いしんじさんの映画レビュー・感想・評価

いしんじ

いしんじ

夢を見ても時間が経てば忘れてしまうように、映画を観たあとの感覚がまだ抜けていない間に感想を書き上げてしまうように心掛けています。

映画(649)
ドラマ(176)

ガープの世界(1982年製作の映画)

4.2

正直1回見ただけでは分かんないけど、
ジワジワと心に残るやつ。
何回か見てから感想は書きたいです。

ココ・シャネル(2008年製作の映画)

4.7

ほんとすごい生き方ですね〜。
シャネルだってみんなと同じで恋するし、傷つくし、そういったところがちょくちょく見せられるからこそ成し遂げてきたことの凄さが分かります。
シャネルの生き方を知ったからって、
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

4.6

「震災」という同じ傷を負った人々の人間ドラマ。
誰も責めることはできないけど、大切な人や物が奪われたことは変わらない。
彼ら、彼女らの行動は"異常"だとは私には思えなかった。

いや〜、なんかもうベス
>>続きを読む

フィッシュマンの涙(2015年製作の映画)

3.6

結構シリアス系なのかと思っていたら明るい雰囲気の場面も多かったので驚きです。
こんな社会よりも、海の方がまだ自由なのかもしれないね。
マスコミだとか、それに振り回される人々とか、そういった社会風刺が詰
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

4.2

会社のやってることは滅茶苦茶だけど、SNSにハマりきってしまっている人達の姿が絶妙にこの映画のリアリティを失わずにいてくれてる。
「あの事故は誰のせいでもない」って言葉とかほんまヒヤっとしましたよ。
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.8

泣いた。
2時間の中に4回の犬生があったけど、そのどれもに泣かされました。特に中盤の犬生に関しては、他のより時間は短いけどちゃんと愛がひしひしと伝わってきて涙が止まらない。
最後の方なんてもう今飼って
>>続きを読む

野獣の青春(1963年製作の映画)

3.5

私にはまだ難しかったです。たぶんこの映画の良さの3割も理解出来ていないかもしれない。
でも、かなり大胆なアクションは見応えがありました。
ごめんなさい。今はそれくらいしか言えません。
しばらくしたらま
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.5

「女のドロドロ」と言っても、「女の裏側」って意味より「女という武器を持った者の這い上がり」って感じの方が合うかもしれないですね。
正直、「ヒェ〜〜」ってなったしちょっと疲れはしましたが好きです。疲れる
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.8

エモいって感想が並ぶのも納得出来るエモさ。
青春が詰まってる。息苦しく狭い田舎の中にある少し湿り気の含んだ青春。
そしてスピード感がすごかったです。何気ない日常の切り取りが多かったですけど、その爽快感
>>続きを読む

マダムのおかしな晩餐会(2016年製作の映画)

4.0

下ネタジョーク、地味にフフッってなる。上手い。
これはコメディというより、笑える要素もあるドラマって感じかもしれないですね〜。
マリアとアンの対称的な"女像"はやっぱ意識して作られてるのかなぁ〜。下品
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.8

強い。
ジワジワ系からスタートしながら、最後一気に追い上げてくる。そしてその塩梅も上手い。1時間55分あたりなんてトラウマですよこれ…。しかもそのシーンさ、あからさまに「はい、今から怖いの行きますから
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.6

やっぱ、歌には力がありますね〜!
レディ・ガガの歌声は一気にギュインっと引き込んでくれる。
でもそうなんだよなぁ。「スター」って言葉の重み。光が当たる人がいれば、必ず影になる人もいる。
今回はそれが夫
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.7

異種生物間での恋愛はやっぱええのぅ…。
感情でさえもプログラムなのかって悩む言葉出てきた時とか、すっごいギュって胸締め付けられた。
そうなんだよな。愛はどんな形でもいいとはいえ、どこかで壁は現れるのよ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

これちゃんとサスペンスとしても面白かったです〜!
まぁ、最後はちょっとびっくりだったけど…笑
たぶんアンフレンデッドと比べる人とか多いと思うんですけど、こちらはこちらの良さがあって、PCの中にもカメラ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

5.0

コメディだと勝手に思い込んでたけど実際観てみたら超ヒヤヒヤハラハラするし、しかも重さのあるしっかりとした内容に驚かされました。
いや〜、すごい。どこが凄かったって、やってることがまずもう既に凄いんです
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

5.0

シンプルに、良い!!
彼女にだけ見えている、美人の姿っていうのは一度も観客には見えないんですが、でもいきいきとした姿は十分素敵。
人間、顔だとかそんなん気にせずに生き方が大事だね〜!!!
しかも、前向
>>続きを読む

(2000年製作の映画)

4.1

すごく息苦しい(良い意味)作品でした。
追体験のようでいて、第三者目線にも感じる不思議な感覚です。でもめっちゃ変な汗はかきました。
震災のおかげで逃げれるってのもなんかリアルだったな…。
そう、あとね
>>続きを読む

レント ライヴ・オン・ブロードウェイ(2008年製作の映画)

4.8

カーテンコールで、オリジナルキャストも出てきてみんなで「seasons of love」を歌うんですよ〜。もうそこのアツさが半端なくて、その余韻にガンガン浸りました。
映画の時とはまた違った感じだけど
>>続きを読む

プライベート・バッカルー(1942年製作の映画)

3.8

ミュージカル映画の女性の歌声ってやっぱええなぁって思いました!
最後の子供たちのダンスはアクティブで普通に凄かったです。

クカラチャ(1934年製作の映画)

3.9

タバスコのところ、シンプルだけどンフフってなりました。笑
なんかあの布振り回すダンス初めて見たんですけど素敵ですね〜!

ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年(2015年製作の映画)

3.8

この映画のプロデューサーがうちの大学の先生で、しかも来週辰吉丈一郎さんが来るとのことなのでその予習会みたいなものが開かれてそこで見ました!

試合のところはほぼないので、この人の人間性だとかゆるゆると
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.6

画面に映る全てが可愛かった!!
んでパンパラパーンっとスタスタ流れていくスピード感もたまらん!
めちゃめちゃ気持ちよく観れました〜!
(一応)サスペンスなのにこんなにも軽い空気なのが嫌な人もいるかもし
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.1

ライブを一本見たような感覚です。
歌の一つ一つに魂が込められていて、彼女が歌を歌う意味や意志を感じることが出来ました。
また、彼女の過去なんかを見せる時も、ただ苦しくするのではなくそこから得た感情を
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.7

姉がエキストラメイクの参加をしてたってのもあったので気になって鑑賞しました〜!

これは頭使ったら負けですね。笑笑
見せられるものにどれだけテンションを合わせられるか、どれだけヘラヘラできるかの勝負で
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.3

ん〜、なんだろ。なんか順番とかが違いさえすればもっと面白かったのかなって思います。
なんか、あの怪しい長髪男性がめっちゃ最初から出てきてますけど、姿も犯行の様子も見せないでずっと北川景子と田中圭目線で
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.7

最後のあの本編には関係ない、ウサギちゃんとパンケーキのやつが一番ツボりました。笑笑
あとプリンセスがめちゃめちゃ強そうなのは、この時代だからこそ入れはったのかななんて思ったりしてます。
1の時のような
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.9

最後のリリーフランキーの不気味さすごかったなぁ…。
でもその最後のリリーさんって実はちょっとしたヒントで、あそこに出てきてた人全員が「悪」なんじゃないのかなぁなんて思ったりします。しかもそのリリーさん
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

4.6

最後の怪物に立ち向かうシーン良かった…。めっちゃ良かった…。そこでもう惚れた。
最初はパニックものなのかなと思ってたんですが、怪物は一体に絞って、そんでちゃんと家族の行動とか政府とかに焦点を当ててくれ
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

3.6

原作は、数年前にマンガ全巻読みました。

タダクニ・ヨシタケ・ヒデノリの、似ているわけじゃないけど合っているキャスティングが絶妙ですね。笑笑
話は、前半は原作と同じイベントで、文化祭のとこは結構オリジ
>>続きを読む

バトル・ロワイアル 特別篇(2001年製作の映画)

3.8

演技が臭い人が多かったのは気になったけど、でも極限状態の人をよく描けていたと思います。
もうあんな訳分からんことに突然ぶち込まれたらスっと理解できないだろうし、いざ始まっても自殺か群れるかをほとんどの
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.9

私的には超胸アツとはならなかったけど、でもそれでも全然良かった作品でした〜!
以前なんかのTVで、試合シーンのエキストラはチキンを振る舞うことで呼んだ街の人でそれで「そんじゃぁみんな手テカってるんです
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.7

ん〜〜〜!!!!なんだこれは!!
一気にテンション最高レベルまで引き揚げられたと思ったら、最後は切なく静かに終わっていく…。
しかもミュージカル。超私好みだ!!
目でも耳でも脳でも楽しめました〜〜!
>>続きを読む

ブルース・リー/死亡遊戯(1978年製作の映画)

3.6

授業で鑑賞
途中まではちょっと眠さすらも感じてしまいましたが、後半の戦闘ラッシュのシーンでは目がビッカンビッカンに開ききって観ました。
生身もあるし、色んな道具を使ったりしてたりと、戦闘の種類が色々あ
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.8

こういう英国?系のやつってすぐに頭ん中ぐちゃぐちゃになってしまうんですが、この作品ではあまりそうなることもなく見やすかったです。
こういう、女性が下に見られている時代の話は見れば見るほど「女性の方が強
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

4.7

ディズニー系は全然観れてないので、これも始めから終わりまでちゃんと観たのは今日が初めてです。
A Whole New Worldめちゃめちゃ素敵ですね〜。歌い上げてるって感じがしてすっごい好きです。
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

3.9

演技とか血などが気にはなるものの、決して駄作だとは言えないと思います。
ただ、スコアには悩みます。お気に入り度でスコアは付けているのですが、この不気味でありながら存在する爽快感は一体どういう気持ちなの
>>続きを読む

>|