いのさんの映画レビュー・感想・評価

いの

いの

おわると みんな はくしゅかっさい。
「おどろいたなあ、フレデリック。
きみって しじんじゃ ないか!」

フレデリックは、あかく なって おじぎを した。
そして、はずかしそうに いったのだ。
「そう いう わけさ。」

絵本『フレデリック』より 一部抜粋

2018年洋画:ウインド・リバー、スリー・ビルボード
2018年邦画:寝ても覚めても、きみの鳥はうたえる

映画(531)
ドラマ(7)

たちあがる女(2018年製作の映画)

3.8



つ、強い!
この強さと、このきっぱりさは、私が欲しいもの。私が手に入れたいもの。私は、この、“ 山女 ” のように生きてみたいと思うし、双子の姉となって主人公を思い切り迷いなく、抱きしめたいと思う
>>続きを読む

向う見ずの男(1958年製作の映画)

4.0



父を探して三千里
そのさなか、ならず者たちに追われてしまっているトッド・ローマン。


その男、トッド・ローマンは果たして逃げ切れるのか?


1958年製作の、この作品。登場する馬の数がハンパな
>>続きを読む

未知との遭遇 ファイナル・カット版(2002年製作の映画)

5.0



映画館で観られるなんて。
なんと有難い。


日曜日は引きこもって、できるなら家から1歩も出たくない。だけど、数日前から、あのメロディが私を誘ってくる。あの5音。「フィールド・オブ・ドリームス」で
>>続きを読む

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

3.7



映画館で予告編を観た。2ヶ月くらい前に、だったかな。
映画のタイトルは『天国でまた会おう』。待て、このタイトルの本、私、持ってるぞ。持ってるだけで、読んでなかった。それで、公開前に読むことにした。
>>続きを読む

多十郎殉愛記(2019年製作の映画)

2.5



『多十郎殉愛記』
このタイトルがとても良いなあと思って。
タイトルだけで映画館へ。


時代劇は、定期的に制作されないと、時代劇づくりにおけるあらゆる分野での、技術の継承ができなくなる。そう聞いた
>>続きを読む

モンスタートラック(2016年製作の映画)

4.0



モンスタートラック、お茶目やないか-い!

エロ可愛いからエロさを完全に引き、ゲロ可愛いからゲロをかなり引き、グロ可愛いから少しグロを引き、ダサ可愛いからちょっぴりダサを引き、ぬめ可愛いからヌメっ
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

4.5



ねえ、知ってた?
この地上にも、天国があるんだってよ。
それが何処かっていうとね、
アイオワのトウモロコシ畑の真ん中に・・・


見える人には見える
見えない人には見えない


私も、彼らの姿を捕
>>続きを読む

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

3.7



老いぼれた2人
ぽっこりお腹が出たケヴィン・コスナー。
老いぼれたウディ・ハレルソン。(この人、実年齢はいくつなんだ? そう思わせるほど、幅広い年齢層を演じているように思う。)
運転が上手くないケ
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.8



政治の話は面倒くさいから書くのは止めておこう。(って、そういう態度が、こういう男を図に乗らせるという話だったのかもしれないけれど)


先日観た『記者たち』で、イラク戦争の負傷兵が、数字で語る、と
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

4.2



9.11後
イラク戦争を起こしたかった政府の欺瞞を、正しく報道しようとする「記者たち」。事実をベースとする物語。メディアが政府の下僕に成り下がれば、民主主義は終焉する。自由に対する闘い。


この
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

5.0



この部屋には、様々な電話が入ってくる。スリに遭った。葉っぱをやって、こわくなった。自転車で転んで膝が痛い、膝を打ったら膝が割れた、救急車を呼んでくれ。ここは、日本でいうならば、110番、緊急通報を
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.5



わたくし、世間知らずのお嬢様(注:自称)ですので、巨根がどうしたとか、やりまくってるとか、シコシコとか、ライクアバージンの曲の話とか、何をおっしゃっているのか、全くついていくことができなくて困って
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.5



なぜ私は観ているんだろう。
そう自らに問いかけつつ、私はその答えを知っている。脅されなくても、聞きたないと言われても、自分からペラペラ喋ります。

マッツの話から → 007でマッツがボンドの○○
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.2



〈「盾が頼りか?」〉
キャプテンの盾
シールド、これも盾

盾で果たして守りきれるのか。盾で守るべきものは何なのか、国家なのか、国民なのか、秩序なのか。誇示/固持する権力なのか。盾を手放してみると
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.0



初めての観賞。お休みの日に観てから、数日経った。数日間、時折、この映画のことを考えていた。難しい。この映画は、難しい映画だ(私にとっては)。原作は、戦時中の国民を鼓舞する役割を担っていたはずだ。そ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.7



2D吹替で観賞
(それしか、やってねえんだよ!イエーイ!笑笑笑)


初日に観られなかったら、もうずっとあとでよくなってしまった。(遠征してのサッドヒルとAKIRAに備えて、寝不足になるわけにはい
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

2.5



映画は宗教で、映画館は教会みたいなもの


この前みた『サッドヒルを掘り返せ』で、語られていた言葉だ。この言葉、すごく好きだ。これからもずっと大事にしていこうと思ってる。でも実は、この言葉、私は自
>>続きを読む

麻薬密売人 プッシャー(1997年製作の映画)

3.8



とにかくレフン監督の始まりの映画を観てみるのだ!


