いわやんさんの映画レビュー・感想・評価

いわやん

いわやん

日本特撮を、こよなく愛してます。
日本時代劇を、こよなく愛してます。

映画(543)
ドラマ(0)

肉体の門(1964年製作の映画)

4.5

鈴木清順監督。
野川由美子主演。

戦争が終り、東京のスラム街でたくましく生きる売春婦達。

「せん」を頂点とするそのグループは、掟があり「男とは、タダで寝ない」「もし掟を破ればリンチ」。

そのグル
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

映画仲間が、私は絶対に見ないといけないと言われ続け、やっと鑑賞出来た作品。

普通に面白かったです。

最初のくだりで豚小屋のシーンは、「仁義」を期待させる迫力を感じたのですが、終わってみれば「仁義」
>>続きを読む

宇宙大怪獣ドゴラ(1964年製作の映画)

3.1

この作品、何回か鑑賞してやっと納得出来ました(笑)

宝石強盗のような宇宙怪獣で、クラゲのようなフォルム。

登場するまでかなり時間がかかって、尚且つちよっとしか出ない(笑)

つまり、完全なタイトル
>>続きを読む

雷桜(2010年製作の映画)

3.2

「ロミオとジュリエット」の亜流作品と思います。

お殿様と天狗の娘とのラブストーリーで、次期将軍もある殿様が田舎の山の天狗伝説の娘と恋に落ちる話です。

時代劇らしく、殺陣のシーンもあって敵役のビータ
>>続きを読む

ハッピー・フライト(2003年製作の映画)

3.2

グウィネスバルトロー主演。

実家が嫌いなドナは、早く外の世界へ出たい。それで悩んでると伝説のスチュワーデスのサリーの番組を見て同じ道を目指す。
入った航空会社は小さくて。でも、ここからだと頑張り、大
>>続きを読む

ゴジラVSメカゴジラ(1993年製作の映画)

4.0

平成シリーズで、私のお気にいりの作品。

ゴジラに人類が純粋に戦いを挑んだ内容で、昭和シリーズの遺産であるメカゴジラに着目して、スーパーXからの流れと前作のキングギドラを織り交ぜて説得力を産みだして。
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.3

午前10時の映画祭にて。

フランシスコッポラ監督。

感想として、親友と見終わったあとに二人で「重たいねー。」って言い合いました。

私の重たいのイメージは、各シーンに隙がなく、恐ろしい位に緻密な絵
>>続きを読む

るにん(2004年製作の映画)

3.2

奥田瑛二監督。
松坂慶子主演。
江戸時代の八丈島へ流された流人の物語。

過酷な生活と飢饉に左右される環境で、15の歳から島に送られて中年にもなろうとする女郎に、ある日若い男が流されてきて一緒に住みだ
>>続きを読む

おれの行く道(1975年製作の映画)

-

西城秀樹さん追悼。

主人公は大学生。
法事で実家へ帰ると、田舎からお祖母ちゃんが来て親戚一同で話し合いをしている。お祖父ちゃんが亡くなって誰がお祖母ちゃんの面倒を見るかで。

親戚は、皆揃って面倒み
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.6

レースの世界を見事に映像化した作品。

ニキラウダとジェームスハントが、世界チャンピオンを争った年のドキュメンタリーを中心に、二人の内面も取り入れて、素晴らしい作品に仕上がってます。

この年は最終戦
>>続きを読む

少林少女(2008年製作の映画)

3.1

柴咲コウ主演。

本家少林寺で9年間修行して、日本に帰ってきたリンは、道場を見て愕然。
廃虚となった道場を再建するために、中華料理屋の師匠のところに身を寄せて、大学のラクロス部から少林寺を再興させよう
>>続きを読む

花芯(2016年製作の映画)

3.2

村川絵梨主演。
瀬戸内寂聴原作。

戦争前後の頃、二人姉妹の長女の園子は、婚約者の雨宮と結婚するが、そこに「愛」はなく、子供が出来ても園子は満たされない。

夫の転勤から京都の貸家に住むことになるが、
>>続きを読む

スパルタの海(1983年製作の映画)

