あさんの映画レビュー・感想・評価

あ

2017/09/30 ~

映画(298)
ドラマ(0)

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.4

こういう邦画が好きだ、邦画はこうあるべきだ、って思う
あまりにも近すぎるような、身近さというか、リアルというか
俳優陣の言動や表情の演技が繊細で、巧みで、子どもたちも
だから入り込んでいけたし、とても
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

既視感の否めないSFディザスタームービー
サスペンス要素もあって こんだけどんちゃんやってんだし迫力があって面白かった
弟(林遣都似)の彼女がめちゃクールビューティー
大統領の「結婚しなさい」はほんと
>>続きを読む

スタテン・アイランド・サマー(2015年製作の映画)

3.6

男と女と酒とハッパとパーティー、めちゃくちゃアメリカ〜って感じ
やっぱりアメリカっていつもこんな感じなのかな

登場人物がみんなすごく魅力的で、憎めないアホばっかり
また会いたいな〜ってなる

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

4.8

「1人でも世界は変えられる」ってスタン・リーが言ってた。


ほんと何度見ても胸が熱くなるね!好きだ!
スパイダーマン3部作のフィナーレとなった今作だけど、当時はトビー・マグワイア主演のスパイダーマン
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.8

間違いなく傑作

これが 映画 だ



スパイダーマンの見た目も中身もこのシリーズがいちばん好き
アクションシーンもとびきりかっこいいし

昔は全然気にならなかったんだけど、いまこうして見返してみる
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

4.8

「大いなる力には大いなる責任が伴う」

今朝スタン・リーの訃報を知ってから,なんだか,近所に住んでいて小っちゃい頃からちょくちょく会っていたおじいさんが亡くなったみたいな気分.
アメコミ,特にMARV
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.0

盲目の少女と透明人間の少年の恋、やがて少女は治療で視力を手に入れ、2人は大人になり、そんな魅力的なあらすじ、やられた

雰囲気はすごくよかったけど、細かいところで粗が目立つというか、ツッコミどころが多
>>続きを読む

ビートルジュース(1988年製作の映画)

3.4

子どもの頃にも見た気がする ダークファンタジックな世界観 マイケル・キートンがすごい ラスト、コナカケジジイ?がめちゃクール

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.8

大好きなLA LA LANDのライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの共演が気になってたんだ

恋愛に関する様々な思惑と人間関係が見事なまでに交錯する
テンポが良くて、「まじか!?」な展開も面白くて笑っ
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

2.6

見てるだけで痛い...

なんと美しく恐ろしい海

もう海行くんじゃねぇ!

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.6

お世話になった映画館アミューあつぎ映画.comシネマが閉館するので最後に.

結論から言えば,すごくいい映画だった.息を呑むストーリー展開.エンターテインメントとして非常に充実した内容だった.ただ,取
>>続きを読む

ミステイクン(2011年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

友だちが帰る前に60分だしつって一緒に見た
え、これから俺家に独りになるんだよな、なんて最初思ったけど心配はいらなそう笑

くっきーのりんごの食べ方が斬新
歯痛いでしょあれ笑
あと、大切に飼ってるのか
>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

2.6

Vを映画館に見に行ったなぁ ハラハラドキドキ 急な大きい音にびくっびくっしてた

そんなバイオハザードシリーズのザ・ファイナル そういえば観てなくて やっと

すごく久しぶりだったし あれ?いまどうい
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

いつの間にか2018年になって200Mark目👀

ぼくが映画を好きになったきっかけとも言えるサム・ライミ版スパイダーマンサーガ。その3作目に登場した圧倒的ヴィランこそ、ヴェノム。漆黒の全身に、凶悪そ
>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

2.6

白黒な映像と音がより狂気的でグロテスクな雰囲気を倍増させる。どなたかのレビューで「いつまで続くかわからない悪夢感」と書かれていたが、まさに。なにを見せられているんだ、という世界観がしんどいくらい尖って>>続きを読む

タロットカード殺人事件(2006年製作の映画)

3.2

後の「Irrational Man」と共通して描かれる恋の盲目さ。世間を賑わせる殺人事件の容疑者にいつの間にか恋心を抱きのめり込んでいく女性の姿だ。さて、ここ最近は監督ウディ・アレンの映画をいくつか観>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ(2016年製作の映画)

2.4

トマトが人々を襲う映画󾁕「アタック・オブ・ザ・キラートマト」にオマージュを捧げた今作は、ドーナツが人々を襲う映画󾥸
端からいい映画にしようという気がさらさら感じられないthe低予算、theB級な映像。
>>続きを読む

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.2

教授のおかしな妄想殺人。そんな邦題とハッピーなラブコメディ映画のような軽い雰囲気のパッケージから、「殺人」はなんらかの比喩、あるいはそれこそ妄想の中での殺人についてのお話かと思ってたんだけど、あ、本当>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.6

ひ弱で間抜けな主人公が実は凄腕暗殺者の血を引いていて、トレーニングを重ねるうちに成長、覚醒、無双するっていう男なら誰しもテンションが上がる系ダサかっこいいアクション映画。そんな馬鹿なぁ、な部分も多々あ>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.8

まず初っ端流れるパリの街並。あ〜ここ行った!ここも行った!って。やっぱり素敵な街。雨の日も美しいんだよね。また行きたいな〜。素敵な街って用がなくとも無性に歩きたくなる。特に、夜なんかは。主人公のギルの>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.6

コリン・ファースとエマ・ストーンがやっぱりいい。レトロな洋画を観ているようなBGMや演出とモダンな映像美の混在がまたいい。

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

4.2

そりゃ、いい話に決まってるよ。ただでさえ体の不自由な青年と介護士の織り成す物語ってことで感動的なのに、なにより2人の不器用で愛おしい姿、それを演じる俳優陣が珠玉。ポール・ラッドはやっぱりいい人が似合う>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.6

不気味で、恐ろしく、神秘的で、美しい。映像の色味や繊細さがすごく好み。非常に興味深いSF。

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

公開されたとき、それまでのシリーズをすべて見返してから映画館に見に行ったなー

ドラマを一から見てた身としてはなんとも楽しい小ネタの数々、そして最高のラスト
まさにシリーズ集大成
あのエンディングはま
>>続きを読む

>|