imaponさんの映画レビュー・感想・評価

imapon

imapon

どうも、画像の無い作品が増えてしまう。

機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影(2017年製作の映画)

2.5

BANDIT FLOWER と同時上映って知らなくて最初にこれが始まり作品間違えたかと焦った。
サウンドのみ目当てだったから菊地ジャズじゃない本作は退屈でしかない。意味も良く解らない。ただそれは鑑賞者
>>続きを読む

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER(2017年製作の映画)

3.8

世代じゃないのでガンダムの事はほとんど何も知らないし興味もないので関わる事は無いと思ってた。
今回、ラジオで聴いたOSTのジャズがスゲェカッコ良かったのでサウンドのみ目当てで観賞という初の試み。事前予
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.5

個人的に現在最高の組合せと言えるジェイク・ギレンホールとエイミー・アダムス主演とあれば、仮に駄作であっても観ておかない手は無いとの事で。
駄作覚悟で厭わず鑑賞するとこれが大層な傑作で得しちゃった気分。
>>続きを読む

チャップリンの拳闘(1915年製作の映画)

2.5

モノクローム セッション vol.1
塚本功のギターと小島麻由美のエレピ伴奏付き。子供の頃見てるはず。チャップリンの無声短篇好きだったな。
キートンやロイドを知った今となっては面白いとは思えない。芸は
>>続きを読む

アンダルシアの犬(1928年製作の映画)

4.7

モノクローム セッション vol.1
塚本功のギター伴奏付き。
何べんも見てるお好みのシュール短篇。生の力か、今夜は尚更輝いて見れた。
男が2台のピアノを引っ張る件の盛り上げ巧み。
終盤歌い出すとは思
>>続きを読む

脱獄者(1967年製作の映画)

3.1

激しいロックのゴーゴー喫茶とギャング風の4人の男が無音で車で向かうシーンを細かくカットバックで見せるOPが超カッコ良くて名作の予感したが。
極悪な金子信雄が良い。それにしても藤巻潤と待田京介のチェーン
>>続きを読む

尼くずれ(1968年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

尼さんだって女だから、もんもん。というピンクぽい題材ではあるが、先進的考えを持つ春光の安田道代はしっかりとした見識を持っていて、ぴしゃりと断る台詞に痺れる。それでもあの啖呵は啖呵としてカッコ良いけど何>>続きを読む

コクウ(2017年製作の映画)

3.7

ピンク劇場タイトル「ほくろの女は夜濡れる」

前半はヒロインがかーいー💕
中盤は重苦しい過去が明らかになり、あまりにせつない自慰。
終盤、なんじゃそりゃ?

川瀬陽太が鬼畜をノリノリで演じれば、下衆野
>>続きを読む

ドクトル・ジバゴ(1965年製作の映画)

3.8

古き良き大作映画
overture intermission intermezzo
堪能。
音と色使いが圧倒的だからこそ長時間持ちこたえられたのか。
これでロシア映画ならなお良かったが、原作が
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.6

史上最低な間男発覚場面やコントのような殺し屋のドジ場面が大好きだったけどあれらはダイアンの妄想だったのね。
ナオミ・ワッツすげえよ。
希望と憧れに溢れて上を見上げるベティ。嫉妬と挫折で絶望的なダイアン
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.8

人が入れ替わったり難解ではあるけれど監督自ら出したヒント「O.J.シンプソン事件」と聞くと何となく解る。何度見ても完全に理解できないだろうが、それは他の映画でも同じだ。そして何度も見たくなるかどうかが>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

3.5

しまった!2011年公開の「実演!淫力魔神」をまた見逃したー。今回の本作公開で関連作上映は予測できたのにカリテの8月上映に気付かなかった。Filmarksはそういうの教えてくれないからなぁ。

で、本
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.6

世界観勝負。
赤い目が消灯するドラーグ族も秀逸だがキモかわいい動植物がとても好き。今年、ヒエロニムス・ボスの絵画を見た時、こいつら動かしてアニメ作って欲しいと思ったもんだが本作はかなりそれに近い物があ
>>続きを読む

青春怪談(1955年製作の映画)

3.9

今、ちょっとしたブームの獅子文六原作、和田夏十脚色による市川昆ラブコメ傑作。
4人のキャラが独特で愉しい。自称、内向的自己中の山村聰がまたしてもやってくれる。

映画の魅力として一番好きなのは、4人が
>>続きを読む

キュスタース小母さんの昇天(1975年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

製作都合で米版と独版でエンディングが違う。独版上映後に米版のエンディングも上映してくれる企画が良かった。
小母さんの絶品な呆然顔がフリーズして顛末は脚本をト書きも含め字幕で現すファスビンダー製作の独版
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.7

なんて幸福なバス運転手なんでしょ。
パターソンの本物の優しさが幸福を呼んでるんだな。
絶望して失恋男に慰められるのも良し。
日本の詩人からノートと共に贈られる言葉。

いつもと変わらない単調な日々を輝
>>続きを読む

禅と骨(2016年製作の映画)

3.6

愛があるんだか無いんだか、青い目の禅僧ヘンリー・ミトワと家族の物語。
家系図への拘り、母の伝記。ただ好きだから。
そして親族の遺骨集合。
好きな事ばかりやり続けた彼だけに写真や8ミリの資料が豊富。
>>続きを読む

神々の深き欲望(1968年製作の映画)

3.8

175分、途中かったるくなるところ南の島の荒ぶる自然や美しい光景のおかげで厭きない。
日本の生と性を描く。1968年の割りに描写はおとなしく感じる。
新人の沖山秀子が嵌まりまくってる。
加藤嘉と松井康
>>続きを読む

