ミミコさんの映画レビュー・感想・評価

ミミコ

ミミコ

ゆるーく鑑賞メモ。
綺麗事を詰め込んだような作品が好き。
*が付いているのは過去に観たもの。
主にHulu、Netflix、WOWOWで観ています。

映画(24)
ドラマ(6)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

最初はよくわからなかったけど、観終わった後に妙に納得感があった。
淡々と話が進む中で、実は人の心情の細かい部分まで工夫されて丁寧に描かれている気がしました。
上手く言えないけど、人それぞれ感じ方も感情
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

-

悲しくて悔しくて温かくて涙が止まりませんでした。ヨングの優しさで段々と7番房のみんなや、課長や刑務所のみんなが味方になってくれるのが素敵です。7番房のみんなの温かさにも涙が出ました。素晴らしい親子愛の>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

-

久しぶりに観ましたが、安定に泣きました。
非現実的な話なのに世界観に吸い込まれてしまう不思議な映画。
雪と雨が対照的な道を歩むまでの成長を母の複雑な不安も混じえて、繊細に描かれています。
雪の上で親子
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

-

久しぶりに観ました。
夏になると観たくなる映画!
家族や人との繋がりの大切さを教えてくれます。
アナログの世界もデジタルの世界も、どちらも大切に描かれているところが好き。

ブレイブ ストーリー(2006年製作の映画)

-

悲しみがあるから喜びがある。
不幸があるから幸福がある。
どちらかしかない人生なんてないんだよね。
その名の通り、自分の運命と向き合う勇気を教えてくれる作品だと思います。
小説を読んだことがないので何
>>続きを読む

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

-

不治の病という設定は重くなりがちですが、この映画は涼しげで爽やかで、悲しいお話ではあるけど、観ていて心が洗われていくようだった。
だからこそ余計に涙を誘うのかもしれない。
そしてGood-bye da
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

-

心が温かくなる素敵な映画でした。
かっこよくて優しいママが最高です。
いろんな人が優しく手を差し伸べてくれたのは、マイケル自身が優しくて素敵な人だからだよね。優しさで包まれているストーリーです。
偶然
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

-

リアルすぎてゾワゾワする!でも面白かった〜!自分もかつて居たことがある世界だからこそ、映画の世界に入って行きやすかった。現実味がありすぎる作品。高校って本当難しかったな。自分のことも人間関係も。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

-

とても好みの映画でした!
こういう明るくて前向きな綺麗事が盛りだくさんの映画大好きなんです。
どこの国にも競争社会で大人からの圧力に苦しむ子どもたちっているんですね。
明るく楽しく、時には涙ありで、人
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

-

以前飛行機で観て面白かったので2回目。パディントン可愛すぎる。おじさんもおばさんも可愛い。ロンドンの街並みも綺麗!ほのぼのしてて可愛らしい映画ながら、見知らぬ他者を受け入れる寛容さだったり、思いやりの>>続きを読む

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

-

小学生くらいのころ、車の中でよく「瞳をとじて」が流れていたのを思い出しました。それから、10年以上経ってやっとセカチューを観ました!
こんなふうな生涯忘れることのない恋をしてみたいと思いました。素敵な
>>続きを読む

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

-

世間から少しでもはみ出れば異常。
異常ってなんだろう。
誰もが心の中に闇を抱えて、必死にそれを隠してる。隠し方は人それぞれ。
突然消えてしまいたい時だってある。
誰だってみんな、いろんなモヤモヤを抱え
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

-

ぶっ飛んだ設定なのに何故かすんなりと自然に世界観に適応出来ました。
人の外見ではなく、その中にある心の部分の価値を優しく表現している作品だと思います。不思議だけど美しい、新しい感覚を覚える映画でした。

セシボン(2015年製作の映画)

-

大学の韓国語の授業で観て、とても感動したのでもう一度鑑賞。自分の全てを捨ててまで誰かを守ろうとする愛。最後は涙が止まりませんでした。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

-

ふわふわと柔らかい雰囲気ながらも、戦争の残酷さをズッシリと伝えてくる作品でした。世界中の人に観てほしい映画。こんなことがもう二度と起こりませんように。

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年製作の映画)

-

ポケモンの中で一番好きな映画!
小さい時に初めて観たけど、大人になってから観た方が心に響くものがありました。
ポケモンたちが涙を流すシーンと序盤の「悲しみで涙を流すのは人間だけ。」というセリフが繋がっ
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

凡人の私には何が何だかよくわからなかった。芸術肌の人が観たら楽しいと思う。ただ色彩が可愛くて視覚的には楽しめました。全てはどこかで繋がっているってことなのかな。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

-

どうしても順にイライラしてしまって入り込むことが出来ませんでした。
でも、順の
「言葉は傷つけるんだから。絶対にもう取り戻せないんだから。後悔したってもう絶対に取り戻せないんだから。」
というセリフに
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

-

これが実話だということに驚いた。Google Earthすごい。記憶の中のお兄ちゃんの笑顔に思わず涙が出ました。小さな子たちがこんなにも辛い思いをしているという現実を突きつけられる作品です。本当に考え>>続きを読む

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

-

原作を読んだことがあったので見てみました。前半は思ってたより面白かったです。極々普通の少女漫画の実写版。軽い気持ちで楽しめました。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

正直最初は中々入り込めなくて、退屈してしまったけど、最終的には楽しめました。とても切なくてやるせないけど、これがいいんですね。もっと明るくて単純なラブストーリーを想像していたので少しびっくり。人生って>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

これぞディズニーだよな〜という感じ。曲が良い!そしてエマが綺麗すぎる!個人的にエンドロールが好き。大満足の作品でした。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

-

あらすじだけを見てよくありがちな感じかなと思い、軽い気持ちで見たらかなりの衝撃でした。役者さんたちの演技が本当にリアルでズシッときます。普段、軽い作品ばかり見る私にはかなりヘビーで、正直もう一度見るに>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

最近観た映画の中で一番よかった!
ただオギーの目線で描かれてるのでなく、それぞれの目線からのストーリーがあって、最後の「みんな闘っている」の格言に繋がるところが素敵。
お気に入りの映画になりました。