いのさんの映画レビュー・感想・評価

いの

いの

おわると みんな はくしゅかっさい。
「おどろいたなあ、フレデリック。
きみって しじんじゃ ないか!」

フレデリックは、あかく なって おじぎを した。
そして、はずかしそうに いったのだ。
「そう いう わけさ。」

絵本『フレデリック』より 一部抜粋

映画(362)
ドラマ(5)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3



これは、ハン・ソロの番宣です!
(ウソです)
もとい、ハン・ソロの前座です!
(これもウソです。ごめんなさい。反省します。)

でも、トム少佐など、散りばめられた宇宙への思いに、2段階くらいテンシ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0



およそ半年前、多くの皆様が、雄叫びをあげながら勝手にふるえていらっしゃった頃、私はひとりで身悶えしながら勝手にいじけてすねておりました(だって、上映しないんだもん)。予告編だって当然映画館で上映さ
>>続きを読む

ミツコ感覚(2011年製作の映画)

3.0



山内監督作品を観るのは、これで3作品目。『友だちのパパが好き』と『At the terrace テラスにて』が面白かったので、今作を鑑賞。


山内ケンジ監督作品は、私にとってのリトマス試験紙だと
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.0

仕事帰りで、撃沈。半分以上寝てしまいました(多分)。でも、仕事帰りじゃなくても、今作は、私には上手く観賞できなかったような気がする。そんなことも、あるさね。

戦争への怒りが込められているのかどうかも
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8



想像することとは、自分の側に引き寄せて考えることではない。想像することとは、自分の方からそちら側へと飛んでいくこと。自分から相手の側へと歩いていくこと。


想像することとは、こっちに来いよと相手
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

-



ツタヤでレンタルしたDVDには、劇場公開版と、ディレクターズカット版とが両方収録されている。なんでやねん。なんでこんなにしんどいことを。


いくつかのシーンはわかりましたが、劇場公開版とディレク
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

-


〈観終わってから書く、長-い前置き〉
SF映画の金字塔。今さらながら初めて観る。それはとても緊張する行為です。怖いといわれる映画を避けて通ってきた私には、わくわくする気持ちは起きません。厳しい修行に
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます



・色んなところでクスクス笑いましたが、特に、氷の微笑ごっこと、エンヤの曲で、ツボりました。

・前回も思ったのですが、ヴァネッサの、ツンって上を向いているお鼻がベリー キュート♪

・お口を慎まな
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

4.1



サングラスをかけると、思いもしないものが見えてくる。
サングラスをかけると、頭痛はするけどハイになる。


サングラスをかけるかかけないかで、あそこまでケンカするとは。恐れ入ります。そして、あのケ
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.9



『Loveless』と今作を2作続けて鑑賞。キツいっす。


ひとつ空席をはさんで隣に座ったおじさんと、最初から同じタイミングでクスクス笑い、このまま楽しく時間が過ぎていくのかと思ったら、やはりそ
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.7



辛い映画だった。罵り合う姿に、耳をふさぎたくなった。愛を受けず、愛を知らずに育った娘には、大人になっても愛を知る機会は訪れなかった。そのことの不幸。他者にまるごと愛された経験を持たぬ者。他者にまる
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.1



ザ・映画!
これぞ映画!(と、私は思った)


ミノタウロスの像


世界でいちばんのお金持ちなのに、(お金持ちだからこそなのか?)超絶どけちのゲティ。演じるのはクリストファー・プラマー。偏屈さと
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.1



ひとりで頑張りなさいと言われている気がした。
ひとりで頑張れ。孤独でも頑張れ。ひとりで立ち続け、ひとりで闘っていたら、やがて、同じようなひとりと交差することもあるだろう。何のためかなんてわからず、
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.5



YOU WERE NEVER REALLY HERE


音楽がめちゃ格好いい! クール!
自分の表現力のなさを今日ほど悔しいと思ったことはないくらい、このソリッドな音がとても良い。でも、音楽の良
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます



山崎努さんと樹木希林さん、お二人が向き合っている姿を観られるだけで、もう十分有難いことなのに。お二人と堂々と渡り合っている沖田監督は本当に凄いと思う。沖田監督は、どこまでゆるゆるを保ちながら挑戦し
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.8



1番良かったのは、映画館で何回も観た予告編です!
あの本編で、あれだけの予告編を制作された方は流石です。あっぱれ!