3.8

カルト作品。
伊東四朗主演。

公開当時に題材になった戸塚ヨットスクール自体が事件扱いになり、戸塚校長をはじめ、コーチまでも逮捕者が出て。
その流れで内容がスクールを讚美するようなこの作品は、圧力によ
>>続きを読む

海軍横須賀刑務所(1973年製作の映画)

3.6

大映が倒産して、勝新太郎が東映に初主演の作品。

新兵の志村は、海軍兵学校に入校するが、中での理不尽な上官のシゴキに反発し、上官を半殺しに。
志村は、海軍刑務所送りになるが。
そこでも、監守による暴力
>>続きを読む

亀は意外と速く泳ぐ(2005年製作の映画)

3.3

上野樹里主演。
普通の平凡過ぎる主婦は、ふとした事でスパイの仲間になる。
いつもの生活がスパイ目線になると、変化が刺激的で、毎日が変わって来る。
あと、回りの日常生活にスパイが結構暗躍してるのに気付き
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

3.1

テレビシリーズからの、映画版。
チャーリー探偵事務所の三人のエンジェルの活躍の物語。

考えようによれば、ミッションインポッシブルの女性版ですが、こちらはシリアスさが無く、エンジェル達の魅力を前面に明
>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

3.6

ロバートレッドフォードとブラットピットの競演作品。

長年CIAを勤めあげたネイサンシェアー(Rレッドフォード)は、最後の出勤日に子分のトムビショップ(Bピット)が、スパイ容疑で中国に捕まり、処刑をさ
>>続きを読む

愛の妖精 アニーベル(1975年製作の映画)

3.3

公開当時、「エマニエル夫人」が世界的にヒットしていたので、その路線で作られた作品です。

内容は、いわゆるソフトポルノ。

香港に養父と共にやって来たアニー。養父は優しいがアニーを性の対象にする。
>>続きを読む

シェーン(1953年製作の映画)

4.2

ほんとに小さい頃からテレビで何回見たか、わからない作品。

子供の頃は、テレビでは戦争映画と西部劇が多い印象があり、今は亡き父親と観てました。

久しぶりに「午前10時の映画祭」にて。初めてのスクリー
>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.6

休みでテレビ鑑賞。

前作で警備員だったラリーは、会社経営者に。
で、久しぶりに訪れたアメリカ自然史博物館では、改装の為に休館中。
展示物入れ換えで、お払い箱のそれはスミソニアン博物館への倉庫へ。
>>続きを読む

パラダイス(1982年製作の映画)

3.5

フィービーケイツ主演。
「グレムリン」と双璧のフィービーの代表作。

イギリス人のキャラバン一行は、アラブの砂漠を旅している。
その一行に、サラと言う少女が同行していて。

ある街で、ジャッカルと言う
>>続きを読む

嗤う伊右衛門(2003年製作の映画)

3.5

蜷川幸雄監督
京極夏彦原作

心に傷をもつ摂州浪人「伊右衛門」
大病を患い顔が醜くなった「岩」

民谷又左衛門の家では、岩の容姿から婿が来ず、お家断絶の危機に。
又市の紹介から、長屋で貧乏暮らしをして
>>続きを読む

カンフーくん(2007年製作の映画)

2.9

少林寺の免許皆伝の為に、日本へやって来たカンフーくん。
行きがかりの関係で、中華料理屋で最後の敵を探す。中華料理屋のお祖母ちゃんはカンフーの達人で、孫娘とその仲間と友達になり。
ある時、テレビから最後
>>続きを読む

戦国自衛隊1549(2005年製作の映画)

2.7

自衛隊が、さる実験を行った際に「実験隊」が消滅。のちにタイムスリップしている事が判明。2年後新たに救出隊「ロメオ隊」を結成して過去に送る。が、過去に着いたロメオ隊が遭遇したのは・・。

