コバヤシさんの映画レビュー・感想・評価

コバヤシ

コバヤシ

映画(213)
ドラマ(13)

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

 気持ちを伝えるって、なかなか難しい。
 主題にあるのはそうしたいじらしさ、そして手紙が気持ちを紡いでくれることの素晴らしさだろう。

 クライマックス。ヴァイオレットはギルベルトから「愛してる」の言
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.8

 特段家を出るイベントがなく真面目に進めたゾンビランド。主人公は引きこもりのオタクらしい思考回路の持ち主で、アホか?って行動をしたかと思えば雑に賢いムーブをしてみる。
 プロット自体は良いが作り込みは
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

 書き忘れていたので再試聴。
 ゾンビ映画というものは単なるグロ映画ではない。特殊な環境に置かれた人間が見せる姿に世相を描き出そうとするという手段の一つであるというのが私の持論だ。よって「描き出そうと
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.5

 ネタバレも何も、怖い人間はこんなアプリ開くな。

 筋は単調。言おうと思えば20文字にも満たない内容。その分映像にとても時間をかけているのが見える作品だった。
 例えばスウェーデンに行く行かないでダ
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

4.6

ホラー映画見たつもりがまさかの恋愛ドラマだった。
映像が美しくて、なぜか初めに思い出したのはフローズンタイム。ゆっくり時間が流れていく様に「瞬間」の切り出しを共通項として見出したのかもしれない。

>>続きを読む

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

4.0

この映画とても怖い。
特段ゴア要素があるわけでもないのにこの仕上がり。監督は凄まじいセンスの持ち主だと思う。

ネタバレにならないように評するなれば、この映画は「母親のための」映画だろう。

残念なが
>>続きを読む

テリファイド(2017年製作の映画)

3.7

今まで見た洋画の中で一番ジャパホラを感じた映画。何が良いって超常現象に対する答えが全くないこと。そして理不尽なこと。
地域そのものを汚染して近寄るものをじわじわと殺していく所に呪怨やリング、残穢を想起
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

そういえば月頭に見たのを思い出した。

6月に見るのが大正解のアニメ映画。新海誠作品でこれが最高傑作をずっと提唱しているが、間違いないと再び確信した。

そもそもで風景描写の美しさに嘆息が漏れる。都会
>>続きを読む

ボディ・ハント(2012年製作の映画)

3.5

一番怖いのって人間だよね系ホラー。

登場人物に一人として「聖人」を置いていない。
物語では役割を持たせるためにクズはクズらしく、正義漢は正義漢らしく、必要に枝葉を付けず描かれることが多い。この短い映
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.4

終始グロいがマグロ丼食べながら観ても問題なく完食できる程度のライトなグロ。


正直ラストは少し納得いかないとは思った。風呂敷を無理矢理納めたような印象。
バチバチの現代医学と魔術が交差する感じ、ホラ
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

2.7

たまたまイーサン・ホークを同日に二度見るという面白さ。

「パージ」の設定自体は面白い。ただ、登場人物に感情移入が難しいところ。
お前なんでそこにいるの?とか、なんでそんな歩き回ってんの?とかツッコミ
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

1.0

出落ちとはこのこと。
開始5分でラストがわかる。

想定の範囲内でしか話が進まない割に、冗長的でひたすら苦痛だった。胸糞悪いだけのグロ映画。

展開がベタベタすぎるので普段ホラーを見慣れていない人には
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

1.6

イーサン・ホークの演技がとても良い。あと前半までは面白い。箱は残念ながらNG。

出だしのクライム系を匂わす感じで進んでくれればとても面白かったのに、途中から訳のわからない展開に進んでいくのがとても残
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.2

久々にゆっくり映画を観れる時間が出来たので早速これを鑑賞。丸一年ろくに映画を見ていないことが判明してしまった。

爺さんも若者もお互い仕方ないでしょ、となるような絶対的善悪とは描かれ切っていない。実は
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

イーストウッドらしい秀作といったところか。テロを阻止するところにヒロイズムの重きを置いていないので、予告だけ見ていた身としてはかなり印象を違えた映画。運命とか、信心の強さが肯定的に描かれていてアメリカ>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

196年台前半のアメリカを舞台に描いたマイノリティの為の映画。

声の出せない女性の主人公にピアノレッスンを想起させられた。「話すことのできない女」ではなく自分そのものを見てくれる、普通の人間のように
>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

4.6

知ってたけど古いし楽しめないだろうなあと思い、今まで視聴しなかった。

超いい。超良かった。
80年代アメリカの雑多な姿をそのままに近未来化させた社会。男女平等に働き、嫌味なく同じ場所で服を着替える。
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

