ジャックシューチャーさんの映画レビュー・感想・評価 - 8ページ目

ジャックシューチャー

ジャックシューチャー

映画(280)
ドラマ(3)

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.0

気軽に観れるし、おもしろいし。
でも特大の話題作ってわけではない。
こうゆう映画大好き!

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.0

オバケ屋敷エンターテイメント。
死霊館シリーズはどんどんコメディ化してるところがあり、その線は指示したい。

リトルデビル(2017年製作の映画)

3.0

これはオーメンのパロディになるんでしょうか。
エドガーライトリスペクトな編集は好感が持てるし、悪魔の子かと思ったら実は、という変化球な展開に逃げることなく、文字通り悪魔の子!とストレートに振り切ったと
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

1.0

理解を超えた未知との遭遇に人間の心理はどう働くのか、どう行動するのか。
メッセージまたはプロメテウスのような映画にしたかったのだろうけど、モンスターパニック・心理サスペンス・ホラージャンルのピントが合
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

4.0

第一次世界大戦のドキュメンタリー映画。
100年前の映像をまるでリアルタイムかのように擬似体験させてくれる、驚異的なテクノロジーで再現された映像がとにかく圧巻!
空気感というか、においも伝わってくるよ
>>続きを読む

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

3.5

ブレイキングバッドはウォルターホワイトの終焉を完璧に描き切ったが、ジェシーピンクマンは消化不良だった。
そのジェシーのその後を描いた映画。ドラマファンならば満足必至の出来。

ワインは期待と現実の味(2020年製作の映画)

2.8

僕のような一般庶民には手が届かないし、想像もつかないような、ワインのソムリエという世界。
それに父親との確執、母の癌、恋、夢、などを絡めて、
普遍性と親近感を持たせて見せてくれます。

この手の映画の
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.0

10年程前の映画だが今のコロナの状況とこの上なくリンクしている。
映画として、サスペンスとして極上のエンターテイメントになるほどの事が、今実際に起こっていると思うとゾッとする。
全てのシーンが恐ろしい
>>続きを読む

ウルフ・オブ・リベンジ 復讐の狼(2019年製作の映画)

3.0

これは最高の自己発見ムービー!

ただし舞台はヨーロッパでもハワイでもなく、
腐敗と暴力と殺人にまみれた地獄のような刑務所!
いわば「刑務所地獄巡り」ものです。

主人公はそこで命を狙われて、
何度も
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

第二次世界大戦下のイギリス国王の話だが、
トラウマの克服、
コンプレックスの克服、
自分自身の弱さとの戦いと、
誰もがしっかり共感できる作りになっていると思います。

諸々の克服を遂げることによって主
>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

-

これまで星の数ほど作られてきたラブコメ、ロマコメの様々な要素をぶち込んでパロディにした映画。

ジャンルに対する皮肉性、批評性をもっとブラックかつ前面に打ち出し方が自分的には好みかな。

魔法にかけら
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

-

この映画はドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムのブロマンスぶりが最大の見どころだと思ってます!

この2人、劇中でずっと罵り合って憎み合ってるはずなのに、
とにかくずっと一緒にいる。
寝る時
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.5

極上のミリタリーアクション!

キャラクターの描き込みはそこそこにして、
全編アクションに徹しているところが潔い。・
「いかにおもしろいアクションシーンが撮れるのか」というアイデアを片っ端から試してる
>>続きを読む

ハイスクール・ミュージカル・ザ・ムービー(2008年製作の映画)

3.5

大好きなシリーズ!
全体を漂うやり切った!
満身創痍(爽やかな)!
こんな雰囲気が感動的!

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.0

ドタバタコメディに振り切らず、妙にリアルな痛々しさというか、ちょっと癖のあるコメディだったかな。
おもしろかった!

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.0

脚本の完成度が高いというのと、ラストのどんでん返しがとにかくインパクト強かったけど、今観ると2時間サスペンスドラマっていうような感じがしてしまいました。
おもしろいことには変わりない。
極上の2時間サ
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.5

オープニングのパルクール鬼ごっこアクションが語られがちですが、僕は何と言ってもポーカーシーンに痺れます。
シンシナティキッドばりの名シーンだと思います!

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.5

見所は若かりし頃のケビン・コスナーとアンディ・ガルシアのカッコよさとショーン・コネリーの渋さもですが、何より極悪アル・カポネを嬉々として実に楽しそうに演じているロバート・デニーロの名演は必見です。
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.0

「007映画かくあるべし!」と評さざる得ない凄まじい傑作。

名匠ロジャー・ディーキンスによる撮影がとにかく美しい。
この映画、ジャンルはアクションエンターテインメントなんだけど、アート映画かと見紛う
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

3.5

人はそれぞれ自分だけのロマンを持っている。
ロマンを持つことの大切さを教えてくれる最高の物語。

アフター・アース(2013年製作の映画)

3.0

ウィル・スミスの「俺が考える息子の育て方!」をそのまま莫大な予算をかけて映像化したような、最強のウィル・スミス式子育てムービー、そう形容せざるを得ない内容(褒めてます)。

映画の中で親子を演じている
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.0

オープニングの長回しアクションが最高!
あれが映画を食っちゃってるんじゃないかってくらい。

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.0

サムライミ版のどこかファンタジックな世界観から一転、甘酸っぱい現代リアル青春ムービーのように仕上げたマークウェブの方向性は正しいと納得できる。

SR サイタマノラッパー(2008年製作の映画)

4.0

登場人物たちのゆるいやり取りがとにかく笑わせる。重要なライブが決まっても(あくまで本人達は重要だと思い込んでるだけだが)具体的に何をしていいかわからなく、とにかく気持ちだけが昂ってる、そうゆうところが>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.0

韓国映画は興味の持たせかたが抜群に上手くて、むしろそれに特化してると言ってもいいんじゃないかと改めて思わされました。「なんでこうなるの!?」「いやいやこれどうなっちゃうの!?」中盤の驚異的なアクション>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

4.0

年に2〜3回観直す大好きな映画。
大仰な音楽にのせて始まるオープニングからもう最高!

この映画は賛否両論あるけど、僕は圧倒的に支持します!

完全に社会からドロップアウトしてる主人公、
その名もジャ
>>続きを読む

|<