Isseiさんの映画レビュー・感想・評価

Issei

Issei

映画(323)
ドラマ(0)

第七の封印(1956年製作の映画)

4.5

初ベイルマン。

人間は死・恐怖から逃れることはできず、その己の弱さを補うかのように神を呼ぶ

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

これは、実はサマーがもともと付き合っている人がいて遠距離とかの理由で寂しい思いをしていた時にトムを見つけて仲良くしてたけど、そんな理由があったから付き合うとかはしずにたまに突然寂しげな悲しい素振りを見>>続きを読む

エンター・ザ・ボイド(2009年製作の映画)

4.7

今まで見た映画で一番ぶっ飛んだドラッグ映画。
さすが2001年宇宙の旅を最も好きな作品としてあげるGaspar Noeの傑作

空虚だけが当てはまるテーマに沿りまくった東京での映像体験
人は死んだらほ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

The Beatlesで始まるそれだけでワクワクが止まらない
そして中盤で流れたEverybodyには本当にやられた....

Sam Rockwell絶妙にはまり役すぎ
Scarletの色味が最高
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.6

Frank Oceanが人生の一部くらい好きすぎる自分にとって最高の映画でした

自分が今までに出会ってきた音楽に乗せてすすむストーリー
感情移入しずにはいられない....

物語は、Wavesと名付
>>続きを読む

The Lighthouse(原題)(2019年製作の映画)

4.7

まじで一瞬だった...
A24恐るべし...
Robert Eggers恐るべし...
パティンソン、デフォー恐るべし...
そしてなによりも怖いのは....

神話のような構図で進んでいく話に、
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.6

評判を聞き映画館で鑑賞

チャーリーの優しさと、ニコルの強さ
それぞれの裏側が表になるときに噛み合わずそれでも向き合って前を向くとそこにいる2人
そしてなんといっても表向きの自分自身が好きなお互い。
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

4.5

イーサン・ホークがほんとに家族ものになるとはまり役すぎる...
むちゃくちゃ優しくて面白くて渋くてカッコいい
シーンが増えた特別編集版で見れてよかった

映画内で撮影してる映画の設定が魅力的すぎた
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.7

果たして何が人間として正しくいると言うことなのか。
正義の言葉が裁判で出てきたけれど、それぞれの人生の中でその正義とは一体どれほどの価値があるのか。
マフィアの中だから見える家族と個人の内面との言葉の
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

4.5

リンチに好き放題やらされるニコラスケイジ
ギャグかと思われるくらい突拍子もないリンチの頭の中のキャラクターたちが何もフィルターを通さずに無造作にどこにでも置かれてく....

リンチ大先生....

The Death of Dick Long(原題)(2019年製作の映画)

4.5

“How did they do in Pulp Fiction?”

“Called Anthony Kiedis.”

“No, they called Wolf. Anthony Kiedis
>>続きを読む

The Art of Self-Defense(原題)(2019年製作の映画)

4.5

ジェシーはやっぱりオタクなキャラなら何をやらせても細かい所まで演じきって人格を表現しきってくれるから本当に安心してみれる

ポスターが黄色の意味が分かった瞬間もう笑わずにはいられなかった...

話自
>>続きを読む

ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2014年製作の映画)

4.7

大好きなPet Soundsで大大大興奮

苦悩の果てに届かないけど常に見える楽園を共有させてくれた

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

まぁ良い映画。
だけどすごい映画とは思わない
ただの二番煎じ、そしてホアキンに全て救われてる感がひたすら伝わってきつかった
タクシードライバー見たことない人達が衝撃受けるのはタクシードライバー見て衝撃
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

4.5

今まで見たこの手の映画で一番リアルで恐怖で興奮した
でもはちゃめちゃ鬱などうしようもない恐怖だった...

Robert Pattinsonがこんなにも演技はんぱないとは知らなかった...

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.6

絶対にカップルでみちゃいけない
トリップ中の自然と共鳴してる空間はとっても不思議で美しかった

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.6

純度100%地獄。
色んな布石が序盤からあったけど正直起こってしまえばそんなのどうでもよくて純粋な人間の負の部分だけが曝け出されていく。
カラーリングと音楽が本気で恐怖すぎるし、多分このトリップ全然あ
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

4.7

惑星ソラリスを被う理性・知性をもった有機体、海。
人間の潜在意識を探り実体化する”それ”を愛し、記憶と地球を交わらせる。

タルコフスキーの中では分かりやすいストーリー展開の中で、普段共にしていながら
>>続きを読む

フェリーニに恋して(2016年製作の映画)

3.8

自分の大好きなFederico Felliniを可愛いLucyちゃんが探しに行く話

やっぱり訳のわからない中での魅力っていうのは重要で必然ですね
Fellini全作はやく観て、イタリア市街で自分もL
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

4.6

ぶっとびまくり、ぶっとばしまくり
まじで最高に面白い

タランティーノのストーリー強化版みたいな
ブラピがかっこよすぎるし、キャラがみんな爆笑すぎ
アホになって語彙力なくなる面白さ

赤い靴(1948年製作の映画)

4.7

映画という媒体の中で音楽とバレエという2つの芸術が二人の人間を通して寄り添い合う。そしてその周りのキャラクター達もそれぞれの真意の元前を向き続ける。

ここまでそれを削ぐことなく具現した作品は他にない
>>続きを読む

>|