イズミさんの映画レビュー・感想・評価

イズミ

イズミ

メモ。たまに酔った時に書いてることがあります

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

4.5

久しぶりに見たらめちゃよかった。
トランアンユンだからなのか、こんなに美しく映し出された日本が舞台の映画なんて今の時代無いと思う。
ジョニーグリーンウッドの劇伴、音楽も最高、CANとDOORSなんてピ
>>続きを読む

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(2011年製作の映画)

3.5

1部はドイツ時代の音源とか武道館の映像とか非公式のものがバンバン流れながらビートルズ現象について。
後半につれてテリーギリアムやレーサーなど音楽関係以外の人物の証言があってジョージの色んな面がわかる。
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

-

多少見応えがあるけど、ストーリーが…観なくていいかも…

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.7

2、30年代のアメリカ映画、ヌーベルバーグ、五月革命、ベトナム戦争、サマーオブラブ、27クラブなどを知ってるとなかなか面白く見れると思う。いろんなオマージュがある気がする。
舞台はジムモリソンもジャニ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

詩人とかそういった知識がないので双子とか中間韻がどうとか永瀬正敏の右手とかよくわからなかったけど、なにかしらありそう。スターウォーズの時に思ったけどアダムドライバーの声が良い。
犬がかわいい。
アダム
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

我々音楽が好きな人間は音楽を流した瞬間からこれぐらいキマってしまってるんだぞというのが説明できる映画で、所々よくわからないけど泣けた

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

-

なるべく20歳ぐらいまでには見た方がいい映画かも知れない
ガムランが流れる時、鬱っぽい笑
日本でツィゴイネンワイゼンとかスローなブキとか映画になってる年ぐらいなのにこの映画では肩パットスーツみたいなス
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.5

缶コーヒーBOSSのおっちゃんのセリフが鍵になっていると思う。ただ難しいので何回か見る必要がありそう。Jホラーのようなジワジワと感じる不気味さが良い。劇伴がほぼないのが良い。
シガーが持っていたボンベ
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.0

2、3回は見た
ジャックドュミとミシェルルグランの最強のミュージカル

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

サイドストーリーっぽかったけどなかなか面白かった。
敵役がハビエル・バルデムという役者で007の敵のイメージが強いので、またか(笑)と思った。
1番笑ったのは唐突のポールマッカートニーの出演。海賊メイ
>>続きを読む

フェリーニのローマ(1972年製作の映画)

4.0

単純に最高だった。やっぱフェリーニが好きだ。多分フェリーニの戦時中から現代(60年代末?)にかけてのローマに関する思い出やイメージのリアルとフィクション含んだ断片。憶測だけどその場でセリフ与えて無茶苦>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

-

アメリカンニューシネマの良い映画。
随所プールシーンの尺がしっかりあっていいメタファー。音楽がサイモン&ガーファンクルじゃなかったらどうなってたか…。親子丼達成期間がすこし欲しかった

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.5

これぞ映画って感じですごかった。グロさより役者の迫力がすごい。
ジョディフォスターがだんだん橋本環奈に見えてくる

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.0

80年代的ノリがキツイ。大量の蛇腹ホースでSF感とか機械感出そうとしてるのがチープで少し可愛い。派手なコマーシャルが永遠に繋がれてる感じ。でも多分また観る

スローなブギにしてくれ(1981年製作の映画)

-

原作未読。70年代と80年代の狭間って感じ。もはやSF。浅野温子で成り立ってる

殺しの烙印(1967年製作の映画)

4.0

構図とか音楽色々かっこいい
鈴木清順の映画はこれから繰り返し観るだろうなって思うことが多い
真理アンヌはウルトラマン関連で何度か見たことはあったけどまた違った凄みがあった
代々木体育がチラッと映ってて
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.0

思ったより良かった。
ストーカーの男の目が離れて描かれていて、なんだろうと思いながら見たら繋がった。
ふと、SNSで有名人がひとつひとつのリプやメッセージに返すことはできなくとも、自分の中で大きな影響
>>続きを読む

>|