Erikaさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Erikaさんの鑑賞したドラマ
Erika

Erika

映画(102)
ドラマ(28)

甘くない女たち~付岩洞<プアムドン>の復讐者~(2017年製作のドラマ)

3.6

クズ男に抑圧されていた女性らが「復者クラブ」の名のもと、あの手この手で復讐していく話。

やり返す様子が爽快なコメディドラマながらも、子供間にすらある格差社会も取り上げており、重厚に仕上がっていた。
>>続きを読む

0

サイコパスダイアリー(仮)(2019年製作のドラマ)

3.8

殺人事件を目撃した主人公ドンシクは現場から逃げ出すが、車にはねられ記憶喪失になってしまう。
記憶を取り戻す手掛かりとなるのは手にしていた1冊の赤いダイアリー。
そこには残虐な連続殺人の過程が記録されて
>>続きを読む

0

カンテク~運命の愛~(2019年製作のドラマ)

3.6

ライバルの女性達自身にヒロインを窮地に追い込む明晰さと狡猾さがもう少しあれば、更に面白くなった気が。
バックにいる父親の方が強く描かれてしまっていて、カンテク=女性達の戦いと思うと、少し物足りないかも
>>続きを読む

0

路(ルウ)~台湾エクスプレス~(2020年製作のドラマ)

4.5

台湾新幹線開通までの軌跡と国境を越えた人々の交流が丁寧に描かれており、人と人とが繋がることの豊かさ、大切さがじわじわ感じられた。
見終わった後、心が暖かくなる作品。

三話完結で無駄な場面がなくよくま
>>続きを読む

0

偶然見つけたハル(原題)(2019年製作のドラマ)

4.4

ヒロインが自分がマンガの世界のエキストラだと気づき、マンガのストーリーを変えていこうとする話。

マンガの世界が出てくる作品としては『Wー君と僕の世界ー』があるが、
それはマンガと現実の世界がリンクし
>>続きを読む

0

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)

3.9

あくまでも全うな道を進んでいくセロイが、見ていて眩しかった。

0

愛の不時着(2019年製作のドラマ)

4.9

主役ふたりのラブストーリー、ダンとスンジュンのストーリーどちらも最高にロマンティックだった。

とにかくヒョンビン演じるジョンヒョクの全てをかけてセラを守り抜く姿に胸キュン。
格好良さ、可愛さ、優しさ
>>続きを読む

0

アルハンブラ宮殿の思い出(2018年製作のドラマ)

4.2

スペインでのロケが豪華で、行ってみたくなった。

冒頭はコメディ要素もあったが、途中からひたすらシリアスな展開。
恋愛ドラマというよりはサスペンスドラマだった。

ほぼ誰にも理解されずに戦い続けるチャ
>>続きを読む

0

仮面(2015年製作のドラマ)

4.9

先の読めない展開、チュ・ジフン演じるミヌの寄り添ってあげたくなるイケメンっぷり、ヒロインの言うなりではなく状況を打開しようとする強さ、ヨン・ジョンフンの悪役演技、ミヨンの馬鹿なほどの一途さ、全てがドラ>>続きを読む

0

ボーイフレンド(2018年製作のドラマ)

3.6

ただひたすらパク・ボゴムに癒されるドラマ。

0

皇后の品格(2018年製作のドラマ)

4.0

朝鮮時代のドロドロな宮廷を現代に舞台を移して描いた印象。

非現実的な展開も多めだが、恋愛劇になりすぎず、チャン・ナラ演じるサニーが皇室に凛と立ち向かっていくストーリーで良かった。

シン・ソンロクは
>>続きを読む

0

眩しくて(原題)(2019年製作のドラマ)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジーかと思って見続けていたら、途中からアルツハイマーの話に。
身近にいるので、見るのが辛くなった。
ナム・ジュヒョクの演技は良き。

0

彼氏をローンで買いました(2018年製作のドラマ)

2.8

横浜流星見たさに視聴。
期待通りのイケメンっぷりだった。

ただ、ヒロインらの専業主婦は~、女は~という説明口調の台詞が気になった。
作品名から少女漫画的な展開を期待すると、がっかりするかも。

0

泣かないと決めた日(2010年製作のドラマ)

3.6

「いじめにも負けずに頑張ろう」という話。
当時はそういう風潮だったかもしれないが、現在では無理せず逃げた方が妥当では。
いじめる側の自己愛や嫉妬がデフォルメされて描かれており、怖かった。

最後の要潤
>>続きを読む

0

ライフ(2007年製作のドラマ)

4.7

リアルタイム以来の2度目の視聴。ドラマほどではなくても、現実の閉鎖的な学校で「見て見ぬふり」は大いにある。その問題提起もしていた点が良かった。

虐待を受けて精神破綻した猟奇的な役を、細田善彦が怪演。
>>続きを読む

0

よくおごってくれる綺麗なお姉さん(2018年製作のドラマ)

3.8

恋と仕事両方に奮闘する綺麗なお姉さんを、ソン・イェジンが好演。
ソン・イェジンとチョン・ヘインのラブシーンが非常に多いが、ロマンチックな音楽で生々しくない美しいシーンに仕上がっていた。

一方でジェッ
>>続きを読む

0

太陽を抱く月(2012年製作のドラマ)

4.5

子役時代のキャスト皆の演技が秀逸で、物語にぐいぐい引き込まれた。
子役キャストで最後まで見たかったくらい。

キム・スヒョンの演技が最初今と比べて少し固く感じたが、ハン・ガインやチョン・イルら先輩俳優
>>続きを読む

0

シークレット・ガーデン(2010年製作のドラマ)

5.0

2度目の視聴。
「人魚姫」のモチーフの扱い方が秀逸。
幾多の困難を通じて、主人公2人が「人魚姫」の結末を書き換えていく姿に感動した。

ヒョンビン演じるツンデレなジュウォンの愛に戸惑う姿といい、生涯の
>>続きを読む

0

王は愛する(2017年製作のドラマ)

4.0

父王と王妃の確執の根強さに対して、実はお互い想い合っていたという根拠は薄く粗削りな気が。
その代わり世子とソファ、リンの関係性、ソン・インの悪役ぶりとラストに向かっての哀愁と狂気は丁寧に描かれていた。

0

七日の王妃(2017年製作のドラマ)

5.0

タイトルからの予想通り、愛し合っているのに添い遂げられないヨクとチェギョンの切ない物語。
二人のお互いへの想いが強いからこそ、束の間の幸せな瞬間が一層輝いて見えた。

ヨン・ウジンは本当に時代劇が似合
>>続きを読む

0