Kyuさんの映画レビュー・感想・評価

Kyu

Kyu

映画(164)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

こんな斬新な映画は初めてです!どういう内容だよ!って暫くは映画の内容の理解に苦しみましたが、いや観終わってその構成の見事さに感服しました。

超B級感がたまりません。しかし何故か変な感動さえ覚えた不
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

やっぱミッション・イン・ポッシブルシリーズは面白いね!🤣
今回はiMAX で鑑賞したのですが、迫力がハンパない。いつもの仲間たちで世界を股にかけ大暴れ。毎回そうなんですが、これがまた堪らないですね。
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

久々に映画館で見ました。典型的な青春・アクション・友情映画です。なんせトム・クルーズただただカッコいい。
驚いたのはメグ・ライアンがチョイ役で出演してることかな。

プラトーン(1986年製作の映画)

4.0

公開時学生の時に1度映画館で見たきりでした。

1回観ただけで一生忘れない映画と言う作品が何本かありますが、このプラトーンもその内の一つです。

今回、それ以来32年ぶりの2回目の映画館での鑑賞でした
>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

3.7

昔から知ってた映画だが観るのは初めてでした。しかも映画館での鑑賞だったのでドップリと映画の世界へ入る事が出来ました。

内容は青春を描いた物だったので、50歳過ぎたおっさんには若すぎる映画ですが、まさ
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

3.9

92年の公開時に見たきりで久々に観直しました。最初に見たときよりはるかに良い作品だと感じたのが正直なところです。

しかしホイットニーはメチャクチャ歌が上手いですね。NYに在住していた時期があったので
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.7

ファミリーで楽しめる楽しいミュージカルです。有名な映画ですが見るのは初めてでした。想像通りの映画だったかな。

ジュリー・アンドリュースがアカデミー主演女優賞を獲得した作品ですが、同年にオードリー・ヘ
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.6

1984年の初公開時点から見たい作品だったのですが、見る機会が全く無く現在に至りました。
それが今回、デジタルリマスターでリバイバル公開されているのを映画館前を通りかかって知り、長年無かった見る機会を
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

映画館の大画面で楽しむなら最高の映画ですね!大迫力で本物の恐竜がいるみたいな錯覚にとらわれます。
内容的にはありふれた物ですが、人間に欲望に対する弱い姿や、正義だけでは成り立たない社会の不条理さを描い
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

3.9

いははやヤッパリ三船敏郎は最高にカッコいい!男臭さでは右に出る者はいません。しかも心が優しい。厳しさの中に男としての「誠実さ」「優しさ」をシッカリ持っている。
仲代達矢もヨイ味を出している。三船敏郎と
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.0

三船敏郎の男臭ささが炸裂ですね。たいして男前だと思わないのですが、男としての渋さ、格好良さはピカ1だと思います。
内容も最高で、冒頭から飽きさせずに映画の世界に引きずりこむ黒澤明はやはりハンパなく素晴
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

色々考えさせられる作品。リリー・フランキーも良い味を出してましたが、何と言っても安藤サクラがの演技が圧巻でした。
「家族とは」「優しさとは」「幸せとは」「正義とは」色々考えさせてられる秀作です。

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

3.7

ミュージカルだと思うけど、そんな軽い内容ではない、何とも不思議な映画でした。ブロードウェイミュージカルに命をかけた男、と言っても誠心誠意前向きに真面目に取組むと言うより、破滅的な人生観で生活している、>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.8

アラン・ドロンの男前さがハンパない作品です。

生まれや身分が違うだけで、金持ちは働かずにのうのうと良い暮らしをし、貧乏人はハンサムで頭が良くても良い暮らしが出来ない。この理不尽さも描かれている作品。
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.0

公開時の1997年にロードショーで見て以来なので20年ぶりに映画館で鑑賞。
初めて見た時よりも名作だと思いました。内容も漠然としか覚えていなかったのですが、今回ラブロマンスとしても秀逸な作品で、パニッ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

