華麗なるディカプリオさんの映画レビュー・感想・評価

華麗なるディカプリオ

華麗なるディカプリオ

19の大学生。夏季休暇に映画にのめり込む。レビューというよりはただの記録。主に洋画。

映画(37)
ドラマ(0)

アビエイター(2004年製作の映画)

3.8

とりあえずディカプリオに実話やらせたら間違いない。富豪って役柄も満点でぇ!

映画家でありパイロットであり航空会社の社長であるハワードは完璧だ。と周りは思っているが強迫神経症に苦しみながら生きていた。
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

4.2

Amazonで映画を探しててドウェインとケヴィンハートを見つけた瞬間にこれはおもろいやろ思って観ました。
おもろいです!!!

僕がドタバタワイワイって感じの映画が好きっていうのもあって高評価です。
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8

まず思ったのがおいおいおいおい!!ベラトリックスやん!!と。。。
ハリポタは小学生の頃から大好きだったので若い時のヘレナボナムカーター魅力ありました。

題名の通り男たちが殴り合いをするファイトクラブ
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

2.8

バットマン始めて観たけど思ってたほど面白くなかったしなんとも思わなかった。

この映画に関してはジャックニコルソン演じるジョーカーもなんか違う気がする。

ってことで終わりです

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.5

悪役のウィレムデフォーって様になりますよね。。。かっこよすぎる。

成功者だと自負し金があるから偉いと思い込む勘違い男のマネージャー腹立ちます。結局自分の力で何もしてませんww

マイケルパレとウィレ
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

証券マン、イケメン、ムキムキ完璧な要素しかない人間である主人公。
唯一の欠点は嫉妬心。この嫉妬心が尋常じゃないほど凄いww

新しくした自分の名刺を見せて他の人の名刺が自分のよりイケてたから殺すっての
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.9

ジムキャリーのぶっ飛んだ表現力はこの映画にぴったしだと思う。
子どもの切実な願い事によって1日だけ嘘がつけなくなってしまったやり手弁護士のジムキャリー。
弁護できない状態で裁判を迎えたジムキャリーが焦
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.0

最後の最後のどんでん返しまではまぁまぁ退屈だった。
まぁ最後のどんでん返しも昔の映画とあってなかなかクオリティ低めの変装にコメディ調の動きで登場し笑った。
初の白黒映画でした

ミザリー(1990年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やっぱりサイコホラー1番こええってなる映画だった、、、おばちゃんが怖すぎる

有名作家を事故から救った看護師おばちゃんは自宅に運び看病する。
そのおばちゃんは作家の著名作であるミザリーという小説の大フ
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.8

まぁまず最初にあああああ!!!!!これチャリーとチョコレート工場で観たで!!!ってあれがオマージュだったことに今更気づいた。まぁあれを観たときは小学生だったんでそりゃ気づかんわなと。

SF映画の金字
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

開始からずぅーーーっと連邦捜査官として動いていたディカプリオ。
孤島の精神病院で起きた事件で暴かれていく謎によって黒幕はぜーーったいに院長や!ロボトミー手術してんで!って思ってたんです。。。
どんでん
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

放映開始1時間弱なんや?この映画。話の繋がりがめちゃくちゃで意味わからんミスった、、、と思ってた。。
エンドロールが流れ、また新しい話が始まった。この映画は2度始まるってこう言うことかと。
そこから怒
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

〝午前10時の映画祭〟に行ってきた!!

ベトナム戦争といえば枯葉剤ってイメージがあったけどこの映画にはその描写はなかった。
むしろアメリカ軍内の集団心理に重きを置いていた。軍人としての善悪の判断がつ
>>続きを読む

マッドマックス/サンダードーム(1985年製作の映画)

2.8

いやあ、、なんか急に面白くなかった。印象にも残ってないくらい。。って感じで画面を見つめていた

マッドマックス2(1981年製作の映画)

3.8

荒廃してた!!!北斗の拳だった!!!
核落とされてもし生き残ったらガソリンを巡ってあんな風に抗争するのか、、、
核が落ちても謎にケツ丸出しのコスチュームなんて着たくねぇ!!!
どんどんわいわいがやがや
>>続きを読む

マッドマックス(1979年製作の映画)

3.2

北斗の拳の基となったって聞いて観たけどまだ普通の世の中を生きる警官と暴走族の話だった。
核が落とされて荒れ果てるのは2作目かららしい。
次作に期待って感じだった

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.4

なんかシリーズが進むたびにやることがぶっ飛びでド派手になっている。1作目が最高すぎたがために、、、
侵入、変装、スパイ道具などド派手さはないけどザ・スパイって感じの初期の頃に戻って欲しい。今更戻ったら
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.0

