みーさんの映画レビュー・感想・評価

みー

みー

映画が好き。音楽が好き。本が好き。
詳しくないけど。
ビビりです。ワッとなるシーンは声でちゃいます

トランスポーター イグニション(2015年製作の映画)

3.0

午後ローにて。
トランスポーターったら、やっぱりステイサムな訳でくらべちゃうよね。
ステイサムのキレには及ばない印象。
ステイサムだったらーって思う。

でも、主人公のお父さんがダンディでカッコいいか
>>続きを読む

ジャック(1996年製作の映画)

3.3

人より4倍の早さで成長する、見たは大人、頭脳は子供その名はジャック!
なお話。

大人の姿をした中身は子供なストーリーは、トムハンクス主演の「ビック」が思いつく。
ダイダイダイ好きな作品なので、「ジャ
>>続きを読む

ケンとカズ(2015年製作の映画)

3.5

日本ノワール。
松戸って地名が妙にリアル。
殴った時の音が頭にこびりつく。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.9

見終わった後しばし余韻に浸らなければならない。
まさかの展開に胸がつまる。

悪い奴ほどよく眠る(1960年製作の映画)

4.5

侍姿じゃない三船敏郎もまた、素敵!
パリッとスーツで、眼鏡をかけたその人は初め誰だかわからなかった。
(声でわかったけど)
三船敏郎&黒澤明
裏切らないなー。

田園に死す(1974年製作の映画)

4.2

日本製意味不明(誉め言葉)な映画で、自分の中でナンバーワンの「ドグラマグラ」のさらに上をいく。

大雑把なストーリーの内容は理解できるものの、理解できたかといわれれば難しい。
とにかく、画から受けるイ
>>続きを読む

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)

3.5

エンドロールが優秀。
デニスが撮った実際の写真とともに、いかにも50年代なノリノリな音楽が流れるが、それは静かな、なんとももの悲しい曲へとシフトしていく。
ラストに、ディーンが何度も呟いていた「故郷へ
>>続きを読む

ぼくらの家路(2014年製作の映画)

4.0

見ていてしんどい。
学校帰り、当たり前に母親がいるもんだと思ってドア開けようとして、鍵がかかってた時の絶望感。
いつ帰ってくるかわからない不安が襲ってきて、開くはずのないドアを蹴りまくっていた小学生時
>>続きを読む

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

2.0

僕エリ的な。
小さな地域の閉塞感がいやーな感じだった。
僕エリと比べてしまうと、色々と足りない感はあり。
色白の金髪少女とかほんと憧れるわー。

ハロウィン(2007年製作の映画)

3.6

容赦なーし。
今まで見たなかで一番のタフガイ!

姿三四郎(1943年製作の映画)

3.9

本当の強さとはなにか?
心にしみます。

下駄で月日の流れを表すシーンが印象的。
他にも自然の美しさや厳しさも印象的。

カットなしバージョンを見てみたい。

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

2.9

ダケレオタイプに人生をも拘束された家族。

効果音にのせられて、ヒィーとなった場面もチラホラ。

なんでビニールカーテン(シャワーカーテンとか)ごしのシルエットってあんなに怖いのか。

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003年製作の映画)

4.2

ラスト締まったー。
もう、いうことなし!
1.2に比べると、ややこしい印象もあるけどきちっと回収してくれるし、安定の面白さ!

1.2.3とシリーズ全て見た方がよい!

インファナル・アフェアII 無間序曲(2003年製作の映画)

4.2

ラウ役のエディソン・チャン好きだわー。
「ドック・バイト・ドック」をみて、凄くいい俳優さんだなと思ってたけど目が凄く印象的。
ヤンとラウの過去の話になる。
1にも負けずとっても面白い!
1.2.3とシ
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.2

ブエノスアイレスでお世話になったトニーレオン良かった。
日本版のダブルフェイスでも、同じ役をしていた西島秀俊になんとなーく顔が似ているトニーレオン。
まっだからなに。なんですが...
日本版もハリウッ
>>続きを読む

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

1.9

胸糞悪い。
主人公の心に変化が訪れるってあるけど、ラストのシーンはわざとらしく、もし本気の感情だったとしても、気がつくの遅くない?

