ちいちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

ちいちゃん

ちいちゃん

映画(351)
ドラマ(0)

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.5

やっと観れた。はぁなにこれめっちゃ好き。韓国お得意の”何ヶ月後”でハッピーエンドも乙ですな。

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

至る所に美を感じられたけど、思った以上に深みがなかったような?クリスマスは誰かと過ごしたいですね。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

セックスにコレがイイなんて絶対は無くて、対一人の人間として向き合うことが正解なのかなと。サングラスかけてのシーンは同じ列の人皆んな笑ってたから、安心して声出して笑っちゃったw 桃李君、撮影お疲れ様でし>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

ミゲルとママココが歌うリメンバーミーが泣きのピーク。自分も未来の家族を作っていきたいと思いました。。。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

心地の良いを音楽を流しながら、こっくりとした色使いの絵本をパラパラと眺めてるような感じ。ファンタジー系は得意じゃないけど、障害者、女性、黒人、ゲイetc、色んな差別や時代背景もあり、エログロ要素もスパ>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

公開初日、定時ダッシュ!

まさに「光か、闇か…」前作で広げた世界に奥深さを出してきた。付いていくので精一杯だったので、次は3Dでワクワクした気分で観よう。そしてまた2年、生きる理由ができた。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

音や台詞が少ない演出だからこそ?、兵士達の国へ帰りたいという気持ちがストレートに伝わって来る。最後に残った戦闘機が夕暮れの中を飛ぶシーンが、何とも切なく美しかった。密室が水でパンパンになる系シーン苦手>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.0

娘たち、奥さん、双子の兄弟ってどんどん人間愛に囲まれていくグルーがなんとも良きかな。ミニオンズの出番少ないって期待損は邦題のせい。でも今作もたくさん笑いました。80'懐メロが良かったな〜ファレルは安定>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

人を信じること、愛することって何なのかなぁって。ヒモ感に溢れてる綾野剛かわいくてヤバい。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゴズリン様の胸筋に埋もれてワルツ踊りたいし、夢の内明かした後に腕枕されたいし、ブチまけて喧嘩もしたいし、やっぱゴズリン様好きだなぁってなりました。なんだろう真面目な感想が出てこない。とりあえずサントラ>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.5

飲みながら何となく観てて、ただのお子様映画とは言えない深みのある映画だったような。最後のスピード違反のとこ好き。笑

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.5

極悪人っていうわりには人情あるし、カオスな闘いを期待しすぎてたのか、良くも悪くもポップだった。音楽の使い方が良かった、というか単純に趣味に合ってた。マーゴットのビッチ可愛いハーレイ、ご馳走様です!!!

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.0

いけないことなのに、永作さんと薫ちゃんの島での生活がとても愛しくて幸せそうで、この時間がずっと続けばいいのになぁって思っちゃった。2人の最後のお別れで涙がでてしまった私は罪なやつなんでしょうか。血が繋>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.0

自分には定番の恋人死ぬ系とは一味違った映画だったかな?残酷なはずなのに全然後味が悪くなくて、ヘイゼルとガスが出会ってから別れまでの詰まりに詰まった幸せがすんごく沁みた。そして泣いた。2人の口から出る言>>続きを読む

Mr.タスク(2014年製作の映画)

2.5

2ヶ月半以上映画観てないし久しぶりになんか観ようと思ったら、こんな胸糞悪いチョイスしちゃってもう自分に謝りたいです。ホラー要素は感じなくて、エンディングクレジットとか含めてブラックコメディ、だけどジョ>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.5

英国紳士の格好良さがグイグイ押し出されてた(笑)軽快なディスコ音楽と共にパンパンバンバン人が死んで行くから、なんともいえない爽快感…特に教会での大量虐殺シーンはワンカットで見応えアリ!アーノルド教授が>>続きを読む

白河夜船(2015年製作の映画)

2.5

ふわふわした雰囲気が心地良い。安藤サクラちゃんのナチュラル感と言ったらもう。この役をこんなにナチュラルに演じられる人は他に居ないと思う。そして、井浦新の色気はどこで買えますの?最後の花火がなんだか切な>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

