イズミさんの映画レビュー・感想・評価

イズミ

イズミ

メモ。時々感想と星

映画(270)
ドラマ(0)

カサブランカス: 美女を愛した男(2016年製作の映画)

3.5

大手モデル事務所創業者のジョン・カサブランカスのドキュメンタリー
青年期エピソードがおもろかった
あとは映画や漫画のような話
ジョン・カサブランカスの功績は何だろう。モデル界に国籍的に多様な人種を輩出
>>続きを読む

パロアルト・ストーリー(2013年製作の映画)

3.0

最新版バージンスーサイド?好きなタイプの映画
音楽がbloodorabgeだから最高

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.5

話自体は救いようのない話だけど、疾走感あってよかった。
OPNの音楽が最高(全編シンセ)。さっさと坂本龍一とコラボしてほしい

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

今まで映画やテレビの中で観てきた昭和とはまた違うもので、それを登場人物達の生き様と共にエネルギッシュに駆け巡る痛快な映画だった。

グラビアや写真(素人が撮るものを含む)って今と昔を比べると別物で現代
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.0

身近に美大出身がいて話を聞く限り、この映画のまんまというか細かい雰囲気までリアルな気がする。
好きな映画な方
蒼井優がめちゃかわいい

プレイタイム(1967年製作の映画)

4.0

一見SF、ドリフターズコントのような不思議な雰囲気
英語もフランス語も日本語もでてくる
なんなんだろう都市生活での人間の動きから一人一人の人生までクローズアップしていくとコントのようなものということな
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.0

全体的にアトラクションっぽく、CGくさくなくて良い。ジーニー(躁)が時々過去のディズニー作品の音楽を流したりオマージュしてるのは面白かった

Trust me!やtell the truth!など繰り
>>続きを読む

コルトレーンを追いかけて(2016年製作の映画)

-

アツい!サマソニでカマシワシントン、フライングロータス、サンダーキャットを観る人は観るべし!

ソニーロリンズがサンタさんにしか見えなかった
ドアーズのドラムの人は信者っぽい
サンタナとか出てくるのは
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり色がすごく綺麗いい映画だった
良い音楽(舞台は62年のアメリカでビートルズ上陸直前、ボサノバが世界的に席巻していた頃?)が沢山流れてかなりロマンチックだった。
キューブリックが映画でトイレを頻
>>続きを読む

ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972年製作の映画)

3.5

ブニュエルのファンなので中古で売られているのを見つけ衝動買いした
もはや癒し。
夢のようにツッコミどころ満載で時々ほんとに笑うんだけど、全く笑わせようとしていないことからやっぱりシュルレアリスムで夢だ
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.5

面白かった。
7、80年代のアメリカB級映画をオマージュをしながらもガールズトークを入れてるのがすごい

会話にも出て来た「バニシングポイント」はUKのバンド、プライマルスクリームも影響受けて同じ名前
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2013年製作の映画)

-

自分の会社から追い出されたりなど色んな点でウォルトディズニーと被る

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.9

前知識なしでボーっと観てからネットの解説(真偽不明)を読んで面白いなあと思った。
どんよりとしてシュールな夢みたいで時間がダラダラ流れてて良い

欲望の翼(1990年製作の映画)

3.5

すごくよかった。
雨の音に合わせて全体の音のバランスが調整されていた気がする。
60年代香港、フィリピンのジャングルの描写とか随所で流れるラテン音楽がよかった。
昔読んだ沢木耕太郎の深夜特急を思い出し
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.1

黒沢清の天才さを感じた。
これはかなり清々しい反戦映画だった。(最終的に愛が武力より勝るという)
光の使い方が好きだった。原作が劇なのは頷ける。キャスト配置もすごく大衆よりで真心を感じる

この映画は
>>続きを読む

ポーラX(1999年製作の映画)

4.0

これぞ映画って感じで尖ってるし
ノイズとか音がかなり気合入ってる。
精神分析とか好きな人にはいいかも
途中ノイズオーケストラが出てきてもはや笑っちゃう
調べてみたところこの映画のラブシーン(自然光)は
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

3.8

多分ディレクターズ版?みたいなのがいいんだろうなと思った。後半遠慮なくメタファ要素みたいなのぶっこんでくる

どこからどこまでが虚構、夢なのかわからないのが凄くいい。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.1

すごく良かった
ホットドッグ食べながら観て楽しかった
放尿最高。獣医学部はやばい。

ツィゴイネルワイゼン、シクロのオマージュ?みたいなのに反応してしまった

怒り(2016年製作の映画)

3.9

原作は未読だけどかなりバランスの良い映画なんじゃないかと思った。

邦画というもの自体シリアスでグロくて人がすぐ死ぬイメージが強くて好きじゃないけど、この映画は人を信じることの難しさや儚さみたいなのが
>>続きを読む

ヴィヴィアン・マイヤーを探して(2013年製作の映画)

3.6

高松メディア祭で取り上げられてずっと気になっていたヴィヴィアンマイヤー

少し感動した

カメラというモノの簡単に扱えるというある種テクノロジーだからこそできた偉業で、なおかつその人間のクセ、身体性、
>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

3.5

観たいとずっと思っててやっと観れた。
時々強いメッセージ性と人間の本質、本能がポップにドラッギーに描かれているのが好き

音楽ファンの間ではなかなか最強の映画だと思う。山本精一はすごい
全編関西弁だし
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

-

今作も時々見直す映画の一つで年々意味がすごく理解できてくる。
ハッピーエンドでもないなと最近思った

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

-

小学生の時に見て以来時々DVDで見直してたけど、マトリックスシリーズはいま観るとすごく話がわかる。

リローデッドという題名の意味がこの2作目のネタバレであるし、シリーズの大きな柱だと思う。
毎度のこ
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.0

オープニングがかっこいい
冗長で良い
途中から悲鳴がうるさくてグロいというよりそれの辛さがある

皆殺しの天使(1962年製作の映画)

4.5

2018年の映画館始めはイメージフォーラムで「皆殺しの天使」
上映後には佐々木敦とケラリーノ・サンドロビッチのトークイベントがあった。

ルイス・ブニュエルは「夢」の映画で個人的にシュルレアリスム(超
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

音響、音楽がかなり良かった。
スターウォーズみたいになった。
正直メタルギアソリッド5のオマージュかなみたいなところがある

>|