おやすみませんさんの映画レビュー・感想・評価

おやすみません

おやすみません

映画(61)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

恋のしずく(2018年製作の映画)

3.2

日本酒の香りどころか
味さえも伝わってくるような
そんな気がするのはなぜだろう

温度の違いで味わいも変わる
ワインのように種類によって
合う料理もそれぞれ違ってくる

グルメ映画ではないのに
美味し
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

温かい気持ちになりました

でもアイデア的には
私には斬新さは感じませんでした

こんなに騒がれている理由が
あんまり分からないですねー

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.0

ちょっと内容的には苦手
でも長い尺を
全然長いと感じなかったのは
作品にのめり込まされてたって事

初映画の寛一郎に◎

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

4.8

温かい作品
定期的に観返したい作品かも
この役にエライザちゃん
とても似合ってた気がする
そして渋川さんがいいなー

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.5

テレビシリーズ全部見てる人には
最高のプレゼントな気がします

ちょっと鼻につく演出
ヒーローの中のヒーローみたいな
あれはちょっと引いた

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

面白かったからさ
ダレることもなかったし
それぞれに見せ場があって
満点でいいです

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

2.7

メイキングを見ると
「あぁ…そういう姿勢で作ったのか」
と納得

作り手が楽しく撮ってても
観る側が楽しいとは限らない

世界観を楽しみながら
撮影に挑んでいる役者もいるので
その人の芝居は見てて楽し
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.5

CMみてそっち方面なのと期待して観に行った人は騙された〜って思うかもだけど、あれだけ笑わせてくれちゃうと不満はないんじゃないかな

一緒に観た友人はちょっと泣きそうだったらしいけど私は全く
とにかく清
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

松坂桃李のパチンコ屋での「いざっ!」って表情が好き

阿部純子がまさかの◯◯

熱量ハンパない作品

広島弁のイントネーションは全体的にもう少し頑張ってほしかったのが本音

西遊記 ヒーロー・イズ・バック(2015年製作の映画)

2.5

色々な意味で見え辛く感じた
作り手の気持ち的にも画的にも

90分弱の尺が随分長く感じられた

西遊記がどうとかいうよりも
フルCGのアクションものを
楽しもうと最初から挑めば良いのでは。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.8

小さな子供から年配の方まで
幅広い年代層に楽しめる良作

何の予備知識もなく
日本語吹替版を観たら
日本人が作ったと思う人も多いのでは

制作陣の外国の方々からの
日本への愛をひしひしと感じ
感謝の気
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.8

台詞のテンポが良いのか
画角的に心地良いのか
スクリーンに観入っている自分に気付く
落ち着いてしんみり体に入ってくる
1番は菅田将暉と桐谷健太の演技力なんだろうな

話が進むにつれ
感情的には落ち着け
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.5

この映画の感想に小難しい言葉はなんだか不似合い。それくらい真っ直ぐな映画。

めちゃくちゃ嫌な事があっても明日頑張ろう!と前向きになれるような。流れ落ちる涙が体の中のイヤなものを全部洗い流してくれるよ
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

5.0

観終えた時
この点数しか頭になかった

此処はこうして欲しかったとか
この演出は好きじゃないなとか
批評的な観方なんて
一切する気も起きず

138分間
唯々作品の世界に浸りっ放し

最後にファンの皆
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

まだ記憶に新しいボストンマラソン爆破テロ事件
観ている間、胸の真ん中にあったのは、テロリストへの怒りと、犠牲者を悼む心でした

爆破直後の凄惨な現場や救命治療にあたる病院内の様子はとても生々しく、目を
>>続きを読む

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

4.0

劇場とNetflixで同時公開されるんですね
家で好きな時に観れるのは嬉しい事ですが
これはなんとか時間作ってでも
ぜひ劇場で観ることをお勧めしたいレベル

重力子放射線射出装置を放つシーンなんて
>>続きを読む

たたら侍(2017年製作の映画)

1.5

 好き
○どちらでもない
 嫌い

 感動した
○感動しなかった

 共感した
○共感しなかった

 笑えた
○笑えなかった

 泣けた
○泣けなかった

 眠くなった
○眠くはならなかった

 面白
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.8

『ラ・ラ・ランド』が大好きで何度も何度も観てる方の中には今でも「どうして『ラ・ラ・ランド』がアカデミー賞じゃないの?」って人もきっといるのでは。でも『ムーンライト』を観たらきっと「あ…うん、そうかも知>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.5

