cozさんの映画レビュー・感想・評価

coz

coz

映画(123)
ドラマ(0)

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最初は社会派ドラマかと思ったが、残念。
クレアのロマンスが気持ち悪い。セクハラの強引男の描き方もうちょっと上手くやれたら観れたのに、、、
最後はただただ恐怖。
震災だの人災だの頻発してる中なので、こう
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

英雄譚のストーリーの王道をきっちり描いている。そんな中で新しいのはAIの養分になる人間、、などなど。
ディストピアの様相は20年後の今になり、リアルさが増してる。
恐ろしい世の中になってしまった。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

全体的に古かった。80年代っぽいというか何というか。

制服を取り返すために下着になるってことは、いじめっ子に暴力で報復はしてないが、安澄が自分自身に暴力を振るってるように感じた。結局暴力で解決してる
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

涙我慢できなかった。もうぼろぼろ。
ベタベタのベタだけど、ずるい!ずるい!って思いながら、いいなぁって思いながら観ていた。

奇しくも今日はヤスミン・アフマドの命日だった。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

憧れが過ぎて、、、
ありますねこういうの、どんなところにでも。。
女性ならではの細やかさ。
ゲイ=オシャレ
などなど。
しかも言ってる本人差別と思ってない。
そして、もしかして自分でも気づかずにそうい
>>続きを読む

オーシャンズ(2009年製作の映画)

3.5

映画館で観るべき映画。

ま、映画はどんな作品も映画館で観るべきなのだが。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

早い段階で、敵を出す。
キャラクターの紹介。
一人一人魅力的な設定。
当然のことながら対立。
そして連帯。
一人一人の見せ場がカッコいい。
こういう映画、中学生くらいまでは観てたけど、最近ではあまり観
>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

師弟モノ。ブラット・ピットが年を取るとロバート・レッドフォードみたくなるんじゃないかって思わせるキャラ設定。レッドフォードが過去の自分をピットに重ねているようだ。

このキャラ設定って王道なのか。
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後、お金返ってきちゃうんだ、、、船買ったけど、またギャンブル走っちゃうんじゃないかって心配。違和感はそこだけ。

独りぼっちって思って寂しくなったり、自分は人と違うって感じたり、自尊心がめちゃくちゃ
>>続きを読む

またの日の知華(2004年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

女優変えるのは失敗だったんじゃないか??女一代記的な感じだが、分散されてぼんやりした感じ。時代背景描写も唐突な感じだし。主人公は男に翻弄されてるだけな印象。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

え?普通に面白かったんだが、、、みんなそんなに品行方正な恋愛をしているんだろうか??
キャラクター一人一人ちょっとずつ自分だ。一線を超えないだけ。いや自分で一線を超えてないと思っていても相手はそうでは
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ドタバタから、うすら怖い感じに、最後はオーディエンスと一緒に主人公を応援するようになる。敵対者の気持ちもわかるように描かれ(こういう気持ちになる親もたくさんいるだろう)最後は、主人公は自由を勝ち取れた>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最後が気になる。
いや、マイナスにしか取れない表情と口の動きだったのだが。。

羊のエピソード、少し苦しい気もしたが、あれは実際にある本なのだろうか?

この映画に関わった人の心意気が素晴らしい。関わ
>>続きを読む

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

年鑑シナリオか何かで読んだが、映像で観ると迫力半端ない。当たり前か。
しかし、話してることが聞こえづらいとこもあったので、字幕があればありがたい。

戦争は二度とおこしてはならないと言いながら、人類に
>>続きを読む

見知らぬ乗客(1951年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

メモ
ヒッチコックは天才。
最初の靴といい、ライター落としたところといい、最後のメリーゴーラウンドといい。
パトリシア・ハイスミスが原作か。
しかし、何か物足りない。
もっとドス黒さが欲しい。

全身小説家(1994年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

メモ
面白かった。
ガンに侵された肝臓を見た。
いま、ああいう男性ってモテるのか??
あの時代だからか??
あの文学サークル、カルト宗教みたいだった。
愛に飢えている人はモテるのか?
何か、原さんが井
>>続きを読む

>|