遂に!良い意味で期待を裏切られた!!!オープニングロールでの叫びたさをぐっと堪えたら涙目に(笑)予告見る限り、どんな展開で新しいサーガを始めるのか予想つかなかったけど、観ればもうね!次はね!(笑)旧作>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.0

全然期待してなかったけど、良かった。子どもがワクワクできることを応援して、まっすぐ信じてあげられるあんなお母さんになりたいし、むしろ吉田羊さんになりたい(笑)勉強するのは当人だけ、見守る方も簡単じゃな>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.0

とにかく主人公の男が、浅はかで情けなくて頼りなくてイライラ…論理的なサスペンスだと思って観始めたら、ファック!ファック!ってすぐ人殺しちゃうから、少し期待外れだったかなぁ(笑)いや、それがブラックコメ>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

3.5

中盤ダレる気がするけど、ラスト30分の巻き返しが本当に凄い(笑)"友いる者は惨敗者ではない"が、まさに名言!どんなに辛い時でも支えてくれる人がいるのは幸せなことで、その為には周りの人と真摯に向き合って>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.0

ナカマー!バナナー!ってめちゃくちゃ可愛い(笑)マンホールからアビーロードに出たり、パブ行ったり、アフタヌーンティーしてたり、ジミヘンのギター壊したりとイギリス満載なのも良かった。最後のテリマカシーは>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.5

なんなのこのほっこりクリスマスムービー…愛を感じたくなったよ…おばさんサムのドラム叩く姿に超感動しちゃったよ…てか、渡米したコリンがバーでビッチ3人に囲まれて、そんな上手い話あるわけな…あるんかい!!>>続きを読む

ファンボーイズ(2008年製作の映画)

3.5

男4人(途中から+女1人)のロードムービーってだけで面白いのに最後はちゃんとうるっとさせてきたからもう満足!パロディなのに本家キャラとかキャスト出てくるから見応えあった。もうすぐ新作公開!ワクワク!!>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.5

出生前の遺伝子操作ができる時代なんてきっとすぐ来るに違いない。そんな中でも、努力次第で自分の運命は変えられる!!って信じるのは難しいなぁ。銀メダルを首に掛けての最後はなんだか切なかったなぁ。

プレッシャー(2015年製作の映画)

3.0

題名にもなってる通りプレッシャー感じまくりで、とにかく苦しすぎ…映画を楽しめる余裕がほとんど無かった…いわゆる死亡フラグみたいなのがもうピンピンしてて、その度に海には潜りたくないと心底思った(笑)男の>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

3.0

なんだかんだでこのシリーズちゃんと観たの初めてかもしれない!ラーと大英博物館の女警備員の恋とかデックス?がキスするシートとか最後の方でちょいちょいウルッときてしまった笑

キートンの蒸気船/キートンの船長(1928年製作の映画)

3.5

初めての無声映画、初めてのキートン作品。終盤の嵐のシーンはどうやって撮影したの?ってくらい凄い迫力で、お父さんを助けるシーンなんてもう素晴らしいくらいめちゃくちゃ!70分に笑いと感動が凝縮されていた!

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.0

スカヨハの声はセクシーだったけど、人間とOSのホニャララ代行サービスはさすがに引いた。"OSと恋までできる、そうiPhoneならね。"みたいな世界はきっとすぐにやって来るんだろうなぁ。怖い。

Shall We ダンス?(1996年製作の映画)

3.0

草刈民代の棒読みが気になったけど、竹中直人のブレない面白さとかたまこ先生のふんわりした空気とか濃〜い生徒さん達それぞれのキャラが生きてて良かった。ラストダンスはほっこり。中年男の青春だ〜!

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

愛を知らずに生きてきた鑑定士のオジ様、絵画の嘘は見破れても人間の嘘は見破れなかったんだね…とんとん拍子に上手いこと話が運んでいきすぎてたもん…あー怖い…

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

ティムとお父さんの浜辺のシーンは涙止まらん。自分の周りの大好きな人達との時間をもっと大事にしようと思えた映画です。皆んな結構こういうクサいレビュー書いてるけど、自分も書かざるを得なかった。笑

>|