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.6

豪華な出演者。
ミシェルゴンドリー(ムードインディゴ)とか、ジャンピエールジュネ(アメリ、天才スピヴェット)の世界観が好きなら楽しめそう。
ミシェルやジュネよりも、ダークな所が軽めなので見やすい。
>>続きを読む

しあわせの雨傘(2010年製作の映画)

4.9

カトリーナドゥヌーヴが三本ラインの入った上下お揃いの赤いジャージを着て、「フッフッ。ハッハッ」とジョギングするシーンから始まる。
お上品なたたずまいから想像できないジャージ姿にもうギャップ萌え!
他に
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

眼鏡女子の麦ちゃんが可愛すぎる。
この作品で、麦ちゃんのファンになった。
自なの?ってくらい自然であたふたするとこ可愛いし、大声だして泣くとことか女優によってはイライラすることが多いけど、麦ちゃんはす
>>続きを読む

いのちの食べかた(2005年製作の映画)

3.6

聴覚から入る情報はほとんどない。
ただ、今そこにある機械や車、労働者のおしゃべりや動物の声がするだけ。

解説でもついていたら、もっと理解が深まるのにと思ったりもしたが、ラストまで観たとき、なにをして
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

2.0

あっあれ?
恋愛ものか!
苦手なやつだった。
もっとヒューマンドラマを期待していた。

トラウマの曲は個人的に好きな曲。
スティービーワンダー最高!

上海ルージュ(1995年製作の映画)

3.8

中国マフィアのボスの愛人の、
コンリーの妖艶な美しさ。気が強く高飛車の中に垣間見れる孤独と悲しみ。

コンリーの世話役の少年は和製 柳楽優弥。誰も知らないの彼を思い出した。
無表情にみえるけど、訴えか
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

5.0

最高!
最高すぎる!!
「用心棒」に続き、三船敏郎VS仲代達矢は必見。
三船敏郎の作品をみるたびに、どんどんとその魅力にとりつかれる。
次々と斬っていくシーンには、毎回興奮してしまう。

個性が際立つ
>>続きを読む

土俵祭(1944年製作の映画)

3.3

タイムリーなセレクトになってしまったが...
スポコン映画。
ひっぱたかれたり、どつかれたり色々されながらも、恋したり相撲に打ち込むストーリー。
ただ、主人公の俳優さんが顔が大きい上におじさん顔なわけ
>>続きを読む

女が眠る時(2016年製作の映画)

2.2

現実なのか、妄想なのか。
確信に迫るなにかは、すんどめで何度もお預けをくらう。

多分、2回みてもわからないし、観た側の想像に任せます的な作品だとしたら材料が足りなすぎて想像もできないし、する気もおき
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

3.2

携帯電話がなかった時代だからこその、もどかしさ。

齋藤工が凄い!
佑之介が響子にむけたラストのあの目が印象的。
愛+嫉妬=凶器になる瞬間をかいまみた。

ディセンダント(2015年製作の映画)

3.0

ディズニー悪役の子供4人が繰り広げる学園ムービー。

まあーとにかく主役の女の子が可愛すぎる。
皆、歌も踊りも上手ね。

雰囲気は、ディズニーチャンネルの海外ドラマ的な雰囲気。

モンスター(2003年製作の映画)

3.5

ため息しかでない。
実話だとしり、またため息。
13歳から娼婦。
闇は深い。
クリスティナリッチは、弱っている人間を虜にする役が似合う。バッファローとか。

みかんの丘(2013年製作の映画)

5.0

素晴らしい!
87分という短い時間にギュっと思いがこめられていた。

戦争映画の概念がかわった。

赤目四十八瀧心中未遂(2003年製作の映画)

1.5

新井浩文目当てで、結構前からクリップしていた作品。
冒頭の美しい自然の四季をめくりめくるシーンに、これから始まるであろうじっとりとしたストーリーの対比か!
なんてみていたら、主人公がでてきてギョッとし
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.8

三船敏郎がかっこよすぎる!
のは当たり前。
水戸黄門ファンとしては、初代御老公の登場に心踊る。
ジャイアント馬場がでていると思ったら違う人だった。
なにも考えず楽しめる。

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

「大人の恋」な印象。
同じカテゴリーでアデル・ブルー。(こちらも主人公の名前が、タイトルに)
アデルの方が印象に残るというのは確かにそうかもしれないが、キャロルを見るとアデルは若いなーっておもう。
>>続きを読む

休暇(2007年製作の映画)

-

死刑囚も人間。
また、死刑を執行する刑務官も人間。

日々の極悪非道な殺人事件のニュースをみて、犯人に憎悪がわき「こんな殺人者!死刑になればいい!」
って思ってた。

この作品の死刑囚とされる彼がどん
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.1

187分かー。
長いなって心して挑んだが、あっという間。

さすが、タラちゃん!
おま血り祭!
ブッシャーのドッピャーのシャーシャーシャー。

グロや血に弱い人はちょっと(いや、後半はずっとだな)
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.1

途中、痛々しい描写はあるものの、さらりと楽しめた。
カモメちゃんが可愛い!
主人公のスラリとした脚が印象的。
ボディースーツはズボンタイプがいいと思う。

春よこい(2008年製作の映画)

2.1

実話らしいが...
感情移入はできず。
108分という時間でも、長く感じた。
なんか、うわべだけってイメージ。

>|