sallyさんの映画レビュー・感想・評価

sally

sally

小学校4年生の時に渋谷パンテオンにて「ジョーズ」を見て以来、洋画にはまり、今も最低月4~5本は映画館で映画を見ています。映画に対する愛情は当たり前ですが、映画館で育った世代なので、映画館愛、映画をみるマナーも人一倍厳しいかもしれません。アカデミー賞をとる映画よりもエンターテイメント作品のような楽しめる作品が好きです。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.0

ダニエル・クレイグが出ているので見に来ました。
この手の作品って、テンポが大切だと思いますが、少しテンポが悪かったかな・・・
それぞれの個性的な俳優を起用しているのですが、そのひとりひとりを上手く使い
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.7

この手の作品っていなんて言っていいの分からないな・・・
サスペンスとも違うし、青春映画とも言い難いな・・・
現在のソーシャルメディアなどに対しての便利な部分、怖い部分などを訴えていたいと思う映画だと思
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

何時ぞや新垣結衣さんの「くちびるに歌を」が大変に素晴らしかったのと、あの映画で、新垣結衣さんの良さを改めて知ったので、本作品である「ミックス。」を見る事にして見てきました。
まずは、コミックみたいな映
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

2.0

「ソウ」シリーズは特にファンでもなく、全て見ている訳ではありませんが、今回の本作品が新章と言う事もあり、自身の時間も有ったので見てきましたが、やはり私的にはこの手の作品は駄目ではありませんが、しかし、>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

「マイティ・ソー」は前作が良かったので期待して見に行ったのですが・・・


まず、本作品が地球がから離れて自分達の星の話に行ったのは良かったですが、結局「スターウォーズ」と一緒で、兄弟さえいなければ、
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

本作品も随分前からWOWOWのHollywood Expressで知っていて、全米ではあの「エクソシスト」を超えてホラーとしては大ヒットNO1になったので、大変に楽しみにしていていた1本でした。
まず
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

私自身、中学生の頃「ブレードランナー」は新宿ミラノ座でロードショーで見ました。
しかし、中学生だったので、当時の「ブレードランナー」の魅力は分からず、その後カルト的な支持を受けるようになり、何度かビデ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.3

本作品、随分前ですが、WOWOWの「Hollywood Express」で、存在を知っていて新感覚ホラーと聞いていたので、日本公開を首を長くして楽しみに待っていました。
まず、本作品、賛否両論にはっき
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.0

トム・クルーズと言えば、「IM」以来、彼の主演作品が毎度楽しみになるようになりました。
本作品も、大変に楽しみにして映画館に向かいました。
監督のダグ・リーマンって何時も思うけど、お話の進め方が上手い
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

まず、本作品を買い付けてきたキノフィルムズさんありがとう。
独立系配給会社さんとして、キノフィルムズさん良い映画買い付けてきますね。
ジェシカ・チャステイン主演だったので、絶対見ようと思っていましたが
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.3

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」「プロメテウス」のノオミ・ラパスの主演の近未来アクションスリラー映画、人口増加に伴う事で、一人っ子政策の中、7つ子を作り、世間的には7人を1人の人格として育てて、>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

2.8

「アナベル」誕生の真相が分かるので、本作品の上映を首を長くして待っていましたが、正直に言うのなら、ガッカリ・・・・
単のお化け屋敷映画になっていました。
「死霊館」の続編は、良く出来ていたので、本作
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.2

チャールトン・ヘストンの「猿の惑星」に至るまでのお話の3部作の最後になる本作品。

人間の視点としては毎回リセットになっていましたが、本作品は、猿の視点からでは、前作品の続きからで、本作品は特に猿に比
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.0

賛否両論があるみたいですが、私は素直に楽しめました。
よくここまでお話を作り上げたかなと、ま、一部好都合な部分もありますが、しかし、1作目から本作品まで続けてみたら面白いし、やくざの表の結束力や、裏の
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

3.3

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと行動を共にした日系人のフレディ前村と言う人物の映画を阪本順治監督とオダギリジョーのコンビでおくる私たちにはあまり認識のない内容の映画。

まず、キューバ革命が舞台で有っ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.6

大変に素晴らしい映画でした。
しかし、毎度不快な気分になります。
本作品でもテーマになる黒人の方に対して人種差別です。
毎度見ていて悲しい気持ちになり、理解に悩むんですが・・・
「42 〜世界を変
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.3

寺山修司の唯一の長編小説を映画化した作品。前編だけでも157分あると聞いていたので、覚悟して本編に臨みましたが、これが長時間を感じさせないほど、良く出来ています。本編のリズムがいい訳ではありませんが、>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.2

私にはある意味、別の角度で少々やるせない映画でした。
本作品、犬の目線からそれぞれの人生を追っかけるようにお話が進んでいくのですが、動物を飼った事のある人なら、大変に楽しめるし、グッとくるお話だと思い
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.2

