パエリア太郎さんの映画レビュー・感想・評価

パエリア太郎

パエリア太郎

映画(1526)
ドラマ(11)
アニメ(0)

ブラックアダム(2022年製作の映画)

3.8

漫画だー!!

話はほんと漫画で、神vs悪魔という大好きな内容で、悪魔はまず見間違えることのない悪魔なので大変よかったです。

言うまでもなくドゥエインジョンソンの存在感だけで満足。
不満を言えば、光
>>続きを読む

モービウス(2022年製作の映画)

3.7

評判が悪いと聞いていたけれど、とても楽しめた。
超音波を駆使した戦いはもっと色々種類が見たかった!
誕生譚だかはこんなもんだろうけど、シリーズ化したら観たいなー
いっぱいコウトリ飛んでたし。

悪魔の沼(1976年製作の映画)

3.9

ギンギンの音楽が強烈!
人を襲ってる時の効果音とBGMがクセになるし、いつもラジオから流れる明るい曲が印象的!
ワニと鎌の楽しい組み合わせに加えて出演する女性がほとんど全員、無駄におっぱいを出すという
>>続きを読む

DAGON(2001年製作の映画)

3.5

みんな大好き、インマウスの影、、、とはストーリーは別物だけど、半身半魚は見てるだけで嬉しい。
人魚の女性べらぼうに美人ですよね。

ミートキュート 最高の日を何度でも(2022年製作の映画)

3.4

アイス食って、露店の古着屋さんで互いにぴったりな洋服を買うデート楽しそうだなーと思った。

リベンジ・スワップ(2022年製作の映画)

3.9

全然共感できないストーリー、、それもそのはずの予想もしない展開があって楽しかった。

自分の知ってる高校生は全く存在せず面食らいまくった。もしこれが半分でもリアルな高校生活ならアメリカに生まれたら死ん
>>続きを読む

母性(2022年製作の映画)

3.5

一本あるストーリーがとても面白かったので良かったけど映像やテンポが微妙で、映画として満足した気持ちにならなかった。

母と娘でパートが分かれてるのですが、母親目線のとき実は娘はこう思っていたのだ…!と
>>続きを読む

バイオレンスアクション(2022年製作の映画)

1.5

こんな映画のこと悪く言いたくないけど、つまらない。
次の映画ではバイオレンスなアクション映画観れたらいいな。

ファイブ・デビルズ(2021年製作の映画)

4.6

超面白い。
何が面白いか、言うとネタバレになってしまうタイプの映画だけど
誰かの不幸は誰かの幸せ、その末に未来があるという当たり前の話をしていて
人生を一本の線でみない、多層な目線を持っていて出産のな
>>続きを読む

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

3.6

この映画のような、シリアスに見せた大味コメディって日本の文化に少ない感じがして、お笑いの感覚が日本は鈍いんじゃないか?と見当違いな、半妄想を抱いちゃいました。

内容はつまらなくないけど、スリラーとし
>>続きを読む

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

4.3

ノースカロライナがどこかも知らないし、観てる最中にスマホで連絡取れないのかー、仕方ないよね圏外かもだしとか馬鹿丸出しで観てたんですけど、めっちゃ良かった。
ミステリー部分は彼女の生い立ちを語るためのオ
>>続きを読む

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

3.9

ブックオフで格安で売ってたので、、、
買ったのにちゃんと読んでなかった。

吉本制作?と聞いていたので、偏見丸出しでつまらなそうと思ってたら楽しかった。し、きくこちゃんの大事な話を教えてもらった気がし
>>続きを読む

スクリーム(2022年製作の映画)

3.7

面白かったー!
ホラー映画ファンには耳の痛い言葉がたくさんあった。
結末には意外性がありつつ、そこからのドタバタバトルが面白くてしかたなかった。

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.8

面白かったけど、モヤモヤする映画でした。
CIAの船転覆のホラー展開、国連会議の政治的な資源問題やひっそり暮らしてた秘密の帝国の話は本当に面白かった!

でもブラックパンサーの話が面白くなかった、、、
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

4.9

相当面白かった。
手ぶらで行ったら、ステッカーと本渡されてポケットに入れるしかなかった。

失礼ながらテンポが悪くて時計が気になるって映画が多いんだけど、こんなに気持ちいいテンポの映画はRRR以来で、
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿2(2022年製作の映画)

3.8

ずっと嫌で怪しい奴が結局悪い・・・!
物足りない気持ちもより、ざまあみろって気持ちが上回る。

登場人物が漏れなくみんな大活躍するのも嬉しい!!
前作よりもパワーアップして、推理より冒険という感じで楽
>>続きを読む

私の親友、アンネ・フランク(2021年製作の映画)

3.7

Netflixのサムネを見てどっちがアンネフランクかすぐわかりましたね。当たってました。
ユダヤの星を胸に貼り付けてる日常だけできついんですけど、友情パートと収容所時代のミルフィーユ構造が辛さを加速さ
>>続きを読む

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972年製作の映画)

3.3

YouTubeでガイガンレクスを見て、ガイガンをみたくなり観ました。

ふきだしより初登場でトウモロコシを齧ってるキャラの強さの方がインパクトが強く、おもしろかったです。

ガイガンとキングギドラのチ
>>続きを読む

スクール・フォー・グッド・アンド・イービル(2022年製作の映画)

