imurimuriさんの映画レビュー・感想・評価

imurimuri

imurimuri

映画(334)
ドラマ(0)

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」(2018年製作の映画)

3.6

やっとtriシリーズ全作品観ました。

メイクーモンが全ての元凶であり、またメイクーモンの処置が結局のところ倒す以外に術がないというこの二つのポイントから察するに、メイクーモンはこの連作映画をやるため
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.2

やっつけで作ってんのか?と疑いたくなるほどの酷い出来にびびってる。

アナ雪関連の制作背景とか特集番組とか色々見てるけど、あの人数とあの大規模な体制でなぜあの脚本にゴーサインが出たのか不思議でならない
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この映画の欠点は、多くの人が言っている部分とはすこし違うと思う。それでも欠点に変わりないけどね。

私はこの監督が正直全く好きではない(でもジュブナイルだけは名作だった)。んで、でもとりあえずインタビ
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.9

五十嵐大介だいすきなので当然見たんだけど、ちょっと終盤ダレたね
アングラードのかっちょよさをもっと押し出してほしかった
でもこれは五十嵐大介の絵をあすこまで忠実に再現してくれたそれだけで見る価値がある
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.5

まず言いたいことは、多分みんなが思っているほど新海誠は馬鹿ではないってこと。(このレビューの後半で、この映画へのツイッターでありがちな批判をばっさり批判し返しちゃっているのでご注意を。ただそれもただの>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.9

「陽なたのアオシグレ」の石田監督だからつまらないわけがないんだけど、やっぱり最高に面白かったわ。
この作品は別段何も難解な部分はないんだけど、SFとかファンタジーの構文に慣れ親しんでいる人じゃないとも
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.2

今井一暁が天才ということと、川村元気がやはり無能だということがわかる映画


以下ネタバレになるのでご注意を。




ヱヴァ破の綾波を返せとか、大人帝国の階段ダッシュとか、猫の恩返しとかエウレカセブ
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

4.0

思ったほど悪くはなかったけど、何がダメだったのか考えてみると、
まず、中学生に(一般的な)打ち上げ花火が横から見ると丸いかどうかを大真面目に議論させることに無理があると思うのよな。だってよく考えなくて
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

車でダンスしているかのようなカーチェイスがやばい
ダーリンとのタイマンかっこよすぎ
ラスト20分くらいから頻発するベイビーのガン飛ばしがかっこよすぎ
デボラちょー可愛い
SUBARUに乗りたくなる
>>続きを読む

四季・奈津子(1980年製作の映画)

4.4

烏丸せつこの美しいおっぱいがひかる大正義大傑作映画

かっこいい車しかでてこない
かっこいい奴しかでてこない

アマゾンで観れるのでマジおすすめ

セント・エルモス・ファイアー(1985年製作の映画)

4.0

80年代を代表する青春映画ということで見た

まずかっこいい車しかでてこない
ブラット・パックの面々がやはり良い

ジャド・ネルソンのダッフルコートの格好良さ

まぁでもやっぱり自分はジョン・ヒューズ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.9

やっぱ湯浅政明天才だわ

何も言うことない

落ち着いたらちゃんと感想書くけど

エヴァ破の翼をください、ぼくらのウォーゲームのオメガモン進化、サマウォの花札、鉄人兵団のリルルのラスト、オトナ帝国の階
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.7

平次の出る映画は必ず緑色のバイクに乗って暴走して転けてコナンが吹っ飛ばされて「工藤ー!」と平次が叫ぶまでがお約束のような印象だったけど、今回も大方そんな感じだった。
今回の主役度を比較すると、
コナン
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

3.8

こんなキチガイな映画初めて見た(褒めてる)
キューブリックとか榎本俊二とか目じゃないくらい狂ってる
この狂い方は狙ってできるもんじゃない
パルプフィクションがまだお行儀のいい映画だったことを思い知らさ
>>続きを読む

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

3.9

ラスト10分のジェットコースターっぷりよ
あの葬儀の様子の対比は見事だと思ったが、やりきれなさのようなものもやはりわずかに残る
爆笑問題の田中に似てた

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

タイトル詐欺もいいところ
伝説の海など作中内でひとつも存在せず、主題になるのは伝説の島の伝説の宝(なんとかティの心と呼ばれている命を作り出す宝石)

不満点として、最近のディズニーの女性主人公のテンプ
>>続きを読む

アース・トゥ・エコー(2014年製作の映画)

3.9

直近のものでいえば、
まんまジュブナイルのテトラでスーパー8やり直してみましたという感じの映画(なのでスタンドバイミーとかETとかの系譜だけど)

