irinaさんの映画レビュー・感想・評価

irina

irina

難解すぎる映画は苦手です。

映画(782)
ドラマ(0)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.7

そんなに面白くないのになぜが沁みるような映画でした。
ギレンホールが上手いですね。あと、あの美少年が素晴らしい。これからが楽しみです。
喪失感との戦い、いや、喪失感がないこととの戦い?
なんだかよくわ
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

思った以上に引き込まれた。
いじめられた方は覚えているけど、いじめた方は忘れてしまう、という典型。
大人になってもズルくて嫌な奴。腹立つわ〜〜。途中から、嫌な奴が別の人に変わるのが面白いですね。顔まで
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.3

嫌だとわかってて興味を持ってしまう話。残酷なものを見てしまいたくなる人間の本能をくすぐる話。嫌いです。
化学の進歩、どうか変な方向に進みませんように。そして自分が窮地に立たされた時、どうか自分を見失い
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

私はとても好きな映画。
目ヂカラの強い画像と流れるメロディとのバランスがとても好き。
ララランドが苦手な私にはこちらがアカデミー賞で納得。ただ、物足りなさもかなりあって納得できない気持ちもわかるなぁ。
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.2

覚めない悪夢。
「やばいよやばいよ〜」と出川の声が聞こえたり「こんなはずじゃなかったよね〜♩」田原俊彦の歌、思い出したり。色んな邪念に邪魔されて、集中して観られなかったせいか、イマイチ。
あー、夢でよ
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

ガッキーが可愛いから問題なし。
こういう邦画、大好きです。
明るく楽しくテンポよく。
ありきたりだけど、ありきたりを楽しく見せるのもなかなか難しいからなぁ。
キャスティングの時点で大成功の映画だと思い
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.9

「音を立てたら、即死。」
シンプルな設定でとても面白かった。カッコよくステキなご夫婦。映画館で観てよかった。
「便意が来たら、即トイレ」余談。
人間ドックが思いのほか早く終わったので急きょ鑑賞。バリウ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

結局犯人誰?
こういう謎を残すお話がキツい歳なので残念です。
エンディングまでは目が離せないのに、モヤモヤで終わらせるのは勘弁してほしい。

余談ですが、作家の村上春樹さんの小説もすごく面白いのにラス
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

スリル感、サスペンス映画並み。たかかカンニング、されどカンニング。
大げさな音楽がより緊張感を高める。
小学生くらいのカンニングなら可愛いもんだけど、有名大学に入るためのカンニングはやめた方がいい。き
>>続きを読む

ディーパンの闘い(2015年製作の映画)

3.0

重厚で見応えのある映画だとは思うんだけど、ひたすら眠かった。
最近、実は映画に向いてない体質ではないかと思う。
単純な映画からリハビリしないと。
映画の感想なしでごめんなさい。

28日後...(2002年製作の映画)

3.3

人間がゾンビに襲われ始めたら、とっととゾンビの血を舐めて私もゾンビになろうっと。と、常々思ってました〜。痛い思いせずにね。
王道でなーんにも考えずに観られました。
窮地に立たされて人間らしさを失うより
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

「モスキートコースト」みたい。
あっちは文明社会を嫌ってジャングルに移り住む話だけど、こっちは森で暮らしてる家族が止むを得ず、都会にやってくる話。
どっちも文明社会を拒絶する父のワンマンな話。わからな
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

-

記録です。
仕事の合間に鑑賞。
で、結局ほとんど寝てしまった。
起きるたびに大きくなってたり小さくなってたり。
絶対に面白いのに反省。
やっぱり映画は朝から観ないとダメだな。

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.4

怖っ。ホラーはあまり観ないのですが、フォロワーさんのレビューが多いので鑑賞。
思ってたのと全然違う!ホラーコーナーではなくサイココーナー(そんなのないかっ)に置いて欲しい。
なんだか腑に落ちないことが
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

キャッチコピーどおり、この罠にハマりました。
こういう映画は、私みたいにちょっとアホな方が、先読みできないから楽しめる気がしてきた。ハマる映画にはハマり、騙される映画には騙された方が面白いし。
暗い映
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

3.5

背景を知ってから観る映画なのかもしれないですね。映画というより、小説でいうとエッセイみたいな感じ。
監督であり主人公の、終始静かで深く優しい微笑みが印象的でした。話したいことはたくさんあるけど、すべて
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.7

ボブ、すごいなぁ。役者だなぁ。可愛いし。それだけでプラス。
人生何がきっかけで変わるかわからない。
もしかしたら誰にでもこういう幸運の女神っているのかもしれないですね。多かれ少なかれ。でもそれに気づい
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

主人公がひたすら可愛い。
あの笑顔と明るさは宝ですね。プライペートもあんな性格だったらいいなぁ。
テンポもいいし、とても楽しめました。身体のことを除けば、チャーミングなラブコメ。とても面白かった。
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

