inoさんの映画レビュー・感想・評価

ino

ino

映画(114)
ドラマ(0)
アニメ(0)

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.0

良く出来たサイコサスペンスでした(・∀・)
いきなりの◯吹雪で5分もしないウチに前のめりになっちゃう展開でダレる事ない128分よ。阿部サダヲも凄いが、俺らのコブラ(岩田剛典)も凄いじゃないか?キャスト
>>続きを読む

母という名の女(2017年製作の映画)

3.8

妊娠した妹の為に距離を置いていた母親を呼び寄せたが、この母親が破滅のキッカケになってしまう。
うん(; ̄ェ ̄)具合悪い、ゲェでる。
最近流行りの親にDVされるやつとは違う方向の母親による女の尊厳を奪わ
>>続きを読む

ニューオーダー(2020年製作の映画)

4.5

わけわからない、なになになんなの?そんな感じで突然暴徒と化した貧困層にすべて奪われ、気がついたら軍事独裁政権の下に動く兵士に犯され、なにがなんだかわからないまま..そんな足元がフワフワする地獄体験が出>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

4.5

クソ面白かったわ!
リドラー(愉快なフォロワー500人)最高かよ。
陰キャなバットマン(江戸川コナン)も味があったわ。
ジェフリーライトのゴードン役も良かったし、クソみたいな事を言うとバットモービルが
>>続きを読む

クリーチャーズ/宇宙から来た食人族(2020年製作の映画)

2.5

天文学部の学生達がバスで山にやって来たが、宇宙からやってきた宇宙人に襲われるやつ。
『キュートリトル・バニーズ』の監督作品(察し)。宇宙人達と最強日本女子とそれなりの人々が死闘を繰り広げるんだが、コレ
>>続きを読む

アンビュランス(2022年製作の映画)

4.7

スタッフ何人か死んでると思うんだが?
凄まじいカーアクションと、凄まじい銃撃戦と、凄まじいドローンの活躍と、モッチリしたジェイク・ギレンホール、うんお腹いっぱい(・∀・)
マイケル・ベイにドローン渡し
>>続きを読む

Ditched(原題)(2021年製作の映画)

3.4

事故を起こした(のか?)
逆さになった救急車の中で目覚めた救護隊員のメリーナは、生き残った同僚達と護送中の男と混乱の中に放り出されたあげく、さらに救急車の周りに蠢く怪しい影と血で血を洗う闘いを繰り広げ
>>続きを読む

マニアック・ドライバー(2021年製作の映画)

3.7

音楽は確かにジャロジャロしいが、作りが今時のセクスプロイテーション物という感じで大好物だった(・∀・)
令和でありながら、あのレトロなタクシー、ほどよい霜降りの女優さん、か、紙オムツ...なかなか計算
>>続きを読む

BEYOND BLOOD(2018年製作の映画)

3.0

『ハイテンション』が起こしたムーブメントについてのドキュメント。
フランスのホラー映画に対する過酷な扱いにはタマゲタし、なぜにフランスから出て映画を撮るのか?の謎がわかるヨ。
超豪華な方々が出て来るん
>>続きを読む

ブラッドビート 血に飢えた魔性の刃(1983年製作の映画)

1.1

イクと出る。
彼氏の家に帰って来た息子の彼女がオナニーしてイクと、ゴリゴリの甲冑の侍が召喚されて人殺す。
その侍に対抗するサイキッカー★ママン。
『魔獣星人ナイトビースト』のSFXを超えるボゲofボゲ
>>続きを読む

Studio 666(原題)(2022年製作の映画)

4.0

フーファイの映画だが、音楽が全面に出てないし、ゴア描写ががバカスカ出てくる所のわかってる感がスゲェ。
平気でメンバー、可愛い動物さんを殺りまくる怒涛の展開はヤバいわ。だもんでフーファイを知らない人でも
>>続きを読む

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

4.8

ウィルスに感染した人々の超残虐行為で破茶滅茶になるチマタを描いてるだけなんだが、ただ凶暴化した時の凶暴さが違った...
地下鉄の大惨劇は圧巻なヤバさ。キーワードは『◯欲』だな。
巻き起こった人々を超凶
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.5

