irinaさんの映画レビュー・感想・評価

irina

irina

デニーロ好き。過去鑑賞したものを少しずつレビューしていきます。難解すぎる映画は苦手です。

映画(732)
ドラマ(0)

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.5

ゆる〜いアクション映画なのかな。
B級映画の臭いがプンプンして、なんだか憎めない映画。
人はギャップに惹かれる、というけど本当ですね。あんなダメダメ男があんな風に人を倒していったら、ホロっといっちゃう
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

面白かったです。
製作者の思うツボだな〜と思いつつ、涙。
実話とは言っても実話ベース。かなり脚色されてると思います。だから、あんなに泣かされたんだよなぁ。どハマり。私はとても好きな映画です。
そして、
>>続きを読む

最後まで行く(2014年製作の映画)

3.5

主人公の刑事、いたずらが見つかりそうで焦ってる子供みたい。やることなすこと、みみっちい。ひとりでずーっと焦ってます、とにかく。それにしても表情が素晴らしい。
良心との葛藤に苦しむ映画かと思ったら全然違
>>続きを読む

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

3.9

素直に爽やかな映画ですね。嘘みたいな実話。
噓みたい、と思う時点で、私は限界を勝手に決めて言い訳ばかりの人生を送っているのか?と自問自答したくなります。あっ、ちょっと大げさかっ。
主人公みたいな愛に溢
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.7

冒頭の「58年後」の字幕だけで笑った。長っ!真の友人は永遠ですね。

歳をとっても色恋沙汰でもめるなんて、ステキ。人生を謳歌しています。
あんなじーさん達となら、一緒に介護付きマンションかなんかに住ん
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

2.8

この暗さと重さ、たぶん私、苦手です。
重厚に物語は進むし、衝撃はすごいんだけど「だから何?」という感想。

お母さんが子供達に伝えたかった事も監督が映画を通して伝えたかった事も、ちっともわからん。とい
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

4.0

予備知識ゼロで観たせいか、ものすごく面白かった。ツッコミどころ満載とか大コケとか酷評も多々ありますが、単純に面白かった。いずれ本当に起こりうるような気もするし。いや、実際人間以外では起こっているか。>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.4

ついついのめり込んで観てしまったけど、盛り上がりに欠けた気がする。ものすごいクライマックスを期待してしまった。
綾野剛もすごいけど、短時間しか出てないのにピエール瀧の怖い笑顔がゾクッとしますね。
“堕
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ロビイストなんて職業、初めて知った。
人の影響力ってすごいなぁ。

こういう人がいるということは、いい社会を作りたくて政治をするのか、勝つために政治をするのか、大切な部分がどんどん隠れてきて、なんだか
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

今頃鑑賞。あー、劇場で観ればよかった。
ディカプリオ、素晴らしいですね。自然の壮大さも。
噂の熊のシーンもすごい。震えました。そして、倉本聰の「人と熊、どっちが先に森にいた?」というようなセリフを思い
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

とにかく不気味。ひたすら不気味。
先が読めなくて、ワクワク観てしまいました。前半はほんとに惹きつけられました。
だけど、なんか強引に結末に持ってった感じ。鼻血も大した意味なかったし。
何より、なぜアカ
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.9

日本版→オリジナル(香港版)→ディパーテッドの順で観ましたが、単純な私は毎回楽しめました。
ディカプリオとMデイモンの役が勝手に逆だと思いこんでたので、なんだか途中で混乱した(アホなだけ)
Jニコルソ
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.8

評判通り、飽きることなく、最後まで楽しめました。
自分の夢を娘に押しつける最悪の父親なんだけど、あまりにも意志が強いため、これもありかな、と思ってしまう。一流アスリートはこういう環境で育った人が多かっ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

私の好きなバディもの。
デブちんラッセルクロウ、デブでもカッコいいなぁ。ゴズリングは、私にはどうしてもハンサムに見えないので、こういう役の方が好きです。

こういう軽ーいドタバタを観ると、元気が出ます
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

イメージ通りの映画。
表面化したから映画になってるけど、権力に押しつぶされて、なかった事にされている事実はこの世にどれくらいあるのだろうか?なんて真面目に考えてしまう。実はちょいちょい寝てしまい、曖昧
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

4.2

地味に優しい。
なんだかとても良かったです。

登場人物の背景を語る場面はほとんどなく、どんどん物語は進む。そのシンプルさがなんとも言えず心地よい。
好みが分かれそうな映画だけど、わたしはとても好きで
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.8

勝手に「ミッション・インポッシブル」の番外編か何かだと思い込んでいましたが、全然違いました。お恥ずかしい。
面白かった。
何事も度が過ぎてはいけない。過信し過ぎてはいけない。本末転倒とはこういうことか
>>続きを読む

あしたのパスタはアルデンテ(2010年製作の映画)

3.5

みんないい人。
私のベストシネマ「マカロニ」でイタリア人の計算の全くない人柄や明るさに魅力を感じたのを思い出しました。
頑固になっちゃったり、他人を思って我慢したり。それなりに色々あるけど、根本的には
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

