イトーケンジローさんの映画レビュー・感想・評価

イトーケンジロー

イトーケンジロー

バカ映画!ローランド・エメリッヒ!!

映画(105)
ドラマ(0)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.0

見たかったのは最初の30分のくだり。あとはひたすらに金のやりくりにうだうだするだけ。
ただ、ビジネスを成功に導く為に華麗な手腕を振るうわけでなく、ひたすらに強引に資本でぶっ叩くやり口はとてもアメリカら
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

ホアキン・フェニックスよくもまあ、あんな苦しそうに笑うよね。

ひたすらに暗くて鬱屈としてる中に差し込まれるムーディな音楽がすごく効いてるのもあって、ジョーカーという悪を描く際の時代の設定はハマってた
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

4.0

劇場上映のアニメってだけで、無意識にクオリティの高いものを期待してしまいがちだけど、あくまでもテレビシリーズの外伝。でもだからこそいかに京アニの作品の水準が高いものか思い知らされる。むしろ今までのテレ>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.0

内容やクオリティがどうって話ではなく、子どもだった頃の記憶がそのまま思い出される感覚になって、なんてことないシーンにもなんかグッと来てしまった。
レイモンドや小林幸子の声をポケモンを通してこう改めて聞
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

ロケハンが相変わらず上手い。自分たちの知ってる場所をああ言う風にドラマチックに描いてるだけで、ひとつの価値だと思う。
お話自体は、主人公や取り巻きの直情さに若干引いてしまった。

幕引きのくだりは俺は
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

これも見てた。ディズニープリンセスのようなブランド物をあんな扱いするのは、正直いかがなものかと思った。最後ちょっと活躍させて、ただの俗でアホな連中で終わらせなかったのがせめてもの救い。
他は良かった。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

そういえば見てたから今更mark。初見ではかなり楽しめるけど、2度目を見ようとは思わない。ネタ知っててあの序盤を見るのはほとんど苦行。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

出来は決して悪くないんだけど、なんかアメリカ人は、人の視点で怪獣プロレス見せがちだよね。俺はもうちょっと神の視点でプロレスが見たいです。
あと、コングよりメカゴジラをハリウッドクオリティで見たいです。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

ネタバレ知って見てもあまりある満足感。集大成として満点以外にはありえない。あれだけのキャラクターが出てるにもかかわらず、各キャラの活躍の配分のバランスが取れ過ぎてた。(ブチ切れハルクの大暴れは見たかっ>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.0

ピカチュウが可愛い過ぎるから、あのピカチュウがいる時点で勝ち。話は大味だし、名探偵感も皆無だけど、全然許容範囲。ポケモンをリアルに描いているようで、元のデフォルメ感というかキャラ感をしっかり残しててア>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

2.5

いつもの今石中島のトリガー作品って感じで、それを望んでる人らには待ってましたって作品なんだろうけど、個人な感想としては、ガイナックストリガーの苦手な部分が詰まってて食傷した。グレンラガン付いて行けない>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.0

題材は完全に好みなんだけど、いかんせんドラマパートの部分が好きじゃない。ララランドもセッションも、ミュージカルシーンやドラム演奏のシーンみたいな題材の美味しいところは抜群に良いんだけど、それ以外の部分>>続きを読む

旅するダンボール(2018年製作の映画)

4.0

この映画の主題ではないが、ひとつの分野を掘り下げることによって、その分野への勘の鋭くなり感覚が研ぎ澄まされるということがよく見て取れる。
そんな風に物を作れるようになりたいと思った。

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.0

今年も良かった。しずかちゃんの圧倒的なヒロイン力。
宝島ってこともあって男の子感に溢れててとても好みの作品だった。
今年もクライマックスでドラえもんが無茶して、のび太がそれを助ける構図がお約束みたいに
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

テンション↗︎で鼻詰まりが治った。

前作と違って、主人公がスパイになるまでのイントロが無い分『秒でアガる。』の通り、開始早々すぐに最高調子に上がってくれて、そうそう!これだよこれ!ってなった。
それ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.0

画はすごい綺麗だけど、すげー眠くなる。
吹き替えで見れば良かったかも。
ネタやオチ自体は知ってたと言っても、眠気で途中ポアロ達が何言ってんだかわかんなくなる。

セッション(2014年製作の映画)

3.5

主人公のぬるめのルックスに相反するような狂気の沙汰が良い具合に反応してたと思う。
ひたすらにミクロな視野なのが効いてた。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.5

オーシャンズ11みたいな感じ。
続きも見たい。3も楽しみ。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

1.5

いやあ、微妙でしょう。戦いが消耗戦になってって、どんどんスケールがしょぼくなってってる。
個人戦の部分も地味だし。
素直にすげー!とか、かっこいい!とか思えるところが全然無い。
次どうすんのこれ。なに
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

5.0

これは自分の中で今年一番の作品になると思う。
ツイッターやFacebookのTLで流れてきたのを見た時から、これはただものじゃないやつだぞ。と思ってずっと観るのを楽しみにして、期待爆上がりの状態で観た
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

2.5

見事に肌に合わなかった。

長い……ワンシーンワンシーンがいちいち長い。みんなゆっくりな会話で字幕の翻訳も退屈な感じで正直見ててしんどかった。
雰囲気を味わわせることに極振りしてて何がしたいんだっけこ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

ダニエルラドクリフってすごい尻毛生えてんだね。もさもさじゃん。

今年見た映画の中で一番衝撃を受けた。
衝撃過ぎて最初頭が追いつかなかった。
そんなのありかよっ!!(笑)ってなる。いっぱい笑える。
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

2.5

大人の青春ってこういうことなんかね。
いくら大人ったって、あんなにキスシーンばっかりだとげんなりする。
原作読んでないけど、あかり役は本当に水原希子で良かったのかな。たしかにああいう女性いそうだけどさ
>>続きを読む

ネイキッド(2017年製作の映画)

3.5

とても綺麗にまとまってて、周回毎のテンポは全体を通せばストレスなく話が進んでいくし、周回毎で散りばめた一つ一つのファクターを最後の周回で全部繋げるとことか、盛り上がるところでみんなが知ってる曲が流れた>>続きを読む

>|