うん、スゲェ。
今回は『良い』方のリドリー・スコット監督作品でした。
とりあえず、アダム・ドライバー(演った役)がもうホントつくづくで・・・。
14世紀から令和まで男はダメなんだなぁって言うね、何が決
>>続きを読む

セイント・モード/狂信(2019年製作の映画)

4.0

マンをヂして鑑賞。
カトリックの敬虔な信者の看護師のモードの患者のアマンダのワガママな行動にモードの信仰心と狂気を揺さぶる。
コレは好きなやつだった。モードのネッチリした献身さと、神しか勝たん!な行動
>>続きを読む

The Feast(原題)(2021年製作の映画)

3.0

資産家一家が仕事絡みの企みを隠して開催したディナーパーティが、1人のメイドによって地獄のディナーパーティと化す!
と、言うと派手なホラーな感じがするが、ウェールズの森にある家が舞台で不穏のどかな雰囲気
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.8

映像が綺麗すぎる、バトルシーンも美しいぃ。
クェスとギギがダブるシーンがなんとも...
音楽も澤野弘之でノリノリだし、最後に[Alexandros] で満腹だ。
魔性の女ギギの脚のエロさを堪能する至福
>>続きを読む

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド(2021年製作の映画)

1.5

ニコラス・ケイジで『TOKYO TRIBE』やったのが『Prisoners of the Ghostland』。
やっぱり園子温監督は合わない( ;´Д`)
演劇は劇場でやり散らかした方がいいと思う。
>>続きを読む

デモニック(2021年製作の映画)

3.5

大量殺人を犯した母親の娘は、昏睡状態の母の意識に意識をダイブさせるプロジェクトに参加するが!(・∀・)
蛇をつついていたら悪魔が出てきた系のホラーかと思ったらニール・ブロムカンプ監督のお家芸・気がつい
>>続きを読む

残酷!女刑罰史(1970年製作の映画)

3.0

若かりしウド・キアの作品。
魔女審問官が可愛い女の子に『魔女』の濡れ衣を着せて好き勝手するエクスプロイテーションもの。
若かりしウド・キアがイケメン面で出てくるが、やっぱりキモい。
多彩な当時の拷問が
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

4.0

ドリルな。
熱量が『キルラキル』『グレンラガン』のアレ。
単純に楽しかったなぁ、タレント起用の声優陣も良かったが、澤野弘之が音楽担当してて『キルラキル』観てるかと錯覚する事が何回があったが、大変面白か
>>続きを読む

ヤクザプリンセス(2021年製作の映画)

2.0

ヤクーゥザの一家惨殺から生き残った娘はブラジルの地でひっそり生きていたが、そんな娘を追って惨殺を企てた対立するヤクーゥザからの魔の手が迫る(・∀・)
海外で人気あるの『Guinea Pig2』と、平山
>>続きを読む

No Man of God(原題)(2021年製作の映画)

4.0

ネズミ達の沈黙。
テッド・バンディとFBIの精神分析官との対話をテッド・バンディの死刑が執行されるまで淡々と描いたやつ(・∀・)
バンディの残酷な描写は無いが、面会室での二人の会話で構成されているがこ
>>続きを読む

A Dark Foe(原題)(2020年製作の映画)

3.5

連続殺人鬼にママンが殺されたあげく、姉まで連れ去られた強めな過去を持つFBI捜査官が、暗所恐怖症とトラウマを患いながら、妹を探す片手間にヤバい組織や、ヤバい殺人鬼を捕まえて行くやつ(・∀・)
詰め込み
>>続きを読む

False Positive(原題)(2021年製作の映画)

2.5

妊活に必死な夫婦に自分大好き産婦人科医の魔の手が迫る!無事に妊娠したママが陥るマタニティブルー地獄絵巻!
みんな大好きA24よりの刺客!A24がヒーヒーフーで生み出した結構デカ目のクソ作品。とりまピア
>>続きを読む