竜神と朱蓮華/連続ONANIE 乱れっぱなし(1994年製作の映画)

3.3

ビンクタイトルからするとついつい女優のONANIE連想するけど、ONANIE男女機会均等。
連続は、伊藤猛、葉月蛍、相川瞳、下元史郎・・・
キャストも良いが作家性が勝ちすぎか。

OPの仏具マニファク
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

珍しい。韓流嫌いと言いながら今年、韓流新作3本目。皆、高水準でまいるな。
ゾンビ✖乗り物バニック✖ダメ父の成長。それぞれキッチリ約束事守っていながらありきたり感は少く良く出来てるなぁ。

プラス要素。
>>続きを読む

才女気質(1959年製作の映画)

3.6

新旧価値観の剥き出しのぶつかり合い。
いつも時代も世代断絶はあるだろうけど現代ではこのように痛快にはいかないかもな。

一人頑固にキリキリ舞いしている登代さんを孤独に置き去りにしない決着の中にちょっぴ
>>続きを読む

ふたり(1991年製作の映画)

3.6

やっと見ました。
石田姉妹は以前から完全に姉派なので実姉妹共演ならもっと早く見てたでしょう。いやいや中嶋朋子さんのスレスレの綺麗さも良かったです。

花火爆裂の「第九合唱」だけでも必見。

旅館の娘が
>>続きを読む

あした(1995年製作の映画)

3.8

13年前に志らくシネマ落語の予習で借りて観た。あれは大林宣彦プロデュースの一人会でした。「佃祭」「青菜」「かぼちゃ屋」
変な映画だと思ったもんです。細部ほとんど忘却のため新鮮に見る事ができた。
今回、
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

カッコ良くて面白い!
CG臭の気になるアクションとか、強すぎてピンチシーンが少ないとか標準以上のスティーブが宝の持ち腐れだったり、眼鏡の破壊が早すぎるとか、女性監督の限界も感じるけど、女性映画として、
>>続きを読む

戦争のはらわた(1977年製作の映画)

3.7

サム・ベキンバーの戦争映画で「はらわた」とくれば、それなりの期待をしてしまうが「はらわた」は出ないし思った以上に全うで普遍性がある。
理想の男、理想のリーダーはかくあるべきと。
ぐちゃぐちゃ戦闘シーン
>>続きを読む

悪女(1964年製作の映画)

3.6

小川真由美のアップで始まるいかにもフィルムノワールなカッコ良さが本編ではズーズー弁丸出しの女中役で一気にコメディの世界に突入。
ブルジョワのドロドロの中にあって姫子の純な一本気さがカワユく、その後の女
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.3

イザベル・ユペールの「私は私よ」強さの秘密?
例によってユペール目当の鑑賞だが、今回は他の女優陣が悉く良い。男優もそれぞれにクズっぶりを演じて良い。

レイブ・ブラコメなのね。

カッコいい女ボスなら
>>続きを読む

LSD~ラッキー・スカイ・ダイアモンド(1990年製作の映画)

3.3

ニコニコ動画で6分割鑑賞。

「問題外科」+「箱男」?
確かに中村れい子のセクシー・エロっぷりって基地外じみてる。
佐野史郎はいつもこういうのが楽しそう。
網浜直子も熱演。ただしうるさい。
展開的に開
>>続きを読む

隣の三姉妹 貝ならべ(2006年製作の映画)

3.7

三者三様。
女優の質、ドラマ演技、からみ演技、どれも高品質。
一人、アートの才能を引き継いでいない次女の心情に共感。

淡島小毬、終止ジャージ姿でエロとは一線を置いているので、また、脱ぎ無しかと思った
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.7

カーアクション・ミュージカルのシンクロ性は評判通りで楽しめる。そこにさらなるプラスアルファが良かった。

最初、主人公が若すぎると思ったが、すぐに保護者目線で入り込めた。
本当はT・REXの事も良く知
>>続きを読む

Groovy(2017年製作の映画)

4.4

自殺大陸ニッポン。音楽で人は救えるか?といったモキュメンタリー形式。

マッドな今泉力哉監督とイノセントなしじみの熱演は必見。
二人の愛は佐藤さんを救えるのか?
声を失った役のしじみが微笑みながらパス
>>続きを読む

破れタイツのビリビリラップ(2017年製作の映画)

1.5

関西女子監督ユニットのラップ?
甲高いキンキン声が苦手。
軽く耳を塞いでやり過ごす。
短編で助かった。

団鬼六 女教師縄地獄(1981年製作の映画)

3.9

西村昭五郎ロマボ追悼。
シンプル混じりっけ無し。
SMの女王が谷ナオミさんというなら麻吹淳子さんは被虐の女王。
淳子顔面テカリは絶品。
教師をリスペクトして止まない女生徒の純心に哄笑崩壊。
蝋燭プレイ
>>続きを読む

わ・れ・め(2006年製作の映画)

3.4

堀禎一監督のピンク追悼として、上映タイトル「色情団地妻 ダブル失神」で鑑賞。
シナリオは破綻している。特に子供が被害にあった後、観客のミスリードを誘う展開。ストーリー重視で見ていると東大出にバカにされ
>>続きを読む

白く濡れた夏(1979年製作の映画)

3.6

祖母似の馬生の娘は若いのに明かにロマボ女優顔でエロい。
志ん生のかみさんもこんなにエロかったんだろうか。
金原亭馬生の最高傑作。
このまま続けていればロマポ一番の名女優だったろうに。

物語は冗長、切
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦(2012年製作の映画)

3.6

このシリーズ確かに面白そう。
ただ「1」だけでは判断しかねる。

ニコ生で他を見ませう。

>|