歳をとり風格も際立ってきたマイケルはファミリー内での抗争に頭を悩ませる。3シリーズを締めくくるファミリーの衰退とこれからの未来をうまく詰め込んだ一作だ。3作通して面白いけど人の名前多過ぎた大変だった

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

父の死をきっかけにドンとなった三男のマイケル。前作では有力者を裏から支援し信用を得ることで絶大な権力を誇っていたが、マイケルは自ら表社会に姿を現し権力を維持しつつ誇示していく。車爆破されて奥さん死んじ>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.2

言わずと知れた傑作。三作品でスピーディかつマフィアのあり方や変化、一家の衰退を描いた作品。part1はドンの風格がまさしくドンッて感じでかっこいい。人の名前覚えるの大変だった

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.0

んんんーーーイマイチだった記憶が、、1ヶ月くらい前に見たからイマイチ内容も覚えてねぇ。僕にはあまりハマらなかっただけでしょう

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

4.0

1を観てからそりゃまぁおもろいやろ!!って感じで観たけど期待を裏切らず面白かった。1のが面白いと思うけど、、まぁ基本的にシリーズ物は1が最高だと思ってる(ハリポタは除く)。今作もお婆ちゃん達に癒されま>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.2

七つの大罪をなぞらえたサイコサスペンスだ。人が死へとつながる欲求だとキリスト教で訓えられる七つの大罪を殺人によって伝えるといった矛盾。その矛盾が狂気的でよかったりもするのだろうか。モーガンフリーマン好>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4

ドラッグ中毒の若者の苦悩と成長を描く。ユアンマクレガーの最高にかっこいいスキニージーンズ姿がよい。ドラッグ漬けのイカれた姿も妙にかっこいい。19の私はかけ離れた生き方をする主人公にある種の憧れのような>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

他人の夢に入り込み情報を盗み取ることを生業とする主人公と仲間たち。ターゲットは夢で情報を盗まれないために訓練を受けていた。深い階層へと潜り込むことによって目覚めることができないかもしれず死の危険性と隣>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

若者の行き過ぎた暴力、SEX、ドラッグをこれまでかというほど映し出した映画。犯罪者を対象とした洗脳治療に対する批判など考えさせられる点が多い。この時代のアメリカの若者が生み出したナッドサット語は劇中で>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

とにかくウーピーゴールドバーグが面白い。爆笑とはならないが常に笑かしてくれる最高の映画だ。シスターのお婆ちゃん達が歌うシーンは微笑ましくかわいい。ノリノリな歌、しんみりした聖歌を迫力のある聖歌隊が歌っ>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.0

マフィアに潜り込んだ警察と警察に潜り込んだマフィアって見出しだけでウキウキさせられた。作品自体は面白い!!!と絶賛するほどではないが普通に楽しめる。なんせ好きな俳優のジャックニコルソンが出てるので贔屓>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

〝午前10時の映画祭〟へ行った。ミュージカル調なのはあまり好みではなかったのだがこの作品は楽しめた。学内1の不良と清楚な転校生の恋の話だが昔の映画ってこともあり不良の雰囲気も今と違ってかっこよかった。>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.2

頭の良すぎる学者がとことん研究を突き詰めるとこのようになるのか、、、、自ら作り上げた空想で生き周りに理解されず孤独の苦悩に満ちた学者の物語だった

エスター(2009年製作の映画)

3.5

ホラーの中ではサイコホラーが好きなんでまあまあ楽しめた。後半正体が暴かれていってワンシーンごとに狂気さが滲み出てる。ゾンビや幽霊なんかよりも生身の精神病を患った人間が1番怖い、、、

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ジムキャリー作品の中で1番のお気に入りだ。生後からの人生を全世界生中継で放送され、作り上げられた巨大なセットだと気づかずに生きる主人公とそれを番組という解釈で放送するテレビ局、娯楽として観る視聴者の関>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ピカソ、ヘミングウェイ、ダリなど著名な芸術家たちが生きた時代へと現代を生きる脚本家が0時の鐘とともにパリでタイムスリップする。芸術家たちを知っていたこともあり、亡くなった芸術家たちとの現実的でない出会>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

天才詐欺師のディカプリオとFBIのトムハンクスの追いかけっこ映画である。この作品はディカプリオの作品の中で1番好きだ。なによりも実話であることにとんでもない天才は実在するんだなと詐欺、変装、逃亡とハラ>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この作品におけるディカプリオはおじさんになってるなと思ったがタイタニックを観た後だったのでそれでもかっこいい!!正体不明のギャッツビーは周りが想像する完璧で人生を謳歌している人物像とは異なり昔の恋人を>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.8

夏季休暇中に名作をいっぱい観ようと思いまず最初にリストアップしたのがタイタニックだった。19の自分にとってディカプリオは年を取り少し太った俳優というイメージだったがこの作品を見て衝撃的だった。とにかく>>続きを読む

>|