余計な要素がなければ、シンプルに面白かったかも。役者は素晴らしいし。
リーゼント頭の女性、ケバい嫁と娘、ボーリングでのボコボコ。極め付けはわけわからん葬式。なんやねん!
どうせなら凶器がブラックペアン
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

2.8

まったく面白くない。
私には不向きな映画でした。
ウトウトしながら、後半いきなりスッポンポン。で、目が覚めた。何この唐突な急展開。
可愛げのない娘とカツラと入れ歯が気持ち悪いお父さん。終始ダメでした〜
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

4.0

素敵な映画。
音楽がステキ、インテリアがステキ、ファッションがステキ、登場人物がステキ。なんてったってゲイのじいさんがとてつもなく素敵。
パッケージだけがダメだなあ。もっともステキにできたろうに。
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.6

地味に後からじわじわくる。前情報なしで見たので、意外なお話だった。育児を甘くみたらダメですね、ご主人の助けがどんなに必要か。そしてシャーリーズセロンの役者魂。しかも、デブになってもおばさんになっても、>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

3.7

安心のソン・ガンホ。安定の韓国映画。やっぱり面白かった。
前半のコミカルな感じからシリアスな感じに変わっていくのは「タクシー運転手」みたい。こっちのが先だけど。韓国映画のひとつの定番パターンなのかな。
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.3

久しぶりに映画鑑賞。
ところが、高評価なのにハマらないパターンでした〜〜。残念っ!
しかも、ちょっと寝ちゃった。
なんだか現実離れしていて、入りこめない感じでした。なのに、主人公は特にイケメンでもなく
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

友達は宝物ですよね。いい映画だった。
実話ベースの「マスク」みたいなのかと思ったら全然違かった。
可愛くてコミカルで時々泣ける。子役、みんな上手です。
ジュリアロバーツも素敵だった。

余談ですが、日
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

笑った。発想がスゴイです。
こういうのを異色作って言うんだろうな。有休をとってまでして観に行った甲斐がありました。特に娘、最高!

解説読まないとわからないのに高く評価されてる有名監督たちに言ってやり
>>続きを読む

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)

3.7

いい映画だった。
「最強のふたり」の女性版みたい。
私は同情される事をもっとも苦手としています。なので、自分が弱くなった時に泣き言を言えるのは、家族でも友達でもなく、見ず知らずの他人のような気がする。
>>続きを読む

ラスト・ホリデイ(2006年製作の映画)

4.4

めちゃくちゃいい映画。
なんで今まで知らなかったのだろう。こういう映画に出会うと、映画って本当にいいなぁと改めて思います。
笑いあり、涙あり。王道といえば王道ですが、そこにとてつもないパワーがプラスさ
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

3.6

見たことあると思ったら「JUNO」の子だ。良い役者さんですね。ジュリアン・ムーアはこんな役多い気がします。
強い女性の愛の物語。カッコいいです。2人とも。実話みたいですね。
愛する人のためならこんな強
>>続きを読む

今度は愛妻家(2009年製作の映画)

3.7

男は口に出さなくても伝わっていると思い、女は口に出してくれないと不安になる。そんな夫婦の優しい映画ですね。
薬師丸ひろ子がとてつもなく可愛い。そしてダメダメカメラマン夫、トヨエツはまり役。
ただ、ダミ
>>続きを読む

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)

4.0

「デトロイト」の嫌な奴じゃん!子役でこんな映画に出てたんだ。しかも同じ顔なのにめっちゃいい奴で可愛い。なんだかこれだけで加点しちゃいます。

ちょっと訳ありの2人の男の子の友情。笑いあり涙ありでステキ
>>続きを読む

スリング・ブレイド(1996年製作の映画)

3.7

殺す以外に方法がなかった12歳の少年。彼が大人になって出所してからの話。
優しく重たい話ですね。なぜ彼の周りには悪い奴が現れるんだろう。いい奴ばかりなら何の問題もないのに。(それじゃ、映画にならないか
>>続きを読む

声をかくす人(2011年製作の映画)

-

ユナイテッドシネマの鑑賞履歴にあったんだけど、内容はおろか、観に行ったことさえ何にも思い出せない。なーんにも。寝たなら覚えてるはず。
たぶん印象がものすごく薄かったんだと思う。すみません、感想にならな
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

やだ、面白い。
突然歌い出すところが超ツボでした。
なんだかうまくいかない空回りの主人公、あるあるな感じがいい。松岡茉優ちゃん、可愛いし。
演技で笑いをとるのって、きっと泣かせるのより難しいと思う。ラ
>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

3.6

こんな事で人生が終わりになる。
その危機感は日本人にはどうしても遠い。日常についてくる人種差別は、味わったものでないと語れないと思う。

こんな風に人生を終える人が今もなお沢山いる世界だという事が、と
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.5

最近の瑛太はこういう役、ピカイチですね。それ以外はダメでした。
ムダに激しい音楽や、ムダに意味深な表情。それでごまかそうとしているように思える。
ただ先が気になって観てしまうのは確か。それに見えそうで
>>続きを読む

>|