マインドベンダーさんの映画レビュー・感想・評価

マインドベンダー

マインドベンダー

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.7

罪を犯してしまった人間に対して、ただ鉄格子の中に閉じ込めるだけではなく
どうやったら再び社会に迎え入れられるのか?という部分にもっと時間とお金を使わないと、悪循環から抜け出せないのでは?

と考えさせ
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

2.2

オスカー・アイザックの饒舌っぷりが良かった🕵️‍♂️

ギャグとストーリーは微妙だった

ショック・ドゥ・フューチャー(2019年製作の映画)

2.7

リズムマシンを買って音楽を作りたくなる🎧

劇中に登場しない家主の、友達がめっちゃ良いヤツ🧙🏽‍♂️

ファンキーランド(2012年製作の映画)

2.2

ピアノも弾けてスペイン語も喋れるジェシー・アイゼンバーグの才能リスペクト🎹

ギャグとストーリーは微妙だった

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

3.8

90'リスペクトのファッションがお洒落💂🏾‍♀️

一見ふざけているように見えて▶︎かつ社会性のあるメッセージも含まれている良作🚲

メトロポリス(2001年製作の映画)

4.8

ドイツ映画のメトロポリスと手塚治虫のメトロポリスが高い次元で融合した上で▶︎ブレードランナーとAKIRAを経由した▶︎ある意味完成されたディストピアを描いている🌃

映像・音楽・脚本・演出どれも良かっ
>>続きを読む

メトロポリス(1927年製作の映画)

2.5

主人公とヒロインに目力があり過ぎて、怖い
時代を問わず刺さるテーマを扱うドイツ人のセンスに脱帽です🇩🇪🍺

ミニマルテクノを流しながら鑑賞すると👌

A.I.(2001年製作の映画)

3.9

想像してたストーリーと全然違って良い意味で裏切られた🤖  

ジュードロウが登場する辺りから色彩がやたらとサイケデリックに🌃

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.8

赤と青の色彩のバランスが非常にサイケデリック🪢
劇中のテスト自体がブレードランナーを彷彿とさせる🌃

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影(2020年製作の映画)

3.5

スマートフォンとSNSが当たり前の時代に生まれた世代は、一度は観るべき作品📵

現代社会に深く根付いたデジタルガジェット及びサービスは、山奥で仙人にならない限りは完全に切り離すのは難しい⛰

切り離せ
>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

2.0

アニメのクオリティは相当上がってるし良い話なんだけど、単純にあまり好みじゃなかった🐶🐷🍞

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

4.2

日本にも良い俳優さんと女優さんが沢山いると再確認🏨

記憶にございません!(2019年製作の映画)

5.0

今年一番笑ったし、一番泣いた。
どこかの国に見習って欲しい素晴らしい総理大臣🤷🏻‍♂️

余談ですがニュースキャスターの女性が無駄にエロいです。

パンケーキを毒見する(2021年製作の映画)

3.8

ノーカットの国会答弁は「ギャグでやってるんですよね?」と言いたくなるほどコントみたいで、最近観たコメディ映画よりも笑った。内容的には笑えないんですが。

普段見せられている映像は本当に一部を切り取った
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

1.5

戦闘シーンの音楽はファンキーで良かった🧟‍♂️🧟‍♀️

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

町山さん曰く、ジャンレノは役作りとして精神年齢=12歳の設定で演じているらしい。話す言葉も注意して聞くと大人が使うような汚い単語は使っていなくて、マチルダはその逆。それを知った上でもう一度観たらより泣>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

4.8

余裕で前作を超えてきた。
終始スクリーンから目が離せないし、感情の整理が追い付かなかった、、
都丹庵士最強説再び🐶

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

上映中、久しぶりにガッツリ画面に釘付けになった。
都丹庵士最強説🤐
ディラン・ミネットの醸し出す童貞感がハンパない

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.0

月明かりの表現がとても美しい🌖
想像してたファンタジー要素よりも、度々挟まるお父さんパートが怖すぎて印象的😶‍🌫️

ハンターハンターのある念能力の元ネタらしい🏺

レスラー(2008年製作の映画)

3.5

ダーレン・アロノフスキー監督はどうしてこんなにも人間の破滅の過程を美しく描くのだろうか、、、まさに大魔王ゾーマ🔮

全然関係ないけどファミコンのキン肉マンマッスルタッグマッチ思い出した💪

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

4.5

現代版の「カッコーの巣の上で」あるいは「17歳のカルテ」
日本では劇場未公開かつソフト未発売なのが残念。
悩める若い世代にもっと観てもらいたい作品🏥

魔法使いの弟子(2010年製作の映画)

1.5

ファンタジアオマージュのシーンだけは良かった🪄

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

3.5

映像も脚本も上手くアップデートされている🏀
音楽もしっかりと前作オマージュ捧げててgood👌

これ観る前に「ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション」を観るのがオススメ

SPACE JAM/スペース・ジャム(1996年製作の映画)

3.8

アニメ×実写映画だとロジャーラビットが個人的ベストだけど、これもなかなか🙆🏻‍♂️

ストーリーは単純で、子どもと一緒に観ても楽しめそうなエンターテイメントとして良い作品。
今聴くとレトロに感じるけど
>>続きを読む

>|