イズミ

イズミ

メモ

卒業(1967年製作の映画)

-

アメリカンニューシネマの良い映画。
随所プールシーンの尺がしっかりあっていいメタファー。音楽がサイモン&ガーファンクルじゃなかったらどうなってたか…。親子丼達成期間がすこし欲しかった

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.5

これぞ映画って感じですごかった。グロさより役者の迫力がすごい。
ジョディフォスターがだんだん橋本環奈に見えてくる

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.0

80年代的ノリがキツイ。大量の蛇腹ホースでSF感とか機械感出そうとしてるのがチープで少し可愛い。派手なコマーシャルが永遠に繋がれてる感じ。でも多分また観る

スローなブギにしてくれ(1981年製作の映画)

-

原作未読。70年代と80年代の狭間って感じ。もはやSF。浅野温子で成り立ってる

殺しの烙印(1967年製作の映画)

4.0

構図とか音楽色々かっこいい
鈴木清順の映画はこれから繰り返し観るだろうなって思うことが多い
真理アンヌはウルトラマン関連で何度か見たことはあったけどまた違った凄みがあった
代々木体育がチラッと映ってて
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.0

思ったより良かった。
ストーカーの男の目が離れて描かれていて、なんだろうと思いながら見たら繋がった。
ふと、SNSで有名人がひとつひとつのリプやメッセージに返すことはできなくとも、自分の中で大きな影響
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

-

シュールで笑える時もあるし、精神分析や数列などのインテリ話とニンフォマニア話が対比になってて面白い。キリスト教とか西洋系の現代教養があるとよりいろんな切り口から楽しめそう。人間は結局本能に従ってて、脆>>続きを読む

TOKYO!(2008年製作の映画)

-

1、ミシェルゴンドリーあまり好きじゃないなあと再確認。ストーリーは良い
2、ロータスフラワーのトムヨークを思い出す
3、蒼井優とこのころの日本の雰囲気ってすごくマッチしてる

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

迫力もあるしサスペンス要素もあるしすごくよかった。
・冒頭でApple Ⅱが出てくる
・わんちゃんたちが演技がんばってる
・これ観たあとステーキを食べた

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

いい映画だった。主人公、ヒロインがほんとに素晴らしかった

最果タヒは好きではなかったけど深夜に放送してる「さいはてれび」(短編オムニバス形式で監督も俳優も毎回異なる)を観て、これに少しでも近いなら
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

4.0

西洋(合理主義)VS東洋(非合理主義) VSどちらでもない何か

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

思ってたより話の構造がシンプルな印象。いい意味でメッセージ性はなかった。多分細かく色々作り込まれてるけど押し付けがましくなく尺の長さも丁度良く、サラッと観れて良い。内容についての感想は難しいけどすごく>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

2.5

映画としてはすごいだろうけどトラウマ級にキツい。
やっぱ自分は懐古厨、レトロマニアじゃないんだな〜とホッとした。
YMOのライディーンがラジオから流れているので1980年以後だと思うけど、その辺りに2
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.0

普通に面白かった
前作をいつ観たか忘れるほどだったけど、映画を観るうちにいろいろ思い出して来た
ニセ小松菜奈ちゃんがいい味だしてる

エンター・ザ・ボイド(2009年製作の映画)

3.5

ダフトパンクのトーマが音楽が担当してるけど、ドラッギーでイルなシーンが冒頭だけなのはちょっと残念だった。
でもクラブのシーンで漏れて聴こえる音楽はしっかりハウスな感じでよかった。
人から「観ると酔う」
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます。

まあまあだった笑 もっと原作のようにウエットでグロくして欲しい。アクションは文句なしで、スカヨハの素晴らしさが発揮されてた。スカヨハで成り立ってる映画。途中で話が週刊少年ジャンプになって残念。

そも
>>続きを読む

LIVE FOREVER リヴ・フォーエヴァー(2002年製作の映画)

3.0

途中で区切りのようにマッシヴアタックがでてくるのがなんかツボだった
パルプは最高

>|