元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件(2020年製作の映画)

3.0

邦題がイロモノっぽいが、なかなか真面目なエンタメ・スカイ・サバイバル物。空中なんでハラハラの手数は限られてるが、十分に足がザワザワするよ(・∀・)
何度もオワタ感を醸し出す展開に手に汗握りゅ、セスナに
>>続きを読む

魔界転生(2003年製作の映画)

1.5

アイキャンフライッ!
平成版のヤツですな。天草四郎時貞に窪塚 洋介、柳生十兵衛に佐藤浩市と、字面だけみたら良い感じするのらだが、、、やはり深作欣二の昭和版の凄さを再確認した感じだな。(・∀・)
ただ、
>>続きを読む

アミューズメント・パーク(1973年製作の映画)

3.6

楽しい楽しいアミューズメントパークに迷い込んだお爺ちゃんの悲しき冒険(・∀・)
ジョージ・A・ロメロ監督の幻の作品にして、ホラー映画より怖いと言われとる作品よ。うん、これはキツい!ひたすら高齢者の惨め
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.0

アニメ、コミックへの導入剤として良く出来とる。
東映の手堅いスタッフで制作したコチラ(・∀・)
うまくアニメ一期分をまとめているな。

噂とおり渡辺直美の顔芸と存在感よ。鬼のクオリティも良かったが、や
>>続きを読む

House of Flesh Mannequins(原題)(2009年製作の映画)

2.0

子供の頃のトラウマで、性癖拗らせた映画家の男が、綺麗なお姉さんと色んな変態映画を観るやつ(・∀・)
『Ill: Final Contagium』のドミジアノ・クリストファーノのデビュー作。ぶっちゃけ最
>>続きを読む

Come True(原題)(2020年製作の映画)

4.0

サラは悪夢で寝れない日々が続いていた。毎晩の寝床が欲しさに睡眠の研究の治験に参加する事になったが、とんでもない事になっちゃう(・∀・)
入眠時ぴくつきの連続のようなホラーだった。映像に雰囲気あるし、レ
>>続きを読む

処刑!血のしたたり(1988年製作の映画)

4.0

ジェニファーの前科持ちのDV彼氏が復縁を求めてバイト先のスーパーにやってきたが、バイト仲間にトッチメチン。怒り狂った彼氏はスーパーの従業員達を次々に殺して行くのかな?(・∀・)かな?
外さないコノ面白
>>続きを読む

許された子どもたち(2019年製作の映画)

3.5

最近の子供のキモいトコロが全部詰まってる。
前半は毒親編、後半の転校先のイジメ編と、まぁモヤモヤするさぁ。親ってこうやってジワリジワリと子供を殺すんだなぁ。被害者も社会的に抹殺される理不尽さに泣く。
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

1.0

作りが古いっ。
エンタメ性を優先した作品なんで、わかりにくい時系列&イキり過ぎて聞き取れないセリフは、豪華キャストの顔芸で何となく察して下さいシステムなのか?
世帯じみた安田成美のキャラのイラネさ。N
>>続きを読む

Son(原題)(2021年製作の映画)

4.5

8年前に悪魔信仰団体から逃げて来た妊婦は産まれた息子と普通に暮らしていたが、息子が奇病を発症してしまう。
(・∀・)オススメ!
シンマが人肉に目覚めた息子の為に身を粉にするひたすら哀しい逃亡劇。

>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.5

いい意味でのヤケッパチ感が(いい意味で!)が漂っていた今回。

『最終話だから、続きは無いからね!あるヤツ全部出して行くんで!』と宣言されたかのような、派手な戦闘シーン。
とにかくヴィレのヴンダーとネ
>>続きを読む

みんな死んだ(2020年製作の映画)

2.5

年越しパーティーの大量死亡事件のネタバラシ。
あーコレ『CLIMAX』だ(・∀・)
バカで嫌いになれない作品だったな。最後の並行世界ウンヌンはいらんかったな、バカなまま終わるバカさ粋だったと思うぞ。B
>>続きを読む

>|