あおたけさんの映画レビュー・感想・評価

あおたけ

あおたけ

映画(194)
ドラマ(11)

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

-

1人で行った旅先で心がシンとする感じ、嫌でも無理矢理自分と向き合わされる時間、現実がどこか遠くに行ってしまった気持ちになるところ、ぜんぶがリアルでゾクゾクした。なによりビルマーレイとスカヨハが並んだ時>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

-

女子高生って最強だからもどりたーこの映画みて感動していた時期にもどりたいーひゃ〜ブルーハーツ聴いてもどるしかないみたいー

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

-

薬ってあそこまでやってもなかなか死ねないんだなあ。あとシャラメは芸術。一家に一シャラメの時代こい。

にがくてあまい(2016年製作の映画)

-

とりあえず林遣都台所に立たせとけば絵になるのでオールオッケーです

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

-

静かで質素で皮肉や風刺が効いていて暗い…超イギリス映画。タイプ。どんな終わり方が主人公にとって幸せだったかは知らないけど、アイスクリームっていいよね。

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

-

松原秀に絶対の信頼を寄せているし、面白くって基本笑ってましたが、なんか高校時代戻りたくてしんどかったのでちょっと泣いてましたね。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

-

くるりだよ、くるり。すべてはそこだよー韓国版出るので記念に見直しました。魚を焼く音が好き。

お引越し(1993年製作の映画)

-

やばすぎる、やばすぎる、ご飯が美味しそうな時点でやばいけど、後半からのエンドロールが今まで見た映画のなかで5本指に入るくらいにやばいすき。かけぬけた。おめでとうございまーーーーーーす!!!!

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

映画見てボロボロ、本読んでボロボロ、また映画見てボロボロ、計3回泣いた

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

-

この監督によるブシェミはいつもすごいいいブシェミ。かわいそうなブシェミ。大好き。昼なのに夜感でる。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

-

こんなことまじでできるのかなって今でも気になっている。あとこのトムハンクスめちゃくちゃ好き。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

-

主人公ふたり、名前なかったってエンドロールまできづいてなかった

Les Tuche 2 - Le rêve américain(原題)(2016年製作の映画)

-

全編友達の英訳(口頭)により鑑賞…フレンチジョークみじんも分からんかったけど楽しい映画

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

-

これで卒論書こうかな…ヤバいかな…なにを分析しても無駄な気もしてしまうな…てかこれいつみたっけ!?深夜テンションのときだったっけ!!!!

シャロウ・グレイブ(1994年製作の映画)

-

ユアンマクレガーってあんなカッコつけてて超最強にみえるのにちょっとダサくて、好き

グーニーズ(1985年製作の映画)

-

まじでキッズたちすっごいうるさいんだけどかわいい。むかしはマイキーしか見てなかったんだけど、今はデータ推し。あとこういう冒険系のデブキャラ大体ドジっ子で何だかんだそれが功を奏すよね。たのし〜!

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

エンドロールよかったなーものづくりへの愛あふれてた

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

-

ディズニーぽくないって思ったけどちゃんとディズニーだった(?) インターネットによって与えられたものが結構リアルで、なんか、30年後とか40年後にみたらおもしろそうだな

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

-

そういえばこの前エディンバラでロケ地巡りをした!変わらないっていいこと?わるいこと???まあどっちでもあるんだろうな。あと要所要所で1作目への愛を感じる。スパッドは相変わらずいい奴で応援しちゃうよね。>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.7

ハリーポッター愛。魔法愛。ラブが突然すぎて不自然とかおいおいオブリビエイト雑だな!とかいろいろあったけども、バックグラウンドがちゃんとしてて、ここから私たちの知ってる魔法界の歴史にきれいに繋がる感がた>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

-

ハンナマリー、skinsとキャシー役かぶり嬉しかった。今回は拒食症じゃない方のキャシーだった!!サントラとグラスゴーの街が最高。主人公がもう困ったくらいメンヘラだったけど音楽とファッションでおしゃれな>>続きを読む

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(2009年製作の映画)

-

やっとみれた!リバプール!!!どこもかしこもリバプール!!冒頭のセントジョージホールの前走ってるシーンからテンション上がった!!でも作り物じゃなくて、実在した1人の人生なんだよねすごい

ジングル・オール・ザ・ウェイ(1996年製作の映画)

-

赤と緑!クリスコロンバス!!クリスマスだったー!!!!!!!すき!

17歳の肖像(2009年製作の映画)

-

主人公の気持ちがわかるうちはわたしもまだまだ若いんだなって思った。最後、階段に座るジェニーのこれからの可能性に満ちた輝き、凄すぎてないちゃった。年上の世界やパリに憧れるの超わかるけど、わかるけど、、も>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

展開めっちゃはやかったの気のせい?気づいたら成功して気づいたら恋してて気づいたらサーカス燃えてた、気づいたらザックエフロン死にかけて復活して踊ってた。??、??映画としては微妙だけどパフォーマンスはす>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

-

アメリカアメリカしてた!ぶっちゃけXmenのふたりが1番かっこよかった

サブマリン(2010年製作の映画)

-

サントラが良すぎてイギリス青春映画的ミュージックビデオ感すごい。こんなん5年前くらいに見てたら中二病になっちゃってた、かわいい。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

2回みた。ちょう泣いた。イギリスでみれてよかった。客層が高めだったんだけど、この人たちはリアルタイムでクイーンを観てたんだろうなって思うと羨ましかった。みんな泣いていた。この国がとても好きだと思った。>>続きを読む

>|