前作のリメイク
>>続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年製作の映画)

3.1

ブラック会社➡ひとつの事例として問題定義されたような作品。

IT関連も結構大変なんですね。
他の業種も似たようなもので、私も若い頃は、毎日帰宅が日付け変わってました。
当時はブラックの定義すら無かっ
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.0

お金持ちな男と、明日の食い扶持にも窮する男。
海の上での事件で、男は入れ替わりを・・。
お金と、住まいと、彼女を・・。

午前10時の映画祭にて鑑賞。

昔に観た記憶があったのですが、船の上からの展開
>>続きを読む

大殺陣(1964年製作の映画)

3.7

工藤栄一監督。
前年、「十三人の刺客」が話題になり、同じカテゴリーの作品をスケールアップして製作。

4代将軍家綱の弟の甲府の綱重を、次の将軍に後押しして天下を背後で握りたい大老の酒井。それに対抗する
>>続きを読む

ハラがコレなんで(2011年製作の映画)

3.3

仲里依紗主演。
主人公の光子は、変わった性格で「粋」にこだわる。妊婦でありながらバイタリティー溢れる行動力と、他人に対しても独特の思いやりを持つ。

その性格が成形されたのは、幼少期に親と夜逃げした際
>>続きを読む

日本一の男の中の男(1967年製作の映画)

3.6

植木等主演
1967年の日本が「いざなぎ景気」の頃に撮られた立身出世のコメディー作品。

造船会社の小野木等は、大口商談の時に、なんと自社の会長にタンカを切ってしまう。
あくる日、出社すると係長昇進の
>>続きを読む

続サラリーマン忠臣蔵(1961年製作の映画)

3.7

赤穂産業に辞表を叩きつけた大石専務は、自ら「大石商事」を設立。
赤穂産業の仇敵の吉良社長に対抗すべく、大石商事に赤穂から47人の同士が参加。
悪戦苦闘するが、吉良社長側の妨害があり、大石商事は沈没寸前
>>続きを読む

小川の辺(2011年製作の映画)

3.7

藤沢周平原作。
東山紀之主演

ある藩で、脱藩した侍を討ちに指名されたのが、その侍の嫁の兄。

今から征伐に出立しようとする時に、幼き頃からの使用人がお供を懇願する。

二人で郷里を離れて旅をし、脱藩
>>続きを読む

3-4x10月(1990年製作の映画)

3.9

北野武監督。
柳憂怜主演
ブラックユーモアの塊!
主要なキャストがたけし軍団ですが、なかでも柳憂怜がメインで無機質な若者がピッタリで。元ヤクザのマスター役がガナルカナル・タカ、魚屋のヤンキーな息子がダ
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.9

映画グループで、「午前10時の映画祭」にて鑑賞。

男女取り混ぜて話しまして、若い人は初めての映画館で、私らの世代は2度目の鑑賞。

特に2度目の人達は、以前の鑑賞は、異性と行きましたが圧倒的で。
>>続きを読む

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)

3.4

ある男が、女性観を変えて本当の恋愛に目覚めるラブコメディー。

催眠術により、それまでの「美」のハードルがなくなり、女性と接することで内面的な「美」を認識する。

現代の「みにくいアヒルの子」的なんで
>>続きを読む

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.1

北野武監督。

東京で隆盛を迎えていた組の主人公ですが、親分からの言い付けで沖縄に行く命令が。
沖縄では、組同士の抗争の手打ちを任されるけど・・。

北野武監督の初期の作品で、当時好んで使っていた技法
>>続きを読む

at Home アットホーム(2015年製作の映画)

3.4

だいたい、この設定の話はコメディーチックな作りなんですが、結構シリアスに仕上がってます。

少年の虐待シーンから、一家団らんへ。でも、父親が盗みで稼いで来る。
それを見て喜ぶ家族・・。

なぜ家族が出
>>続きを読む

>|