いもさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

いも

いも

映画(93)
ドラマ(2)

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.5

2020年劇場鑑賞 20作品目

スリル、謎、ユーモアありの
エンタメミステリー。


クリエヴァの萌え袖と口汚さ最高です。

サイゴン・クチュール(2017年製作の映画)

4.6

2020年 劇場鑑賞17作品目


60年代のレトロ可愛いに胸倉を掴まれました。画面から可愛い、おしゃれ、キラキラが殴りかかってきます。

「プラダを着た悪魔」と「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を足
>>続きを読む

ブラックシープ(2006年製作の映画)

3.7

劇場鑑賞15作品目

「4,000万頭の怒れる殺人羊が人々を恐怖に陥れる」
ワクワクしながら公開を待ち、早速鑑賞し、期待を裏切らなかった。

ほのぼのB級アニマルホラー。
登場人物が兄貴以外はアホな子
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.0

劇場鑑賞 14作品目

悪趣味の暴力。
歌とダンス、美術は素晴らしかった。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

2020年 劇場鑑賞13作品目

ジョジョはナチス信者で脳内ヒトラーと仲良し。母が匿ったユダヤ人エルサと触れ合っていくうちに常識を疑い始める。

タイカ監督独特のテンションとカラー、ブラックユーモアに
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.0

2020年 劇場鑑賞12作品目


天真爛漫な少女がパワー系殺人鬼に変貌。
不気味で不穏な雰囲気が良かった。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

2020年 劇場鑑賞11作品目


国家権力とメディアにより英雄が一転、犯罪者扱いされ、無実を訴える。

当時よりネット社会となった現代。
「SNSの発達により誰もが加害者にも被害者にもなりうる」そん
>>続きを読む

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

3.8

2020年 10作品目

可愛いキャラと魅力的な世界観。
胸を抉る残酷描写と絶望感。
微かな希望。

原作を読んでいるとはいえ
エグさに胸を抉られる。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

5.0

2020年 9作品目


美しい大自然に軽快なダンス

「宗教問題も国際問題も愛は超越する」
そんなメッセージ性のある愛に溢れた作品。
観賞後は心地よい余韻に浸れました。

熱心な信者の真面目で心優し
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.5

2020年 7作品目

有毒ガスが街に拡散された。
屋上へ逃げろ。

シリアス、緊張感が高めなB級パニック映画かと思えば、笑い、ラブコメ、ヒーロー要素、家族愛ありのエンタメ度の高い作品でした。

通行
>>続きを読む

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

4.5

2020年 6作品目

メタルといえば「悪魔崇拝」と「絶叫」それしか思い浮かばない私でも楽しめるかなぁと不安だったのですが、エンタメ要素強いと聞き、前情報ほぼ無しで鑑賞。


ヘヴィ・メタルバンド「イ
>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

3.5

2020年 5作品目

ドラマ未視聴で鑑賞。
英国貴族と使用人達の人間ドラマ。
人間関係、豪華絢爛な美術、毒舌ばぁちゃんが魅力的。
人間関係があやふやだけど楽しめました。
ドラマが観たくなった。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.5

2020年 4作品目

153分があっという間。
クリスチャン・ベイル最高。

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.5

2020年 2作品目

展開や映像が衝撃的過ぎて呆然としました。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.1

2020年
1作目

笑いました。
突入を失敗るなど実績最低の麻薬捜査班が張り込みのため敵アジトの前でチキン店を営業。繁盛して本来の職務を見失うのですが、そこ以外も笑えた。

全体的にテンポが良く、中
>>続きを読む

|<