いののんさんの映画レビュー・感想・評価

いののん

いののん

  • List view
  • Grid view

現金に体を張れ(1956年製作の映画)

3.6

計画というモノは大抵うまくはいかない。計画通りにいくことは稀。もしわたしが強盗を行うことになった暁には、くれぐれも毒妻には秘密を漏らさないようにしようと思う。そもそもあのような人を妻に持つこと自体がい>>続きを読む

ゴジラ対メカゴジラ(1974年製作の映画)

3.3

もしもわたしが5歳の少女だったら、この映画に出てくる(どうみても日本人で、ただそれっぽいシルバーの服を着ているだけの)宇宙人を、まんま宇宙人として素直に受け入れたのかなぁ。


もしもわたしが5歳の少
>>続きを読む

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

3.0

これはコメディと位置づけてよろしいんでしょうか。コングの顔の造作があまりにもお茶目で笑うしかない(目も歯並びも)。自分の手でドンドン突かれる胸の場所が、右も左も、体毛がごっそり抜けていて、それも珍妙。>>続きを読む

ゴジラVSスペースゴジラ(1994年製作の映画)

3.6

チビゴジ(リトルゴジラ)登場。チビゴジがどうやって誕生したのかギモン。まさかゴジラが相方なしでひとりで出産? そしたら処女受胎じゃなくていったいなんなんでしょう?笑 テレパシー使える〝三枝さん〟役の>>続きを読む

リオ・ブラボー(1959年製作の映画)

-

「裏口は飽きた もう正面から行く」


ジョン・ウェイン。名前は聞いたことがあったけど、初めて観ました。もしかしたらコレは無声映画なのかと思うほどの、ゆったりとしたオープニング。保安官チャンス(ジョン
>>続きを読む

パン屋襲撃(1982年製作の映画)

-

「パン屋再襲撃」の前日譚、それが「パン屋襲撃」だ。
-神もマルクスもジョン・レノンも、みんな死んだ-
これは、そんな後の話だ。


本のなかの「僕」のイメージとは全く違う!全然「僕」じゃない!でも面白
>>続きを読む

100%の女の子(1983年製作の映画)

4.0

DVDには村上春樹の初期の短編小説のうちの、2編が収録されている。
①100%の女の子(11分43秒)
②パン屋襲撃(16分26秒)


祝福されている映画だと思う。
作ることの歓びに満ちあふれている
>>続きを読む

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯(1973年製作の映画)

-

眠っても両目はつぶるな


「Once Upon a Time in the West」の鉄道王:モートン。海を渡ることを夢見て、叶わなかった男。どうやら、この映画にもそういった男が登場するらしい。そ
>>続きを読む

モンスタートラック(2016年製作の映画)

4.0

モンスタートラック、お茶目やないか-い!
モンスタートラック、エロ可愛いからエロさを完全に引き、ゲロ可愛いからゲロをかなり引き、グロ可愛いから少しグロを引き、ダサ可愛いからちょっぴりダサを引き、ぬめ可
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

-

怖い。JOKERと名づけられていないだけで、ここに、JOKERがいた。自尊心を肥大化させた、テレビでKINGになることだけしか考えていなくて、それまで下積みで経験を積むなどといったことは全くせず。>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

これはまるでアタシの棲む世界の話だ。心でどんなに泣いていたって、それは人には届かないし、理解はしてもらえない。そしてアタシも自分のことに精一杯で、きっと誰かの悲しみを素通りさせて生きている。悲しみと絶>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

-

2度目の観賞(観たという記録だけ)




*メモ
GOTのベイリッシュ公、登場・・・CIA捜査官として

ダークナイト(2008年製作の映画)

5.0

これからの正義の話をしよう

サンデルばりに、ジョーカーは難しい問いをつきつける。




***
警官の制服で/デヴィッド・ダストマルチャンが出演!いっしゅんの登場かと思ったら、ちゃんと見せ所があっ
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.2

「人はなぜ落ちる?」

「這い上がるためだ」



1度目に観たときよりもずっと面白い。正義とはバランスだと、リーアム・ニーソンは言う。理想主義者が挑む戦い。この町を守る。シティズンとして。


よく
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

-

むきだしの魂。むきだしの愛。はげしすぎる。フルマラソンどころか、地球1周を、全力で走りきっても、まだやれます!くらいの激しさだ。アマゾンの熱帯も、灼熱の砂漠も、高い山も深い海も、全部走りきっても、まだ>>続きを読む

ストレイト・ストーリー(1999年製作の映画)

4.0

JOKERを観て、数日経ったら、この作品。アリだと思います。(と言いつつ私が観たのは先月です。笑)デヴィッド・リンチだって、このような映画を作るんです。どうだ、凄いだろう!笑(←注:この笑いは、JOK>>続きを読む

スペシャリスト(1969年製作の映画)

4.0

DVD、音声の選択は、イタリア語 or フランス語。マカロニ・ウェスタンでは、役者がそれぞれ、自国の言葉で喋って、あとから、上映国の言葉で音声収録すると、聞いたことがある。ワンハリでも、イタリアに出向>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.8

2019年ブラピの旅


父を訪ねて10億里。海王星の果てまで、父を探す。宇宙の果てまで行く旅は、孤独の果てまで行くことと同じで、それはとても静寂な世界だった(音楽は、やはりマックス・リヒター)。孤独
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.7

伊坂幸太郎の本は読んできたし(ただし全作ではない)、それが映画化されたら、なるべく映画館で観てきた(全作ではない)。過去作は、借りて観てきた。この「アイネクライネハトムジーク」も、刊行された時に図書館>>続きを読む

愛と銃弾(2017年製作の映画)

4.3

ここは情熱の国イタリア(誰がなんと言ってもそうなのです!)
パスタでもマカロニでもオペラでもダンスでも演歌でも、なんでも情熱的に巻き上げますことよ!いきなり、過剰な演技が始まったかと思ったら、すぐにそ
>>続きを読む

突破口!(1973年製作の映画)

4.2

監督はドン・シーゲル。分かります!ダーティ・ハリーの監督です!


