navyさんの映画レビュー・感想・評価

navy

navy

語彙力のないレビューを書いてます。
SECORE:高い順で表示してください。

映画(721)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

赤い靴(1948年製作の映画)

3.1

デジタルリマスター版は、同作をリスペクトするマーティン・スコセッシがオリジナル・ネガ修復作業に着手し、2年の歳月をかけて完成させた。

未知との遭遇(1977年製作の映画)

3.0

本当に観たのはファイナル・カット版。バリー(ケイリー・ガフィー)の階段を降りる姿がめちゃんこかわいい。論点ズレータ。プレーオフ第2ステージ。マウンドで膝から崩れ落ちた和巳に駆け寄ったあの姿、、、忘れな>>続きを読む

トラ・トラ・トラ!(1970年製作の映画)

3.0

南雲忠一海軍中将なのか初代黄門様なのか東野英治郎なのか。

がんばれ!ベアーズ(1976年製作の映画)

3.0

アマンダ役の子はペーパー・ムーン(アディ役)で、アカデミー賞演技部門史上最年少受賞者となったテータム・オニールだったのか。見る目ないから全然気付かなかった笑

オーメン(1976年製作の映画)

3.0

ダミアン役のハーヴェイ・スペンサー・スティーヴンスはあの歳であの表情とか歪まないのかな。いつも思うけど子役の子は幼少期から色々な物が見え過ぎて大変そう。

ラストシーンのダミアンの不気味な微笑みは、「
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

2.8

陽平(阿部寛)とドン(浦上晟周)のお婆ちゃん(冨司純子)が口論になったシーンでの「戦争みたいに正しさと正しさはぶつかるけど、優しさと優しさならぶつからない。2つの優しさが出会ったら、もっと大きな優しさ>>続きを読む

スミス都へ行く(1939年製作の映画)

3.5

スミス(ジェームズ・ステュアート)かっけー。熱いわー。冒頭のワシントンに来てウキウキしたりするのカワイイし、男心感ある。上院議長(ハリー・ケリー)もいいよね、あの感じ。立場あるけど笑うし味方してくれて>>続きを読む

紳士協定(1947年製作の映画)

3.2

フィル・グリーン(グレゴリー・ペック)は男だな。日常的に演じること、一度決めたことを貫き通すことってかなりストレスになるというか難しい。でもフィルは大切な人を失いそうになってまで貫き通したもんな。>>続きを読む

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.2

アダム役のオスカー・レヴァントがいい味出してるよなー。いい波乗ってんねーだなー。動揺してタバコ咥えたままコーヒー飲んじゃうとか妄想でアダムめちゃ出てくるシーンとかカワイイ。

ダメ知識としてはリズ役の
>>続きを読む

わたしたちの家(2017年製作の映画)

2.8

ーこの映画には謎の部分がたくさんあって、取材でも「あの箱の中身は何なんですか?」と聞かれたりもしました。それらに対して、私のなかでは「これはこういうことだ」という考えを持ってはいます。だからといって、>>続きを読む

わが谷は緑なりき(1941年製作の映画)

3.5

なにこの名作。かっけー。ヒュー(ロディ・マクドウォール)もかっけーし、父ギルム(ドナルド・クリスプ)母ベス(サラ・オールグッド)姉アンハード(モーリン・オハラ)牧師グリュフィード(ウォルター・ピジョン>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.8

気になる日本映画達〈アイツラ〉2017@新文芸坐 冨永昌敬監督・森直人さん(映画評論家)のトークショー

ある天文学者の恋文(2015年製作の映画)

3.0

「ニューシネマ・パラダイス」のG・トルナトーレ監督作品。

人間の値打ち(2013年製作の映画)

3.5

すげー。途中ゲロ吐きそうになった。すげー。すげーよ。

してセレーナ役のマティルデ・ジョリは本作で俳優デビューて笑。笑だよ。マッシミリアーノ役のグリエルモ・ピネッリもそうらしいけど。マティルデ・ジョリ
>>続きを読む

ファミリー・ツリー(2011年製作の映画)

3.0

マット・キング(ジョージ・クルーニー)「よく来てくれたね。スコッティ、2人でアイスでも」

レイナ「太るわ」

マット「太る?じゃあ下の食堂でレタスでも食べなさい」

アレクサンドラ・キング役のシャイ
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

2.8

三浦誠己のロック系スケーターのようなファッション良す。ヒップホップよりもパンクが好きなスケーターの方が個人的には好き。三浦誠己これで元芸人だもんな。

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.8

善次(康すおん)がタマ子(前田敦子)に「お前、それ見たこと喋ってんのか。へ?違うだろ?憶測で人をあーだこーだ言うんじゃないよ。ー噂っていうのは、そういう風に広まってくんだよ」と説教する台詞。僕が高校一>>続きを読む

鴨川ホルモー(2009年製作の映画)

2.8

丸眼鏡を掛けた店長(石橋蓮司)が完全に村上隆。引いた画の連続ゲロンチョリーは不覚にも笑ってしまう。

その夜の侍(2012年製作の映画)

2.8

くびれのある安藤サクラを見たのは初めてかも知れない。

南極料理人(2009年製作の映画)

2.9

生瀬勝久をはじめ、古館寛治、黒田大輔、きたろうなどのバイプレーヤーズに加え、堺雅人らが加わり雰囲気がかなり良い。見る前のオリジナルポスターでは南極の料理人達のドキュメンタリー寄りの作品なのかと少し敬遠>>続きを読む

>|