マッツはスキンヘッド!若っ!
自分のエロ自慢話を、マシンガントークとまではいかなくて、弾込めていっぱつ撃って当たんなくてまた弾込めてくらいの火
>>続きを読む

ロング・グッドバイ(1973年製作の映画)

4.0



レイモンド・チャンドラーの原作は既読
(村上春樹の新訳『ロング・グッドバイ』)


寝不足の朝に観て、
何回も何回も、大いなる眠り に誘われ、
あらゆる場所でマッチを擦る主人公の、
(「マカロニ」
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

4.0



事件のあらましについては、調べればすぐに色々出てくるだろう。私が思うのは、どうしてこの40年以上前の出来事が、当時も、そして、今も、映画として描かれるのだろうかということだ。なんともお粗末な事件を
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

-



スパイク・リーは怒っている。マジギレしている。なぜ、40年以上経っても変わらないのか、なぜ変われないのかと、怒っている。重い石を投げつけてくる。投げかけられた問いがとても重くて、その問いを突きつけ
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0



幸せの黄色い車


「トランスフォーマー」ってなんですか、それは?
全然知らなくても大丈夫でした!
ご満悦w


『トゥルー・グリッド』ではマティ、『スウィート17モンスター』ではネイディーンを演
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0



あるときには、“そうそう映画ってのは、台詞で語り過ぎちゃダメ、画でみせなくっちゃ!” なんて、偉そうに思ってみたりする。でも、そう思った次の日には、“語りが面白い映画って最高!” なんて、思ったり
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

5.0



初めての観賞


何もかも凄すぎて、うまく言葉にできない。



それでも、私たちは、この世界を生きて
 いかなくてはならないのだろうか。
それでも、私たちは、怒りを鎮めて生きて
 いかなくてはな
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.3



怯えつつ書きます。
うえ-ん💧私やっぱりマーベル弱者だあ。途中から全然わかんなくなって、まるで苦手な化学習ってた時のように、どうせアタシ頭わるいからいくら教えてもらったってわかんないんだもん!のよ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます



「俺のようになるな」と言いつつ、実は、「俺のように生きろ!」と言っている映画(のような気がする)


イーストウッドはきっと四六時中、映画のことを考えてなくても考えてる。90歳の爺が運び屋やってた
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0



初めての観賞を映画館で。
(原作も未読)


いや、これは(これも)薄っぺらなレビューしか書けない。うまく言葉にできない。1回観ただけでレビュー書いてもよいものかと、気も引ける。なんとなく、わかる
>>続きを読む

スチームボーイ STEAMBOY(2003年製作の映画)

3.3



メリハリのうちの、メリのみ! または、メリハリのうちの、ハリのみ! あるいは、攻守のうちの、攻のみ! 押引のうちの、押のみ! 全編通して、高圧続きのダダダダダダダー!(ただし、デルトロ撃ちでは、な
>>続きを読む

サッドヒルを掘り返せ(2017年製作の映画)

5.0



いつもは、小型スクーターを運転しながらの帰り道で、観た映画のことを想っている。今日は遠征したから、歩きながら。電車などに揺られながら。泣いて鼻をすすってても、花粉症のシーズンだから、ばれないぞ!で
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

4.7



「人殺しは非道な行為。
人の過去や未来を奪ってしまう。」

そういう映画なんだろうなと私も心からそう思う。



だけど。だけど、
それでも、やらざるをえないこともある。
地獄に足を半分突っ込んで
>>続きを読む

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

3.9



映画『ライ麦畑で出会ったら』のレビューでも同じようなことを書いてますが、この1年で私は以下の本を読んでいます。

①『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』柴田元幸・村上春樹 (文春新書)
②『キャッチ
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

3.2



いや、女性作家は活躍する場がなかったんだと言われれば、そうだろうなとは思う。こうするしかなかったんだということもわかるさ。妻が素晴らしい女性であればあるほど、夫がそこから逃げ出したくなって浮気しち
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

-



怖がりで超ビビり。
堅牢な小部屋に引きこもっていた私を、
ホイホイと引きずり出してくださったのは、
あなたでした。
皆様のおかげです。
ありがとうございます!


思い起こせば、(多分)5歳の頃。
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます



もうめっちゃ好みの映画!
好き好き大好き!
私はもうどうせ甘ちゃんなんだからそれでいい。


クソ真面目で融通がきかないドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)と、嘘つきじゃないけどデタラメなト
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0



我が愛する○○県民よ、
これはいったい、どゆうコト?
これ人気の映画だったの?
なぜに平日こんなにたくさん観に来てるんじゃあ-?
我が愛する○○県に、
映画館に来る人がこんなにいるとは、
不覚にも
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.8




大丈夫?
---大丈夫



この映画で、愛し合うふたりは、互いを慮り、「大丈夫?」「大丈夫」と何度も口にする。その「大丈夫?」「大丈夫」が、とても印象的だった。全然大丈夫じゃない状況下で、自分
>>続きを読む

>|