人気作家・東野圭吾の原作作品ですが、私自身、東野圭吾さんのモノは相性が悪い気がします。

ま、原作が小説だと、その本を読んだ人それぞれのイメージがあるとは思いますが・・・・・・・・ま、この手の作品って
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.0

この手の映画でありがちな内容もシンプルで頭を使わず全編楽しんで見れる映画です。

ただ、強いて言うのなら、もう少し出てくる人間に対して喜怒哀楽感や個性が有っても良かったかな、その方がもっと面白く描けた
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

「エイリアン」シリーズにリドリー・スコット監督が関わって貰ったのは嬉しいのですが、一応、「プロメテウス」からの続編でありるのですが、本作品で完結するのではなく。まだまだ先がありそうな終わり方ですね。>>続きを読む

追想(1975年製作の映画)

3.3

1976年に公開された「追想」を見てきました。

本作品なのですが、実は、1977年、私が小学校5年生だった頃、当時の早稲田松竹で2本立で上映され、時間が合ったので、劇場の前で、見ようかどうしょうか考
>>続きを読む

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.0

本作品、「ダイ・ハード2」などのレニー・ハーリン監督作品でジャッキー・チェン主演と言う事で、なんか組合せが面白く見に行ってきました。
ま、正直に言えば、レニー・ハーリン監督が撮ろうが、やはりジャッキー
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.0

ポール・ヴァーホーヴェン監督の新作という事で見に行ったのですが・・・


なんかサスペンスと言うより、変態男女の日常の日々と言う内容でしょうか・・・

また、なんでイザベル・ユペールがヒロインなんだよ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.3

クリストファー・ノーラン監督のご期待の新作であり、初の実話を基ずいて作られた作品。
クリストファー・ノーラン監督作品と言うと世界的に評価が高いのですが、しかし、賛否両論である事も隠せない事実で、クリス
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

マーベルに対抗するように本格的にDCが本気出してきた。
「ワンダーウーマン」日本では名前ぐらいは知っている人はいるだろうけど、テレビ放送などあまりなかったので、その内容を知る者も少なかったと思うけど、
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.3

韓国映画の「新感染 ファイナル・エクスプレス」ですが、半年位前よりこの映画がある事を知っていて、結構楽しみにしておりました。



とにかく、今の韓国映画は、日本人として悔しい位レベルが高いので、本
>>続きを読む

蠱毒 ミートボールマシン(2017年製作の映画)

3.3

ご希望の西村喜廣監督の新作を見てきました。
西村喜廣監督や井口昇監督の映画は、異次元性が有って、毎度楽しみにしています。
まず、主演の田中要次さんがなかなかいい味だしていたな、変身後意外にカッコイイ!
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

4.1

この手の作品が夏に公開されるのは嬉しい去年も「ロスト・バケーション 」 って言うのが有ったな・・・
で、本作品ですが、企画は、「ロスト・バケーション 」 と同じような設定です。
作りも、制作側の都合の
>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.0

正直、本作品、大変重い映画でしたし、私には少し難しかったな・・・
内容は単純なのですが、まずは、教会のルールや考え方、ヨーロッパの戦争事情など日本人には、少々理解し難いかな・・・・ただ、戦争になれば、
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.3

本シリーズと私は相性が悪い、パート1から面白いと思った事がなく、今度こそはと思い映画館に足を運んでいますが、本作品も「う~ん」って感じかな・・・
前作品、その前作品ほどCGの激しさは消えたので、アクシ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

やっと「スパイダーマン」のお話が独立してきたのですが、しかし、「マーベル」さん、あれもこれも入れるのは止めて貰いたいな・・・
前回「キャプテンアメリカ」もそうだったけど、ここまで来ると「アベンチャーズ
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.2

トム・クルーズの「ワルキューレ」、先日公開の「ヒトラーへの285枚の葉書」、私たちの知らない太平洋戦争の裏側、そして事実が公開されていますが、本作品も、1942年に、チェコ・プラハで起こったナチス親衛>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

マクドナルド好きにとって大変に興味ある映画でしたので見に行きました。
まず、ストレートに言えば、「見終わった後、複雑な気分」になります。
本作品は、マクドナルドの創業者であるレイ・クロックの伝記ドラマ
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

2.7

本作品、インタネットで随分前に予告編を見てから楽しみにしていました。
「魔女」がテーマだったので、何とも期待して見に行っていまいましたが、この手の映画って文学性を追求すると「何とも勘違いしていない」と
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.3

いや~私的には、トム・クルーズの映画が最近好きで、新作を楽しみにしている所で、本作品を見てきました。
夏休みにこの手の映画が公開されるのは、なんか凄く嬉しいと言うか、何か懐かしさを持って見ていたかな・
>>続きを読む

>|