奥田瑛二郎さんの映画レビュー・感想・評価

奥田瑛二郎

奥田瑛二郎

人類は映画を作る為に生まれてきたと思う。

映画(849)
ドラマ(0)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.6

報道の大切さを伝えたかったと思うんだけど映画としてはあんまりかな

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.5

全然駄目でした。
年々スプラッターの質が落ちてるのは気のせい?

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.7

犯罪都市(韓国映画)観たばっかりなのでちょっとトーンダウン。
こちらはアイドル映画に見えちゃうなぁ。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

-

ながら見してしまって全然入ってこなかった。
なので点数無しにした。
チャンスがあればもう1回観ます。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

まさかスピルバーグの映画にキューブリックの名作が出てくる日が来るとは。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

本当に面白い、笑える。
アメリカンジョーク好きじゃないんだけどこれは笑える。
多分1より面白いって人多いんじゃないかな。
個人的にアベンジャーズ観ないけどこっちは観ちゃうんだよね。

アクションと言う
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.9

これぞ骨太韓国映画。面白い。
悪党しか出てこない。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.6

個人的にはあんまりかな。
最後の回収シーンも伏線があまり効いてなかった様に思える。
ただ、竹野内豊の怪演は光ってた。

バース・オブ・ネイション(2016年製作の映画)

3.6

数々の話題で盛り上がった本作を観たが悪くなかった。
ただ、やっぱりフェイクが混じってる事でどんだけ白人が憎いのか知らんが事実と違う歴史が描かれてる事に、こうやって歴史は修正されてくんだな、と思わざるえ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

スタンドバイミーのホラー版みたいな感じ。
昔のITの方が良かったと感じるのは大人になったからかな。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

面白い。
だが、モヤモヤするのは真相解明されてないから。
こういった映画は真実が何かを分からないまま片方の意見だけで映画が作られてるのでそのまま信じるのは危険だと思ってる。
今回のこの映画は黒人側から
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

評判通りの秀作。
何故こんなに面白いのか少し考えたが分からない。が、多分主要の登場人物に悪党がいないのと愛に溢れた物語にヒントがあると思う。
お勧め。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

デルトロが嫌いだからハードルを低くして観たんだけど面白かった。
やっぱり評判良いのは観た方がいいかもな。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

同監督の500日のサマーは退屈だったがこちらは個人的にかなり良かった。
この映画は愛に溢れてる。とても良い気分になった

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

傑作。

ソダーバーグ復帰第1作目でハードル高く観たが期待を全く裏切らなかった。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

クリントイーストウッド監督だったのか。
観た後気付いた。
前半の訓練シーンが伏線になってるので最後のシーンがより一層効いてる。
良い映画。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

是枝監督は「誰も知らない」で知り今作品で5作品目の鑑賞になる。
今回はパルムドールでの話題もあり、個人的には久しぶりに映画館に足を運んだ。
館内は平日のレイトショーだからなのか、私含めて15、6人程度
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.7

こんな単純な映画がどうして好きなのか考えだけどキアヌリーブス以外思いつかない。
次も期待。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.6

前作よりは良かったけど、個人的にはもう観なくても良いかも。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

話は全然だったけどシャーリーズセロンの美貌とガチ格闘アクションに魅了された。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.8

初っ端が海のシーン、所謂キタノブルーから始まるのは往年の海外ファンにも感慨ものだろう。
個人的にはシリーズで1番面白かった。

最近のたけしのゴタゴタでも分かる通り多分、北野たけし監督最後の作品だと思
>>続きを読む

>|