IorIさんの映画レビュー・感想・評価

IorI

IorI

映画(186)
ドラマ(0)

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

4.0

現実を踏襲してるっていう部分がこの映画の大前提。
実際に起こってる現実に立ち向かえるのはランボーみたいな映画のなかのヒーローしか無理なのかなと思ったよ。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.0

柳楽さんはあーゆー役がほんとに得意ねぇ
でも菅田将暉もよかったなぁ、、
いや、池松壮亮もかっこよかった!
あと北村匠海が初々しかったなぁ、


で、結局なにがいいたいん
人間みんな狂ってるってこと?
>>続きを読む

囚われた国家(2019年製作の映画)

3.0

いや、その先がさぁ!!!
その先が一番気になるのよ!!!

そーゆー映画じゃないって!?
いや、わかるけど、その先がさぁ、、
やっぱりさぁ、、、その先なんだよ。。

第9地区(2009年製作の映画)

5.0

エイリアンに人間味を持たせてるが、この映画の場合だと、エビ味ってことなるね

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

5.0

戦場でのワンカットってのは臨場感半端なくてシビれるなぁ

映画の世界にのめり込みたいから、どうやって撮ってんの?
って思わないように映画をみたいが、それを考えさせてしまうほど、撮影技術やアクション逸脱
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

5.0

前作よりもかなり面白かったぞ

あぁいう渋いおっさんには、絶対に成れないと解っているから憧れる

16ブロック(2006年製作の映画)

4.0

個人的にブルース・ウィルスが一番カッコイイ映画。


見た目がね。

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

2.5

ワイスピシリーズとかさ、トランスポーターシリーズとかさ、96時間シリーズとかみてたらさ、アクションのカメラワークが大分変だったと思ったよ。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

5.0

淡々と描かれる学生のありふれた日常が、映画として成立していること。

桐島という存在を、ある形で貫き通したことが正解だったこと。

青春の彩りが素晴らしかったこと。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.5

子供の頃に怖がってた(現在も)幽霊とかお化けってのは、その存在を信じてるから怖いんだよな。

なるほど、それで「IT」なのか。

面白かった。

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

三度目の観賞。

この映画を映画館でみた時、私はとんでもない映画に出会えたと、とても幸せな気持ちになりました。
脚本、ストーリー、映像、俳優、全てが至極の喜びを与えてくれます。

ぜひに

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.5

(500日)のサマーのような映画を探してるといったらこの作品を薦められた。

ポール・ダノはダニエル・ラドクリフの勃起で興奮してるイメージしかない

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

2.0

つまらない。

童貞が童貞卒業のために巻き起こすドタバタコメディかと思ったら、話はただただ平行線で、ただただキモい奴らがあーだこーだしてるだけ。

の割には俳優たちはみんなキャラが濃くてちゃんとめちゃ
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

5.0

女子高生アウトロー

ってのが斬新で素晴らしくてそれが平手ゆりなだから余計に良くて周りの主役級の俳優共を皆喰ってて顔丸くて可愛くて綾野剛みたいなやつが友達にいた

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.0

GODZILLAみたばっかだからなぁー

もっといろんな種類が出てきたら良かったなぁー

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.0

ギャングものは好きだけど、
なんかよくわかんなかった。

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

5.0

スピード感、狂人さ、ストーリー。
恐ろしく不安を煽り、恐ろしく終わる。

これは見るべし、見ておののくべし!



そして、アダム·サンドラー恐るべし
マーダーミステリーみたあとだから余計に凄いと思っ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

クールなダニエル·クレイグもいいが、小太りでおしゃべりのダニエル·クレイグもいいに決まってるじゃないか。

さて、アナ・デ・アルマスを検索しよう。

んで、刃の館の秘密ってなに?

ミュージアム(2016年製作の映画)

5.0

漫画を読んでたから良かった。

じゃないときつくない?
特にラストは工夫してたなぁ
素晴らしかった!

凄いぞ小栗!

バンブルビー(2018年製作の映画)

5.0

トランスフォーマーシリーズが落ち目なところに、いい作品ぶっ込んできたじゃないか。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

5.0

考え方で世界は変わると教えてくれる。

世界の果て
っていうのは
大人ぶった少年だから思い付くことなんだろうな。素晴らしい。
ありがとう。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

5.0

背負いきれなくて手放したつもりでも、一生背負ってんだよな

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

5.0

最高
まさに最高
最&高
ライアン・レイノルズ版
殺人オーシャンズ6






まじで最高。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

2.0

基本的に短評派だが、今回は長文で失礼する。
なぜ今更銀魂2のレビューなのかといえば、「なんかふと思い出してイライラしたから」である。
私自身、大の原作・アニメファンである。原作と実写は全くの別物という
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

なんか色々とよくわかんなかったけど、なんかそんなことどうでもよくなるってっカンジの、
なんか凄い変でクスッとなる映画。

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

4.0

流れ着いたボトルの中のメッセージから事件が。。。って凄いミステリアスでカッコいい感じだが

個人的には犯人は最後まで正体不明の方が好きだな。

それにしても、
面白かったなぁ。。

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

4.0

何が良かったって、ホントにしてそうだったからだよ

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

4.5

ラスト

ゾワゾワが止まらない。。
ブキミだが風刺が効いてて個人的には好き

>|