でも、あの予告編を観て期待を高め、映画館に足を運んだ私は、予告編とは随分と色
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.1



ぐちゃぐちゃの頭のままでぐちゃぐちゃに書きたいと思う。
心と体と。鹿と牛と人と。
私はこの映画を、もう再びは観ないと思う。それでも、このいっかいが、深く心に残るような気がしている。自分でまだわかっ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます



観ながら急に思いついたというよりはもう少し長いこと、私は、「疑わしきは罰せず」「疑わしきは被告人の利益に」の原則を、支持してきたつもりでいる。だけど。だけど、観ながら、本当にそれでいいのだろうかと
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8



ちょっと頑固なおじいさんと、近所の母子との物語。
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(大好き!)もそうだし、『幸せなひとりぼっち』もそうだった。なんとも世知辛いこの社会にとって、今、必要な物語、とい
>>続きを読む

雨月物語(1953年製作の映画)

4.1



この世とあの世の境界線が揺らぐ


戦国時代で、死者はすぐ近くにいた時代
自分もいつ死者になるかわからない時代
果たして自分は生きているのか、
それとも死んでいるのか、
その境目もあいまいな時代
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

-



①怖くなりそれが強まっていく状態 
②疑心暗鬼がつのっていくありさま
③凍死寸前の吹雪のなかで炎に魅入られていく様子
④ぬるぬるってしたものに突然出会った時の心のもちよう
⑤深い絶望と、かすかな希
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます



映画のチラシが1枚。脚を広げ、お行儀の悪いふてぶてしさで、こちらを見つめている。


その品のなさは、フィギュアのイメージからほど遠いところにある。


このチラシの表情に惹かれ、観に行くことに。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます



僕たちは1度も、「愛している」とは言わなかった。


登場人物が誰ひとりとして「愛」という言葉を使わず(私の勘違いでなければ)、恋愛を描ききった作品。美しい音楽も、美しい映像も、美しい主人公エリオ
>>続きを読む

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

4.0



ジョン・カーペンター監督作品を古い方から順番に観ていこうという野望を企てたものの、すぐさま断念。やっぱり怖そうなものはいくつかスキップしてしまいました。そして今作品に。


めちゃ格好いい!
渋い
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5



壮大な物語。この世界には暗黒面があるのだと初めて知った時の衝撃に近い。冒頭でそう思った。あの時の気持ち再来。ちょっと持ち上げすぎかな。いや、そんなことはない。だって本当にそう思ったんだもん。これは
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.2



難しい!
難しくてわからない!


神話とか歴史とか叙事詩とか進化とか、そして戦争と平和と、人間とは何か、とか。何かとても深いテーマが横たわっているのだろうと思うのだけれど、戦いのスケールのデカさ
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.5



アベンジャーズ、全くわからず。初観賞。ど素人の素朴な感想のうちのいくつか。

1 スカーレット・ヨハンソンの格好良さは反則級。男前だけどあれこそが女性の筆頭格。ジャケットのファスナーの落ろし具合が
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

-



これはもう。
気づけば私は泣いていて、それは自分でもうまく説明をつけられない涙で、ハリー・ディーン・スタントンの声を聴くだけで、パリ、テキサスに自分の気持ちが戻ってしまうし、電話の受話器を握ってい
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

-



閉ざされた場所
閉じ込められた場所


来ようとする者を拒む場所
体に刺さった異物は、
体がそれを押し出そうとするように


いつまでもそこに留まり続ける場所
亡霊や過去や怒りや空想や妄想や思念や
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

5.0



ああ、これは全部、好きだ。
(全部好きと言っちゃうと、あのうざい人も大好きってことになっちゃうけど、まあいいや。そこにいてもいいですw)


狭いひと部屋のなかで、水がかかったり冷凍されたり密封さ
>>続きを読む

ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー(2014年製作の映画)

4.4



Welcome to ALAMOGORDO!
ニューメキシコ州アラモゴードへようこそ!
人口3万人ほどの小さな街。
ここは、奇異な事柄と縁の深い場所だ。

① 人類が初めて原爆実験を行ったのがアラ
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

-



今日の午前中は、仕事の関係で同僚達と山を歩き(と言っても小さな山です)、その後で映画館に行ったので、爽快感と疲労感とがトッド押し寄せ(監督名とかけてみました)、よく寝てしまうけど今回はいつも以上に
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1



あのね、ここだけの話なんだけどね、アタシは自分のこと映画が好きだと思ってきたけど、もしかしたらソレ大いなる勘違いだったのかも。だって観てない映画ばっかりなんだもん! 知らないことばっかりだあ。fi
>>続きを読む

獄友(2018年製作の映画)

-



この映画がドキュメンタリー映画として優れているのかどうかなんて、私にはわからない。でも、冤罪という共通点?を持つ同志たちを描くこのドキュメンタリー映画の切り取り方は、アリだと思う。冤罪を明るく描く
>>続きを読む

ジョン・カーペンターの 要塞警察(1976年製作の映画)

3.9



町の若者(ギャング)たちはゾンビみたいだ。
恐れを知らぬゾンビたち。
(恐れを知るゾンビっているのかな?)
ゾンビは語らない。


対する警察。
恐れを知りつつそれでも守り抜こうとする者数名。
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.5



観る気は全くなかったんです。ビートルズの♪Because♪が流れる予告編を映画館で何回か観たけど、とりわけ関心を抱くものでもなかったし。


ところが、フォローさせていただいている皆様方のスコアの
>>続きを読む

>|