ワンナイトものとしてはまあまあ。
最後の最後までPO
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

3.8

何の因果か、原作もアニメも見ずにWikiをひと通り読んだだけの状態で鑑賞

まず、壊滅的にキャラクターの私服がダサい!男女もれなくダサい!!
これはTVアニメ時代からの仕様なのか?今年の映画ドラえもん
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.1

名作と勧められて鑑賞

探したらアマゾンプライムの無料ビデオになかったのでレンタルして見たけど、これは確かに名作だったわ
子役のジャスティン・ヘンリーが泣かせるんだよなぁ

ダスティン・ホフマンめっち
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

大傑作ゆえに、ドラえもんとして昇華しきれていない、もったいない傑作アニメ

はっきり言って、今作のストーリーはドラえもんとしては元祖鉄人兵団や、あるいはドラえもんでなくても大傑作アニメになれるほどのポ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

正直、冒頭の一本取り?の路上のダンスシーンはあまり響かなかった。というのもあれよりすごい映像って今やMVなりエクストリームスポーツの動画なりで簡単に見れちゃう時代なわけで、そういうのをある意味見慣れて>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

4.1

んー久々にこんなやきもきするストーリーを見た

テリー・ポロの美しさ
あとベン・スティラーもイケメンだし脱いだ時の予想外のマッチョっぷりにも笑う

最近こういう真正のコメディ映画を見てなかったけれど、
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.7

内容は予想どおりすぎてビビった

音楽がかなり良い。あと駅舎から山に向かって歩くシーンと、ドレスのケリー・マクドナルドが最高にジャスティス。

こういうアングラな世界が日本の辺境にも普通に存在している
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

アレックスの暴力による被害者たち側にばかりシンパシーを感じてしまって、かなり胸糞が悪い。

作品的には、自由を奪うこと以上に、自由な選択能力を奪うことのほうを倫理的に悪いと言っているように聞こえる。そ
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.3

言わずと知れた名作映画
鑑賞そのものを楽しむ的な感じ?
服を買うこと自体よりも服を買いに行くためにオシャレして街歩くのが楽しいみたいなのと同じような感覚というかなんというか

そういう映画

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

結論から言うとかなり面白かったし好みの感じだったのでめっちゃ楽しかった
ただ、3D(IMAX)で見てしまったのはちょっと失敗だった
というか、アバター以来の3D鑑賞だったんだけど、映像に一切の進化も変
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.8

この映画でジョニデと彼のかけてるタートの眼鏡がかっちょいいと思ってファンになったんだったのを思い出した。
この頃のジョニデいけめんすぎ

ガタカ(1997年製作の映画)

3.9

とにかくイーサン・ホークとジュード・ロウがかっこいい
ストーリーとしては、かなりアイディア先行って感じが否めないけど、まぁこのくらいならセーフかなという印象
最後はすこし悲しかった

全体的に、80〜
>>続きを読む

地球は女で回ってる(1997年製作の映画)

3.8

この映画の原題にある脱構築の意味をデリダ的な意味で採れるか微妙なところだけど、ハリーの主観ないしはハリーへの客観的な評価・見立てとしての、彼の中の「現実」と「虚構」という認識の二項対立を脱構築していき>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.9

すごすぎてこれはしばらく引きずる
よくぞこれを作ってくれたという感じ

感想言いづらいってのもわかる


すずたちの夫婦生活がなんというか、別に何もエロくないんだけどなんかエロくて良い
生々しいからか
>>続きを読む

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

4.9

「この世界の片隅に」を見た人、ぜひこの作品を見てくれ。そして度肝を抜かれてくれ。という思いで再レビューしてます。
片渕須直は名探偵ホームズ以来個人的にものすごく思い入れのあるアニメーターなんだけど、こ
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.9

予想してた通り(せいぜい有村架純と菅田将暉しか)まともな人間が出てこないやばい奴らの、リ狂ってるシューカツ話

まぁ多分そうじゃないとドラマ成立させづらいから仕方ないんだけど、でもだからこそかなり面白
>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

4.3

第9回したまちコメディ映画祭の上映会で見てきました。

想像以上に笑いどころが多くて、上映中もかなり爆笑が起こっていました。
原作通りの言い回しも要所要所で当てられてて、それがかなりいい味出してました
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.7

淡々と、はちゃめちゃするって感じ
そんなに好きな感じではなかったけど最後まで見せる面白さはあった

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年製作の映画)

4.2

これ超好きなんだよなぁ

ラスト20分の熱量と盛り上がりは歴代最高峰だと断言できる。
西部劇へのリスペクトが半端なく、夕陽のガンマンの再現シーンが幾つかある

映画のなかに入ってしまう→出るためにどう
>>続きを読む

>|