sallyさんの映画レビュー・感想・評価

sally

sally

小学校4年生の時に渋谷パンテオンにて「ジョーズ」を見て以来、洋画にはまり、今も最低月4~5本は映画館で映画を見ています。映画に対する愛情は当たり前ですが、映画館で育った世代なので、映画館愛、映画をみるマナーも人一倍厳しいかもしれません。アカデミー賞をとる映画よりもエンターテイメント作品のような楽しめる作品が好きです。

映画(377)
ドラマ(0)

アウト&アウト(2018年製作の映画)

3.0

漫画「ビーパップハイスクール」の原作者で、きうちかずひろさんの小説であり、自ら監督した「アウト&アウト」を見てきました。

きうちかずひろさんと言えば「共犯者」を監督して、結構面白かった記憶があり、本
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

私自身、「クイーン」はリアルタイム時代から、肌には合わず、あまり聞いてはいませんでしたが、周りに「クイーン」好きがいったので、ある意味、普通のロックファンよりは、色々と知っている方で、本作品、どのよう>>続きを読む

バグダッド・スキャンダル(2018年製作の映画)

3.8

このお話本当なのかと思いたくなるぐらいびっくりする内容でした。

ま、実話なんだろうし、エンディングのその後の事をしっかり語っているので、本当の話なんだどうけど、イラク戦争の裏で、あんな汚職が横行され
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.9

どうもな・・・マーベル作品とは少々相性が悪い私ではありますが、本作品も、何時のように・・・・

やっぱ、「ウルトラマン」「仮面ライダー」世代には、アメコミは、ちょっとね・・・・

まずは、前半がやたら
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

本作品、正直あまり期待して見に行った訳ではありませんが、見事に裏切られました!

サスペンスとしては、凄く良く出来ていますし、褒めるところは沢山あります。

お話的には、よくある内容ですが、しかし、気
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.2

マイケル・ムーア監督が、アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプに迫るドキュメンタリー。

この映画が上映されると、トランプ政権は崩壊するとも宣伝では言われていますが・・・

まずは、トランプ大
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.4

ブルース・ウィリス、アクション作品復活の作品であり、チャールズ・ブロンソンの「狼よさらば」のリメイク作品である本作品。

実は、私自身、チャールズ・ブロンソンが苦手なので、「狼よさらば」には、あまり愛
>>続きを読む

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2016年製作の映画)

4.2

まずは、本作品、さすがは、ロブ・ライナー監督作品だね、ある意味、政治の事が面白く描かれているな、大変に面白い作品だった。

この作品、実話なのかな、ま、実話は実話なんでしょうが、細かい部分まで本当にこ
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.6

北米のプロバスケットボールリーグであるNBAのスター選手カイリー・アービングが特殊メイクで老人にふんし、若者相手に超絶テクニックを見せたCMを映画化。した作品で、「ゲット・アウト」で注目されたリルレル>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

2.9

前作の「スカイライン-征服-」から何年経っているんだよと言いたいぐらいで、なんで今更続編なんだと思いましたが、まずは、続編と言っても前の話はあまり関係がありません。1点だけ関係がありますが、特に意味が>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.0

率直に、本作品、前作の路線から外れていない・・・・

前作は、事情ありきで、トラブルを避け、出来るだけ目立たなく、自分を隠す生き方をしていたのだが、今回は、平気で色々とトラブルに首を突っ込んでいく・・
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.3

また、騙されました・・・・・

まず、本作品、ホラーではありません!SF映画でしょ・・・・

実際、本国で本当に大ヒットしたかは分かりませんが、本来なら、新人監督の単館でやるような作品・・・・

ま、
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.0

本作品、「タワーリングインフェルノ」のような映画かなと期待していましたが・・・

ある意味、「ダイ・ハード」だね。

しかし、ドウェイン・ジョンソン稼ぐね・・・・何時からか、アクション俳優としての地位
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

2.0

前回の「死霊館 エンフィールド事件」が良く出来ていたので、何時も期待して見に行きますが、見事に期待を裏切られます・・・・

本作品、「エクソシスト」系でしょうか、幾らでも話は作れますが、しかし、見せら
>>続きを読む

エクストロ(1983年製作の映画)

2.0

今年のカリコレ祭で、リバイバル上映として結構受けたので、1週間レイトショーに踏み切りましたので、見ていないので見てきました。

ま、この映画の公開時って、この手の作品がなぜかわんさか作られ、ある意味、
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

3.3

プロレス好きな私としては見ておきたい1本でしたので見てきました。

映画館には、結構多くの子供が見に来ていたので、なんかプロレスファンとしては嬉しい限りでした。

内容の方は、正直、映画ファンとしては
>>続きを読む

静寂を求めて −癒やしのサイレンス−(2015年製作の映画)

2.5

今回、ユナイテッドピープルさんの配給する映画を見てきました。

ユナイテッドピープルさんは、主に世界の課題解決などに関する映画に配給に力を入れている配給会社さんで、今回は、「静寂」がテーマの映画の配給
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.8

川口俊和さんの小説を映画化した本作品、内容的には、よく考えたな、こんなお話、なかなか上手く出来ていたな。
ただ、正直言えば、映画の宣伝キャッチにあるような「4回泣ける」までは行きませんが、それぞれのお
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

午前十時の映画祭9「トップガン」爆音上映で見てきました。


今回の午前10時で「トップガン」が決まった時から、爆音で見る事を決めていたので、爆音で本作品が見れた事は大変に嬉しい。

本作品、スクリー
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

この手の作品が、夏に公開されるのはいいですね。


ま、この手の作品は、あれこれ言わず、単純に楽しんだものの勝ち!