観終わって映画について
物凄く誰かと話し合いたくなる

面白い面白くないではなく
また観たいかそうでないか

私はまた観たい
そして原作にとても興味が湧いた

観終えた直後は
さして強く思わなかったが
>>続きを読む

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

2.5

ティーチインありの試写
市井監督曰く感じたままを述べてほしいとのことなので遠慮なく(監督自身、納得のいっていない部分があるのではと邪推)


小春役に新木優子はパーフェクト
屈託のない健康的な笑顔
>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.3

国や地域による人間性や慣習の違いで思い入れや共感度の違いは大いにあると思うが、少女の決断や力強い行動力は、観た者を鼓舞させること間違いなしと信じています。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.2

ザ・エンターテインメントって感じ

庵野秀明が好きな人は「ありがとう」って思うんじゃないかな

楽しめました

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.8

「あなたは最悪のラストを期待する」

観た者から言わせてもらうと、予告編のこの言葉を考えた人間は最低なクソ野郎だなと思ってしまう

小栗くんの終盤の冷蔵庫の前での演技が物凄く良くて、観ているこちらまで
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

4.0

溢れんばかりの愛おしさ

メリル・ストリープの音痴具合が絶妙すぎて逆に流石だなって思わせる程

ヒュー・グラントの眼差しがとても暖かくてこちらまで温もりが感じられる

専属のピアニストの顔芸が見もの
>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.9

ツッコミたいとこも説明不足もやまやまだけど案外許せるレベルですわ

登場人物多め
のほほんとしてるとついて行けなくなるかもなので注意
だってイケメン多し似た顔多しなんですもの

マフィアとかMI6とか
>>続きを読む

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

4.8

観る前はね「ターザンてあれでしょ。ア~アァ~のやつでしょ」くらいに思ってたんですよ。そう。全然期待してなかったんですよ。でもね。途中から「あれ、あれれれれ」みたいな感じで。終わりの方の大草原でドドドド>>続きを読む

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

3.5


最初ちょっと戸惑います。
どういうふうに観ていけばいいのかと。
でも
「…あっ!」
となんとなく分かります。

どうして実写化したのかな?
いっそアニメで撮れば?!
いやいやオールCGで!?
そんな
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.9

上映開始後しばらくして「あぁ、これ制作費あんまりかかってないなー。かかってるとしたら役者さんへのギャラかなー」などと思っちゃったのですが、観ていくにつれ、脚本を読んだ役者陣はギャラ低くても良いから出し>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

5.0

劇団イキウメの舞台『太陽』は残念ながら観たことがなく。一昨年の蜷川幸雄さん演出の『太陽2068』も残念ながら観れず。でも、年に数本は必ず舞台を観劇する身です。

劇場に舞台を観に行く方は、あの冒頭の演
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.9

二階堂ふみさんが本当に可愛らしい金魚のよう。

効果音も少し間違えるとチープなギャグ映画に思われてしまいそうだけど、絶妙に室生犀星さんの不思議な世界を表現してくれている。

劇中に吹く風がとても自然で
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

各ボクサーの紹介の仕方、格闘ゲームのそれみたいであれはあれでいいかもと思うけどちょっとチープな感じがして、もう少し捻れなかったかなと感じた。感動作品なのにちょっと勿体ない。それ以外は文句ない。ロッキー>>続きを読む

劇場霊(2015年製作の映画)

2.5

アイドルが主役だからあまり衝撃的な事はさせられないとか考えてマイルドな仕上がりになったのでしょうか。。正直怖くなかったです。それどころか笑えるくらい。特に人形がツボ。

『劇場霊』というタイトルだか
>>続きを読む

ラスト・ナイツ(2015年製作の映画)

3.0

忠臣蔵がベースということで話の流れ的な見所などは求めていなかったので、そこはまあよしとして。一際印象に残るシーンとか無かったかなぁ。。なんだか小さく纏まってる感じ。

CASSHERNもGOEMONも
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.8

あのエンドロールは誰が案を出したんだろうね。スタッフ嬉しかっただろうね。でもどうせなら全員ああしてあげれば良かったのにって思っちゃったけど。

アニメから入ったのですが。本当大好きな作品なのですが。お
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.8

余程の恐がりでなければ映画を観てる最中にギャーーー!!なんてことはないと思うよ。ただ観終わって家帰って独りになってシーンとしてる時とか思い出しちゃうとゾワッとしちゃうかも。逆にホラー大好きな方には物足>>続きを読む

>|