす
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

公開前からずっと見たくて仕方がなかったのですが、なかなか時間が作れず…昨日レイトショーで見てきました。

17歳のエリオは、毎年夏に家族と、大学教授である父の助手のインターン生と共に別荘で生活を送って
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

1.5

B級映画の中では割と有名な作品だと思われます。アニメ、ゲーム化、続編作成もされたそうで…カルト的人気を誇る映画。

とある町で、一人の主婦が自宅で血まみれの変死体となって発見された。現場検証に来た警部
>>続きを読む

ぼくを探しに(2013年製作の映画)

4.3

「イリュージョニスト」を手掛けたアニメーション監督初の長編実写作品。

幼い頃に両親を失ったショックで口がきけなくなった主人公・ポールは、2人の伯母のもとで世界一のピアニストになるよう育てられる。友だ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.4

近くの映画館で再上映、しかも学生は500円という破壊価格!ということで2度目の劇場鑑賞、いってきました。

何度見ても感嘆してしまうのは、やわらかいタッチからは想像もつかない迫力の凄さと、のんびりとし
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

皆さんのレビューの評価の高さ、あらゆる映画の生みの親であるスティーブンスピルバーグが作るポップカルチャー全開の内容、そして自分がゲーム・映画好きということから非常に期待をしていました。

世界が荒廃し
>>続きを読む

>|