白いお水さんの映画レビュー・感想・評価

白いお水

白いお水

映画(421)
ドラマ(45)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

一度じゃ理解できない あと2、3回観たい。
映像と設定と緻密さと規模と伏線と、何もかもに「すげえ!」と言いたくなるのは間違いない。伏線に気づいたときにはゾワっとした、、
観た後、消耗してます。あと、ド
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.7

酒とドラッグ、規制ワードが飛び交い続けてた
クレイジーな青春と友情。エイミーがかわいい

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

3.5

ここまでではなくとも何度も経験のあるグータラ。
中学生とタマ子にふふっとなる。

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.5

本といい鎌倉といい雰囲気ある映画
みんなこういう役合うよねという配役

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.1

ダンスの結果発表の場面がすき
あんなにいがみ合ってたけど最後はしあわせでよかった

(2020年製作の映画)

3.5

「悲しんでる人や泣いてる人がいたら、抱きしめてあげるんだよ」この言葉もそれに伴う行動もすごく素敵だった
「糸」もいいけど、「ファイト」もめちゃくちゃ効いてた 名曲だ

劇場(2020年製作の映画)

3.6

永田のエゴと沙希ちゃんの無垢さが次第に掛け違っていくのが目に見えてキツイ。
共感はできないけど、とても人間くさい映画 やっぱり松岡茉優さん超いい

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

ナイル殺人事件の公開日が決まったので予習。
結末は知っていたけれどそれでも面白いミステリー。
後半にかけてのポアロの表情と真相後の乗客の表情がいい

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.9

友達や先輩のオススメ映画でようやく鑑賞
タイムイズマネーでありライフにもなってる。設定がおもしろくてワクワクする
主人公ペアがとても好みでした

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

エンターテイメント抜群でやっぱり楽しい
こっくりの成長物語としてもすごく良かった
度々出現するジャッキーちゃんを探すのがたのしい

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

映像がおもしろくて、みてるこっちまで捜索してるような感覚。
展開もハッとする感じ。
でも親の偏愛というか、お父さんの執着や混乱具合が少し合わなかった、、

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

素朴な日常のようだけど、毎日どこか変化があって一日一日が退屈せずに心地いい
節々にある個性的な部分がドンピシャにすきだった

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.4

父と子の関係の複雑さの理解が難しい。エンドロールであれ?となり、レビューをみて自分の父をモチーフにして子が演じたことを知ってまた違う印象に。
ワンダーでめちゃくちゃ注目したノア・ジュプくんが成長してて
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.2

終始「なんなんだこれは」に尽きるけど、映像センスめっちゃかっこいい
最後あのムードにもっていけたのすごい(笑)けど「なんなんだこれは」でした

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

3.4

光がとってもきれい 笑顔がきれい
どんなにおもってても、わかってあげられるとは限らないんだなあ

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

不安定でしんどい 目を塞ぎたくなる痛さがつらい
松山ケンイチめちゃくちゃよかった、、

ステップ(2020年製作の映画)

3.6

仕事と子育ての両立で不安いっぱいな中、めちゃくちゃ優しい声で子供と話すところを筆頭に節々で泣いた
まわりが優しい人たちばっかりだから、優しい子に育ったんだろうな

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.8

うーんカッコイイ!!
不死身だけどちゃんと痛みがあって過酷がある
続くのであればちゃんとみたいなあ

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.4

昔みたときよりは面白く感じた けどまだむずかしい
後半こんなにこわかったっけ?
テルーの唄とても澄んでて好き

南極料理人(2009年製作の映画)

5.0

また大好きな映画が増えた ハートフルってこういうことだ
おいしいものを食べるって本当に幸せなことで大切な原動力なんだなあ
お肉持って追いかけるシーンずっと笑える大好き

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

心にじ〜んときた
四姉妹みんながみんなを大好きでかわいい あったかさとかなしさとせつなさ全部が絶妙
ベスがピアノ弾いてる時のお祖父さんが本当にグッときた

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

実話であり本人たちが演じてることがすごい 事件を大々的にせずあくまで3人の過程なところがすごくリアルだった
最後はすごく優しい気持ちになれる

mellow(2020年製作の映画)

3.6

おだやかで綺麗 これは田中圭の映画だわ
白鳥玉季ちゃんほんと好き
告白に対して優しさがあるなあと感じたけど青木夫婦だけは全然わけわかんなかった

下妻物語(2004年製作の映画)

3.9

ロリータ深キョンとスケバン土屋アンナ ダブル優勝
どフィクションでカオスだけど、節々オシャレで人情たっぷり
中島監督作品好きしかない

ボディガード(1992年製作の映画)

3.7

名作と言われるだけあるなあ
やっぱり歌すごい エンダアアアイヤアアア

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.7

めちゃくちゃ期待してた、期待通りめちゃくちゃよかった
タップダンスの耳心地のよさ100点◎
戦争や主義や人種差別って本当に悲惨でショッキング
ダンスしてる時は無条件に境界がなくてみんないい顔してた み
>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

3.2

ハードワークの解決法がそもそも平和的 ヒロインの泣き方めっちゃかわいい

インセプション(2010年製作の映画)

4.4

ずっとヒリヒリしてて視覚と頭を消耗する み終わると頭が痛い でもそれほど集中できておもしろい 最後の最後、、、
スキーで応戦してるトム・ハーディかっこよすぎる

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.8

残虐にうまれた事件がこんなにも埋もれてることにすごく心が重たくなるし、本編の最初と最後の一文で余計にズーンってなる
チュ・ジフンの憎たらしさと不安定さがすごい
久しぶりに映画館行けてよかった

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

すごく漫画的な映画だった(漫画原作だから当たり前?)
坂口拓さんの動きがやっぱり段違いにかっこよかった すごい
長澤まさみは美 返り血浴びても美

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

4.1

それぞれのバックグラウンドがあるなかで、人との出会いってやっぱり大切だなと感じる。
オチが抜群

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.3

高速ラリーの江戸言葉についていくの大変だけど見入る 女性たちの映像の切り取り方がすごく印象的
捲し立てる大泉洋がこれぞ!という感じで最高
大泉さん、戸田恵梨香、満島ひかりの3人がぴったり

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

音楽してるときの顔がみんないい キラキラしてて素敵
屋外レコーディング一発目の路地での曲がお気に入り
スティーブがすごくいい友人◎

俺たちは天使じゃない(1989年製作の映画)

3.5

なかなか橋が渡れなくてかわいい
脱獄囚で天使じゃないけどいい終わり方

>|