映画「ダンケルク」とも繋がる部分もあって歴史的背景がよく分かった。前半は間延びする様な部分もあったが、後半の盛り上がりは圧巻。感動してしまいました。
「命尽きるまで戦い抜くか?」「降伏して命を守るか?
>>続きを読む

招かれざる客(1967年製作の映画)

4.0

人種差別がまだ色濃い時代(60年代)に製作された作品。この映画を見ても人種差別はいけない事だとの認識が国民の間でわき起こっていたんだろうと想像出来ます。

同じ60年代でも前半の63年に作られた「アラ
>>続きを読む

麦秋(1951年製作の映画)

3.9

小津安二郎らしい作品でした。「東京物語」の雰囲気そのままに、「秋刀魚の味」のテイストも入ったような作品に感じたのは私だけでしょうか。

日常の中にあるハプニング、普通だったら映画の題材にもならないくら
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.2

後で知ったのですが主演のスコット・イーストウッドってクリント・イーストウッドの息子なんですね。

作品自体は「超B級」感が漂う作品でした。内容は結構練られていて面白かったのですが、直ぐに忘れてしまうレ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.7

かなり評価の高い作品ですが、確かに良い映画ではありましたが想像とは違いました。

主役のフランシス・マクドーナンドよりも、彼女に関わる周りの人達の人間模様の描き方が素晴らしく、人は変われるものと言うこ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

ミュージカルは好きで前から見たかった映画でした。初めて見て、う〜ん、感動でした。

想像以上に内容がシッカリしていて作品ミュージカルってことも忘れてしまうくらい映画の世界に引き込まれます。

この切な
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.6

実話とは信じられない派手な人物だと感じました。平凡な大手企業のパイロットから転身した人生ですが、ジャンボ機のパイロットでも充分刺激的だと思うのは私だけでしょうか。

とにかくトム・クルーズ相変わらずカ
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

いやぁ感動しました。事前情報無しでの初見でしたが想像以上に感動しました。

ジョニー・デップはパイレーツ・オブ・カリビアンでしか知りませんでしたが、こう言った役柄の方が私は好きですね。

また、デカプ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

4.2

何の知識もなく初めて観たのですが、いやぁ、私の好きな雰囲気の映画でした!

いったい何が起きるんだろうと見ていると、これと言った事件が勃発する訳でも無く、日常的に起こりうる(実際は起こらないが起きそう
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.7

見るのは2回目。殆ど内容は覚えてなかったので、初見と同じでした。なんとも言えないウッディーアレンの世界観でしたね。気難しい男女が別れたりくっついたり内容ですが、どこか人間の日常生活にある本質を垣間見る>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

2.6

何の知識もなく鑑賞。登場人物も舞台設定も何もかも知らずに見たので、何の事か理解出来ず。50歳過ぎの親父が見る映画では無かったみたいです。ただ、全てのバックボーン分かれば面白いのかも。

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.2

いやぁ、よかったです。親子共演で評価もそこそこ高い作品と昔から知ってましたが、見るのは初めてでした。
想像以上に個人的には好きな映画でしたね。テイタム・オニールはボーイッシュで可愛い役柄でした。ライア
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

リメイク版です。1974年の作品も昨年「午前十時の映画祭」で鑑賞したのですが、その時この物語のストーリーを全て知りました。その時の衝撃が凄かったので、今作品は既に結論を知ってる関係上、どうしても衝撃が>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

imaxで鑑賞。実によく出来た作品でした。スターウォーズシリーズは虫食いでしか観てないので内容に深くついて行けないのですが、この作品は結構分かりやすく面白かったです。見応えありの大迫力で非常に満足した>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.6

前半は安いテレビのサスペンス劇場的なノリでしたが、後半は結構見応えありだったかな。北川景子がとても綺麗で美しいのが印象。松田龍平もクールで結構。キャラ設定ありきの作品構成なので、ハマれば何作も見たくな>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.8

想像していたひど湿っぽい映画ではありませんでした。懸命に人を愛するポジティブな純愛映画でした。若いカップルには持ってこいの作品です。