綺麗で美しい詩的な映画ですね。面白さを求めちゃいけない。通好みな感じ。

私もこういう映画を「良かった〜」と言いたいのですが、残念ながら水曜日あたりで寝ました。何度も火曜日まで巻き戻し(死語か?)
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.4

お酒での失敗。なんだか身につまされる気持ちです。次の日の朝の後悔。あー、身にしみる。
記憶をなくすほど酔うのはダメですね。
特にマイナスのお酒で酔い潰れるのはタチが悪い。負のスパイラルが生まれてしまう
>>続きを読む

エル・クラン(2015年製作の映画)

3.5

おとうさんヤバイ。心が欠落。
見た目が普通で、ちゃんと子供達を育て、人を殺すことに罪悪感ゼロ。快楽でも怨恨でもない。タチが悪い。本当の悪人っていうのは、案外こういう風に普通のいでたちなのかもしれない。
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.6

地味に複雑。そしてリアル。
平凡な私は、平凡がどんなに楽か思い知らされる。
「淵に立つ」の浅野忠信、いつまた淵に立つのかビクビクしながら観ました。残念ながらこの映画では、淵に立つのトラウマは消えません
>>続きを読む

ミックマック(2009年製作の映画)

3.9

ミックマック→ビッグマック、ジャンボマックス。それに加えてあのパッケージの写真。てっきり突然変異した大男のファンタジーだと思ってみたら全然違かった。まぎらわしいなぁ。

良かったです。
深いテーマの優
>>続きを読む

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

3.6

冒頭から光を取り入れたキレイな映像と可愛い女の子2人。なんだか岩井俊二監督の映画を思い出しました。

なかなか重い話ですね。誰が悪いとかもない気がする。歯車が狂ったというか。
思春期の微妙な女心をエル
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

2.9

やっぱりフランス映画は難しい。
ブラックでシニカルな感じはひしひしとくるのですが、いまいちよくわからん。
通好みの映画ですね。たぶん、もっと大きな波を期待してしまうんです、一般人は。
私、自分が思う以
>>続きを読む

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

3.5

姉妹っていいなって思います。私は兄妹なので憧れる。
こういうおバカ女をやらせたら、キャメロン・ディアスはピカイチかも。しかもおバカ部分を可愛く見せるのも上手い。
欠点も含めて許しちゃうのが家族。
大き
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

音楽が良かったです。暗い画面に明るい音楽が心地良い。
物語もなかなかスリリングで楽しめました。
ただ、どうしても「スプラッシュ」とダブって見えてしまい、チャーミングな分、未見の方にはあちらをお勧めした
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.3

「悪の教典」のハスミンかと思った。
変な奴。
苦手な映画だと思い、やめようと思った時に、遠憲みたいな笑顔のウィレム・デフォーが出て来たので期待して最後まで鑑賞。
なかなか解釈が難しい映画ですね。
名刺
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

3.8

面白かった。期待以上。
ハラハラ感は最後の最後まで続き、手に汗握りました。
恋人を助ける為の行動力すごいですね。ちょっとした友情シーンもなかなか心に残りました。

それにしてもこの宗教団体、実際にあっ
>>続きを読む

ママ友(2013年製作の映画)

2.0

怖っ。誰が何のために作った映画なのか?そもそもこれ、映画か?

私もママ友がいるので気になって観ました。思ってても絶対に最後まで口に出してはいけない事ってありますよね。百歩譲って思っちゃうのは仕方ない
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.3

わかったような、わからないような。

暗〜い役のシャーリーズセロン、結構好きなので、見入ってしまいましたが、結局何だったんだ?という印象。

つまらない映画だったのか、私がアホか、もしくは寝たか、の、
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

主人公の女性が「グラン・トリノ」のイーストウッドに見えて何度も目をこすった。
先が読めない展開。複雑な人間模様。なかなか重厚ですね。
そりゃないだろーと、いう展開も多々。
そりゃないだろー(しつこいで
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.9

なんか西島と香川の「ダブルフェイス」だと思ったら、あれがリメイクだったのか。「ディパーテッド」もリメイクなんですね。予備知識なさすぎっ。
面白かった。香港映画らしく飽きない。現実にもあるのかな?私は、
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.6

ずっと緊張感が続き、目が離せませんでした。実話だと思うと、面白かったというのも不謹慎な気がして、なんだか言葉を選んじゃいますね。
わりと最近の出来事なので、映画化早いなぁというのが最初に思ったこと。
>>続きを読む

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.4

もしかして今の私は長い夢の中で、目が覚めてものすごい殺人鬼だったらどーしよーと不安にさせてくれる映画。へその緒シーンあたりがとてもきつくて、わけわからん描写とかもあって、デヴィッド・リンチ映画かと思っ>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

松嶋菜々子、こんなにいい役者だったっけ。また子役も素晴らしく、それだけで泣けた。
昔の日本映画のようで「新参者」らしくもなく、東野圭吾らしくもない気がしました。
殺人にも色んな殺人がある。
前評判どお
>>続きを読む

>|