面白い!
少額をいただく銀行強盗でよかったのに。どういうワケか超大金をいただくことになっちゃって。モチロンそれはヤバいダーティなお金
>>続きを読む

ミスター・ノーボディ(1974年製作の映画)

4.1

スターチャンネルに2~3ヶ月加入していた際に録画した映画。この映画をちゃんと保存してた私、なんてえらいの!(特技:自画自賛)


原案・製作総指揮はセルジオ・レオーネ。監督であるトニーノ・ヴァレリは、
>>続きを読む

プライベート・ウォー(2018年製作の映画)

3.7

よく出来た映画だと思う。実在した戦場記者、メリー・コルヴィン。2012年2月22日に、シリアのホムスで命を落とす。「その日」がやってくることを前提に、「ホムスまであと○年」というかたちで、映画は語られ>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

-

2度目の観賞

・オクタヴィア・スペンサーが出演していた!(フィルマには載っていない)
・J・K・シモンズに、髪の毛があった。ふさふさしてた。
・ピーターには、叔父さんがいた。叔父さんが、あの名台詞「
>>続きを読む

荒野の誓い(2017年製作の映画)

4.1

現代に於ける西部劇、として、大変に意味のある西部劇だったと思う。冒頭の、2つの場面で、“ああ、この映画は、両方の立場からみせるんだ”ということが、わかる。クリスチャン・ベイルが先住民の言葉を話せる設定>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

5.0

わーい!
映画館で観るのは初めてだ-!
しかもIMAX!
しかも2019年に!
(11月上映でないのが、ちと残念)


映画館はおんなじように思っている人(多分)で、いーっぱい!わお!


えっ!? 
>>続きを読む

地獄のバスターズ(1976年製作の映画)

-

ど派手に爆発、ど派手に、たくさん、どんどん人が死ぬ。

『イングロリアス・バスターズ』が今作から着想を得ているとのことで鑑賞しました。

よこがお(2019年製作の映画)

4.3

【ほとり:海や川・池などの水際】

【淵:底が深く水がよどんでいる所】
      あるいは、
【淵:容易に抜け出られない苦しい境遇】


「淵に立つ」と繋がっていて、筒井真理子さんがいきなり赤いコー
>>続きを読む

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(2018年製作の映画)

3.3

映画で、女の人のキレイなおっぱいが出てくると、いつも目が釘付けになってしまう。そして、フィルマをはじめてから、ボカシなしの全裸の男の人の登場にも、ついよろこんでしまい、わざわざそのことをレビューに記す>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.4

まっすぐにこちらを見つめてくるゼイン君の瞳。

観終わった直後、口をつむぐしかなかった。紡げる言葉など、なかった。私の口から出てくる言葉の薄っぺらさに、口を閉じておくしか、なかった。わかったなどと、簡
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

観終わったあと、とても気分が良い。
あとからあとから、じわじわ・ふわふわする。


これは、記憶を優しく讃美するような映画だと思う。讃美といったら語弊があるのなら、記憶に寄り添い、記憶を愛撫し、人生を
>>続きを読む

ヒッチャー(1986年製作の映画)

4.1

like tears in rain


雨の降る中、ルトガー・ハウアーに出会ってしまったら。ルトガー・ハウアーに、ヒッチでハイクさせてくれよ!と言われたら。いったい誰が断れるのというのでしょう。もう
>>続きを読む

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣(1985年製作の映画)

4.1

1501年。中世の西ヨーロッパ。半ば腐った吊るし死体の下で、愛を誓い合う2人。このなめてる感じ、綺麗事に中指を突き立ててる感じが、たまりません。自ら戦争体験があるポール・ヴァーホーヴェンは、戦争はこん>>続きを読む

さすらいのガンマン(1966年製作の映画)

4.0

原題:NAVAJO JOE
(ナバホ族のジョー)


セルジオ・コルブッチが描くマカロニ・ウエスタン。同じ年に『族・荒野の用心棒』(原題:DJANGO)が制作されている。本作の主演は、バート・レイノル
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.3

ぽっこりしたお腹に(つまり幼児体型)、拳銃2丁。意外と早撃ち。赤いブリーフも、赤いセーターも、その他、どの服もよく似合う。まるで、マミーの選んだお洋服が、何でも可愛く似合うベイビーと同じように。17歳>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

4.2

トウシューズに足を押し込んで、踊るララ。足の指は血だらけ。私はバレエにも全く詳しくないから全くの勘違いかも知れないけど、バレエというのは、身体を不自由な枠のなかに窮屈に押し込んで、そのうえで果てしない>>続きを読む

>|