3.1

そうなるよね、、、が連続する予定調和が続く映画でした。
自分じゃ選ばないタイプの映画ですが好きな監督だし、気軽に見えるしラッキーと思ったけど、微妙。そして長い…。
善悪、決められた役割、美醜とコレが揃
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

5.0

スーパー最高でした。超最高。
今年一番泣いた。今年一番熱かった!!
ダンスで笑って泣いて、親友の裏切りの真相を聞く場面でまた涙。
泣けるだけではなく、絵力が最初から最後までパワフルそのモノで、しばしポ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

いちいちカッコいい。
特にヒロイン王女の鼻ピは憧れます。
見終わった後にスキヤキが食べたくなるお祭り映画でした。

西部戦線異状なし(2022年製作の映画)

4.1

史実に対してあまりにも無知で、第一次世界のドイツとフランスの戦いのことなんて塵一つも知らなかったのでお勉強になりました、、、お勉強以上に傷を負うほどハードな描写の連続にショックでした。
命の無駄遣いに
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

4.8

おもれー!!普通に声出して笑っちゃった。
制作の鋭さに舌を巻く内容で
ちょっと他の製作者が作ったら主人公の彼氏の話を取り上げてみたりとか、部長の過去を明かしてみたりと余計な贅肉を付けそうなモンですが、
>>続きを読む

貞子DX(2022年製作の映画)

3.9

終わりよければ全てヨシで、かなり面白い映画だった。

これはどんな狙いなんだ…?と思わせるバランスが最後に吹っ飛ぶ、ウイルスに対して我々が今すべきことへの解答にもなっていてイイモノ見たなって気持ちにさ
>>続きを読む

ディアボロス 悪魔の扉(1997年製作の映画)

4.2

豪華俳優陣が眩しかった。

ストーリーが最高だった。
まさかこんなオカルティックでローズマリーの赤ちゃん的な話だとは思わず、とんでもない着地に大満足!
強欲に対して主人公が打ち勝ったかと思いきやのまさ
>>続きを読む

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

4.3

めっちゃ面白かった。
伝説のアウトローがディストピアをやたらデカい銃で駆け抜ける、テンポの良さとノリの良さ、潔い人死にが最高だった。
ロサンゼルス行ったことないけど、絶対行くのやめようと思った。

ホステル2(2007年製作の映画)

4.3

いい映画だった。
酷い内容だった。あんな危なかしい犬を飼っていて大丈夫なんですかね。
今回の裏の主役のヤル側の二人は情緒不安定すぎてビックリしちゃいましたが異常すぎる状況下なので、そんなこともあるんで
>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.6

こってりした映画だった…。

冷戦の終結で先軍思想を強固にした北朝鮮に軍事スパイとして送り込まれた男のふんだり蹴ったり涙と友情の物語だった。

映画は勿論すごい内容ですが、史実ならソレも超すごい。ずっ
>>続きを読む

サスペリア・テルザ 最後の魔女(2007年製作の映画)

3.7

人体破壊、内臓トロトロ系にさまがわったシリーズ

ラストは洋服が脱がされたから地震が起きたのか、たまたまなのかよく分からない、、。
大好きなシーンは列車での日本語を話す魔女との対決でした。

昔はあま
>>続きを読む

嘘喰い(2022年製作の映画)

1.0

上空に飛行機が飛ぶかって調べれば分かるようなことがギャンブルになるのか&それクソつまらなくない?!
という出だしから嫌な予感がしたんですが、その後もギャンブルとして楽しいのはルーレットくらいでした。
>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.6

泣いちゃった。

反面、悪いことを言っちゃうと
女性をモノ扱いするな!というザワッとする後味がある。
結婚式で出てくる顔ぶれの小規模さや、
石原さとみさんの悲壮感の無さがストーリーに説得力が無いという
>>続きを読む

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

3.3

んー、、コマ割りまで見えるような見事なまでの漫画で、映画的に快感を求めてるとガッカリくるかも…。
主人公は心から応援できるけど、亡くなった親友のことは最後まで心情が明かされないし、もやもやしちゃった。
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.3

よく描かれる日本の特攻精神は狂ってる、もしくさ英雄視するような在り方が、この映画ではアメリカ側に宿ってた。
戦争映画ってだけで何か普遍的なメッセージだったり、特定のイデオロギーが見えかくれするもんだけ
>>続きを読む

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(2021年製作の映画)

3.4

ポスタービジュアルから学生がゾンビをぶち殺していく内容かと想像したんですが、警察でしたね。
観てると、昔友達の家でやったバイオハザードをほのかに思い出す、そんな内容も良かったです。
ジルは特にかっこよ
>>続きを読む

東京ヴァンパイアホテル(2017年製作の映画)

3.7

丸坊主強ヴァンパイアというビジュアルと夏帆さんの主人公にバッチリなビジュアルも良かった。
いくつかのホラー映画・バイトレンス映画のオマージュを感じつつ、ビビットな世界観は目に楽しかった。
エクスタシー
>>続きを読む

>|