4.4

クライムとサイコホラーを一度に詰め込んだ映画。60年近く前の映画なのに本当にオチがわからない。
観る前に中身知ってたら絶対に後悔する映画だよ。

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.1

ジェラルドバトラーとジムスタージェスがいい。ジムスタージェス全然老けない。
金を沢山使ったパニック映画。CGの抜きどころと入れどころをしっかり分けてるので迫力も良し。アメリカ臭いユーモアも嫌味なく効い
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

4.3

脚本が良い。余計が無く、それでいて優しい言葉が台詞に溢れている。日本人の風情を一身に詰めたようである。

衣装もまた良い。首だけ合わせたブカブカのシャツに肩のはみ出るジレ、袖丈の長すぎるスーツが「いか
>>続きを読む

完全なるチェックメイト(2014年製作の映画)

3.5

天才と呼ばれる人間は古来から伝記や口伝によってあらゆる人格の肯定がなされるが、真なるところは人と違う世界を生き、やがて崩壊していく者が殆どに違いない。
この作品は冷淡にもそのままを描いてみせたという点
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.7

わかりやすくて面白い。
じわじわと広がっていく恐怖を爆発させるようなプロットだっただけに最後が尻すぼみな印象が強い。もう一声あれば化けたんだろうなあって映画。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.7

出だしに麻美ゆま使ってたけど完全に要らないでしょ。前回よりも寒い演出が少し多い気がしてしまった。加えて犯人分かった時の納得しきれないカンジが惜しい。

全体としては前回の雰囲気をよく持ち越していて、キ
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

4.6

40余本ぶりに邦画を視聴。水曜どうでしょうを一気見した勢いと松田龍平を観たい欲が一度に解消される、この作品に食指が動くのは火を見るよりも明らかなことだった。

大泉洋に引っ張られる印象からドタバタやる
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.9

攻殻機動隊を模った限りの別作品。原作知らないんじゃあないかというくらいキャラクターが違う動きをする。攻殻機動隊知らない人が見る分には楽しいのかもしれないが、違和感で全然作品に入り込めない。

特に荒
>>続きを読む

ハンコック(2008年製作の映画)

4.0

かれこれ5回は観ている映画。
途中の路線が変わるあたりから悪い評価をよく聞くけれども個人的にはかなり好きなんだけどなあ。
数えてもかなり上位にやってくるヒーローアクション映画。
やっぱり自在に空を飛べ
>>続きを読む

MEGA SPIDER メガ・スパイダー(2013年製作の映画)

3.0

heroesのマットパークマンという名の方が通ってしまっているグレッグを主人公に据えた映画。ホセのキャラがよすぎて映画の半分くらい美味しさを有している。

近年のシャークネードらに準じようとするB+を
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.2

キングスマンの余韻がなかなか止まらず視聴。コリンファースとマークストロングが重要なキャラとして登場する、イギリスのスパイ映画。こう書けばまんまキングスマンだな。

キングスマンが娯楽作品ならこちらは芸
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

4.0

キングスマン1、2の余韻から拠り所を求めて視聴。いいところでomenがかかってテンションが天井知らずになってしまった。マシューの曲選すごい好きだ。
リアルな路線でアメコミヒーローやるとこうなるよねって
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.9

2年前にティーザーを見て以来気になっていたが、アマゾンプライムで無料配信が始まったので急いで視聴。
B級かな、と思っていたらなかなかどうして。マットデイモンとペドロパスカル、脚本にはボーンシリーズのト
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.2

表現の一貫性が芸術的でありながら大衆的たらしめる。消費者と製作者のすり合わせを他の映画と比べ、一際強く感じた。さすがはファッションデザイナーというべきか。

苦しい時間が淡い色調に統一され、生の執着と
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

17年に観た映画だったがレビューし忘れていたので再視聴。
さすがクリントイーストウッドといったところか。洗練という言葉がドンピシャで、短い時間の中何も無駄を映すことなく描ききっている。

作中延々と社
>>続きを読む

ゲット スマート(2008年製作の映画)

4.6

1960年台後半に放送されていたアメリカドラマのリメイク作。
ジャケットから想像していたチープな一発ギャグ映画からは想像つかないほどのクオリティ。新年スパイ映画が連続したもののコレを超える作品はなかな
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.5

レアセドゥが馬鹿可愛い。ラペル極太のトレンチをキュッとベルトで留めてる感じが良い。マティーニ飲みたがりすぎて正直ネタにすら見えてくるのは私だけだろうか。
アクションシーンが血生臭い感じなのがリアリティ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.1

まあ細かい事は気にすんな!って監督に肩叩かれているような気分。スーツがやっぱり格好いいけど、前回よりアクション重視な印象。
オレンジのタキシードなんていつ着るんだろうと思ってたら普通に着てて好き。
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.6

最高の年始。
ビッグマックとスーパサイズのポテトとドリンクを一度に頼んでしまったアメリカでの昼飯を思い出した。
これでもかというほど過激で露骨、添加物モリモリと言わんばかりの描写が誰にでも分かりやすく
>>続きを読む

>|