突っ込み所は満載ですが、あえて無視して見続ける所に価値があるんだ!

「ジョーズ」
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

「ザ・プレデター」てっきり、リメイクかリブートで新シリーズ開始かと思っていたのですが、「プレデター」「プレデター2」の正式な続編として出来上がって、シリーズ化するみたいですね。

「プレデター」を再始
>>続きを読む

ヒトラーと戦った22日間(2018年製作の映画)

4.5

今まで、第二次世界大戦モノでヒトラー(ドイツ)モノを随分と見てきました。

ここ数年は年に数本は、この手のモノが作られ上映され、当時の私たちの知らない歴史など知る良いチャンスと映画の公開を楽しみにして
>>続きを読む

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

3.5

簡単に言えば、漫画の原作であるので、内容は漫画を見るような映画でした。

前半は、本当に、漫画の世界観で出来ていて、本作品に興味のない人でも楽しめます。

テンポもあり、ツボを押さえた笑いもあり、私的
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.8

本作品、ある意味、将棋好きの人達で固められて作られていて、監督の豊田利晃さんも元々プロ棋士を目指していた方で、現役の瀬川晶司さんの自伝的小説の映画化と言う事で作られている。
将棋と言うと地味にニュア
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

あああ、ミシェル・ファイファー年とったなと、いきなりこんな話になってしまったけど、「アントマン&ワスプ」、前作品から続いているみたいですね。

ま、あまりその辺は考える必要はないですが、本作品、シンプ
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

4.0

名テニスプレイヤー、ビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの1980年のウィンブルドン決勝戦で繰り広げた激闘を映画化したものなんだんけど、私自身は、マッケンローの伝記モノなんだろうとマッケンロー好きだっ>>続きを読む

マッドライダー(1983年製作の映画)

2.0

カリコレ映画祭で「マッドライダー」を見てきました。


イタリア映画が作った「マッドマックス2」のパチモノで、勿論、私自身、今回が初見となります。

イタリアのパチモノ映画ですから、あくまで、低予算で
>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

4.2

午前十時の映画祭9「グリース」を見てきました。
この作品がもう一度スクリーンで見直しが出来るとは思わなかったので、私的には大変に嬉しい。

本作品、私が小学校6年生のお正月に公開され、確かこの年、イス
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.0

1953年の旧ソ連を舞台に、最高権力者ヨシフ・スターリンの死が引き起こす権力争いや内部の動揺をブラックユーモアを含めて作られた作品ですが、ブラックユーモアにしなくても良かったかな・・・・確かに笑わせる>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

本作品、毎シリーズ楽しみにしていて、前評判が良かったので、もっと期待して見てきましたが、ま、私的には、毎シリーズと同じかな・・・・本作品が特に良かったとは思いませんが、さすがはトム・クルーズ作品ですね>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

「オーシャンズ」シリーズには、あまり想い入れはなく、サンドラ・ブロックにも、あまり興味がなかったのですが、サンドラ・ブロック/に関しては、東日本大震災での、日本対応や、ラジー賞で、主演女優賞を受賞した>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

実は、本作品公開時に、ケイズシネマで見ようと思っていたのですが、公開当時から結構の客の入りで、そのうち噂が広がり、ケイズシネマで見れなくなり、蓋をあけると、拡大公開になっていました。

で、あんまり話
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

1.7

この手の作品って困っちゃうよな・・・・

俺がおじさんだから分からないのか、理解できないのか・・・・

単純に分かりません・・・・

なぜ、「ペンギン・ハイウェイ」ってタイトルがついているのかも不明か
>>続きを読む

ヒトラーを欺いた黄色い星(2017年製作の映画)

4.3

この所、第二次世界大戦のドイツ事情ものの作品が多し、特に夏は毎年公開され、私的には、大変に楽しみにしている。


本作品、第二次世界大戦の中、ドイツにいたユダヤ人の方4人に焦点を当て、彼らがどのように
>>続きを読む

エスパイ(1974年製作の映画)

3.0

今回、この「エスパイ」は35㎜のフィルム上映で、フィルムの痛みが凄いので、逆になんか嬉しかったな(笑い)


映像も色褪せていて、カラーと言うよりもシルバーカラーと言う程劣化した映像だったな、また、フ
>>続きを読む

復活の日(1980年製作の映画)

3.0

実は、この「復活の日」見直して良かった。


公開当時は、中学2年生の夏だったと思う。確か新宿アカデミー劇場で見たんだと記憶しているけど、見終わって、当時は、「金返して」と思う程酷い出来だったと記憶し
>>続きを読む

>|