saecoさんの映画レビュー・感想・評価

saeco

saeco

映画(801)
ドラマ(3)

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.4

映画としては長い。けどわたしは結構好きだった。

前作を忠実、丁寧に作ってるのは事細かに感じられたし、シャイニングを観てない人がふらっと観てもなんとなく分かる状態になってる。
ドクタースリープからのシ
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.3

美しいし結構いい描写多いんだよな~エンディングがビービーレクサだったのが残念。
絶対1のOnce Upon a Dreamのがよかった。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

スタジオA24作品のひとつ。
最近ハマってるんだよなーここのスタジオ作品。

以前ジャケミスしてマロンボーン借りちゃってとんだシーツ違いしちゃったけど(マロンボーンはマロンボーンでいろいろすごかったけ
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.6

結構西部劇観てきてるけどこんなエンディングを迎える西部劇あるんだ。って思ったタイプ。
配役、原題ベスト。

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.7

原作を丁寧に再現していてとても素敵な作品だった。
入れ歯云々のエピソードが映画ではなかったのが悔やむ部分だけどよかった!

原作の方もとってもいいのでおすすめです。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.9

よかった!
こういう類いの作品よく観てるけどこういう設定はなかったし、シャーリーズ・セロンだから沈まなかった作品でもあった。

いろんな意味で観るべき。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.2

どうせこれやっちまったB級作品でしょ?って思ってたけど始まればそんな匂い全くせーへん。笑
話読める単純さに背中を押され、アホみたいに心通ってくるおさるのジョージとドウェイン・ジョンソンを応援してしまっ
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

へえ、次作も観たい。ってまず思った。
あとは何も考えずにアリータとグリーン・ブックをレンタルしたためマハーシャラ・アリ祭りになったっていうどうでもいい記録笑
マハさん品があってかっこええ。

個人的に
>>続きを読む

キス・オブ・ザ・ドラゴン(2001年製作の映画)

3.3

リュック・ベッソンらしいシナリオの中を硬派なジェット・リーが振る舞うことで作品全体がいい雰囲気になってる。
リュック・ベッソンの良くも悪くもちょっとお下品なアクション映画が締まる。脚本だからかな。これ
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.6

これ最新3作の中で一番熱かった!

ソフィア・ブテラがアクションで異彩放っててかっこいぃ。
惜しみなく使われていて感謝しかない。

しかしまあ、脚本サイモン・ペッグってところもミソ。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.7

読み手をミスリードさせる"僕"という存在がほんとにすごい。
すっごいけどもうちょっと歳とって人生に胆が据わった頃にもう一度観たいな、作品の真髄まで読み取れなかった。笑
フィンチャーっていつも創造を超え
>>続きを読む

スター・トレック(2009年製作の映画)

3.4

スタートレックほとんど覚えてなかったからもう一度。
あれ、全っ然覚えてないやって感覚のまま、ほぼ初見並な心情の震えまで感じエンドロール。ごちそうさま。笑

振り返ってよかったなって思った収穫は、ゾーイ
>>続きを読む

Ray/レイ(2004年製作の映画)

3.5

レイ・チャールズの伝記映画。
ジェイミー・フォックス × ケリー・ワシントンの夫婦役なんかこれ初めてじゃないなと思って調べたらジャンゴのふたりだったー!
ここでタランティーノのキャスティングに震わせら
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.7

ジョーカーのオマージュ作のひとつ。
確かに軸の部分めちゃくちゃオマージュされてたな。

ラストの結末は受け取り方で変わるな~。
スコセッシの作品霧かけたまま終わるもんな~ということで、自分のいいように
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

この世界にある言葉だけでは足りないほどにたくさんの感情が沸き起こりました。

ありがとう、SW。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.9

いやー、予想外。泣いた。笑
1が人気作になったから続編を作るって場合は大抵前作を越えられないのがいいとこなんだけど、2のがいいっていう手応えを感じることがまずビックリ。

エルサが馬(厳密に言えば馬で
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

最近のSNS映画の中ではかなり作り込まれている部類でおもしろかった。

ミステリー要素強め。

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.2

そんな都合よくイケメンのバークリー男が隣に来るわけないじゃないか。ふざけんなよまじで。w

いやー、ダメだわ、こういうの。笑

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.6

ジョン・デヴィット・ワシントン、デンゼル・ワシントンの息子なのか。
アダム・ドライバーよかった。

実話ベース。70sの人種差別をポップに描いていた。
スパイク・リーは長年くすぶってたけど今回よかった
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.7

これはネタバレ厳禁作品だ。
ほんとに何も知らずに観てほしい。

セルシオ・G・サンチェスこの人すごいかもしれない。
精神的苦痛がすごい。笑

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.1

空気感、展開共に他にみない作品。
北欧の冷たい印象がこんなにも前向きにはたらく作品を他に観たことがない。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.4

脚本ゲイリー・ドーベルマン
ジェームズ・マカヴォイ×ジェシカ・チャステイン

気持ち悪さとコミカルさがバージョンアップしていた。
ペニーワイズの正体が判明。
相変わらず薬局の女には笑える。

>|