一花さんの映画レビュー・感想・評価

一花

一花

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)

3.9

甘酸っぱい青春恋愛モノ。
と、あなどるなかれ!
登場人物がすごーく魅力的で、観終わったあとも、じわじわ、じわじわ、あのセリフ良かったなぁと思い返す、良い作品でした。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.3

ストーリーが進むたび、子供の頃は知っていた、若草物語のエピソードがひとつひとつ蘇ってきて、胸の奥に郷愁が湧き起こり、気持ちが揺さぶられる。
あぁ、あの頃はなんの気なしに…ファンタジーのように読んでいた
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

3.8

ストーリーの描き込みに不完全さはあるものの、それもミュージカルを楽しむため!と思ったら、悪くないかな楽しかったな、と思える作品。
主役のエマがひたすら凄い。こんな子が田舎町にいるのかしら。テンポが良く
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.5

圧巻の韓国映画。
冒頭からグッと引き込まれる展開で、始まってすぐに「これは面白い映画だな」と分かる。
前半までは楽しさやワクワクでいっぱい、一転して後半(ぴったり1時間後に空気感が変わる)、身を切られ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.9

「シカゴ7裁判」がめちゃくちゃ面白かったので、関連のテーマを扱った作品を観たくて鑑賞…したものの、こちらの作品の方が、圧倒的に重たく、救いがなく、終始、緊張しっぱなしで、とにかくしんどかった。観終えた>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

4.7

後半はずっと涙腺がゆるみっぱなし。
お涙ちょうだいをねらう、どストレートな演出に、インド映画だと、なぜか完全に感情移入できてしまう、不思議。
同監督の「ダンガル、きっとつよくなる」は、マイベスト映画で
>>続きを読む

21世紀の資本(2017年製作の映画)

3.5

資本主義が現れてから今日までの、欧米の歴史をハイスピードで総ざらいできる。
じゃあ今の私たちはどうしたらいいの?という問いに答えられるほどには思考は深まらず。
すべての序章のような作品。
ともかく情報
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.9

もうひとつの1987ーーー
その時代の、韓国の空気感にどっぷりと浸かって、自分が見てきたような感覚になる。
重苦しくて、時間がすごく長く感じられる映画。(冗長だという意味ではなく)
少しずつ犯人像に迫
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.9

韓国映画の傑作。
アジョシ(おじさん)が、ただひたすらにかっこいい。
「明日を生きる者が、今日を生きる者に殺される。その悲惨さを思い知れ」
あのセリフは、一体どんな意味だったんだろう。
アジョシの過去
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.8

何も考えなくていい方の韓国映画。
完全なるコメディですが、韓国コメディは最後はかっこよくてスッキリ爽快に終わる!
楽しすぎるし大好きすぎる。

劇場(2020年製作の映画)

3.3

ちょっと単調だったなぁ。
逆に言えば、ふたりの関係の変化がじっくり描かれていて、ずるずるっとした別れの経験がある人にとっては、ものすごく既視感のある、共感できる作品なのかもしれないと思った。
すごくリ
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.8

韓国の殺人鬼もの。
「神と共に」ですっかり好きになったチュ・ジフンを観たくて。
ストーリーの後半で、何をどこまで信じたらいいのか、揺り動かされる感じが、韓国映画の醍醐味。
演技も内容もよかった。
刑事
>>続きを読む

新しき世界(2013年製作の映画)

3.7

韓国のスパイ捜査もの。
これまでいろんなパターンを観てきた気がするけど、ここまでやり切ったラストはなかった気がする。
終始、緊張がほぐれないダークトーン。

ファン・ジョンミンの演技が素晴らしい!
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.4

ドキュメンタリーのようにリアル。
だけど、しっかりとストーリーがあり、緩急があって、冗長でないので、ドキュメンタリーは苦手という人にも、映画として見てほしい作品。
どうやって撮ったんだろう?と驚くばか
>>続きを読む

>|