ichanさんの映画レビュー・感想・評価

ichan

ichan

映画(257)
ドラマ(4)

母との約束、250通の手紙(2017年製作の映画)

2.8

コンセプトはいいのに、描き方に薄さを感じた。
もっと手紙について知りたかったな。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.2

映画に「救い」を求めるか。映画は人々を救うものなのか。
いや、映画は私たちに寄り添ってくれるんだ。この作品は私たちの心の中にあるダークで重いところに寄り添ってくれる。だから観たあとは、ただただずっと辛
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.6

トトロ×ポニョみたいな話

アニメならではの人間の動きが面白くて好きだ

象は静かに座っている(2018年製作の映画)

3.0

4時間の長編作品。挑発的なロングカットに、手持ちカメラによるリアル。

これは日本で生活してちゃ描けないなあ。その生活環境が大きく影響されている。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.6

親の子供を見守る愛に感動した。

子供が主観の作品。一度決めたことはやり遂げようとする無邪気な心。子供は大人を見下している。でも、そんな子供たちに敵わないのは、彼らの親だ。親は自分の子供に無条件の愛を
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.9

「友ある者に助けあり」

観る人に希望を与える、本当に素晴らしい作品だ。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

「はじまりのうた」の監督作品か!

"futurist"「未来派」
過去を振り返らず、前しか向かない。

音楽が素敵だった。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.1

タイトルは、"Demolition"「解体」

何故、ミチェルは彼女への愛を否定したのだろう。

-分からなくなったら、一度全部解体してみることだ。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

-なぜ優しい人は、ひどい人を好きになるのは?
-それは、自分に見合うと思うから。


-僕はただ、君が幸せになってほしいだけなんだ。
-そんなの不幸だよ。

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.1

あの有名なテーマソングを聴いたらなんだかワクワクする

1984年制作ということは、あのターミネーターと同時期だったのか。CGを映画に用い始めた頃なのかな?CGのクオリティーには目を瞑るしかないが、楽
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.5

そもそもゴジラが東京に上陸した目的はなんなのだろう。

ゴジラは核をエネルギーとし、カラダから放射能を放出する。人間によって生み出された誤った化学技術の疑似化といおうか、地球が生み出した人類を滅亡させ
>>続きを読む

バッタ君町に行く(1941年製作の映画)

3.8

宮崎駿、庵野秀明が高く評価するこの作品。1941年の作品ということは、今(2020年)から約80年前の作品だ。ディズニー映画のようにキャラクター達がコミカルに動く楽しい作品だった。

庵野秀明がなにを
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.7

「脳死」
「機械による擬似的な『生きている人』」

脳死した人は死んでいるのか、それともまだ生きていると言えるのか。

とても良かった。

青とオレンジという寒暖色を一つの画面に収める色の表現が素晴ら
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.7

ロングショットが最高。
その長いショットにも関わらず、役者の演技が素晴らしい。

セリフ一言一言に、風刺的な表現があり、ベリーダークコメーディーだ。

バックグラウンドで奏でる、ドラムが物語にリズム感
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

2.8

中盤からラストにかけては緊迫感があって楽しめた。

トム・クルーズが悪役(ビンセント)を演じており、個人的には新鮮な感じ。任務を完璧に果たす完璧主義的な雰囲気とは裏腹に、家族の複雑な関係から始まり、ど
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.4

「純粋な恋」「迷い」「青」「沈み」

失恋物語。

この作品で際立つのが、「青」だ。
青には静けさ、悲しみ、冷たさ、ネガティブなイメージが多い。

しかし、アデルはその青に恋をし、熱い感情を覚える。ア
>>続きを読む

トッツィー(1982年製作の映画)

3.3

「嘘を隠すことの辛さ」「正直な恋心」

ダスティー・ホフマンの1人2役(男と女)を演じる演技力が素晴らしかった。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.7

「開放」「旅立ち」「自由」「賭け」
---------------------------------------------------------
好き。

ハイになっている時の描写は監督の個性が
>>続きを読む

>|